沖縄女性遺棄事件

Pocket

いよいよ明日が余命X-Dayの5/25です。重要なお知らせがあるので注目しております。

まずはジャパニズム31のお知らせから。

ジャパニズム31

内容紹介

特集:この国を蝕んでいるのは誰か

[対談]
3代目余命x桜井誠 最強のモンスター対談
倉山満x江崎道朗 この国を動かしている権力の正体
ロバート・D・エルドリッヂx我那覇真子 沖縄メディアの報道

[特集]
田岡春幸 第二の生活保護となっている「傷病手当」
杉田水脈 被災地に乗り込んで復興の足を引っ張る左翼
小坂英二 自治体から不当に流れ出る公的資金
井上太郎 「同和問題」は未だに日本に巣食う弊害か

[話題の執筆陣]
山村明義 熊本地震と戦後日本の「精神的断層」
宇田川敬介 パナマ文書に隠されたタックスヘイブンの闇
イラストエッセイ はすみとしこの世界
小名木善行 ねずさんの読み解く『古事記』

[漫画]
「テコンダー朴! 」
孫向文 「中国人が見た 北朝鮮の暴発に危機感ゼロの日本のパヨク」
富田安紀子「日之丸街宣女子」

佐藤守、高森明勅、久松文雄、濵口和久、小名木善行、某国のイージス、KAZUYA、仲新城誠、渡邊陽子、カミカゼじゃあの、在日三世@3korean、永井由紀子、左翼アカデミズムを研究する会

単行本(ソフトカバー)
出版社: 青林堂 (2016/6/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4792605520
発売日: 2016/6/10

「3代目余命x桜井誠 最強のモンスター対談」には興味ありますね。あとは井上太郎氏の同和関係も然りですが、キャベツを喚き立てる場所にザイニチありの図式であり、ザイヌも含め、キャベツ利権問題とも言えなくもないww

本題は沖縄女性遺棄事件の件です。

抗議の沖縄県民大会、6月にも開催へ 元米兵の女性遺棄

沖縄県うるま市の女性会社員(20)が遺体で見つかり、元米海兵隊員の米軍属(32)が死体遺棄容疑で逮捕された事件を受け、同県の翁長雄志(おながたけし)知事を支持するグループは22日、事件に抗議する県民大会を6月にも開くことを決めた。開催場所や日程の調整に入るとともに、翁長氏に出席を要請する。県政野党の自民党にも参加を呼びかけ、超党派での大会開催を目指すとしている。

翁長氏を支える政党や市民団体、企業の代表ら約30人がこの日、那覇市内で協議した。会合では「事件への抗議を行動で示すべきだ」との意見が相次ぎ、数万人規模の県民大会を開くことで一致した。

十分な周知期間を置くため、開催時期は6月を軸に調整する。大会では事件への抗議を表明するほか、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設反対や日米地位協定の改定を求める方向で検討。県政野党の自民党などにも参加を呼びかけるとしている。

沖縄の県民大会をめぐっては1995年、少女暴行事件に抗議して超党派の約8万5千人(主催者発表)が参加。翌年の日米両政府による普天間返還合意につながった。今回も超党派での開催になれば、米軍オスプレイの沖縄配備に反対した2012年9月の大会以来となる。

ただ、夏の参院選を控えて与野党対立が深まる中での開催となり、「辺野古移設反対」を前面に出せば、自民系の参加が難しくなるとの見方もある。グループ内には超党派の枠組みにこだわらない意見もあり、大会で打ち出す項目については引き続き協議し、情勢を見極めることになった。(上遠野郷)

■安倍首相・翁長知事、23日会談

沖縄県で米軍属の男が女性の死体遺棄容疑で逮捕された事件を受け、安倍晋三首相と沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は23日に首相官邸で会談する。首相は米側に再発防止や綱紀粛正を強く求めたことなどを説明する方針。翁長氏は、米軍関係者による事件が繰り返されることへの日本政府の認識をただすとみられる。

朝日新聞だから仕方ないのですが、まずは「軍属」についてWikipediaから抜粋。

在日米軍の「軍属」

日米地位協定の第1条(b)は、「軍属」(civilian component)を「合衆国の国籍を有する文民で日本国にある合衆国軍隊に雇用され、これに勤務し、又はこれに随伴するもの(通常日本国に居住する者及び第14条1に掲げる者を除く)」と定義している。 また第1条(a)では、「合衆国軍隊の構成員」を「日本国の領域にある間におけるアメリカ合衆国の陸軍、海軍又は空軍に属する人員で現に服役中のもの」と規定しており、これに該当する文官や非戦闘員は「軍属」とは呼ばれない。 したがって日米地位協定は、字義とは逆に、軍に属しない者を「軍属」と呼んでいることになる。

具体的に「軍属」と規定されているのは、以下の身分の者である。

教育や行政分野の米国国家公務員(general schedule)
軍に雇用されている米国の文民(civilian employee)
軍と契約している民間会社に雇用されている米国の文民(contractor)

今回の事件の容疑者の軍属は、「軍と契約している民間会社に雇用されている米国の文民」となり、日米地位協定の対象外となります。

「日本の法体系で対処を」 米長官、中谷防衛相に伝達

1995年の件とは異なり、日米地位協定の対象外となることから、日本の法体系での対処となることから、アメリカを政治的に批判するというのは論点がずれるわけで、外国人犯罪について、沖縄県知事がアメリカに抗議とか首相と会談などは筋違いなわけです。最も日米地位協定という問題については別の問題とも思えるので、これについては切り離して考えるべきです。

とはいえ、今回の外国人犯罪の件について政治的問題にしていいと朝日新聞のお墨付きが出たということで、本件についても、外国人犯罪について取り上げる(笑)まずは坂東忠信氏の記事を紹介します。

日本初「在日」外国人犯罪の公的統計資料公開。

o0800056513386660182

在日外国人の犯罪の上位3位は、1位韓国・朝鮮 2位中国 3位フィリピンとなっており、米国人の犯罪率は比較的低いわけで、外国人犯罪を問題視したり、政治的問題かしたいのであれば、在日韓国人や中国系の事件も喚かないと不平等だと思います(笑)

本当は「日本人」の犯罪じゃない犯罪

~極悪犯罪者 在日朝鮮・韓国人 一例~

○麻原影晃:オウム真理教トップ (後にアレフと改名)
地下鉄サリン無差別殺人事件12人死亡、5510人重軽傷。松本サリン事件、死者7人、重軽傷144人。坂本弁護士一家惨殺。父親が朝鮮籍。
○宅間守:大阪池田小学校の児童殺害、8人殺害、15人重傷。朝鮮部落出身。
○東慎一郎(酒鬼薔薇聖斗):神戸の首切り小僧、2人の児童を殺害。元在日朝鮮人。
○林真須美:和歌山毒入りカレー事件、4人毒殺、63人重軽傷。帰化人。
○関根元:埼玉の愛犬家連続殺人事件、4人殺害、ドラム缶で焼却。韓国籍人。
○織原城二:在日韓国人強姦魔、英国人女性ルーシー・ブラックマンさん他1人殺害。
○世田谷一家惨殺事件:現場の指紋が韓国人男と一致。韓国警察に犯人捜査協力を依頼したが、関係ないと拒否。
○辺英鉄:大阪茨城市で全裸で車を運転し、男女5人を次々と跳ね2人死亡。在日朝鮮人。
○和田慎一郎:早稲田大学強姦グループ「スーパーフリー」を主催、在日朝鮮人。
○永田保(金保):奈良県の強姦牧師、信者の少女役100人を次々強姦、在日韓国人。
○丘崎誠人:奈良県月ヶ瀬村で少女の頭に岩を投げつけ殺害。在日朝鮮人。
○伊藤金男(尹金男)、崔基浩、李勇:渋谷で女子大生誘拐し、3億円の身代金要求。
ーーーーーーーーーーーーーー
※鬼畜という言葉すら超越する、およそ人の起こした犯罪とは思えない極悪にして凶悪犯罪
女子高生コンクリ事件」←共産党関係者と言われている

あとは今回は強姦殺人ということもあるので、こちらもご紹介。

日本のタブー 「報道できない強姦事件」

在日韓国・朝鮮人の事件年表(Wikipedia)

中国系のタイムリーな事件。

偽造カード表面に中国語…ATM不正引き出し

全国17都府県のコンビニの現金自動預け払い機(ATM)約1400台から現金約14億4000万円が不正に引き出された事件で、現金引き出しに使われた偽造カードに中国語の記載があったことが捜査関係者への取材でわかった。

警察当局は事件の背後に国際的な犯罪グループが関与しているとみて調べている。

捜査関係者によると、不正に一斉に現金が引き出されたATMの一部に、不正なカードと認識された偽造カード6枚が残っていた。

偽造カードの表面には、いずれも中国語が記載されており、中国系の焼き肉店の顧客カードとみられる。南アフリカのスタンダード銀行が発行したクレジットカードの情報が書き込まれており、データを空にした顧客カードに、南アのカード情報が書き込まれたとみられる。

あくまで外国人犯罪で一番の問題は、通名報道にあるわけです。アメリカとか中国系であれば、日本名での報道はされないわけで、その部分ではまだマシなわけです。当然、事件の犠牲者のことを考えると、犯人が日本人だろうが外国人だろうが関係ないだろうし、法治国家である以上、法律の手続きによって裁くというのは当然の話で、少なくとも法の裁きが妥当であれば、その点を問題にすることも出来ないというのはあります。これが正当な裁きではない(強制的酌量の少年法なども含む)のであれば、場合によっては世論の後押しから、法律の改正といった手続きを踏むわけです。

今回の件の何が問題かといえば、日本の法律で対処出来る問題を、米軍属という理由で、政治問題にしようとしていることに尽きます。司法(検察+弁護士+裁判所)の汚鮮が深刻な状況にも関わらず、日本の司法は関係ないといってるわけだ。朝日新聞は・・・(笑)翁長にしてもそうだけど、外国人犯罪を問題視するなら、沖縄でハングルや簡体字を掲げて暴れまわってる連中について、政府に訴えてみろよと言いたい。当然、外国人のデモは違法なわけで、外国人犯罪を問題視するなら、こういったのを野放しにしてはいけないんじゃないのwww

朝日新聞に話を戻します。少なくともこのメディアについては、外国人犯罪を隠蔽しているわけで、外国人犯罪について語る資格はない。このロジックが通じるのであれば、元朝日新聞関係者の事件について、社長が謝罪でもしているのとは思えば、報道しない自由で報道してないと思いますよ。てなわけで、朝日新聞関係者の事件・・・。

朝日新聞の正体

朝日新聞は殺人犯の巣窟

1972.01.09 朝日ジャーナル編集部記者、川本三郎(27)、「赤衛軍」による自衛官刺殺事件の証拠隠滅で逮捕
1980.09.13 朝日に中傷された佐々木道浩同志社大学教授が、事実無根と記した遺書を残し、首を切って自殺
2000.07.02 販売店従業員の川井真澄容疑者(24)、別れ話のもつれから交際相手の首を刺し窒息死させ、逮捕
2001.11.13 販売店店長の松岡善隆容疑者(52)、無免許運転で障害者をひき逃げ。道交法違反+業務上過失致死で逮捕
2001.12.28 販売店長の松岡善隆容疑者(52)、身体障害者を軽トラック無免許(14年)ひき逃げ死亡事故で逮捕
2003.07.21 小6女児監禁犯の吉里弘太郎(29)の父親は西部本社社会部長、警視庁キャップ。一家は自殺と精神病院送り
2004.01.28 販売所配達員の本間直人容疑者(24)、金を無心する目的で風俗嬢を軟禁・暴行・殺害で逮捕
2007.08.26 拡張員の神田司容疑者(36)、仲間2人と女性を拉致殺害し現金7万円を奪う。殺人・死体遺棄で逮捕
2008.10.22 販売所配達員の熊谷甚一容疑者(51)、2億円の宝くじが当たった女性を殺害で逮捕

外国人犯罪を問題にするなら、在日朝鮮人の犯罪だったり、朝日新聞が米軍関係者による犯罪を問題視するのであれば、朝日新聞関係者による犯罪についても取り上げるべきですなww