時事アラカルト~20160407

Pocket

本日の余命更新情報です。

574 選挙関連アラカルト⑩
575 2016年4月6日時事
576 2016年4月7日時事
577 ハンドブック⑧
578 国防事案④
579 巷間アラカルト⑳

そして、余命書籍第三弾「余命三年時事日記2」の発売日は、2016/5/16に発売が決定しました。続報が入り次第取り上げることにします。

余命のコメント関連です。

574 選挙関連アラカルト⑩より

.....戦略的順序があるからな。『除鮮・売国奴排除』ですべてかたずくだろう。まあ、とりあえずは選挙に勝つことである。韓国の在日方針として、今回参政権が与えられている。昨年の日本の外国人登録法廃止にかかる国籍確定、住民登録およびマイナンバー制度施行による住所特定により、税法、兵役法の適用が簡単にできるようになった。
今回の案内には、なんと帰化人も対象として入っている。どういう意図なのかはわからないが帰化した以上は日本人であって、それに対してのコントロールまで考えているのだろうか。ただ可能性としては従前から余命が指摘しているように、帰化に際して国籍離脱証明書の提出がいい加減であり、帰化後の届け出をしていない者が二重国籍者として10万単位で存在することを韓国政府は意識している可能性がある。まあ、日本人には関係のないことである。

.....元次世代の党であるが、民進党(民主+維新)や共産党、そして公明党がどれだけ恐れているかを、この政党の幹部がわかっていない。それどころか自民党との合流を目指している有様だ。労組とか宗教団体というバックアップがないということはフリーハンドで動けるということである。そしてそこに拉致問題からの流れでブルーリボンという予備自衛官の組織がついていたのだ。
田母神を必死に叩いているのは、その脅威の関係を断ち切るために他ならない。和田政宗が足を引っ張られているのもその関係だ。党勢拡大の方法はいくらでもあるのだが気がつくかどうか...。
なにしろ東京都議選の田母神陣営の選対部長が水島氏で、そのご当人が田母神氏を告発しているというのだからもうわけがわからない。チャンネル桜の関係ではなでしこアクションがあり、Change.orgという余命が承認していない署名サイトがある。そのお仲間に有田、安田、津田、なかがわ君なんかがいるのを見ると、もう右なのか左なのか自分たちもわけがわからなくなっているのではないだろうか。このままではこの政党は終わるだろう。

『除鮮・売国奴排除』については順番があるわけで、まずは選挙になると思います。最低ラインは、自公の衆議院の2/3以上の議席と参議院の自民党の単独過半数となります。韓国の在日方針に帰化人も含まれてるようですし、少なくとも民団が35万人は帰化していると主張している以上、それは対象に含まれると思われます。遡及法が当たり前の某国において、国籍離脱証明書の手続きがなければ、何でもありなんだと思いますよ(笑)

元次世代の党の件ですが、今のままだと次の参院選の2019年で終わるわけで、余命三年なわけです。今は元次世代の党の議員は参議院に4人いるわけで、1人が今年改選、3人が2019年改選となります。あと、水島総は田母神を潰した元凶と認識しています。都知事選にしても、選対部長が水島とか何かのジョークですかね??航空自衛隊の幕僚長を勤めたまでの人で人望もあったけど、政治の世界を知らなかったから招いた事態とも言えます。和田議員の件もそうなんだけど、3年は安泰なわけだし、元次世代の党が動けるのは、除鮮・売国奴排除した後の話なわけで、田母神も含め、時間は与えられているわけです。どっちにしても、『除鮮・売国奴排除』が最優先事項なわけで、残された3年(実質は2年半)で党勢拡大に繋げることが出来ればと思います。因みに、余程の錦の御旗がなければダブル選は愚策と思うし、今年は参院選で自民党の単独過半数の議席を確保が最優先であって、憲法改正云々よりも、『除鮮・売国奴排除』が優先と思います。

578 国防事案④

.....日中戦争はまず99%あり得ない。なにしろ軍事力に差がありすぎる。ここで言う軍事力とは、双方が対峙して戦う場合を想定しているが、闘いの場は東シナ海から南シナ海という海戦である。海上戦でも海中戦(潜水艦)でもレベルが違いすぎる。潜水艦をはじめ軍艦船は軍港から出ても近海をうろうろするだけだろう。なにしろ海軍は兵員不足、潜水艦は3割以上も不足しているのが実態である。戦意は全くなく海戦となればおそらく出撃は不可能だろう。出撃=100%戦死確定では逃げるのは当然だ。

自分も表立った日中戦争はあり得ないと思います。但し、人民解放軍の本隊は移民という物量戦略にあるわけで、正面から来ることはないかな。ダンピングによる産業破壊や移民やサイバー攻撃やプロパガンダには要注意だし、こういった戦争になると思いますので、絶対に油断はしてはいけません。中共の本当の戦術に警戒が薄いお花畑としか思えない現状なわけで、シャープや東芝の白物家電の件からしても、対策が取れてるとは思えないわけです。元次世代の党の件も本質は一緒で、足元が見えていないから、野放しにして被害を拡散しているとしか思えないわけです、ハイ。

あとはガソリーヌ山尾の件です。

民進・山尾氏、ガソリン代「元秘書関与の蓋然性高い」

民進党の山尾政調会長が代表を務める政党支部が多額のガソリン代を計上していた問題で、山尾氏は記者会見を開き、「元秘書が関与している蓋然性が高い」と明らかにしました。

「この期間(ガソリン代が突出していた時期)は、私の事務所に在籍をしておりましたある秘書の在籍期間とほぼ合致をしているということもわかりました」(民進党 山尾志桜里政調会長)

山尾氏は、「元秘書が関与している蓋然性が相当に高いと判断している」とした上で、「事務処理の誤りで監督が至らず、申し訳ない」と陳謝しました。

該当するガソリンスタンドのプリペイドカードの発券機には不要となったレシートを入れるケースが備えつけられていて、山尾氏は「元秘書が本当にプリペイドカードを購入したか現時点で疑問を持っている」と述べ、元秘書が他人のレシートを使って不正にガソリン代を請求した可能性があるという認識を示しました。

山尾逆ギレ会見まとめ

・収支報告書をまったく見とらんかったわ、すまんな
・全部秘書がやったことやで
・秘書がプリカのレシートを拾って経費請求してきたんや
・根拠はないけど秘書はプリカも買っとらんし自分は知らんで
・せやけど秘書がやったとはわからんから追求せんで
・1週間もあったけど秘書とは連絡取っとらんやで
・政治家には秘書の不祥事の監督責任があるやで。甘利辞めろ
・監督責任をとってこれからも議員・政調会長がんばるやで

実に見苦しい会見だったけど、これを引っ張るなら民進党(民主+維新)のマイナスにしかなりませんし、参院選までこの路線で頑張って欲しいと思います。

最後にパナマ文書の件です。

菅官房長官「軽はずみなコメント控える」

菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、パナマの法律事務所から流出した内部文書で世界の政治家や著名人がタックスヘイブン(租税回避地)を利用して資産隠しを行っているとされた問題について、「文書の詳細は承知していない。日本企業への影響も含め、軽はずみなコメントは控えたい」と述べた。「世界全体で租税回避について連携している中、今回新たにこうした実態が報道ベースで発表された」とも指摘した。日本政府として文書を調査する考えはないという。

軽はずみなコメントを控えて、日本政府として文書を調査はしないけど、財務省は知らんという表明と思えます。「日本企業への影響も含め、軽はずみなコメントは控えたい」は妥当だし、慎重に調査してコメントして欲しい限りです(笑)