過激派組織韓国③

Pocket

まずはこの話題から。

靖国神社で爆発音 韓国人の男を逮捕

先月、東京・千代田区の靖国神社のトイレで爆発音がして火が出た事件で、事件直後に帰国していた韓国人の男が、9日朝、再び来日し、警視庁は、正当な理由がないのに神社の敷地内に侵入したとして、建造物侵入の疑いで逮捕し、不審物を仕掛けたとみて捜査しています。警視庁によりますと、調べに対し男は「よく分からない」などと供述し、容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、韓国人のチョン・チャンハン(全昶漢)容疑者(27)です。
この事件は、先月23日、東京・千代田区九段北の靖国神社の南門付近のトイレで爆発音がして火や煙が出たものです。
警視庁の調べによりますと、チョン容疑者は正当な理由がないのに神社の敷地内に侵入したとして、建造物侵入の疑いが持たれています。

一見不可思議な件のように思えますが何てことはありません。事件後に容疑者を特定しておりパスポートなどの記録などから、否定出来ない状況になっていたのと、韓国政府としても政治犯として引き渡さない対応をすればテロ支援国家のレッテルを貼られるわけで、逃げるに逃げられない状況に追い込まれていたので、厄介払いした形になるといったところでしょう。公式に引き渡し条約に従い犯罪者を引き渡したとなれば韓国政府に批判が殺到することが予想されることから、日韓の外務省が話し合って穏便な形というところで、軽犯罪ということで引き渡しといった落とし所での逮捕だと思われます。

実際は無差別爆破テロ未遂という案件なわけで、この解決方法については最悪な形とは思いますが、今後に向けた対策として、「韓国からのビザ無し渡航の廃止」と「指紋押捺制度の復活」の2点は検討する必要はあると思います。政治犯で引き渡し拒否であれば、テロ支援国家ということで「特別永住許可の取り消し」も視野に入れられたことを考えると残念ではありますが、ソフトランディングで考えたら致し方ないとも思います。

とはいえ、相変わらず、報ステロはやらかしてましたw←お約束♪

どうやらチョン・チャーハン?の母親は自作自演とか言ってたみたいで、真っ先に報ステでこの件を取り上げてたのに違和感を抱いてたが、その違和感は間違ってなかったようです(笑)2つの謎とかありますが、この事件の謎は、爆薬入手ルートの1点に尽きます。爆発物は鉄パイプ爆弾の一種で、かつて左翼系がよく使ったものに近いわけで、報道の情報では、半年前まで空軍にいた人なわけで、日本はよく知らないオーラを出してるのであれば、国内に協力者がいなければ爆弾を用意することは難しいと思うわけです。韓国の空港の荷物チェックがされていないという前提がなければ韓国から爆弾の材料を運べないわけで、どこから爆弾の材料を持ち込んだかというのは重要です、ハイ。相手の国の荷物チェックをクリアして危険物を持ち込めるのであれば、日本の空港のチェック体制も見直す必要があると思います。とにかく爆弾の材料の入手ルートも追及する必要があると思います。

続いてバイオテロの件ですw韓国のりについてはこんな感じです。

韓国産を鳴門わかめと偽装 徳島県が刑事告発

徳島県鳴門市のわかめ加工業者が韓国産わかめを鳴門産と偽り販売していたとして、県は大林年子代表(84)を食品表示法違反の疑いで警察に刑事告発しました。
県によりますと大林代表は先月産地偽装が発覚した際に、県から是正指示を受け「すべて自主回収した」と話していましたが、数日後、別の店で似た商品が売ら れているのを県の食品表示Gメンが発見し、大林代表が別の屋号で販売していたことが判明したということです。警察は告発を受け8日業者の関係先を家宅捜索しました。

「韓国のり」輸入枠、大幅拡大で合意

水産庁は韓国のりの日本への輸入枠を大幅に拡大することを発表した。  水産庁は、韓国と行っていたのりの輸入割当に関する協議で、割当の枚数を今後、大幅に増やすことで合意したと発表した。韓国のりの輸入枠拡大は韓国側が求めていたもので、協議は、今年の春から行われていた。  合意によると、来年から毎年の輸入割当枚数を徐々に増やし、10年後の2025年には今年の割当の2倍以上となる27億枚まで拡大する。  最近の実際の輸入枚数は割当を下回る水準で推移しているが、輸入枠の拡大をうけて今後、韓国のりの輸入が増えることが見込まれる。

「韓国のり」から基準を上回る細菌見つかる、中国が450キロの輸入を却下―中国紙

2015年4月17日、新華日報によると、基準を超える細菌が見つかったとして、中国江蘇省連雲港市で韓国産のり約450キログラムが輸入申告を却下された。

細菌の多さに加え、ラベルについても問題が指摘されており、輸入が認められなかったのりの額は約1万5000ドル(約179万円)に上る。中国では昨年、大量の韓国のりが細菌の基準超えの問題で返却されたり処分されたりしている。(翻訳・編集/野谷)

いろんな意味で耐性の強い中国が輸入を却下するようなシロモノを輸入枠を増やしたり、産地偽装で利用されているわけで、食の危険というのがよく分かる事案です。個人的には特亜系の食べ物は出来る限り避けるようにはしていますが、外食や産地偽装をされたら防ぎようがないわけで、こういった危険物を輸入しても普通の消費者であれば直接的に購入は避けると思いますが、業者としてはコスト削減のために利用できるものは利用するわけで、知らないところでこういったバイオテロの被害に巻き込まれます。製造元を明記というのも難しいわけで、至る所に罠は潜んでると思いました。。。贅沢は言いませんが、特亜製の食品だけは産地の明記の徹底だけは切実に願いたいです、ハイ。もっともそれまで韓国が持つのかという疑問を抱いておりますが・・・(笑)