シェアする

パヨクオリティ

上越支社報道部長による中傷問題の新潟日報の記事から。

記者個人の発信のあり方をもう一度考えたい:上越支社報道部長による中傷問題について

報道を見る限り、主な問題は高島弁護士への誹謗中傷ということになっていますが、これまでの発言を見ると、それ以外のユーザ、とりわけ「ネトウヨ」といわれる勢力の人たち(実際には、個々の人たちがどういう人達なのかは、あまりよく知りません)に対して、激しい言葉をあびせてきたこともわかります(ただ、 こちらの記事をご覧いただいている皆さんはご存じかもしれませんが、新聞やテレビではあまりドギツイ発言は取り上げられていないようなので、新聞テレビのニュースだけを見ている人には、全体像はほとんど伝わっていないと思います)。また、過去の発言の中では、今回本人に降りかかってしまった「身バレ」という状態に、「ネトウヨ」とされる論敵を追い込むことも、示唆しています。お互いに身分を明かしては書けない内容を匿名で投げ付けあい、一部でこうした人たちの勤務先など漏れていく。ずっと実名で発言されている高島さんは別にして、匿名ユーザの「泥仕合」は、非常に悲しい結末をもたらしているようにも感じます。
こういう視点で、今回の問題アカウントの一連の発言を見ますと、「まさか新潟日報の部長がこんなことを!」とは思いますが、一方で、自分と違う見解の人を こうやって匿名で罵倒している人たちは、左右どちらの立場にも、たくさんいるようにも感じています。つまり「新潟日報の報道部長」の発言として見ると、あまりにもひどいと思うわけですが、匿名の一個人ユーザとして見た場合にはどうか。もちろん相変わらずひどいですし、「泥仕合」の渦中であっても責任は免れないとは思いますが、「泥仕合」の中ではよく行われている発言のようにも見えます(だからいいといっているわけではありません)。
意訳するとどっちもどっちというか、坂本秀樹報道部長が匿名で喚いてたことは悲しい結末であって、ネトウヨの匿名ユーザの発言は泥仕合になるようで、(だからいいといっているわけではありません)という枕言葉を免罪符にして、それはネトウヨのせいであると言ってるわけです。多分、身バレしたのをネトウヨのせいにしたいんだと思います。
高島弁護士は穏便に済ませようとしているわけですが、それも理解出来ないというのはパヨクといったものであって、サヨクとパヨクは別モノだと思います(笑)
こんなのを公開している地点で、新潟日報社は坂本秀樹報道部長の行動を問題視していないと思います。無期限懲戒休職処分としたわけですが、無期限というのは期限が定められていないことを意味するわけで、無期限=永久というわけではありませんし、期限が定められていないのであれば、1日であっても無期限なわけです。
そういう意味では、厳しい処分のようであってそうとは限らない一面は否定出来ません。
これは植村の件も一緒。
日本軍慰安婦報道にかかわった元朝日新聞記者で北星学園大(札幌市厚別区)非常勤講師の植村隆氏(57)が来年、韓国の私立カトリック大学に客員教授として採用されることが25日、分かった。北星学園大は本年度限りで退職する。
……
関係者によると、来年3月から日韓交流などを講義する。任期は1年。カトリック大は、医学部などを持つ総合大学。北星学園大の姉妹校で、学生が植村氏の雇用を守る署名運動などを展開している。

これは凱旋帰国なんだろうね。
お韓国様のための仕事しているわけで当然でしょうし、学生が植村氏の雇用を守る署名運動などを展開しているというのは、どこの学生なのかとは思います。
坂本秀樹も植村隆も本名かは分かりませんし、名前のないかいぶつなのかもしれませんw
そこらへんも踏まえてのパヨクオリティだと思うけど・・・。

フォローする