英国EU離脱の国民投票雑感

Pocket

英国のEU離脱の国民投票の件です。

前作はこちら。

英国のEU離脱の国民投票の件です。 概要については、以下のリンクから・・・。 英EU離脱問題特集 6/23にEU離脱に関する国民投票が行われ、離脱派の得票数が上回れば、イギリスがEUから離脱する可能性が出てきます。 ...

英「EU離脱」多数、首相10月までに辞任意向(読売新聞)

【ロンドン=本間圭一】欧州連合(EU)に残留すべきか離脱すべきかを問う英国民投票の結果は24日確定し、離脱支持が過半数に達した。

残留を訴えてきたキャメロン英首相はロンドンでの演説で、10月までに辞任する意向を表明した。新首相がEUとの離脱交渉の開始を判断することになる。英国が脱退すれば、1993年に発足したEUからは初めてとなり、深化を続けてきた統合の歴史は大きな転換点を迎える。英国、EUともに影響力の低下は必至で、国際情勢、世界経済ともに不安定化する恐れが出ている。

英選管によると、開票は23日夜(日本時間24日朝)から382地区で行われ、離脱が1741万742票(51・9%)、残留が1614万1241票(48・1%)だった。投票率は72・2%。EU諸国への輸出が多いスコットランドでは、離脱に伴う輸出手続きの煩雑化などを嫌って残留支持が多かったが、経済が疲弊する地方都市の多いイングランドやウェールズでは離脱支持が上回った。

メディアの報道からは、僅差で残留派の勝利との報道もあったせいで、金融市場はカオスな状態になってましたね。事前にはどうなるかは読めなかったんだけど、朝の相場を見て嵌めてるようにしか思えなかったので、離脱派が勝つのかなとは思ってました。こういう時の相場は逆にブレる傾向があるわけですが、こういった相場の時には下手に動くと致命傷を負うわけで、被害にあった方々もいるのかなとも・・・。週明けは電車遅延の可能性もございますので、ご注意ください。。。

関連記事のご紹介。

イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票(Wikipedia)

英EU離脱問題特集(WSJ)

コラム:大英帝国分裂か、EU崩壊は杞憂=唐鎌大輔氏(ロイター)

イギリスがEUを離脱したら、日本経済への影響は「リーマン級」!? そのインパクトを試算してみた(現代ビジネス)

イギリス「EU離脱」の損得勘定~経済的デメリットはむしろEU側にある(現代ビジネス)

世界危機ドミノがいよいよ迫ってきた 轟いた金融体制崩壊連鎖の号砲 編集委員 田村秀男(産経新聞)

「英国を偉大に。魔法の笛に踊らされた」 野上義二・日本国際問題研究所理事長(元駐英大使)(産経新聞)

スコットランド独立機運再燃 連合崩壊の懸念(毎日新聞)

フランスでもEU離脱問う国民投票を=ルペン国民戦線党首(朝日新聞)

オランダ極右政党党首、EU離脱の是非問う国民投票実施呼び掛け(ロイター)

イギリス離脱決定で深まる「EU崩壊」の危機(東洋経済)

イギリスがEU国民投票で離脱を決断へ──疑問点をまとめてみた(Newsweek)

めいろまさんによる、英国のEU離脱解説(togetter)

あとはじゃあのさん情報。

全く影響も考えずに国民投票を実施した残留派のキャメロン英首相も如何なものかと思いますが、今回ほど読めない選挙というのもなかったかもしれません。背景としてはこんなところですかね。

イギリス国民を「EU離脱」に追い込んだ、欧州連合とECBの自業自得=矢口新

英国人がEU離脱を望んだ3つの理由

EU離脱を望む英国人が抱く懸念を、主に英文で書かれた情報をもとに、私が勝手に推測すると、

1.EU政府が官僚的で、必ずしも英国の国益に沿った政策を行わない
2.欧州の統合はもはや現実的ではなくなった
3.移民、難民問題

の順になる。

英国人にとっては、これらの懸念が、「景気減速、失業、給与下落、資産価値減少、格下げ」などといった、明日からの生活を脅かすような懸念をも上回ったことになる。

EU政府というのは、当然ながら自国の選挙で選ぶわけでもないので、各国の国益に沿った政策は行わないのと、リーマンショックなどでEU自体が揺らいでるわけで、ギリシャ問題などもそうなんだけど、統合通貨のユーロは大失敗に終わってるわけです。欧州の統合というのは無理という現実に今更気付いたとかいう普通に考えたら無理と思うようなバカげたことをやってきたわけです、ハイ(笑)結局のところ、EUに加盟する限り閉塞感からの脱却は出来ないという心情というのもあると思います。オズボーン財務相とかは中国にズブズブで王室からも顰蹙を買ってるわけで、キャメロン首相はパナマ文書問題といった形で、生活面だったり、現政権への不満なども背景にあったわけで、キャメロン政権側として、アメリカのトランプ旋風などの流れというのを軽く見てたんだと思いますね。

中国に急接近する英国:オズボーン・ドクトリン

英エリザベス女王の「中国は失礼」発言に中国反発

EU離脱問題の波及については、イギリスの場合は、紙一重で自国通貨のポンドは維持したのでマシな方とは思いますが、ユーロに加盟している国でのEU離脱については結構厳しいと思います。自国通貨に戻すにしても、大幅な通貨下落が生じる可能性が高いわけで、ユーロに加盟しつつ、EU離脱というのも現実的ではないでしょう。どっちにしても、EUへの拠出金が2位のイギリスが抜けるとなると、EUの財政は厳しくなると思います。そうなると、他の加盟国への負担が大きくなることから、ユーロという枠組みの恩恵に授かってるが、一番拠出金を払ってるドイツも例外ではない。そういう意味では、EU&ユーロの崩壊というシナリオもあり得るわけで、そうなるとリーマンショックどころの問題ではないわけです。

伊勢志摩サミット時に安倍首相をディスってた連中もいるわけだが、最悪のシナリオを考えた場合、リーマンショックレベルの問題が起きる可能性ではなく、起きることは必至の状況であったわけです。あと中国経済がどれだけの範囲&規模で影響を及ぼすというのも視野にいれる必要があるわけで、EUと中国という経済懸念については、楽観視出来るレベルのものではないと思います。

当然、日本経済への影響も避けられないわけで、全治に3年程度の時間はかかると思います。少々妄想も入りますが、今回の英国のEU離脱の国民投票の件は、米国のトランプ旋風同様の流れと同じですが、脱グローバリズムといった流れになる可能性が高いと思われます。レジームチェンジという岐路に立たされているわけで、グローバリズムの恩恵の依存度の高い国ほどダメージが大きくなるといった図式になると思われます。移民・難民の受け入れに関するババ抜き状態にもなるのではないかと(笑)そういう意味では、イギリスの国民投票の結果については、一時的な痛みは生じると思いますが、長期的視点で考えた場合は、妥当な結果になるかもしれません。それまで持つかという問題もありますが・・・。

『英国EU離脱の国民投票雑感』へのコメント

  1. 名前:妖精さんの端くれ 投稿日:2016/06/25(土) 09:12:40 ID:825db1d27

    おはようございます。
    “電車遅延”とはブラックなww
    昨日は昼からぱよくのみなさんが「日本だけが株価暴落!www」と大喜びしてましたが、地球の自転を知らない方々にはとっとと祖国にお帰りいただきましょう。
    我が国はこれからナマポビジネスにつきあう余裕はなくなりますからね。
    長い目で見ればイギリスの結果はよかったと思います。
    本当の『痛みを伴う改革』が始まるんでしょうかね。

  2. 名前:yosh 投稿日:2016/06/25(土) 11:24:10 ID:65fa4617b

    >妖精さんの端くれさま
    “電車遅延”は悪乗りが過ぎましたww
    パヨクの方々の反応を見れば面白いんだけど、日本株は世界の景気敏感株とも言われており、過剰反応しすぎな部分はあるわけですね。

    http://japan.zdnet.com/article/35081709/
    http://diamond.jp/articles/-/61318?page=2

    日本についても、少子高齢化もあって特亜と関わる余裕もないので、世界的にフリーライダーの見直しの時期に入ると思われます。
    世界的にホントの意味での『痛みを伴う改革』が始まる動きになると思ってます。
    表向きの改革という名の改悪にはウンザリですのでww

  3. 名前:nico 投稿日:2016/06/25(土) 11:42:57 ID:b524dbc04

    「素晴らしいことが起きた。英国民は国を取り戻した」
    「英国民は国境を越えて移民が入り込むことに怒っている。誰も彼らが何者なのか分からない」

    こういう発言が出来るあたりトランプはこと難民問題に関しては本質を捉えていると思えますね

    ユーロに関しては誰が発案したのか知りませんが、連環の計みたいになってますねww

  4. 名前:yosh 投稿日:2016/06/25(土) 12:08:19 ID:65fa4617b

    >nicoさま
    トランプ氏については、当初は泡沫候補と思ってましたが、泡沫候補と言えなくなった地点で、世界の潮流の変化というのは感じますね。
    過激な発言ではあるんだけど、本質は捉えているわけで、日本で言えば、桜井誠氏みたいな感じなのかもしれません。
    ユーロに関してはお花畑の壮大な実験台であり、9条以上にお目出度いものであると思いますねwwEUとユーロというのは、グローバリズムの実験場としての失敗例で残せただけでも、歴史的な価値はあるんだと思います(笑)