X-day

Pocket

本日が余命X-dayですね。重要なお知らせというだけに、次の一手は気になりますね。

余命ブログで違和感を感じているコメントを一部抽出してみる。

788 巷間アラカルト76から

topaz
余命さま、
>.....もうすぐはじまるよ!!
成立した犯罪に対する刑事告発。 そう、私たちの出番です。 まってました!!

みなさま、
今年92才になる義母がこんなことを言ったのです。「警察は何をしていたのか」と。痛ましいアイドル女子大生殺人事件への印象でした。
お母さん、警察はね、犯罪が成立しなきゃ出番がないんだよ。
火事が起きたあとで消防署は何をしていたのかとは言えないでしょ?
ファンといえども執拗で一方的な、気味の悪い他人から、犯罪成立の前に身を守るのは家族の役割じゃないかなって言ったんです。
つまり、家族が相手の前に出て行くことです。
家族の覚醒に悩んでおられる方が多いとの投稿が相次いだようですが、どうでしょう?事実を提示しても納得しない家族が果たして正常といえるのか。 これは当人の問題であり、それを矯正するのは家族の義務です。避けることのできない重大な課題です。
家族にこう言えばいいんです。「余命三年時事日記に偽りがあるなら根拠を明確に示して下さい」と。「時間と労力を使って真偽を確かめることもしない怠け者 に日本人の資格はない」と。「与えられるものに不平不満を言うだけの能無しに正しい判断ができるのか」と。「あなたは子供の未来に関心が無いのか」と。
「茶の間の正義は国を滅ぼす」と言った人がいましたがそのとおり。 お手軽な正義ほど破壊的なものはない。
耳障りのいいスローガンに美談。ウソをつくことに迷いのない人の得意技です。どんな大ウソもバレなきゃ真実。バレても何事もなかったかのように振舞う。日本人を家畜扱いしてきた証拠です。
日本には半島発のウソが多すぎて、その蔓延したウソを吸って、善良なつもりで生きてるあなたの家族を真人間にするのはあなたの役割であり、今こそ前に出て行く時ではないでしょうか。 戦後70年、反日どもに事実を突きつけて、一つ一つ厳しく追求し、広く世間に公開する時期ではないでしょうか。
それと、家族に理解されないという投稿の何割かは工作のように感じています。 だって、日本人はそんなにバカじゃないもの(笑い)

気持ち悪いという印象を抱きますが、所謂分断策の一つですね(笑)余命をカルト宗教させる手口に過ぎない。余命のいう1割が覚醒すればの件からしても、本質を理解しておらず、日本人をバカにしている発言に過ぎません。理想を求めるのではなく、最悪の選択肢を避けることが出来ればいいわけで、家族として最低限出来ることは、覚醒することではなく、パヨらなければいいだけの話ですよwwwこういった意見というのも9条教と一緒で、教条主義的なわけです、ハイ。

ななこ
アンケートに固執している方がいらっしゃるようですので、花菱様のアンケート集計についてのブログ記事を一部引用いたします。
そこには、アンケート回答に乗じた妨害の内容が記されています。「余命」の名にどうしても反応してしまう人たちの仕業と書かれています。明らかにこのよう な妨害が予想されるアンケートを余命ブログに執拗に迫ることは、由々しき妨害行為と確信いたしました。許し難いことですね。
以下引用
こちらのアンケート集計には少し手間取っておりまして…と言いますのも、アンケート『覚醒の軌跡』シリーズとは異なり、悪質な回答(内容だけでなく意図的な多重投稿や意図的な無効回答)がけっこうあったのです。
多重投稿、無効投稿を割出し、ふるいにかけ、アンケート全体の信頼性を保持するためにデータを再抽出するのに時間がかかりました。
「余命」の名にどうしても反応してしまう人たちの仕業だと推測しております。やり方がセコい☆笑    引用終わり

アンケートで必要なリソースを削るといった工作なんだろうねwアンケートというのは不特定多数からの意見を募る以上、こういったリスクを想定しないと、アンケートの趣旨も歪むわけです、ハイ。花菱さまの行ったアンケートというのも、ハンドリングは出来ているのでいいのですが、同じ内容をアンケートを取っても、場合によっては、志位的な感じになるといった危険性も孕んでるわけで、主催者の良識があって初めて成り立つものだと思います。信頼の出来る主催者と信頼のできる回答者がいて成り立つわけで、意見を収集するにしても、ノイズに振り回されてはどうにもならないと思います。

786 巷間アラカルト75

「一日本人」改め「摸摸具和」(同じHNの方がいらっしゃるようなので)
前略
余命プロジェクトチームの皆様には、心より感謝と敬意を表したいと常々思っております。
「余命本1」「HB」と弁護士の弟に送ってきましたが、聞いたら読んでいないというので、弁護士を目指している弟の高校生の娘(姪)に「余命本2」を送り、「お父さんが読めないみたいだから、君に送ります。前2著を読んでから読んでね。」とコメントを添えたのですが、
「今日娘宛に本が届きました。折角ですが、これは私の判断で本人には渡しません。
自分が良いと思う本を勧めたくなる気持ちは分からないではないですが、今回の件は理解に苦しみます。
次世代に対する優しい気持ちで贈ってくれたんだとは思いますが、受け容れてくれる仲間同士でお願いします。
ごめんなさい。」と帰ってきました。
「そういう事は、読んでから言ってくれ!」
と返したのですが、どうも日中に届いたので姪の母親(義理の妹)にブロックされたようです。この義理の妹は元外交官でチャイナスクールであることから、多少の汚染は危惧していたのですが、ここまでとは思っていませんでした。
弟には日弁連に代わる弁護士会の設立に携わって欲しかったのですが、 残念です。
家族でも殲滅してもらって構わないというコメントされた方がいらっしゃいましたが、私も唯一の弟夫婦であっても殲滅対象となっても止むを得ないと思いました。ただし、姪は何とかして助けたい。
お花畑の覚醒を促すだけでなく、将来の日本を託すべき若人達を助ける方法についても情報交換させて頂ければと思い、コメントさせて頂きます。
余命プロジェクトチームの皆様には、今後ともご活躍をお願いします。

こういった意見も違和感を感じます。同じHNの方がいらっしゃるということで、なりすましを疑ってしまいますよww

神州再生を願うブログより

【信濃雑感】 日本を保守したい様へ、考え直せ

日本を保守したい

正義のななし様の書き込みにおけるご兄弟の話を読んで、人ごとではないと感じております。「それじゃ北朝鮮と同じ考えになるって言ってるだろ!!!」とかいう者はネットでも散見します。相手と同レベルに陥ってはいけない、というような調子の言葉は結構よくききます。では、どうやって対抗するんだと常々思っています。
大変残念ですが、こういうのは利敵行為でしかないかと思っています。必死になって防衛しようと立ち上がる者達を止めようとしてるのですから、味方とは決して思えません。味方を後ろから撃ってるようなものかと。こういう考えの者がいるのが、工作が成功してる証拠であるかもしれません。我が家族も大同小異なので嘆かわしく思ってます。

信濃注:
それでもいいではないか。言われても無視すればいいだけだろう。実際に鉄砲を撃たれるわけではない。
(以上)

また、同様の発言で、「日本人らしくない」というのもあります。何を持って日本人らしい、日本らしいとしてるのかは分かりませんが。しかし、日本らしいというなら、元寇に武力を持って対峙した我らのご先祖のあり方に学ぶべきでしょう。国という様々なものを内包するものを守るため徹底抗戦。近年では大東亜戦争がこれだったかと思います。

「日本人らしくない」とか、巷な美学とかいう高等技術については、自分には理解出来ませんし、個人的には汚い手を使う相手に対して美学という概念に違和感を抱くし、日本人というのはそういった人種なのかなとは思うんだよね(笑)日本人の定義ってナニ??と思います。「日本人らしくない」とかいうのもレッテル張りなのかなとも思うよ。多分、ザパニーズの類似語という認識でいるけどねww

100%分かり合える存在など難しいわけで、出来る限り、敵を作らないように味方を増やすかの世界と思います。そこに綺麗事など存在しないし、目的の世界だけという世界ではないと思いますね。そういう意味では、パヨクの価値観とかいうのはわからないけどね(笑)価値観の絶対視というのは、内ゲバの温床なわけで・・・ww

『X-day』へのコメント

  1. 名前:秋津洲改めKID 投稿日:2016/05/25(水) 23:51:23 ID:88a239ce5

     皆さんのコメントを見て感じるのは、私が鈍いのか、なりすましコメントの見分けが良く出来ないのです。しかしこれだけなりすましコメントがあると言う事は、それだけ「余命翁」の破壊力が凄いと言う事ですね。
     ただネット世界で、日本の置かれた実情を知り愕然としましたが、これを正そうとする多くの人がいる事も心強く感じている次第です。後はネットに疎い私が、出来ることを淡々と行う事だけ。家族・親戚・知人へ在日汚染の実態を拡散すること、「余命本」を始めとする保守系雑誌を知人へプレゼント。反日・在日系商店の利用は、必要最低限に抑えるなどいくらでもあります。いま流れが変わりつつあるのが実感しています。緩めずに進んでいきましょう。
     勿論、裁判対応への寄付も出来る範囲で協力していきます。

  2. 名前:yosh 投稿日:2016/05/26(木) 03:00:53 ID:495979064

    >秋津洲改めKIDさま
    コメントありがとうございます。
    正直なところ、なりすましコメントについては半信半疑ですね。。。直感でもいいし、自分のブログであれば、ある程度の自由はありますね。適切な表現かは分からないのですが、自分の心が全てであり、他人に強制しているような意見については、真っ先に排除の対象にしていますね。自分の出来ることを淡々とやることが、大きな力になると思っています。

    あと、余命ブログで重要なのは、「出来ることを粛々と行う」ことだと思います。1割の人が覚醒すればいいというスタンスで、緩く断続的に実行出来るスタイルを提示したという意味が大きいと思います。