シェアする

ハードランディング

本日の余命更新情報です。

518 巷間アラカルト⑥
519 朝鮮事案③

余命三年時事日記のハンドブックが本日発売となります。

余命三年時事日記ハンドブック

51Amgvf2sJL._SX339_BO1,204,203,200_

商品の説明

全ての日本国民向け必携の書(ハンドブック)!
情報拡散にも最適の一冊!

「入管特例法」「在留カード」「官邸メール」など『余命三年時事日記』に登場するキーワードや、戦後左翼や反日勢力が起こしてきた数々の事件の概要を解説。
『余命三年時事日記』のキーワードや事件、事象を明解に解説。これ一冊で『余命三年時事日記』が丸わかり!

《主な内容》
●反日勢力の正体、悪行、特権、日本乗っ取り
●日本侵略を進める韓国
●日韓戦争勃発!?
●日本再生――反日勢力の除去……など

出版社: 青林堂 (2016/3/17)
ISBN-10: 479260544X

需要があるかは知りませんが、荒っぽい所感・・・。518と519はハードランディングの件について取り扱ってます。これは準備と対策があってのことですので、余命メールや次の選挙で反日政党を潰すことは必須と思います。正直なところ、そこまで楽観視出来るほどの状況ではないわけで、あくまで、民進党(民主党と維新の党という出戻り)と社民党と共産党と生活を潰すための選挙であって、それ以上でもそれ以下でもありません。ハードランディングの場合、何の前触れもなくいきなりドンパチということはまずないというか、何らかの前兆がないとまずい事態が生じます。何らかの兆候はあると思いますが、帰化関係を一掃するためには、国籍離脱証明書の手続きに触れない限りは難しいのが現状・・・。遡及法もありえる以上、帰化人も対象にしないと、ハードランディングの意味がないwどっちにしても、在日韓国人は棄民対応であり、日本や韓国からも忌み嫌われてるわけで、四面楚歌であるのは確かでしょう。

ハードランディングに関する考察については、真・カミカゼさんのところで取り扱っていますので、参考にしていただければと思います。全体を通してみれば、あり得ないシナリオでのシミュレーションではないと思います。重要なのは最新の更新内容となります。この意味をどのように捉えるかが鍵ですね。これについては各自で考えてください。

1-A) 日本政府は、在日韓国・朝鮮人の日本滞在資格をどのようにしますか?
(hint: 朝鮮半島を掌握した北朝鮮は日本と国交がありません)
(hint2: 北朝鮮は在外韓国人の資産が欲しくて欲しくてたまりません)
1-B) 日本政府は、どのようにマスメディアによる反政府運動を回避しますか?
(hint: テレビ局・新聞社の建物爆破はまず無理です)
(hint2: 朝鮮戦争再開を直接の理由とする外患罪の適用は困難です。
外患罪は、外国と通謀して日本国に対し武力を行使させ、又は、日本国に対して外国から武力の行使があったときに加担するなど軍事上の利益を与える犯罪です。
今回は朝鮮半島内の戦争であり、韓国・北朝鮮の軍隊は日本に宣戦布告していません。)
1-C) もう少し、混乱した生活が続くと思います。
そして、多くの人はイライラしています。
あなたが今後しばらくの生活で、特に心がけるべき点は何でしょうか?
「身分証を持ち歩く」と「外出は最小限にし、特に夜間外出は控える」
の2点以外をお願いします。

短い内容ですが、ハードランディングを想定した場合のシナリオは重要だと思うし、この内容をどう捉えるかというのは気になりますね。。。

フォローする