シェアする

民主党解党論

今日は大阪のW選挙ですが、自民党が共産党や志位るずと組んでる地点で、結果は見えてると思いますね(笑)選挙の結果などさておき、見苦しい茶番を外野で楽しむためのものであって、それ以上でもそれ以下でもありません、ハイ。

民主解党論とかありますが、果たしてどうなるんだか??

民主解党論も 模索続く野党、選挙協力の是非

結局のところ、年末に向けた政党助成金とカネ絡みの主導権争いでしかなく、民主解党論とかいうのも、金や投票などの主導権争いの手段でしかなく、民主党がどうなろうが、所詮、誰得状態になるのは明白で、中韓のためにどのような手段ってところですかね~。

民主党の支持団体は、自治労、日教組、民潭、朝鮮総連、部落解放同盟、暴力団とか、革マルだったり、しばき隊や志位るずなどの共産党関係団体くらいでしょうね~。

こういった連中が連携というのも難しいわけで、内ゲバをやるのが定めwww

やるならどっかの山荘でやってくれと思う。。。

民主解党論にしても身近の主導権争いでしかなく、国益のために民主党を解党して出直す気など更々ないわけで、こんな模索をしたところで意味はないでしょう。

反自民はいいとして、共産党とかと組んでどうするのww??

志位るずと選挙協力とかあるわけですが、そもそも選挙権があるんだか??

という状況で民主党を解党してどうするのと言いたいし、内ゲバでの解党で支持が集まると思ってるのかとも思うんだよねw保守とリベラルとか関係なく、日和見の保守と売国のリベラルで何か変わるとは思えないけどね(笑)

ていうか、保守とリベラルという意味も分からないし、少なくとも売国という意味は通じてると思うかな~。

民主解党論が成立するのであれば、表舞台からの退場以外ないし、こういった連中が何を喚こうが、何もないと思います。

民主解党論を考えるなら、政界から消えてくれとしか思えないわけです、ハイwww

フォローする