じゃあのさん~20160520

Pocket

カミカゼ ‏@mynamekamikaze

中国が台湾にアレコレと圧かけてるそうだが、おめーら中央は今それどころじゃねえはずなんだがなwww 一つの中国ねえwww 頭がいっぱいいると、お互い潰しあいで舟が山に登って大変だなあw だからこそ、内外で何か起こるか不安定化しているわけだが

余裕があれば香港の情勢に注目してみるといい香港は上海のマネロン先で、今中国のNO3(上海閥出身)がなんかやってるようだからwww今度ネット向けに、現在の中国の相関図でも作ろうかなぁ

カミカゼ ?@mynamekamikaze

とりあえず中国の各派閥勢力の相関図
細かい解説は今度やるので余白に好きに書き込めばいい
まあ、この相関図の3分の1くらいが習近平に粛清されてるんだがな

簡単に説明すると共青団というのは胡錦濤の派閥で、中国共産主義青年が正式名称で団派と呼ばれる。
日本でいう中学生くらいから、将来の上級幹部目指し徹底的に教育を受けたエリート集団。
特色は、若手の層が厚いということ
この前、胡錦濤の側近の一人の令計画が粛清されて弟の完成が米へ亡命した

上海閥と呼ばれるものは、江沢民の派閥で名前の通り、上海を牛耳ってて
マカオや香港とかを足掛かりに欧米各国にも色々資産をため込んでる。
もとは習近平も上海閥出身だった。
特色は相次ぐ習近平による粛清や、派閥の高齢化が進み徐々に弱体化はしてるものの、莫大な資金力と軍への影響は根強い点

太子党というのは、簡単に言うと共産党高官の子息連中
別名、中国版ノーメンクラトゥーラ(赤い貴族)
上海閥=太子党という説もあったが、正確に言うとこれは間違い
文字通り、どの派閥の子息も広義の意味で太子党と呼ばれる。
最近は解放軍などを中心に習近平の影響力が強くなってきている。

最後に、新興勢力の南京閥、之江派ともいう
習近平が浙江省や福建省のトップだったころの側近連中で固め、
人民解放軍も、江蘇省出身者の南京軍区人脈で固め、
解放軍再編も併せて習近平独自の第3勢力となった。
尖閣や南沙、台湾で調子に乗ってるのもだいたいこいつら

とまあこんな感じで簡単に説明したが、各派閥の関係がまたややこしい
まず共青団と上海閥は当初敵対関係で、江沢民が自身の派閥の習近平を擁立
胡錦濤の共青団は李克強を擁立してた。
この裏で、共青団は腐敗撲滅(江沢民派駆逐)に協力するならばという条件付きで習近平が国家主席に選ばれたという

カミカゼ ?@mynamekamikaze

もうひとつ、習近平という怪物が生まれた要因は、わが国の旧民主党のせいというか小沢のせい
もともと小沢と団派の李克強は交流があり結びつきも強かった。

しかし民主党訪中団の視察やら何やらで、上海閥の習近平が次期主席になる可能性が高いと感じたのか、習近平を天皇陛下に謁見させ、対外的に次の国家主席ということで宣伝した。
理由はまあ、金だろうね
こいつら民主党が余計なことしたおかげで、習近平という怪物が生まれたってわけだ

そんで、上海閥の習近平が国家主席になったわけだが、奴は親分の江沢民を裏切って、胡錦濤率いる団派と時に協調しながら、自身の所属してた上海閥を腐敗撲滅運動
という名の粛清で弱体化させたというわけだ。
その裏では、自身の子飼い連中を囲って独自勢力を築いてたんだがな

その後、上海閥をけずって、自分の子飼いの独自勢力、南京閥を作った後、今度は団派が邪魔になり、団派連中を粛清とか嫌がらせしまくっているといった感じだね。
結果中共は、現在3つの勢力で抗争状態の三国志となったわけだ
しかし潰れそうな上海閥が現在近平に反撃し、団派も裏で協力している

情勢的にはこんな感じだね
あと、近平の名前間違ってたから修正しといたww
上海閥の反撃って何かというと、まず上海市場を空売りしてたのが上海閥で、香港に空気入れてる勢力の一つも上海閥
あと、パナマ文章を基に習近平の怪文書流してるw

それと、中国経済がまだ底に入ってないのは、中国の財務担当の政府系ファンドとよろしくやってる
楼継偉とかいうやつがAIIBではとちったものの、なかなかのやり手だというところもある。
詳しくやりたいが今夜は遅いのでこの辺にしておくかな

何が言いたいのかっていうと、いま中国は頭が3つある分裂状態ということだな
一つの中国とかww笑わしてくれるぜwww
ただし不安定な情勢下だからこそ何が起こるかわからないのが今の中国ということだね
俺もさんざん馬鹿にし腐りまくってるが、中国を過小評価するのは危険だぜ
じゃあのwww