2016年参院選雑感

2016年参院選関係です。

改憲勢力、参院3分の2に到達

参院選で、憲法改正に前向きな自民党、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の3党と無所属議員、「加憲」を掲げる公明党を合わせた「改憲勢力」が、国会発議に必要な参院の3分の2(162議席)に達した。

4党は今回の参院選で少なくても74議席を確保した。非改選の84議席と、日本経済新聞の取材に改憲の立場を明言した無所属の非改選議員4議席を加えると162になる。改憲は安倍晋三首相(自民党総裁)の悲願。在任中の改憲に向けて前進することになる。

自民、27年ぶりの参院単独過半数には届かず

参院選で自民党の獲得議席数が57に至らず、非改選とあわせた122以上の議席数、単独過半数には届かない見通しとなった。政府高官は記者団に「きつそうだ」と話した。単独過半数が実現すれば1989年以来27年ぶりだった。

今回の結果をうけてどのように思いますか??公示の時に書いてた通りですが、「今回の選挙に限っては、自民党以外は全て反日政党とみなす。泡沫政党の為に票を割らせるくらいなら、自民党の議員を1人でも多く当選させるに限ります。」の通りの結果だったかと・・・。創価学会含めた改憲勢力とかいう2/3など何の意味もありません。数議席レベルで自民党単独過半数に届かなかった地点で、「全て自民都連が悪い」の一言に尽きる。この結果の持つ意味は深刻に考えないといけないレベルの話だと思います。落選させたい議員を落選出来なかったことについては致し方ないと思いますが、接戦とも言える選挙区を結構落としているわけで、自民都連の暗躍がなければ、ある程度の選挙区は拾えていたと思います。数議席ではあるけど、その数議席の意味は大きいわけで、自民都連に対しては何らかの制裁は必要と考えます。実際のところは、ある程度の目的は果たしているし勝利とも言えなくもないわけで、些細な問題かもしれませんが、野放しに出来るレベルじゃないと思うがね。自民党の単独過半数を数議席満たせない状況になりかねないわけで、それだけ自民都連の悪影響は小さくないと思う。選挙応援のリソースも含め、舛添問題や都知事選のgdgdさで、自民党から票が逃げる要因になったと思えるレベルですがね。

ここで余命ブログを引用します。

1012 選挙関連アラカルト41

安倍総理の戦略は、参院選で大勝して、都知事選は売国勢力のあぶり出しと粛正だからまさにシナリオ通りの展開だな。前回の都知事選で、桝添はいつでも切れるとした戦略には都議会と自民党内の獅子身中の虫のあぶり出しと粛正まで睨んでいたとは知る人ぞ知るの世界であった。
いつものように安倍総理はまったく関係ないかたちで売国奴の処理をするワンパターンに、またまた誰かさんたちがひっかかり、あぶり出されてきた。
しかし、さすがに石原とか区長会、市長会の連中まで、ぞろぞろ出てきたのには驚いたというよりはあきれたな。
都知事選では増田擁立が外患罪告発を誘発するなんてまったく考えてもいないのだろう。刑事告発は告示後であっても可能である。これは安倍総理のシナリオである。
すでに余命は準備を始めている。読者のみなさんには新事務所発足後に告発委任状をお願いする予定である。まとまり次第、告発作業に入る。委任状はパソコン画面から印刷していただき、署名捺印となる。その際対象事案は明示するが、少なくとも10通程度にはなるだろう。
独自で告発や告訴を検討、あるいは実行された方や組織があれば、とりあえず「すみれの会」にご連絡いただきたい。支援態勢は整っている。
従前、みなさんにお願いしてきた証拠保全については、告発に際しての証拠資料として使いたいので、できれば開いて内容の確認をしておいていただきたい。
ネットでの反日書き込みも対象とするので、まとめておいていただきたいと思う。
「日本再生大和会」へのご寄付については、完全に処理能力は限界。全力をあげているがなかなか追いつかない。ありがたい話なのだが、まことに申し訳なく思っている。
投票日にはいろいろとネット制限があるので、とりあえずここまでで出稿する。

.....もうすぐ、総理からすさまじいしっぺ返しが来るかと.....。
あまり報道はされないが、石原や石破、そして増田から売国議員へ親韓反日勢力へ話題が広がり、小沢や岡崎、そして外患罪から村山、鳩山へと波及。ついにはメディアが告発されかねない状況となっている。本日10日、8時からは戦後日本のターニングポイントとなりそうだ。

10日の20時からはターニングポイントになると思います。今回の参院選の足を自民都連は致命的に足を引っ張ったわけで、すさまじいしっぺ返しが来てもおかしくないレベルだと思います。今回の参院選も都知事選もセットにして、炙り出しにする戦略と思いますので、ある意味、参院選の件を考えても、外患罪の刑事告発を検討してもいいかもしれません。刑事告発を受理するのは警察になりますが、警察が事例がなくて受理出来なければ、外患罪の適用基準となる法案を作ればいいわけで、そのために余命41~53号というのがあるわけです。

今回の選挙については、控えめに見れば、引き分けに等しい内容ですし、日本人の覚醒という意味ではかなり厳しい結果と思います。与党の議席数は増えたのでいいと思うけど、期待通りの結果にはならなかった意味も考えて欲しいと思います。とはいえ、個人的に想定しているシナリオだし、恐らく余命ブログの描いているシナリオとしても大筋は変わらないと思います。今回の選挙というのは、自民都連への制裁を受けても仕方ないレベルなので、炙り出しとして数値的に見える感じの結果になったということに意味はあると思うけどねwwある意味、ゴミ掃除のための口実作りにはなったとは思っております、ハイw

今週は都知事選告示や中国事案もあって、イベントも多い一週間になります。増田が出馬するようだし、余命臨時メールがこれまで以上に重要になると思います。

フォローする