二重国籍の件

Pocket

今回は蓮舫の二重国籍疑惑の件となります。

蓮舫氏は「将来の宰相」として適格か 民進党は“身体検査”すべきではないか 八幡和郎氏

民進党代表選(9月2日告示、同15日投開票)は、蓮舫代表代行(48)と、前原誠司元外相(54)による一騎打ちの構図が固まった。報道各社の世論調査では、蓮舫氏の人気が圧倒的だが、政権獲得を目指す野党第1党の党首として“適格”といえるのか。『歴代総理の通信簿』(PHP文庫)などの著書もある、徳島文理大学教授の八幡和郎氏が問題提起した。

今回の代表選で不思議なのは、蓮舫氏が「将来の宰相」としてふさわしいのかという“身体検査”が、民進党内で行われた様子が伝わってこないことだ。政党がリーダー候補を担ぐ場合、問題や疑問をチェックして、本人に説明や是正措置を求めるのは常識である。

蓮舫氏には、台湾から来た華人貿易商の父と、日本人の母との間に東京で生まれたという、広い意味での「帰化人」としての特別の問題がある。

18歳までは「謝蓮舫」という名で中華民国籍だった。法律改正で日本国籍を取得し「斉藤蓮舫」となり、結婚して「村田蓮舫」となった。

ただし、法務省によると、国籍選択宣言を届けるときに「中華民国籍放棄の証明」は不要で、放棄手続きを指導されるだけだ。従って、違法な二重国籍がしばらく、あるいは現在まで続いている可能性がある。

蓮舫事務所は、夕刊フジ編集局の問い合わせに対し、「法律改正で二重国籍となったのではなく、日本国籍を取得しました」と返答している。

民進党は改めて、蓮舫氏の「国籍放棄の証明」を、放棄日も入った文書で、党員や国民に対して示す責任がある。

蓮舫氏は、政治家としての活動は、公文書以外はタレント時代の芸名でもある「蓮舫」で通している。つまり、中国流のファーストネームだけで、日本的な名前は避けているように感じる。子供の名前も中国風だ。

同じハーフでも、日本古来の名称「飛鳥」を名前にしている、リオデジャネイロ五輪陸上400メートルリレー銀メダリストのケンブリッジ飛鳥選手とは違う。

「台湾系だから親日的」という見方もあるが、蓮舫氏は北京大学漢語中心に留学している。外交問題への立場や、日本文化への共感も不明瞭だ。

政治指導者にとって、何よりも大切なのは「国家への忠誠度」だが、私は不安を感じる。沖縄県・尖閣諸島などをめぐり、日本と中国が緊張状態になる可能性もあるときに、自衛隊最高指揮官にふさわしいのか。

どの国でも、生まれながらの国民でない人物を、政府のトップにするような物好きな国民はめったにない。米国では憲法で禁じている。

米大統領選では、民主党の大統領候補、ヒラリー・クリントン元国務長官と、共和党の大統領候補、ドナルド・トランプ氏について、政策だけでなく、事業内容や個人的過去、家族の問題(=国籍や思想信条を含めて)などについて、徹底的にチェックされている。

民進党は少なくとも、蓮舫氏の前述した疑問点や過去の職業活動、閣僚時代の醜聞などを明確にすべきだ。それをせずに代表にするのは無責任だし、問題が出てくれば党として責めを負わねばなるまい。「代表に当選してからチェックすればいい」なんて、愚かな議論はあり得ない。

東京都知事選で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏を担いだ失敗から何も学んでいないことになる。

八幡和郎氏も酷なことをいいますね。民進党に身体検査の概念などあるわけがないし、マトモにやれば民進党自体の存続問題になりかねません(笑)そもそも、日本人であるかが疑わしい連中だらけですし、二重国籍問題を抱える議員については、蓮舫だけではあるまい。そういう意味では、中華系の蓮舫と名乗ってるだけ潔いと思うし、全く好感は抱かないが、それでも民進党の中ではマシな部類に入ってる地点で、その程度の政党でしかなく、そもそもこの政党が日本に必要があると思ってる普通の日本人はほとんどいないということだけは確かだww

この件については、蓮舫のケースの場合、国籍を選択する必要があるわけで、日本国籍の手続きは行った場合は、元の国籍を放棄する手続きを取らないといけません。これについては法務省のHPを紹介します。

国籍選択について

1.国籍の選択をしなければならない人
重国籍となる例としては,次のような場合があります。

(1) 日本国民である母と父系血統主義を採る国の国籍を有する父との間に生まれた子
(2) 日本国民である父または母と父母両系血統主義を採る国の国籍を有する母または父との間に生まれた子
(3) 日本国民である父または母(あるいは父母)の子として,生地主義を採る国で生まれた子
(4) 外国人父からの認知,外国人との養子縁組,外国人との婚姻などによって外国の国籍を取得した日本国民
(5) 帰化または国籍取得の届出によって日本の国籍を取得した後も引き続き従前の外国の国籍を保有している人

2.国籍の選択の方法
国籍を選択するには,自己の意志に基づき,次のいずれかの方法により選択してください。

(1) 日本の国籍を選択する場合
ア 外国の国籍を離脱する方法
当該外国の法令により,その国の国籍を離脱した場合は,その離脱を証明する書面を添付して市区町村役場または大使館・領事館に 外国国籍喪失届をしてください。離脱の手続については,当該外国の政府またはその国の大使館・領事館に相談してください。
イ 日本の国籍の選択の宣言をする方法
市区町村役場または大使館・領事館に「日本の国籍を選択し,外国の国籍を放棄する」旨の国籍選択届をしてください。

(2) 外国の国籍を選択する場合
ア 日本の国籍を離脱する方法
住所地を管轄する法務局・地方法務局または大使館・領事館に戸籍謄本,住所を証明する書面, 外国国籍を有することを証明する書面を添付して,国籍離脱届をしてください。
イ 外国の国籍を選択する方法
当該外国の法令に定める方法により,その国の国籍を選択したときは,外国国籍を選択したことを 証明する書面を添付の上,市区町村役場または大使館・領事館に国籍喪失届をしてください。

今回の場合、日本人の母ということもあって、国籍選択の対象となるパターンになります。どうやら蓮舫の場合は、日本国籍を選択の宣言は行ってるようなので、中華民国籍の離脱の手続きを行ってるかというのが争点の一つであるわけです。もう一つの争点としては、日本国籍選択にあたり、外国籍の離脱を行政側で確認して手続きを行ってたのかとなります。

最初の争点については、蓮舫事務所が「十分な回答できなかった」というのは驚きではありますが、説明責任を果たすことが出来れば、手続き上何の問題もないと思います。人間性としての問題はさておきww

もう一つの争点については、行政側の怠慢の可能性が限りなく高い。日本国籍選択にあたり、外国籍の放棄の確認というのが徹底されていなかったと考えたほうがいいと思ってます。行政側の怠慢とも言える案件って少なくないと考えていいでしょう。

ついでにこんな記事も紹介しておきます。

岡田代表は「本当につまらない男」蓮舫氏発言に爆笑

「私は岡田克也代表が大好きだが、1年半いっしょにいて、本当につまらない男だと思います」。

民進党代表選(9月2日告示、15日投開票)に出馬表明している蓮舫代表代行(48)は23日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した際、執行部の1人として支えている岡田克也代表について、こんな感想を述べた。

会場内が爆笑の渦に包まれると、蓮舫はその理由に触れて「人間にはユニークさが大事だ。私には、それがあると思います」と主張。「頭が固い」「原理主義者」などと評される岡田氏と、自身の違いを強調した。「私が代表になることで、民進党のイメージを思いっきり変えたい」とも述べた。

また「民進党には多様な人材がいるし政策があるが、残念ながらないのが、信頼だ」と主張した際、再び笑いが起きると、「ここは笑うところではありません」と、ピシャリ。「民進党は批判ばかりの政党だと思われているが、批判だけでなく対案や創造があることを示すことで、(党に対する現在の評価を)変えられると思う」と訴えた。

民進党が批判ばかりの政党とか笑わせてくれます。誹謗中傷と犯罪教唆の政党という印象しかありませんが・・・wwそれに、「人間にはユニークさが大事だ。私には、それがあると思います」ともありますが、二重国籍疑惑とかいうユニークさはいらんわwww

「民進党には多様な人材がいるし政策があるが、残念ながらないのが、信頼だ」ともありますが、「多様な人罪がいるだけで、ないのは政策と信頼」なわけです、ハイ。こんなことをやってましたね。

【悲報】民進党が新しい調査チームを立ち上げ仕事してますアピールwww

通称、クソコラチームとでも言っておきますか(笑)

あと、二重国籍問題というのはこういうのもあるんだよね~。余命ブログをご紹介。

514 在日韓国人と改正韓国国籍法②

この関係の官邸メールは余命24号ですね。

テーマ 余命24号 在日朝鮮人の帰化について
要望
韓国民団には帰化に関するマニュアルがあるという。その関係を仲介する司法関係業者も多く、正規の手続きのサポートであれば問題はないが、実態はかなり危ないそうだ。
最近、行政書士、司法書士、弁護士等、帰化に関わる関係職に不正が相次いでいる。
また在日犯罪の増加は警察庁発表では看過できないレベルになっている。このような事態に鑑み、在日朝鮮人の帰化が正規の手続きで行われ、また正規に完了し ているのか、再度確認をお願いしたい。在日朝鮮人の帰化問題はほとんどが二重国籍にかかわるものであるから、国籍離脱証明書の再提出で確認できる。
韓国国籍法における韓国籍抹消手続きが完了しておらず、二重国籍になっている者が多数存在する状態は看過できるものではない。
日本は二重国籍を認めておらず、これは帰化取消しとなる重大事案である。
早急に対応されるよう要望する。

二重国籍の件だと、韓国籍抹消の手続きをしていない民進党の議員っているんじゃないのかなと思う部分もありますね。個人的に思う部分として、法の不遡及というのはあるので難しい部分もあるとは思いますが、外国人の帰化や国籍選択における不備については、一度洗いなおす必要があると考えております。不備があった場合は日本国籍の取り消しに該当する事案と思います。正当な手続きを踏んでいれば問題はないのですがね。

『二重国籍の件』へのコメント

  1. 名前:神奈川県民 投稿日:2016/08/31(水) 13:15:04 ID:5e94e973c

    民進党の議員の方々には二重国籍の方が多くいらっしゃるんではないでしょうか。余計なお世話でしょうが、色々と勘ぐってしまいますね。
    蓮舫氏は中華民国国籍からきちんと離脱できているのか事務所も不明とかいう体たらくでしたが、前なんとかさんは、帰化されている訳ではなくて、乗っかっ(以下略)方のようですので、この点での問題は、某吉田清治氏のようにどこかに隠し持ってたりしないかどうかという事かもしれません。前なんとかさんの身体検査も一緒にしていただくと、民進党の代表戦どころじゃなくなるかもしれないと妄想しますが、どちらの方が代表になったとしても後ろ向きなものしか見えないので、お二方とも本来の場所に早くお帰り頂きたいです。
    どこぞのHPで蓮舫氏のフルネームを取り沙汰していたところがおありだったように記憶していますが、ツィッターでも謝蓮舫を名乗っておられるので、ただのこだわりや愛着等ではなく、本当に離脱していない可能性はあると思います。

  2. 名前:桜咲く 投稿日:2016/08/31(水) 22:38:39 ID:61a236ea8

    昨日の保守速に>蓮舫に二重国籍の疑い が上がっていて、
    今日のぱよぱよの話題はこれだろう♪と思ってた桜咲くです*\(^o^)/*

    >マトモにやれば民進党自体の存続問題になりかねません(笑)そもそも、日本人であるかが疑わしい連中だらけですし、二重国籍問題を抱える議員については、蓮舫だけではあるまい。そういう意味では、中華系の蓮舫と名乗ってるだけ潔いと思うし、全く好感は抱かないが、それでも民進党の中ではマシな部類に入ってる地点で、その程度の政党でしかなく、そもそもこの政党が日本に必要があると思ってる普通の日本人はほとんどいないということだけは確かだww

    ほん、これwww
    アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった。』状態になりそうで面白そう♪
    是非民進党の全議員対象に国籍チェックやって欲しいw
    まあ、マスゴミにも二重国籍者いっぱいいそうだし、よってマスゴミスルーで、結局知るはネット民だけ。で終わりそうな悪寒はしますが…

    そもそも帰化一世で被選挙権を享受出来る日本が異常。
    二重国籍以前の問題( ̄〜 ̄)

    ただ、それ以上に厄介なのが「背乗り」
    蓮舫に全く好感は持てないけど、彼女はまだ中華系とわかる名前で通しているところはマシに思える。
    前なんとかさんなんて、背乗り疑惑があるなんて怖すぎる〜><

    >岡田をdisった蓮舫

    祖母が台湾バナナで暴利を得て資金提供していたから、バックに中国共産党がついてる蓮舫、怖いものなしですね(棒)
    さすがのイオンもぐうの音も出まいwww
    蓮舫が岡田をdisるのは結構な事だが、二重国籍疑惑・中国共産党スパイ疑惑をこのまま見逃すわけにはいかない。
    マスゴミが追及しないなら国民が騒ぐしかない。
    嗚呼、電凸の日々は続く(>人<)

  3. 名前:yosh 投稿日:2016/09/01(木) 01:13:21 ID:9db95f925

    >神奈川県民さま
    民進党の議員どころか、他の政党についても、二重国籍の可能性は否定は出来ませんね。
    蓮舫氏は中華民国籍の離脱手続きの話ですが、前なんとかさんは背乗りの疑惑もあるわけで、こういった人たちが代表選をするわけですね(笑)背乗りの吉田某さんと同じ問題の可能性があるわけですね。民進党に身体検査の概念はないと思いますし、真面目にやってみると、代表選どころか政党自体の存続が危うくなると邪推ww
    最も、民進党には人罪はあっても人材はいませんので、誰がなろうが変わることはないし、決して日本人のためになることはするわけがありませんし、本来いるべきところに自発的に早急にお帰りいただきたいというのが本音です。

    >どこぞのHPで蓮舫氏のフルネームを取り沙汰していたところがおありだったように記憶していますが、ツィッターでも謝蓮舫を名乗っておられるので、ただのこだわりや愛着等ではなく、本当に離脱していない可能性はあると思います。
    ・・・・・
    自分も同じ考えにいますね。まだ中国名を捨ててないだけでも、なまえのないかいぶつに比べたらかなりマシとも言えるけどね(笑)

  4. 名前:yosh 投稿日:2016/09/01(木) 01:31:32 ID:9db95f925

    >桜咲くさま

    >昨日の保守速に>蓮舫に二重国籍の疑い が上がっていて、
    今日のぱよぱよの話題はこれだろう♪と思ってた桜咲くです*\(^o^)/*
    ・・・・・
    読まれましたか♪余命関係ブログとしては、余命24号とセットで取り上げるべき事案でした(笑)
    次の更新については読まれないはず??←返信を書いてる地点でテーマも決めてない(-_-;)

    >アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった。』状態になりそうで面白そう♪
    是非民進党の全議員対象に国籍チェックやって欲しいw
    まあ、マスゴミにも二重国籍者いっぱいいそうだし、よってマスゴミスルーで、結局知るはネット民だけ。で終わりそうな悪寒はしますが…
    ・・・・・
    ホントにそうですね♪
    民進党どころか他の政党も怪しいし、マスゴミもそうだし、上級国民と言われる連中についてはほとんどが怪しいと思えるレベルww
    二重国籍、帰化、背乗りあたりで調べたら、『そして誰もいなくなった。』状態の可能性が高いと思うのですがどうなんだろ??

    >そもそも帰化一世で被選挙権を享受出来る日本が異常。
    二重国籍以前の問題( ̄〜 ̄)

    ただ、それ以上に厄介なのが「背乗り」
    蓮舫に全く好感は持てないけど、彼女はまだ中華系とわかる名前で通しているところはマシに思える。
    前なんとかさんなんて、背乗り疑惑があるなんて怖すぎる〜><
    ・・・・・
    公務員でも国籍条項とかいってるわけで、二重国籍以前の問題だし、公職については国籍は重要と思うんだけどね。
    蓮舫については、中華名で通しているだけでもマシと思いますよねー(笑)
    前なんとかさんは背乗り疑惑などもあるようだし、偽名や帰化とかなりすましが少なくないと思える状況であれば、DNA検査は必要というくらい思うけどなwww
    日本名を騙ることが出来る状況そのものが問題だと思うし、報道で日本人であったとしても、○○系日本人とかいうような報道にするべきだと思います。

    >祖母が台湾バナナで暴利を得て資金提供していたから、バックに中国共産党がついてる蓮舫、怖いものなしですね(棒)
    さすがのイオンもぐうの音も出まいwww
    蓮舫が岡田をdisるのは結構な事だが、二重国籍疑惑・中国共産党スパイ疑惑をこのまま見逃すわけにはいかない。
    マスゴミが追及しないなら国民が騒ぐしかない。
    嗚呼、電凸の日々は続く(>人<)
    ・・・・・
    イオン(個人的には未だジャスコというイメージですが・・・)といった問題もあるのかもしれませんねwww
    二重国籍疑惑の問題と中国共産党スパイ疑惑については見逃せませんね。
    マスゴミは追求しないだろうから、国民が騒ぐしかないしね~。
    場合によっては、官邸メール事案にしてもいいかもしれませんねww

  5. 名前:匿名 投稿日:2016/09/01(木) 15:05:09 ID:60204f732

    そもそも国籍選択の対象ではありません。だから「国籍選択ではない」と回答しているわけです。

    国籍法改正前は日本国は父系血統主義を取っており「父または母」ではなく「父」でした。

    ゆえに蓮舫さんのように外国人父と日本人母に産まれた子は出生により日本国籍を取得せず日本国籍を取得するには日本国に帰化する必要があり国籍選択ではなく、帰化するためには外国籍の離脱が必要であり二重国籍にはなりません。

  6. 名前:桜咲く 投稿日:2016/09/01(木) 22:17:52 ID:7267039eb

    ちょっとググってみました。

    >国籍選択の手続き

    ~二重国籍をもっている人の国籍に関する手続き~

    日本国籍をもつ親から生まれた子どもは、生まれた国によっては、日本の国籍と生まれた国の両方の国籍を、取得する場合があります。

    二重国籍を持つ人は、その人が22才になるまでに、どちらかの国籍を選択しなければなりません。また20才以降に、二重国籍を取得した人は、そのときから2年以内に同じように、国籍の選択の必要があります。

    もし、この手続きをしなかった場合は、日本国籍を失うこともありますので、注意しなければなりません。

    国籍の選択が必要な人は、以下の事柄で二重国籍を持っている人です。
    (1〜5に分類されますが蓮舫は父が中国人なので、2のみ抜粋します。)

    2)
    生まれた子どもの、どちらか一方の親が日本国籍で、もう一方の親が中国、ドイツ、フランス、フィリピン国籍であれば、その国の国籍も取得します。

    国籍の選択は、他人からの強制ではなく、本人の意思で決めることができ、手続きの方法は、国籍の選択方法によって変わってきます。

    ググっている最中に匿名さんの書き込みが反映されまして…

    法務省に飛んでみましたが、
    改正前=準正による国籍の取得
    改正後=認知された子の国籍取得
    の違いしか確認出来ませんでした。
    つまり改正前も、母親であっても日本人であれば日本国籍を取得出来たと思うんですが?

    yoshさん、私の調べが甘いカモ。(←正直これ以上読むのがめんどくさいw)
    なんで、フォロー願います←丸投げww

  7. 名前:yosh 投稿日:2016/09/02(金) 00:05:55 ID:5d5c2da04

    >匿名さま
    1967年生まれの蓮舫氏の場合、1985年施行の改正国籍法の適用前なので、父系血統主義の制度から日本国籍は認められず中華民国籍となります。
    ・1984(昭和59)年国籍法改正で父母両系血統主義に
    http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20091003/104336/

    19歳の時に日本国籍を取得したことになっていますね。19歳であれば改正国籍法での特例によって、国籍選択の手続きは可能と思われます。
    国籍選択する場合は、外国籍の離脱の手続きが必要となるが、本来であれば外国国籍喪失届を提出する必要があるが、これは外国籍離脱の努力というのは明記されているが、これを確認する術はないので、外国籍離脱についての確認は出来ないというのが実情と思われます。

  8. 名前:yosh 投稿日:2016/09/02(金) 01:05:52 ID:5d5c2da04

    >桜咲くさま
    匿名さまのレスにも書きましたが、1985年の改正国籍法の前は「日本国籍の父を持つこと」が必須条件だったわけで、1985年以前では日本国籍の母では、日本国籍は得られなかったわけですね。蓮舫は1967年生まれなので、出生時の日本国籍を得ることは出来ず、父親の国籍の中華民国籍になったわけです。
    1985年に改正されて、それ以後であれば、改正国籍法での特例によって、国籍選択の手続きによって日本国籍選択の届けを出したと思われます。
    今までの事例でこういった事例で外国籍離脱については努力義務といった程度で、実際に確認は難しいことから、離脱を行わずに摘発といった事例はなかったと思われます。
    あと、中華民国は二重国籍を認めているので、離脱手続きを踏む必要はないといった状況です。

    そういう意味では、今回の件については少し特殊なケースにはなりますが、日本国籍取得の手続きとしては問題はないが、もし二重国籍であれば、二重国籍の議員というのが認められるのかといった問題に尽きると思います。無論、他の二重国籍の議員がいないのかといった方向性の記事にしたのもこういった理由からですw

  9. 名前:匿名 投稿日:2016/09/02(金) 01:24:55 ID:25ab0a37f

    準正云々は平成20年改正国籍法です。蓮舫の問題は昭和59年改正国籍法です。

    平成20年改正国籍法以前では父が日本人、母が外国人である場合父母が婚姻していなければその子に日本国籍は与えられませんでした。

    国籍法に限らず父母の婚姻中に出生した子を嫡出子と言い婚姻前に出生した子は嫡出子ではありませんが出生後父親が認知し父母が婚姻すると子は嫡出子の身分を得ます。これを準正といいます。
    平成20年改正国籍法以前も出生後に父母が結婚した場合準正により日本国籍を取得できましたが平成20年改正国籍法により婚姻の有無を問わず認知により日本国籍を取得できるようになりました。

  10. 名前:yosh 投稿日:2016/09/02(金) 01:47:52 ID:5d5c2da04

    >匿名さま

    >準正云々は平成20年改正国籍法です。蓮舫の問題は昭和59年改正国籍法です。
    ・・・・・
    1985年の国籍法が改定され、日本人母親の子供にも日本国籍が与えられる父母両系血統主義が採られることになったわけです。
    平成20年改正については、出生後に日本人に認知されていれば,父母が結婚していない場合にも届出によって日本の国籍を取得するといった内容ですね。
    http://www.moj.go.jp/MINJI/minji163.html

    今回の蓮舫の件は、1985年の国籍法の特例によって、日本人母親の子供にも日本国籍が与えられるという手続きを踏んだものと思われます。
    婚姻の有無を問題であれば、蓮舫の両親が当時婚姻関係にあったのかというところになると思いますが。

  11. 名前:匿名 投稿日:2016/09/02(金) 02:17:38 ID:25ab0a37f

    準正云々は桜咲く様宛でした。失礼しました。

  12. 名前:匿名 投稿日:2016/09/02(金) 02:22:34 ID:25ab0a37f

    本件とは直接関係ありませんが中華民国は二重国籍を認めていません。ちなみに父系血統主義です。
    日本の1985年改正国籍法以前の状態とほぼ同じです。

    で、そもそも日本国は中華民国籍なるものの存在を認めていないので国籍選択の対象ではありません。

  13. 名前:yosh 投稿日:2016/09/02(金) 02:43:31 ID:5d5c2da04

    >匿名さま
    Wikipediaを見る限り、台湾は実質的に多重国籍を認める形となっております。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E9%87%8D%E5%9B%BD%E7%B1%8D

    多重国籍を認めている国は、アメリカ合衆国、ロシア、カナダ、メキシコ、コロンビア、ブラジル、ペルー、パラグアイ、ウルグアイ、イギリス、アイルランド、フランス、イタリア、スイス、ポルトガル、フィンランド、スロバキア、オランダ、スペイン、デンマーク、チェコ、ギリシャ、イスラエル、トルコ、ナイジェリア、モロッコ、南アフリカ共和国、コートジボワール、オーストラリア、ニュージーランド、台湾、フィリピンなどであるが、原則としては認めないが例外として認める場合や、条件付の場合など状況は各国において様々である。

    >で、そもそも日本国は中華民国籍なるものの存在を認めていないので国籍選択の対象ではありません。
    ・・・・・
    中華民国籍というのは謎ですね。中華民国籍を認めていない場合、どこの国籍に属するかという話になります。実質的には在留カードでも中華民国や台湾という扱いになっていることから、手続き的には国籍選択の対象になり得ると考えております。

    ・王貞治と蓮舫の「中華民国籍」の秘密
    http://agora-web.jp/archives/2021159.html

  14. 名前:匿名 投稿日:2016/09/02(金) 04:16:11 ID:25ab0a37f

    まず初めに訂正させていただきます。中華民国は2006年の国籍法改正により父母両系血統主義になっていました。

    >Wikipediaを見る限り、、台湾は実質的に多重国籍を認める形となっております。
    中華民国の国籍法
    第 9 條 外國人依第三條至第七條申請歸化者,應提出喪失其原有國籍之證明。但
    能提出因非可歸責當事人事由,致無法取得該證明並經外交機關查證屬實
    者,不在此限。
    訳)外国人で第三条から第七条により帰化を申請するときは元の国籍を放棄した証明を出さないとだめだよ、ただし本人の責任ではなく放棄できないときはその証明を出して外交機関が真実だと認めればいいよ
     つまり日本国の国籍法と一緒です。台湾が二重国籍を認めているのなら日本も認めていることになります。
     中華民国は以前は例外を認めていなかったので日本から帰化することができませんでした。日本国政府は中華民国を国として認めていないので無国籍になるとして日本国籍の離脱を認めないためです。
     現在は法務省の発行する「国籍喪失届け不受理証明書」を中華民国に提出することにより中華民国籍を取得することができますが日本国籍を離脱することは認められないので日本も中華民国も”二重国籍”を認めている、ということになります。
     今回の件でももし蓮舫が「私は中華民国と日本の二重国籍であるから日本国籍を放棄する」と「国籍離脱の届け出」を提出しても不受理となります。

    >中華民国籍を認めていない場合、どこの国籍に属するか
     無国籍者として扱っています。

    >実質的には在留カードでも中華民国や台湾という扱いになっていることから、手続き的には国籍選択の対象になり得ると考えております。
     国籍を選択させるということは中華民国籍を国籍として認め中華民国を国家として認めることとなるので日本国政府の立場として行うことができません。
     日本に韓国籍や朝鮮籍(国籍ではない)の人はいても北朝鮮籍の人間は存在しないのと同じです。
     在留カードには「国籍等」の欄はありますが「国籍」の欄はありません。中華民国籍や北朝鮮国籍を認めていないため”わざと”そうなっています。

    なお念のために申し添えると中華民国籍から日本国籍に帰化するためには中華民国籍の離脱証明書が必要ですがこれは帰化が「許可」であることから中華民国政府を政府承認したことには当たらないため問題にはなりません。
    中華民国を国家として認めるわけではないが許可の条件として中華民国とのつながりを絶つなら許可する、ということです。

  15. 名前:神奈川県民 投稿日:2016/09/02(金) 17:18:00 ID:ddd62f7cd

    蓮舫の国籍について、さらっと余命が書いていたので帰化含めて調べてみたんですが、
    蓮舫が内省人なのかどうかも左右しませんか?もちろんその逆も。
    余命の方でコメントを書いたので、それが載れば一番なんですが、中華民国の人にはいろんな人がおります。現状は中華民国と呼ばれていますが、私も理解がきちんとできているとはいえないので、簡単に書きますが、蒋介石と一緒になだれ込んできた人、その後来た人なんてのもいて、台湾人にも特別永住許可をお持ちの方もおられ、蓮舫氏は一体どういうカテゴリーの人なんだ?という事です。余命の文章を読んでの私の解釈は蓮舫氏の父親は外国人登録証(現在留カード)として中華民国(中国)を持っていたのではないかという事です。このカテゴリーの人は帰化時に、日本国籍を取る前に先に離脱手続きをしないといけないようで、先に日本国籍を取ると即時に国籍喪失するため順番を違えたり、下手を打つと無国籍状態になるよ、と司法書士氏のHPによればそういう事らしいです。
    王さんも中華民国(中国)の人ですね。敢えての中華民国の国籍かもしれませんね。野球人としては優れた方ですが。
    手続き的なことはわかりませんが、蓮舫氏の場合日本国籍を選んだので、もう中華民国籍は即時喪失してるんではないでしょうか?

  16. 名前:桜咲く 投稿日:2016/09/02(金) 22:20:27 ID:5cbd59cfd

    匿名さんへ

    ご丁寧にありがとうございます(^_^)

    yoshさんへ

    >1985年の改正国籍法

    まさかの丸投げwに見事応えて下さってありがとうございますσ^_^;

    へ〜…それ以前は父親が日本人でないと日本国籍取れなかったんですね。

    蓮舫の父親は台湾人だからそこもこの問題をややこしくしていますね。
    ただ、私は彼女が国会議員に立候補する時点でたとえ台湾が二重国籍を認めているとしても、日本は認めていないわけだから「積極的に」離脱すべきだったと思います。
    断定的に書いたのは、彼女がもしも「積極的に」離脱手続きをした過去があるなら、
    産経の質問に「意味がわかりません。」などとは答えず、経緯を説明する筈だからです。

    ところで、今更ですが…

    私はネットに書き込みする際、敬称は「さん」で統一すると決めました。
    たとえ相手が「様」とつけて下さっても「さん」で返すという自分ルールを作りまして…
    書き込みを始めてからこのスタイルは崩しておりません。
    ですのでもしも気分を害されましたら申し訳ありませんm(_ _)m

  17. 名前:yosh 投稿日:2016/09/03(土) 01:06:23 ID:5bb89ff69

    >匿名さま
    中華民国籍というのは結構難しいですね。

    >つまり日本国の国籍法と一緒です。台湾が二重国籍を認めているのなら日本も認めていることになります。
    ・・・・・
    日台の二重国籍については実質的に認めている、中華民国籍や北朝鮮国籍を認めていないという状況では、日台間の戸籍絡みについては、二重国籍となる可能性もありうる。帰化=中華民国とのつながりを絶つことを条件で許可というのであれば、帰化の地点で中華民国籍は(実質的に)消滅するということになる。

    蓮舫は帰化じゃなくて国籍取得と言ってるのが本当であれば、1985年の国籍法が改定による手続きになると思われます。別の記事で19歳(1967年生まれ)の時に手続きをしたとなれば、1986年に手続きを行ったことになります。出産時は父の戸籍になることから中華民国籍を保持しているが、日本国籍の選択を宣言すれば、問題はなさそうですね。

  18. 名前:反台湾島民 投稿日:2016/09/03(土) 01:11:20 ID:a5760ac10

    「斉藤」蓮舫という名前で国籍選択したという裏は取れているのでしょうか?本人が言っているのでしょうか?それとも大学時代の友人やその他の教員が言っているのでしょうか?

    私の中国人および華僑の性質や傾向から言うと、特に問題がないかぎり、国籍選択の際に、中国姓で日本国籍を取るものと思われます。ご存じのように、前の名前が斉藤の場合、仮に夫婦選択別姓制度の法律改正がなされたとしても、離婚のケースと同じく、1つ前の姓にはもどせますが、さかのぼってもとに戻すには日本の現行制度では裁判が必要です。

    フェイスブックCEOのザッカ―バーグ氏の奥さんがザッカ―バーグではなくてチャンさんであることはよく知られています。私は、日本国籍取得時の姓が中国姓であったのではないかという疑念を持っています。

    そういう質問であれば、事実か事実でないか、そしてアイデンティティーの問題ですから(日本人とは別の問題だから)蓮舫さんは答えると私は考えます。マスコミのみなさん、日本国籍選択時の姓が何であったのか質問されることを望みます。(そういうことは日本の法律ではできないというのであれば、謝罪します。私の勘違いです。)

  19. 名前:yosh 投稿日:2016/09/03(土) 02:28:33 ID:5bb89ff69

    >神奈川県民さま

    >蓮舫の国籍について、さらっと余命が書いていたので帰化含めて調べてみたんですが、蓮舫が内省人なのかどうかも左右しませんか?もちろんその逆も。
    ・・・・・
    蓮舫のWikipediaを見る限り、祖母と祖父は日本統治時代の台湾生まれのようですが、ルーツとして外省人の可能性はあります。蓮舫の父親は高校卒業後に来日、同志社大学を卒業後、日本で台湾バナナ輸入業を始めたとされています。日本の大学に通ってたとなれば、当時は中華民国との正式な国交ルートもあったことから、外国人として日本に来て、日本人と結婚したと思われます。但し、蓮舫の国籍は1985年の国籍法改正前の生まれのため、日本国籍は与えられず、父の中華民国籍となります。1985年の国籍法改正によって、母親が日本人の場合でも、日本国籍の取得は可能になったことによる手続きとなると思います。蓮舫も帰化ではなく取得という表現だったのと、読み違えてましたが、以下のイの手続きであれば問題はないと思われます。

    (1) 日本の国籍を選択する場合
    ア 外国の国籍を離脱する方法
     当該外国の法令により,その国の国籍を離脱した場合は,その離脱を証明する書面を添付して市区町村役場または大使館・領事館に 外国国籍喪失届をしてください。離脱の手続については,当該外国の政府またはその国の大使館・領事館に相談してください。
    イ 日本の国籍の選択の宣言をする方法
     市区町村役場または大使館・領事館に「日本の国籍を選択し,外国の国籍を放棄する」旨の国籍選択届をしてください。

  20. 名前:yosh 投稿日:2016/09/03(土) 02:40:18 ID:5bb89ff69

    >桜咲くさま

    >まさかの丸投げwに見事応えて下さってありがとうございますσ^_^;
    ・・・・・
    調べてたらいろいろと泥沼にハマりましたw

    >蓮舫の父親は台湾人だからそこもこの問題をややこしくしていますね。
    ただ、私は彼女が国会議員に立候補する時点でたとえ台湾が二重国籍を認めているとしても、日本は認めていないわけだから「積極的に」離脱すべきだったと思います。
    断定的に書いたのは、彼女がもしも「積極的に」離脱手続きをした過去があるなら、
    産経の質問に「意味がわかりません。」などとは答えず、経緯を説明する筈だからです。
    ・・・・・
    日本国籍を選択の手続きでイの手続きを行えばやましいことはないと思うし、これであれば説明出来るんだよね。

    (1) 日本の国籍を選択する場合
    ア 外国の国籍を離脱する方法
     当該外国の法令により,その国の国籍を離脱した場合は,その離脱を証明する書面を添付して市区町村役場または大使館・領事館に 外国国籍喪失届をしてください。離脱の手続については,当該外国の政府またはその国の大使館・領事館に相談してください。
    イ 日本の国籍の選択の宣言をする方法
     市区町村役場または大使館・領事館に「日本の国籍を選択し,外国の国籍を放棄する」旨の国籍選択届をしてください。

    この手続きを取っていないなら、どのようにして日本国籍を取得したのかという話になります。今回の説明でわからなくなりました・・・。
    2つ可能性があって、蓮舫氏がこの手続の詳細を理解していない可能性と、国籍の選択以外の方法が取られた可能性かな。

    >私はネットに書き込みする際、敬称は「さん」で統一すると決めました。
    ・・・・・
    承知いたしました。

  21. 名前:yosh 投稿日:2016/09/03(土) 04:07:31 ID:5bb89ff69

    >反台湾島民さま

    >「斉藤」蓮舫という名前で国籍選択したという裏は取れているのでしょうか?本人が言っているのでしょうか?それとも大学時代の友人やその他の教員が言っているのでしょうか?
    ・・・・・
    公開情報が正しいという前提での話となります。とはいえ、蓮舫のコメントを見る限り、それに疑問を抱いた部分はありますね。

    >私の中国人および華僑の性質や傾向から言うと、特に問題がないかぎり、国籍選択の際に、中国姓で日本国籍を取るものと思われます。ご存じのように、前の名前が斉藤の場合、仮に夫婦選択別姓制度の法律改正がなされたとしても、離婚のケースと同じく、1つ前の姓にはもどせますが、さかのぼってもとに戻すには日本の現行制度では裁判が必要です。
    ・・・・・
    国籍選択の時にそこまでの考えがなかったという結論になりますね。19歳で手続きとなれば尚更ね。意図的に日本姓にしたかったのであれば、ある意味お粗末過ぎるような気がしないでもないです。

    >そういう質問であれば、事実か事実でないか、そしてアイデンティティーの問題ですから(日本人とは別の問題だから)蓮舫さんは答えると私は考えます。マスコミのみなさん、日本国籍選択時の姓が何であったのか質問されることを望みます。(そういうことは日本の法律ではできないというのであれば、謝罪します。私の勘違いです。)
    ・・・・・
    マスゴミに期待するのは無理筋だと思いますw
    ただ、今回説明出来なかったことに何かの意図があると思うし、手続き的に考えた場合、日本国籍を得るための手段を正当に説明出来れば何の問題もない事案に対して曖昧な反応を示したことに疑問を新たに抱いたという印象ですかね。

  22. 名前:匿名 投稿日:2016/09/13(火) 12:40:44 ID:929e6d712

    わかりやすく紐付きなんでしょう
    最南の県のズラ首長とかとおんなじで

  23. 名前:yosh 投稿日:2016/09/14(水) 00:59:24 ID:df40b260a

    >匿名さま
    どうやら蓮舫は二重国籍以上は確定しましたね。
    どっかの銀のカブトを装備した人も同種だろうが、果たしてこの人はどうなるんだか??