情報社会

Pocket

以下のニュースから。今回も短いです。。。

【回顧2016】「『パヨク』は時代遅れ」元祖電脳アイドル・千葉麗子氏 世界情勢読み切れない情報弱者が多い

私は今年、『さよならパヨク』『くたばれパヨク』(ともに青林堂)という著書を出版する機会に恵まれました。「パヨク」とは、劣化した左翼であり、右でも左でもない「反日」に取りつかれたような壊れた翼「破翼」、または「端翼」(異端)のことも意味します。

江戸時代末期でいうと「尊皇攘夷派」が右で、「開国派」が左といったところでしょうか。手段の違いはあっても、どちらも本来は日本の将来を憂えた愛国者たちでしたから、「日本を滅亡させよう」などと思っている人はいませんでした。

しかし、このパヨクらは、自らをリベラル(自由主義者)と称し、日本を貶めることに快楽を感じているかのようです。パヨクは一部のマスコミにも寄生しています。2016年は、この周回遅れのパヨクらがさまざまな“事件”を起こした年でもありました。

パヨクの特徴は、自分たちと意見の合わない相手に対し、(1)「差別だ」「レイシストだ」「ネトウヨだ」とレッテルを貼る(2)相手の個人情報をインターネット上にさらす(3)相手の勤務先などに執拗(しつよう)な攻撃を加える(4)自分の意見に相手が合わせるまで罵倒したり、暴力も辞さない-などです。

世界では、英国のEU(欧州連合)離脱決定や、フィリピンのドゥテルテ大統領誕生、米大統領選でのトランプ氏勝利、移民推進派のドイツのメルケル首相の支持率低下など、劇的な変化が起きています。

こうした流れは「グローバリズムの失敗」「国益を重視する指導者が求められた」などと、分析されています。

以前は、新聞やテレビなどの一方的情報が圧倒的でしたが、ネットの普及で、能動的に知りたい情報や必要な情報を探しにいく人々がさらに増えました。情報を正しく取捨選択する人々が多数になったため、マスコミの扇動にダマされる人が少なくなったとも思います。

情報弱者が多いパヨクらは、世界や日本のうねりを読み切れていないと思います。「時代遅れ」「周回遅れ」という言葉がお似合いです(笑)。

最近では、パヨクの一部は、沖縄の反基地活動にまで足を伸ばしているようです。「反日」集団ですから、暴力や違法行為を繰り返しています。

しかし、日本は法治国家です。初めは大目に見ていた当局も、国民の不安や不満を受けて、ようやく法を執行し始めたようです。すでに断末魔の叫びがパヨクから聞こえてきています。

日本政府にはぜひ、世界の動きをよく分析して「日本国民のための政治」をしていただきたいと思っています。

この人がいなければ、パヨクという言葉は生まれなかっただろうし、こうやってメディアにパヨクという言葉が掲載されたということに大きな意味があると思います。サヨクだと紛らわしいし、そもそも左翼系と属するのも失礼だし、劣化左翼というのも左翼の思想を冒涜しているように思えるww反日が全てならまだ思想として理解は出来なくはないけど、反日の覚悟すらないわけで、単に駄々をこねて実現出来なければ暴力などの犯罪行為に訴えるという基地外といったところだと思いますwこんなのがリベラルといっていいのかは疑問だけどね~。

パヨクの特徴として、周りから理解を得られない行動をキャベツとか喚き立てて、レッテル貼りなどの誹謗中傷や犯罪行為などで基地外で面倒臭いので要求の一部を受け入れさせるという手口を継続させることにあると思います。関わりたくないし示談で片付くならいいやという感じの譲歩を蓄積させていくことで、自身にとって快適な環境を作っていると思いますw

千葉麗子氏の指摘の通り、新聞やテレビなどのブロードキャストによる情報発信ではなく、インターネットを通じてあらゆる情報の取捨選択が可能になったことで、情報の受け手の能力が上がったことで、今まで通じた手口が通じなくなったというのが、情報化社会の本質だと思います。情報の質が変わったことで、「グローバリズムの失敗」「国益を重視する指導者が求められた」などの問題が浮き彫りになったわけです。

世界の潮流で見ると、日本は昔も今もいい意味でも悪い意味でも、思想においては世界で一歩先をいってる部分はあると思います。傍目でみて理解が難しい部分もあって、誤解を与えてるというのもあるし、情報の発信力だけの問題ではないと思います。これが、「日本の常識は世界の非常識」という表現になるかもしれませんねww情報社会というのは、情報を正しく受け取り、正しく処理をするに尽きるし、正しく情報を処理するための地盤を作るというのも重要だと思います。

『情報社会』へのコメント

  1. 名前:そういえば 投稿日:2016/12/23(金) 15:36:16 ID:3e3206a18

    先日「日本人が知らない最先端の『世界史』」という本を読んだのですが、この中に、「エリートほどプロパガンダに左右されやすい」という、アメリカでの実証研究の紹介があって、興味をそそられました。
    以下、少し引用します。

    知識と教養を誇るエリートは、確かに多くの情報に接しており、それを吸収しようとする。とはいえ、そのほとんどは真偽を自ら確めることができない、二次情報に過ぎない。エリートの自負ゆえ、政治経済文化全般の重要とされる問題に「自分」の意見がないことに我慢できない一方、現代社会は複雑であり、事実を冷静に吟味し判断することなど、限られた少数の問題以外不可能である。それゆえ、重要な問題にお手軽な「解決」を提供するプロパガンダは、エリートにとって魅力的なのだ。
    もちろん、エリートは自分にはプロパガンダなど無効だと信じている。そして、それこそが最大の弱点となる。エリートはこの根拠のない自信と優越感を利用され、容易にプロパガンダに取り込まれてしまう。(第9章の「自己欺瞞に長けたエリート」より)

    なんというか、何年か前までの自分のことを言われているようでドキッとしました。いや、いまでも抜け出せている自信はないのすがw
    少なくともいろいろなかたがブログなどで情報発信をしてくれているおかげで、片寄った情報だけを鵜呑みにすることは無くなったかな。世の中の自称エリートたちも、大手マスコミの意見だけに踊らされることは少なくなっていると思います。

    日本再生が成就したあかつきには、日本政府はティム・バーナーズ=リーに勲章を授けるべきと思いますよw

  2. 名前:yosh 投稿日:2016/12/24(土) 01:08:46 ID:e232e8678

    >そういえばさま

    >先日「日本人が知らない最先端の『世界史』」という本を読んだのですが、この中に、「エリートほどプロパガンダに左右されやすい」という、アメリカでの実証研究の紹介があって、興味をそそられました。
    ・・・・・
    知識層といわれる人が今でいうパヨク化の傾向が強いのは、古今東西といった部分はありますねw
    自分などはただのバカなのでプロパガンダを理解するほどの知識や教養は持ってないです、ハイww
    書籍についてはAmazonのリンクを貼っておきます。レビューを見るだけでも世界観というのが伝わると思いますね。

    ・「日本人が知らない最先端の『世界史』」
    https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%8C%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E6%9C%80%E5%85%88%E7%AB%AF%E3%81%AE%E3%80%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%8F%B2%E3%80%8D-%E7%A6%8F%E4%BA%95%E7%BE%A9%E9%AB%98/dp/4396615671

    基本的に答えを焦りすぎると、こういった安易な考えにたどり着いてしまいます。何事も白黒ハッキリとか、問題は何が何でも解決しないといけない。こういった考えこそが、日本の外交問題を作り出した元凶でもあり、袋小路の状況になってる部分でもあります。ある意味、日韓問題などが分かりやすい事例なんだけどねww
    基地外を相手にしたところで問題は解決するわけもないし、いいテンプレだと思うのは自分だけでしょうかね??

    >なんというか、何年か前までの自分のことを言われているようでドキッとしました。いや、いまでも抜け出せている自信はないのすがw
    少なくともいろいろなかたがブログなどで情報発信をしてくれているおかげで、片寄った情報だけを鵜呑みにすることは無くなったかな。世の中の自称エリートたちも、大手マスコミの意見だけに踊らされることは少なくなっていると思います。
    ・・・・・
    いろんな角度で物事を考えてみれば自ずと自分なりの考えにたどり着くと思いますし、そういった過程が一番重要だと思います。
    そういった過程を省くと、どうしても方向が偏ってしまいますし、偏った目線だけだと足元が見えなくなってしまいます。
    ブログを作るとか書き込みにしてもそうなんだけど、自分の考えを発信することで、それを見た人がどのように考えてるかという選択みたいなものを用意出来るわけで、物事の判断材料の一つに役に立てることが出来れば、発信する意味があると思っています。自分が正しいことを書いてるつもりはありませんのでww

    >日本再生が成就したあかつきには、日本政府はティム・バーナーズ=リーに勲章を授けるべきと思いますよw
    ・・・・・
    確かにww
    Webの発案者のティム・バーナーズ=リーこそ、情報社会の質を変えた功労者だと思うし、プロパガンダ潰しの功労者であるのは事実と思います。

  3. 名前:浪速のお節介オヤジ 投稿日:2016/12/24(土) 01:42:36 ID:1fac45e39

    わたしはイマイチこの「パヨク」というカテゴリーがどこからどこまでを指すのか理解できないでいます。
    真っ先に思い浮かぶのはし◯き隊です。
    では共産党の作り上げたSEALSはどうなのか?
    在日が運営するのり◯えねっとはどうなのか?
    反原発団体や9条の会、LGBT団体etc、、、、
    線引きが大変難しく思います。
    別にカテゴライズする必要はない、みんなまとめてパヨクとすべし、というのも違和感があります。
    しかし、突き詰めれば日本の中に真の左派はごくわずかで、他は反日勢力かパヨクばかりだとも思います。
    学生運動が既にパヨク的だったとも思えますし。
    とにかくまずは皆ちゃんと働いて、国を支えていこうよ。
    言えるのはこれだけかな。

  4. 名前:yosh 投稿日:2016/12/24(土) 02:12:35 ID:e232e8678

    >浪速のお節介オヤジさま

    >わたしはイマイチこの「パヨク」というカテゴリーがどこからどこまでを指すのか理解できないでいます。
    ・・・・・
    左翼でもサヨクでもない何かといった部分で使い勝手のいい言葉になってますねw
    パヨクの説明だとこんな感じですかね。
    http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%91%E3%83%A8%E3%82%AF
    http://www.wdic.org/w/WDIC/%E3%83%91%E3%83%A8%E3%82%AF

    以前は左翼→サヨクといった流れでしたが、サヨクは紛らわしいので反日勢力そのものがパヨクという言葉に包括されたものと思っています。
    特定アジアという表現も、極東三馬鹿という表現として問題があって出来た言葉でもあり、この流れがパヨクという表現として定着しつつあるかもしれませんね。

    >別にカテゴライズする必要はない、みんなまとめてパヨクとすべし、というのも違和感があります。
    しかし、突き詰めれば日本の中に真の左派はごくわずかで、他は反日勢力かパヨクばかりだとも思います。
    学生運動が既にパヨク的だったとも思えますし。
    ・・・・・
    本来はフランス議会で右翼が保守、左翼が革新という定義です。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A6%E7%BF%BC%E3%83%BB%E5%8F%B3%E7%BF%BC

    日本の場合だと保守と革新という構図の対立構造ではなく、反日勢力とそれ以外という構図となっており、本来の右左の世界ではないんだよね。
    因みに安倍首相は中道左派という立ち位置だと思います。
    個人的には、保守と革新の定義がどこに定義するべきかというのも分からないです。保守でも革新でも愛国が前提での話だと思います。

    >とにかくまずは皆ちゃんと働いて、国を支えていこうよ。
    ・・・・・
    真っ当に生きることが前提だと思います。前提が崩れたら話にならないと思います。