トランプ大統領関係

Pocket

今回はトランプ大統領就任記念イベントとなります。

まずはアメリカンパヨクリンク集www

【サヨク画報】トランプ米大統領就任 ⇒ 反トランプ黒服集団が暴徒化 支持者を殴る、店の窓ガラスなどを破壊

反トランプデモ、一部暴徒化 220人近い逮捕者

あとはこちら。

反トランプ派と日本のパヨクの意外な接点

274 名前: エメラルドフロウジョン(庭)@無断転載は禁止 [US][] 投稿日:2017/01/21(土) 17:02:17.95 ID:Mxev2z6u0
コイツラが使ってるシンボル見ると一目瞭然なんだが世界中で暴れてるアナーキスト連中だよ。トランプ関係ない
http://comps.canstockphoto.jp/can-stock-photo_csp26164552.jpg
http://stat.ameba.jp/user_images/20141013/06/wake-up-japan/70/48/j/o0460037213096227241.jpg?caw=800
日本にもいる
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/plummet/20070713/20070713020140.jpg

パヨクの特徴として、アナーキスト(無政府主義者)であって、反トランプとか全く関係ない状況にあると思います。日本のパヨクも日本政府の転覆を目的としたテロリストだし、自分たちの都合の悪い政権は潰すことが目的に過ぎないわけです。日本のパヨクだと反日勢力とも言えるわけで、日本にとって都合の悪いことは潰すことだけを目的とした連中なわけで、日本の国力を落とすための提案以外は、反対で潰すことしか考えておりません。反トランプの輩も、トランプが都合が悪いから暴れてるわけで、不法滞在の移民やオバマの退任前に釈放した犯罪者にとって都合のいい社会が要望とも思えるレベルww恩赦の大盤振る舞いの件は以下の通り。

オバマ氏恩赦大盤振る舞い 歴代最多、退任控え330人減刑

オバマ米大統領は19日、麻薬犯罪の受刑者ら330人を減刑した。オバマ氏が8年間の任期で恩赦を与えたのは1715人に上り、歴代大統領で最多。20日に退任を控えたオバマ氏による最後の恩赦となる。

米紙ワシントン・ポストによると、過去12人の大統領による恩赦の合計を上回るという。

刑務所不足が深刻化する中、オバマ氏は暴力行為を伴わない麻薬犯罪者を中心に、長期間の刑に服する受刑者に対する刑の免除や減刑を積極的に進めてきた。

17日には、内部告発サイト「ウィキリークス」に機密情報を漏らしたとしてスパイ活動取締法違反で有罪となり、禁錮35年の刑に服していた元米陸軍兵士のマニング受刑者を減刑した。(共同)

元々、オバマ政権は大統領令で不法移民を増やす政策をやらかしてたわけで、犯罪者にとって優しい社会を作りたいと思ってるとも邪推出来るくらいのことはやってきたのもあって、トランプ氏は不法移民に関するコメントについては、それの裏返しといった意味もあります。オバマ政権は、都市部の意向のみを尊重して、支持者の利益を最大化させることで、アメリカ国内を修復不能なレベルまでに分断させたわけです。日本で言えば、北海道の札幌という一極集中というのに近い状態が分かりやすいかもしれません。東京の一極集中とか言われる状況が可愛く思えるレベルと考えています。人数的にはヒラリーの方が多いが、面積的にはトランプの方が多かった選挙結果からして、地方と都市部の乖離の大きさはあると思います。

トランプ氏が支持された理由はこんな感じだと思います。

「田舎の力をバカにしてたよね」 なぜトランプが当選したのか、パックンが語る“日本人の知らないアメリカ”

この記事は結構参考になると思います。

ここらへんを踏まえて、トランプ大統領就任演説です。部分抜粋します。

トランプ大統領就任演説 日本語訳全文

ワシントンの小さなグループが政府の恩恵にあずかる一方で、アメリカ国民が代償を払ってきました。ワシントンは栄えてきましたが、人々はその富を共有していません。政治家は繁栄してきましたが、仕事はなくなり、工場は閉鎖されてきました。既存の勢力は自分たちを守ってきましたが、国民のことは守ってきませんでした。
・・・・・
国は国民のために奉仕するというものです。アメリカ国民は、子どもたちのためにすばらしい学校を、家族のために安全な地域を、そして自分たちのためによい仕事を望んでいます。これらは、高潔な皆さんが持つ、当然の要求です。
・・・・・
教育は金がかかり、若く輝かしい生徒たちは知識を得られていません。そして犯罪やギャング、薬物があまりに多くの命を奪い、可能性を奪っています。
・・・・・
アメリカの産業を犠牲にして、外国の産業を豊かにしてきました。ほかの国の軍隊を支援する一方で、非常に悲しいことに、われわれの軍を犠牲にしました。ほかの国の国境を守る一方で、自分たちの国境を守ることを拒んできました。そして、何兆ドルも海外で使う一方で、アメリカの産業は荒廃し衰退してきました。私たちが他の国を豊かにする一方で、われわれの国の富と強さ、そして自信は地平線のかなたに消えていきました。取り残される何百万人ものアメリカの労働者のことを考えもせず、1つまた1つと、工場は閉鎖し、この国をあとにしていきました。中間層の富は、彼らの家庭から奪われ、世界中で再分配されてきました。
・・・・・
貿易、税、移民、外交問題に関するすべての決断は、アメリカの労働者とアメリカの家族を利するために下されます。ほかの国々が、われわれの製品を作り、われわれの企業を奪い取り、われわれの雇用を破壊するという略奪から、われわれの国を守らなければなりません。
・・・・・
私たちは、人々を生活保護から切り離し、再び仕事につかせるでしょう。アメリカ人の手によって、アメリカの労働者によって、われわれの国を再建します。私たちは2つの簡単なルールを守ります。アメリカのものを買い、アメリカ人を雇用します。私たちは、世界の国々に、友情と親善を求めるでしょう。しかし、そうしながらも、すべての国々に、自分たちの利益を最優先にする権利があることを理解しています。私たちは、自分の生き方を他の人たちに押しつけるのではなく、自分たちの生き方が輝くことによって、他の人たちの手本となるようにします。
・・・・・
私たちは古い同盟関係を強化し、新たな同盟を作ります。そして、文明社会を結束させ、イスラム過激主義を地球から完全に根絶します。私たちの政治の根本にあるのは、アメリカに対する完全な忠誠心です。そして、国への忠誠心を通して、私たちはお互いに対する誠実さを再発見することになります。もし愛国心に心を開けば、偏見が生まれる余地はありません。
・・・・・
私たちは心を開いて語り合い、意見が合わないことについては率直に議論をし、しかし、常に団結することを追い求めなければなりません。アメリカが団結すれば、誰も、アメリカが前に進むことを止めることはできないでしょう。そこにおそれがあってはなりません。
・・・・・
私たちは大きく考え、大きな夢を見るべきです。アメリカの人々は、努力をしているからこそ、国が存在し続けていけるということを理解しています。私たちは、話すだけで常に不満を述べ、行動を起こさず、問題に対応しようとしない政治家を受け入れる余地はありません。空虚な話をする時間は終わりました。行動を起こすときが来たのです。できないことを話すのはもうやめましょう。
・・・・・
新しい国の誇りは私たちの魂を呼び覚まし、新しい視野を与え、分断を癒やすことになるでしょう。私たちの兵士が決して忘れなかった、古くからの知恵を思い起こすときです。それは私たちが黒い肌であろうと、褐色の肌であろうと、白い肌であろうと、私たちは同じ愛国者の赤い血を流し、偉大な自由を享受し、そして、偉大なアメリカ国旗をたたえるということです。
・・・・・
あなたの声、希望、夢はアメリカの運命を決定づけます。そしてあなたの勇気、善良さ、愛は私たちの歩む道を導きます。ともに、私たちはアメリカを再び強くします。私たちはアメリカを再び豊かにします。私たちはアメリカを再び誇り高い国にします。私たちはアメリカを再び安全な国にします。そして、ともに、私たちはアメリカを再び偉大にします。

このメッセージの意味は実に単純です。決して内的発言だけではなく、今までの枠組みではなく、自国のために、各国がどのようにあるべきかというのを、世界に問いかけてるわけです。誰かが犠牲になることで世界の発展することは欺瞞でしかないと言いたいだけだと思います。ビジネスマン出身としては当然の発言であって、何かを得るためには対価を出して当然という話で、すべての国々に、自分たちの利益を最優先にする権利があるわけで、価値観を押し付けることはしないけど、利益のない譲歩はしないというメッセージだと思います。

今までグローバリズムという方法で、国境を壊して無国籍企業で利益の最大化をしていた枠組みになってたが、現実的ではなかったという結果になってるのが現状です。保護主義ではなく、新たなルール作りというのが、トランプ大統領の本音に思えます。自由主義において、ダンピングや為替操作や移民(不法移民含め)の自由などによって市場が歪められた部分もあるわけで、これが健全な姿であるのかといった部分はあると思います。

トランプミクスの本質はシンプルで、自国で出来る分は自国で、自国に出来ないものは投資というのが基本的スタンスだと思います。そういった感じにルールを変えるべきと訴えてるわけです。これが正しいかはさておき、トランプ大統領は実利を語ってるようで、理念を語ってると思います。

ここらへんが重要な部分でもあり、TPPも落とし穴とも言えます。

「米国第一」主義を宣言 TPP離脱を正式表明 「米国を再び誇り高く、安全で偉大な国にする」

昨年11月の米大統領選を制した共和党のドナルド・トランプ氏(70)が20日(日本時間21日未明)、首都ワシントンの連邦議会議事堂で宣誓し、第45代大統領に就任した。就任演説で「米国第一」主義を宣言。新政権はホワイトハウスのウェブサイト上で、戦略的経済連携協定(TPP)からの離脱方針を正式表明した。

実業家出身で、公職経験や軍歴のない初めての大統領。1期目としては最高齢となる。共和党政権は8年ぶり。トランプ氏は演説で雇用創出や国境管理強化などを通じて「米国を再び誇り高く、安全で偉大な国にする」と強調。既成政治との決別を訴えるとともに国民に融和と結束を促し、米国の再建を誓った。

TPP離脱のほかメキシコ国境への壁建設を伴う不法移民対策に乗り出す構え。世界の秩序が大きく変動する可能性がある。

トランプ氏は演説で「権力をワシントンからあなたたちに移行する」と表明。「イスラム過激派によるテロを地球上から根絶させる」と約束し「私たちは国境を守らなければならない」と呼び掛けた。

TPPも同じ考えと思います。実際にTPPが日本の利益になるかといえば疑問だし、一種の魔除けという一面はあると思います。だからこそ、交渉の道具としてTPPの形を作る必要があり、承認する必要があったと思います。どっちにしろ、変な協定は結ぶ必要はないし、国益のために考える必要が今以上に出来たといったところだと思います。トランプ大統領が経済的にプラスになるかは分からないけどねww

『トランプ大統領関係』へのコメント

  1. 名前:手袋 投稿日:2017/01/22(日) 12:35:41 ID:63e5b10b9

    yoshさん、こんにちは
    自国を蔑ろにして海外ばかりに援助して、それが何の利益も還元されなければ怒って当たり前ですよね。
    情けは人の為ならずも自分に戻ってくるのが前提ですし、価値観が共有できない限りはお互い様が成り立つことはありえませんしね。

    北海道の札幌一極集中の話が出たので、昔聞いた話を少し。
    高校教育現場でも新人はまず最初に地方に赴任させられるため、地方の高校は若い教諭が多いそうです。
    多くのベテランは転勤先に都市部やその周辺地域を希望して、うまく赴任できたら家を建てるそうです。
    その後はその周辺でぐるぐる回るため、地方には若手ばかり集まるという話ですね。
    まぁ北海道は地方に行けば行くほど出費も重なるし、不便さも増えるから致し方ない面もありますけどね・・・。

  2. 名前:ハゲおやじ 投稿日:2017/01/22(日) 15:29:22 ID:597707b21

    yosh様へ

    ブログ記事とは関係ない話で恐縮ですがお知らせにあがりました。

    信濃太郎さんのブログ「神州再生を願うブログ」が
    削除されています。

    移転先等ご存知でしょうか?

  3. 名前:マンセー名無しさん 投稿日:2017/01/22(日) 20:41:37 ID:86d667e6d

    アメリカンパヨク。長いので、全部、ぱよでいいのかなと。

  4. 名前:yosh 投稿日:2017/01/22(日) 22:47:13 ID:ef30590b0

    >手袋さま
    こんばんは~。

    >自国を蔑ろにして海外ばかりに援助して、それが何の利益も還元されなければ怒って当たり前ですよね。
    情けは人の為ならずも自分に戻ってくるのが前提ですし、価値観が共有できない限りはお互い様が成り立つことはありえませんしね。
    ・・・・・
    そうだと思います。自国を蔑ろにして海外に援助して、何の見返りがなければ当然有権者の反発を招くことになります。
    国家は慈善事業ではありませんし、価値観が共有出来ない限り、お互いの国益を実現というのは出来ないですね。そういう意味では、価値観に合わない国については、無理したお付き合いは必要ないし、ビジネス(自国を蔑ろにしないのが前提)といったドライな付き合いで問題はないと思います。

    >北海道の札幌一極集中の話が出たので、昔聞いた話を少し。
    高校教育現場でも新人はまず最初に地方に赴任させられるため、地方の高校は若い教諭が多いそうです。
    多くのベテランは転勤先に都市部やその周辺地域を希望して、うまく赴任できたら家を建てるそうです。
    その後はその周辺でぐるぐる回るため、地方には若手ばかり集まるという話ですね。
    まぁ北海道は地方に行けば行くほど出費も重なるし、不便さも増えるから致し方ない面もありますけどね・・・。
    ・・・・・
    北海道の高校の教育現場ではそういった仕組みなのですね。その仕組み自体は致し方ない部分もあると思うし、上手く新陳代謝が図れるのであれば、問題はないサイクルとは思うんだけど、現実はそうでもなさそうですね。単純に若手が地方に硬直してそうな気がしないでもない。。。
    とはいえ、元々北教祖は問題だらけというのもありますので、大掃除してからシステムを修正したほうがいいかもしれませんがww

  5. 名前:yosh 投稿日:2017/01/22(日) 23:35:42 ID:ef30590b0

    >ハゲおやじさま

    >信濃太郎さんのブログ「神州再生を願うブログ」が
    削除されています。

    移転先等ご存知でしょうか?
    ・・・・・
    待ち望むものさまに信濃さま本人からのコメントがあったので引用いたします。

    信濃太郎 より:
    2017年1月22日 10:33 PM

    ご心配をおかけしております。
    本日昼12:54、スマホ宛に「アカウントは現在無効になっています」というメールが届き、確認したところ、「神州再生を願うブログ」が閲覧できなくなっていました。姉妹ブログ「信濃のブログ」は閲覧できます。グーグルによると「利用規約に違反しているためロックされました」とのこと。具体的にどの部分がどの規約に違反しているかは不明です。
    具体的な内容を問い合わせた上で、改善すべき点があれば改善して再開します。

    グーグル利用規約
    https://www.google.com/intl/ja/policies/terms/
    ...違反するような規約はないと思うのですが

    http://meron.vanillapafe.info/archives/9089#comment-12756

  6. 名前:yosh 投稿日:2017/01/22(日) 23:36:54 ID:ef30590b0

    >マンセー名無しさんさま

    >アメリカンパヨク。長いので、全部、ぱよでいいのかなと。
    ・・・・・
    ただのパヨクですし、長いので同じ扱いでいいような気はしますねww

  7. 名前:浪速のお節介オヤジ 投稿日:2017/01/23(月) 00:33:33 ID:276aff1f0

    われわれの目や耳に入ってくるのは、アメリカでも西海岸か東海岸の情報だけですからね。
    しかもニューヨークやワシントン、サンフランシスコ辺りの都市部のことしか伝えられません。
    果たして田舎は、メキシコと国境を接している西部はどうなっているのか。
    日本ですら都会と田舎では環境が異なりますから、アメリカだと計り知れないほどの格差だと思われます。
    おそらくホワイトカラーよりブルーカラーのほうが圧倒的に多いでしょうし。
    そのあたりの票読みを間違えたのがヒラリーだと思います。
    トランプ大統領はごく当たり前のことしか言っていません。
    グローバリズムやポリコレなどは国家が国家として安定しているから唱えられるものであって、その屋台骨が揺らいでいる状態では何の役にも立ちません。
    国民を食わせることができて初めて国家として成り立つのですから。

  8. 名前:yosh 投稿日:2017/01/23(月) 01:00:20 ID:132be352f

    >浪速のお節介オヤジさま

    >われわれの目や耳に入ってくるのは、アメリカでも西海岸か東海岸の情報だけですからね。
    しかもニューヨークやワシントン、サンフランシスコ辺りの都市部のことしか伝えられません。
    ・・・・・
    見える情報も重要だし、見えない情報の意味については考えている部分はありますね。日本メディア経由の情報だとある程度意図というのは分かりやすいのもあって、ホントのアメリカの姿というのを伝えたくないということはお察しくださいみたいな感じがあります。アメリカ事情については、藤井厳喜氏あたりはある程度信用してますね。

    >果たして田舎は、メキシコと国境を接している西部はどうなっているのか。
    日本ですら都会と田舎では環境が異なりますから、アメリカだと計り知れないほどの格差だと思われます。
    おそらくホワイトカラーよりブルーカラーのほうが圧倒的に多いでしょうし。
    ・・・・・
    アメリカは日本以上に格差社会ですので、日本の状況がマシであることだけは理解出来ます。直接国境を接しているという状況だと、当然国境に悩まされるわけだしね。
    ブルーカラーこそが国の地盤であって、ホワイトカラーだけでは仕事は回りません。こういった声をメディアは拾わないから、実態については、表向きの状況と数字あたりから推察しか出来ないわけですね。人間心理においては、それぞれの国の価値観などもありますが、根本的な部分については変わらない部分もありますので、偏った情報だけで推察を立てない限りは、当たらずといえども遠からずといったところだと思います。

    >そのあたりの票読みを間違えたのがヒラリーだと思います。
    トランプ大統領はごく当たり前のことしか言っていません。
    ・・・・・
    ヒラリーとかアメリカ民主党に票読みの概念などないと思います。オバマ政権の支持者のみに向き合って開き直った運営スタイルからして、選挙人の数の多く地盤の強いところを押さえていれば勝てるといったところだけかと・・・。
    トランプ大統領は、アメリカ国民としてアタリマエのことしか言ってないと思いますし、演説にしても同じです。

    >グローバリズムやポリコレなどは国家が国家として安定しているから唱えられるものであって、その屋台骨が揺らいでいる状態では何の役にも立ちません。
    国民を食わせることができて初めて国家として成り立つのですから。
    ・・・・・
    グローバリズムの本質が、無国籍企業だったり不法移民や不当競争などによる無秩序にあったというのが明白になったと思います。ポリコレは自分たちが都合のいい理論の押し付けに過ぎません。9条教と本質は一緒ですよwww
    国家の概念のない連中や無政府主義者などがグローバリズムを煽ってたという事実が浮き彫りになったということだと思っています。