春の○○祭り

Pocket

本日はいろいろと祭りがあって、情報の整理も難しいですね(笑)

まずは舛添の件です。

会議費名目で「家族旅行」と文春報道 舛添氏「質問やめて」 13日の会見で説明へ

東京都の舛添要一知事の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)が「会議費」名目で千葉県内のホテルに支出した約37万円が、家族旅行だった疑いがあると週刊文春がインターネットで報じ、舛添知事は10日、報道陣に「今日はちょっと(その質問は)やめていただきたい」と述べ、13日の定例会見で説明する意向を示した。

政治資金収支報告書によると、同団体は舛添氏が知事就任前の平成25、26年に木更津市のホテルにそれぞれ約24万円と約13万円を支出。文春は「2回とも会議は行われていません。お子さんを連れて、家族でご利用になりました」とするホテル関係者の証言を紹介。政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがあると報じた。

13日の会見で期待するのは、公用車は「動く知事室」に続いた名言の有無に尽きるw朴槿恵の空白の7時間と同じレベルの発言をしてただけに、続編も気になるところです、ハイ。

まぁ、センテンススプリングなだけに、正直なところ、気になっている部分もあるわけですね。この件って・・・。舛添を辞任に追い込むのはいいとして、次の都知事を誰にするかというほうが重要だったりする。

センテンススプリングの広告は以下の通り。

75bbc39e

●正月家族で温泉宿 37万円
●自著100冊買上げ 10万円
●美術品等 900万円
●湯河原別荘近くの回転寿司 5万円
●自宅近所ピザ屋 20万円
●3000円床屋は子供の分も領収書

他にもいろいろとあるわけで、舛添をメディアが批判するということは、創価学会からも見放されたと見ていいでしょうな。ガソリーヌ山尾とかいうのがいたけど、クーポン舛添ってところでしょうなぁwww自署お買い上げといえば、この人を思い出しました・・・。

まずはこんな話題から・・・。 「クイズ質問」の民主・小西氏、政治資金で自著“爆買い” 民主党の小西洋之参院議員の関連政治団体が、小西氏の自著の購入代として政治資金から約319万円を支出していたことが30日、平成26年分の政治...

カミカゼさんも遊んでたので、Twitterのツイートと返信でも貼り付けておきます。

https://twitter.com/mynamekamikaze/with_replies

個人的にはただ辞めるだけでは面白くないので、外患罪適用あたりは欲しいところです、ハイ。幸い、余命官邸メールにて外患罪について触れていましたので、辞任関係なく、外患罪の適用まで踏み込んで欲しい限りですな(笑)

続いては、パナマ文書についてです。公開されましたが、詳細はもう少しネタが揃ってからですかね。現段階で見える部分はこんなところですかね。

下記リストはパナマ文書に記載があるとされる日本企業です。

電通
バンダイナムコ
シャープ
サンライズ
大日本印刷
大和証券
ドリームインキュベータ
ドワンゴ
ファストリ
ジャフコ
ソニー
ファーストリテイリング(ユニクロ)
やずや
みずほFG
三井住友FG
JAL
石油資源開発
丸紅
三菱商事
商船三井
日本製紙
オリックス
三共
東レ
日本郵船
大宗建設
ドリテック
ジー・モード
アーツ証券
山一ファイナンス
シャープ
三共
東レ
パイオニア
ホンダ

個人だと楽天の三木谷などもいますが、もう少し情報が出揃うのを待ちます。

調べ方としては以下のページが参考になります。

【ICIJ】パナマ文書の検索方法

“I think so”反日企業?リスト作成の参考になると思います。在日・創価・パナマ文書・反日発言などをキーにして纏めて、ダブル役満&トリプル役満あたりの企業は、反日企業の可能性が限りなく高くなるでしょう。

あと、読売新聞で以下の報道をされています。

「パナマ文書」日本関連では約400件

読売新聞は、「パナマ文書」に記載されている日本の企業や一般個人を、現時点では匿名で報道します(自ら公表した分を除く)。各国の税制は異なり、日本の企業や一般個人がタックスヘイブンを利用していても、国内で適正に納税していれば、税法上、問題視することはできません。

タックスヘイブンを利用することは、国内で適正に納税していれば問題視することは出来ないのは事実なわけで、少なくとも現段階においては違法行為ではないわけです。とはいっても、国税は動いてるし、伊勢志摩サミットの議案にもなっていることから、既存の対策(タックスヘイブン対策税制&5000万以上の国外財産調書の提出義務&マイナンバー)以上の立法が行われる可能性は高いと思われます。

最後に官邸メールの件です。リンクの貼り付けと目次を纏めて記事にして、いつでもトップページから見れるようにしておきました。

余命官邸メール1~90号のまとめです。こちらについては余命データ庫に入れておきます。 タイトル 余命1号 外国人への生活保護費支給について 余命2号 弁護士の日弁連と弁護士会への強制加入の義務づけは問題 余命3号 「出入国管理及び難...

外患罪関係で41~53号で占めており、外患罪の告発は場合によっては死刑となるわけで、内容についても妥当と思います。そういう意味では罪を償うべきでしょうし、お花畑の日本においては、ある程度の生け贄は必要だと思いますよ(笑)平和主義とかほざいてる輩ほど、平和からかけ離れているわけですしwwwまぁ、ぱよぱよちーん♪ってところですかね??

他の事案についても非常に厳しい内容なわけですが、余命一派殲滅大作戦とか謳ってるわけでありまして、こういった状況で容赦など必要ありません。余命ミラーサイトさんからでも90号まで送信が出来るようになっておりますので、全件送信でも日替送信でもと思います。当面の間は毎日全件送信でいいかと・・・。余命ミラーサイトの効果はホントに絶大ですし、余命メールで一番貢献しているのは、このサイトだと思います。

国民の声が届けば後押しになりますし、余命官邸メールの事案はある程度は実現しているわけで、市民の声とかいうのと全然違います(笑)