過激派組織韓国

Pocket

まず先日の靖国神社のトイレテロの件です。

靖国事件当日に出国=映像の男、20代韓国人か-警視庁

靖国神社(東京都千代田区)敷地内の公衆トイレで爆発音がした事件で、トイレ付近の防犯カメラに写っていた不審な男が、事件発生当日の11月23日に出国していたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。男は20代後半の韓国人とみられることも判明。警視庁公安部は、男の滞在期間中の詳しい足取りなど、事件との関連を慎重に調べている。
捜査関係者によると、現場周辺の防犯カメラの解析から、男が千代田区内のホテルを利用していたことが分かり、公安部は家宅捜索を実施。男に関する捜査を進めた結果、20代後半の韓国人で、事件の2日前に入国、発生当日に出国したことを確認した。
トイレの天井裏から見つかったのは、火薬のようなものが詰まった長さ約20センチの金属パイプ4本。床には時限式発火装置とみられるものや、ハングル表記の乾電池が落ちていた。発生時間や稚拙な装置の構造などから、公安部は過激派グループによるゲリラ事件の可能性は低いとみている。(2015/12/03-19:54)

靖国神社のトイレテロの件ですが、予想通り韓国人の犯行でした。恐らくこの事件を見た人の殆どが韓国人の犯行と思ったでしょう。因みにザイニチも韓国籍ですし、帰化人の可能性もありましたが、どっちにしろルーツは一緒ですし、こういった犯行は入国されると防ぎようがありませんので、何らかの対策は必要と思います。過激派組織韓国のテロはお約束ですし、テロリストが英雄になるお国柄ですし、反日無罪の国だから致し方あるまい(笑)

報道については朝日新聞のみ取り上げていないようですね。そして報ステロでは古舘はノーコメントのようでした。

靖国神社の不審な男は韓国人か
NHK-1 時間前

靖国トイレ爆発音、防犯カメラの男は韓国人か 2015年12月03日 06時13分
読売新聞-1 時間前

靖国神社の爆発音、韓国人関与か 不審な男が出国の可能性
日本経済新聞-5 時間前

【靖国爆発】韓国籍の男関与か ホテル捜索も事件直後に出国
産経ニュース-5 時間前

靖国神社爆発音、不審な男 韓国に帰国か
TBS News-2 時間前

靖国神社爆発音:映像の男、韓国へ出国…事件前に入国
毎日新聞-23 分前

靖国爆発音、不審な男は帰国か – 韓国人、防犯カメラの映像解析
マイナビニュース – 5 時間前

靖国神社内トイレで爆発音…不審男は韓国人、既に帰国か
サンケイスポーツ – 2 時間前

今後の流れとなりますが、犯人は特定出来ているとのことですので、「日韓犯罪人引渡し条約」を通じて、韓国政府に引き渡しを要請するべきでしょう。別に応じなくても構いませんし、どちらかと言えば、引き渡しに応じない流れの方が望ましいと思います。最も、韓国司法当局が容疑者引き渡しの例外となる「政治犯」と認定すれば、日本側に打つ手はないようですし、条約は「自国で裁くことを条件に自国民の引き渡しを拒める」とも定めており、韓国内で代理処罰に付される可能性があって、処罰のフリをするというのも十分考えられます。「政治犯」と認定すれば、テロ国家と言ってるのと同じですので、今後の対応が楽になります。

恐らくマトモな対応は期待出来ませんし、犯罪者を野放しにする連中については入国に制限をかけて入管の対応を徹底するしかないと思います。どっちにしても、反日教育で基地外を大量生産しているわけですし、自浄効果も期待できませんし、過激派組織韓国に一切の期待はしてはいけませんし、余計な餌を与えないようにするのがいいでしょう。

次はこの話題・・・。

菅元首相、安倍首相に敗訴 メルマガめぐる名誉毀損訴

東京電力福島第1原発事故の政府対応をめぐり、安倍晋三首相が発行したメールマガジンの記事で名誉を毀損(きそん)されたとして、菅直人元首相が 安倍首相に謝罪記事の掲載や約1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が3日、東京地裁であった。永谷典雄裁判長は「記事は事故対応の詳細が判明する前に発信されていた上、菅元首相の資質や政治責任を追及するもので公益性があった」とし、菅元首相の訴えを棄却した。

訴状によると、安倍首相は平成23年5月20日付の記事で「3月12日の海水注入の指示は菅首相の唯一の英断とされているが、実際は菅首相の指示で注入は中断されていた。しかしこの事実を隠すため、注入は総理の英断とする嘘を側近がメディアに流した」などと指摘。しかし、菅元首相は実際には注入中断を指示していない上、現場では注入は中断なく続けられており、安倍首相は虚偽を記載し、菅元首相の名誉を傷つけた、としていた。

実にどうでもいい菅直人の訴訟の件です。地裁ということでファンタジスタな判決も予想されましたが、実質門前払いの判決が出たようです。控訴するならオウムの菊池を無罪にした東京高裁が相手なのでどうなるのかは分かりませんが・・・。

少なくとも、当時の情報的(民主党政権の隠蔽なども原因)に限られた中、内容の一部に事実誤認があったことについては問題ではありませんし、菅直人の資質や政治責任を追及するのが目的なわけで、名誉毀損ではなく公益性があったという判断は妥当でしょう。決して菅直人は英断でもなく、当時の首相として最高責任者で間違った対応を行ったのは事実であって、この人が東日本大震災に首相に就任していたというのが不幸でしかないわけです。その海水注入についても、現場の判断で行ったわけで菅直人が判断したわけではないし、英断とするウソをメディアに流したことについては事実なのは確かです。「菅の決定や要請がベントの早期実現に役立ったと認められる点はなかった」というのが報告書に記載ありますので・・・。

これは余談ですが、菅直人については戦後最悪の首相の評価ですし、菅直人のまずい対応によって引き起こしたダメージは途轍かもなく大きいわけです。原発事故自体は地震もあって判断が難しい部分はありますが、時間との勝負という局面で、素人目でもウケ狙いのパフォーマンスをやって対応を遅らせた事実は重い。3/12の魔の1日によって大惨事を招いたわけで、初動をきちんとしていれば、ここまでの事態にはなっていません。また、不安を煽ることで問題のなかった他の原発を止めて、電力不足を招いたこと、原発を無意味に止めることによる化石燃料の無駄遣いによる多大な経済的損失や、パヨク活動を活発化させたことなど罪深いでしょうね。他にも太陽光についても、この人の悪しき遺産です。最も、極左過激組織赤い旅団の顧問弁護士と仲良く脱原発を騙ったり、拉致加害者関係への献金など、他にもいろいろありすぎてキリがありませんので、この辺にしときます(笑)