深田萌絵さんのブログ削除の件3

Pocket

本日の余命更新情報です。

以前の投稿の内容。

http://payoku.requiem.jp/3653
http://payoku.requiem.jp/3713
http://payoku.requiem.jp/3745

余命ファンサイトの立場で深田萌絵さんのブログ削除の件について取り扱った本当の理由について、余命の更新を踏まえて察しがついたならよかったと思います。この言葉の通りですw

455 深田萌絵ブログ削除事件③

深田萌絵氏のサポーターがバックアップ用に立ち上げられたサイト http://brahman12134.blog.fc2.com/ 余命ブログの数あるサポーターブログのひとつ、ぱよぱよ日記 さん http://payoku.requiem.jp/3745ななし 正直どちらを信じるべきか、あまり賢くないのでわからないですが、ひとつ言いたいのは、両者とも、余命ブログを巻き込まないでほしいということ。 深田さん関係のお話は、別の舞台でやられてはどうですか? 一応、こんなところで打ち止めかな。この展開は余命の扱うレベルをこえている。ここまでくるとサイト違いだろう。ななし氏のコメントを機会にいったん閉めよう。

この事案については拡散する必要はあるが、直接的な意味で余命で取り扱うべき案件ではないと感じたので、自分のサイトでやればいいと思っただけです。個人的に余命三年時事日記のファンサイトの立場として、余命コメント欄については考える部分もあるわけで、待ち望むもので書いてる通り、「しかしコアなファンは余命さんの手間を考えたり、気軽な投稿ができなかったり、いろいろと気遣いすぎてコメントできないでいるんですよ。」というのに尽きるわけです。そういう意味も兼ねて、余命についても新年の挨拶以外の書き込みはしていないし、今後も行うつもりもない。ただ余命で扱えないような内容を取り上げることもひとつの支援サイトとしての役割もあるのではないのかと思います。余命のコメント欄が有用な情報が集まるコミュニケーションサイトへと変貌しつつあるというのも、余命コメント欄の本質と思います。それを余命が取り上げる必要はないし、読者の議論に留めて欲しいと思う限りです。

筆者として重要と考える点・・・。
・中国共産党との関連
・日弁連との関連
・マイク・ホンダなど海外の反日勢力が関わってる件
・スパイ防止法について
・裁判所や内閣調査室などの状況(国籍条項含め)
・鴻海精密工業のシャープ買収問題

上記の件から、本質的に既存の余命事案に根本は繋がっていると思います。官邸メール(ブログの言論弾圧、国籍条項など)や、アメリカの大統領選についても同様です。既存のスキームで、こういった個別の事案を出来る限り拾うことで、余命ブログへのアンテナに繋がればいいと思っています。余命1~40号の見出しだけご紹介。

余命1号 生活保護不正受給
余命2号 日弁連
余命3号 弁護士不正問題
余命4号 在日タクシー問題
余命5号 国歌斉唱、国旗掲揚問題
余命6号 国籍条項撤廃
余命7号 各種デモの法規制
余命8号 パチンコ違法換金行為
余命9号 外患罪適用の法整備
余命10号 ネット削除
余命11号 テロ資産凍結法
余命12号 指紋押捺制度見直し
余命13号 在日朝鮮人特別永住者
余命14号 出入国特例法
余命15号 外国人選挙活動
余命16号 外国人参政権
余命17号 選挙関連国籍条項
余命18号 不正選挙
余命19号 余命3号の具体策
余命20号 新弁護士会設立
余命21号 日本メディア
余命22号 NHK課金
余命23号 在日韓国人への警告
余命24号 在日朝鮮人帰化
余命25号 教育に関する在日特権
余命26号 ユネスコへの断固たる対応
余命27号 スパイ防止法
余命28号 帰化人の立候補禁止
余命29号 帰化条件厳格化
余命30号 柔道整復師の不正請求
余命31号 韓国産食品輸入禁止
余命32号 先住民族国会決議
余命33号 中国語、ハングル語表記
余命34号 日本書籍の翻訳事業
余命35号 文化庁審議会漢字小委員会
余命36号 外国人留学生奨学金廃止
余命37号 留学生ビジネスの廃止
余命38号 シリア難民
余命39号 日本の人種差別法
余命40号 在日生活保護受給者の年金保険料免除と受給

最後に内調に関する事件について紹介します。恐らく内調のダブルスパイと日本版NSCの設立に関連すると思いますので・・・。

ゴムボート死の内閣府官僚 公安にマークされていたとの証言

調べてみると、確かにA氏という人物が内閣府におり、留学先から韓国に渡航し、行方不明になっていることが確認された。この時点では死亡したことはもちろん、事件について何も公になっていないのに、彼らはどうしてわかっていたのか。後ほど彼が死んでいたことが明らかになってから、背筋が寒くなった」

事実とすれば、A氏は何らかの形で韓国の工作活動に携わり、国情院の監視下にあったということだ。友人に語った「日本に帰れない」は、別の意味も含んでいたのだろうか。

「A氏はその工作活動の過程で韓国側の裏切り行為に遭い、船からリリースされる形で、ボートで流されてきたのではないか」(前出・公安関係者)

<屋久島>岩場に内閣府参事官の遺体 入山中の事故か
毎日新聞 7月24日(金)20時48分配信

23日午後2時40分ごろ、鹿児島県屋久島町の白谷川の岩場で、男性の遺体が見つかり、24日、東京都杉並区南荻窪、内閣府情報保全監察室参事官、神原紀之さん(55)と確認された。川に流されたとみられる傷などから、県警屋久島署は事故の可能性が高いとみて調べている。

同署によると、神原さんは休暇中に1人で屋久島を訪問。20日に入山してから戻らなかったため、県警などが捜索していた。鹿児島地方気象台によると、屋久島は20日正午過ぎに大雨警報が出ていた。【杣谷健太】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150724-00000087-mai-soci

自殺外務省キャリアと宗男氏の浅からぬ因縁… ロシア問題で激しくバトル
zakzak2013.04.02
東京・恵比寿にあるマンションで1日、内閣情報調査室内閣参事官のA氏(50)が練炭自殺しているのを発見された。このA氏、外務省のキャリア官僚でロシア問題の専門家として知られ、新党大地の鈴木宗男代表とは激しいバトルを繰り広げていた人物だった。
1日午前7時50分ごろ、恵比寿南3丁目のマンション一室の風呂場で、A氏が倒れているのを119番で駆け付けた救急隊員が見つけ、間もなく死亡が確認された。
風呂場は内側から目張りがされており、練炭がたかれた跡が見つかった。A氏は母親と同居しており、別の部屋には「中に入らないでください。死んでいます」との置き手紙があった。警視庁渋谷署ではA氏が自殺したとみて、調べている。
A氏は外務省のキャリア官僚で、国際情報統括官などを歴任。鈴木氏が1996年5月に、北方領土・国後島を訪問した際、同行したA氏が鈴木氏に殴られたと騒動になった。
この件について、A氏は「全治1週間」の診断書を出したが、鈴木氏は事実が違うなどとして、政府に対する質問主意書などで対抗していた。
外務省関係者は「A氏はやり手として知られていた。あの鈴木氏相手でも引かなかった。ロシアの専門家で、安倍晋三首相のロシア訪問(4月末)でも活躍したはず。心身の不調でもあったのか。正直驚いている」と語っている。

『深田萌絵さんのブログ削除の件3』へのコメント

  1. 名前:あさかわ 投稿日:2016/02/15(月) 15:51:03 ID:7ad564aca

    ぱよぱよさん 毎日拝見させていただいています。
    深田さんのyou Tube 詳細な内容!! 危うい日本、日本を守るための教育がなかったと落胆しています。
    m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=VH-g3BK_18M

  2. 名前:yosh 投稿日:2016/02/15(月) 21:33:49 ID:cd3be50dd

    >あさかわさま
    コメントありがとうございます。
    日本を守るための教育がなかったというのも日教祖だから仕方ない。。。
    とにかく情報拡散あるのみですね。