ぱよぱよ雑談~20170219

Pocket

昨日はサボろうと思ってたのですが、「春、不遠。~はるとおからじ~」さまの件で、余命ブログでも記事を紹介されていましたので、飛びやすい形でリンク紹介の記事を臨時投稿させていただきました。このエントリについてはデータ庫に入れておきます。

PCで閲覧しているのであれば、消されたブログなどについては、以下のURLから、URLを入力すればsnapshotから確認が出来ます。恐らく、キャッシュ系だとここが優秀。

https://archive.org/

アーカイブに残したい場合は、青枠の場所でHPのURLを入力して”Save Page”をクリックすれば保存出来ます。気になったページについては、こういった形でアーカイブに残しておくのもいいと思います。

Chrome環境の場合は、以下のアドオンなども捗るかと思います。

404エラーで消えてしまったページを各種キャッシュサービスから掘り起こすChrome拡張「Web Cache」

続いては、スポンサー応援Wikiのご紹介ww

テレビ番組スポンサー表 @ wiki

参考資料として、気になる番組のスポンサーを探す時に参考になると思います。例えば、TBSの報道番組は悪質と思いますので、TBSの報道番組を知りたい場合は、TBSのHPを参考するに限ります。

TBS 報道・情報・ドキュメンタリー

気になる番組をTBSのページでチェックして、上記のテレビ番組スポンサー票を確認するといった感じになるかと思います。TBSは見ないに限りますが、スポンサーを応援する場合はメッセージが分かりにくいと思いますので、応援したい番組に絞って、スポンサーを応援するのがいいような気がします。とはいっても、スポンサーを応援するにしても、広告代理店の電通などにも関わる話でもあるので、単純に非売運動をすればいいのかという疑問もあるわけで、反日メディアに対して、不適切ではないプレッシャーをかけるために何をしたらいいのかと思う部分もありますねwww

続いてはマサオ関係。

北朝鮮の関与強まる 金正男氏殺害

【シンガポール=吉田渉、ソウル=峯岸博】マレーシア警察は18日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害に関わったとして北朝鮮籍の男を逮捕したと発表した。正男氏殺害を巡る初の北朝鮮籍者の逮捕で、地元メディアは主犯格の一人とみている。北朝鮮は正男氏の遺体の即時引き渡しを公然と要求し、捜査妨害の姿勢を鮮明にした。殺害事件に北朝鮮が関与した疑いは強まる一方だ…

逮捕の北朝鮮国籍男は主犯格か 行動パターンを1年監視

金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察は18日、殺害に関与した疑いで、北朝鮮国籍の男リ・ジョンチョル容疑者(46)を17日夜に逮捕したと発表した。所持していた身分証から身元を特定した。実行犯の女2人と一緒にいた男4人のうちの1人とみられ、犯行を指示した主犯格の可能性がある。

現地の主要英字紙ニュー・ストレーツ・タイムズは18日、正男氏が襲われた直後の様子とする写真や男4人の顔写真を掲載。北朝鮮工作員が正男氏の行動パターンを約1年にわたり監視していたと報じた。

逮捕された男はマレーシアや、実行犯の1人、シティ・アイシャ容疑者(25)の出身国インドネシアに何度も入国していたという。警察は男の素性を追及、背後関係の捜査を進めている。(共同)

写真の様子。

・診療所の椅子に倒れ込む正男

・2013年

金正男「お願い、本を出さないで。私に危険をもたらす可能性があります」⇒ 東京新聞五味記者「お断りだ」⇒

何が何だか分からない状況ですね。元々、韓国メディアや中国メディアの北朝鮮関係の報道は信用はできないわけで、金正男の死亡確認も王大人がやったのではないかという疑惑すらある状況ですww金正男が生きていようが生きていまいが、シナリオは変わらないわけで、報道に振り回される必要はないと思います。

続いてはこちら。

「『ニュース女子』への言論弾圧許すな」 沖縄で緊急講演会「沖縄ヘイトにすり替え」

沖縄県の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビの番組「ニュース女子」をめぐり、「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」は18日、同県宜野湾市で緊急講演会を開いた。

講演会では、同会の代表運営委員の我那覇真子氏が「言論の自由を守らなければならない。沖縄の私たちにその任があることは誇りだ」と述べた。

その上で我那覇氏は「彼ら(反基地活動家ら)は東京MXテレビに流された真実を沖縄ヘイトという嘘にすり替えようとしている。さらに悪質なのは、それを保守に対する言論弾圧に使おうとしていることだ。司会者の懲戒解雇を要求していることなどは、まさしく人権弾圧ではないか」とも指摘した。

あとはこちらも・・・。

【ニュース女子】東京新聞記者「長谷川副主幹は、東京新聞の主張と真逆の番組に行くなら会社から離れてやるべき」

我那覇氏の言葉の通りです。因みにこういった取材も行われてたようです。

しばき隊、「ニュース女子」出待ちと我那覇真子さんの自宅を襲撃取材

ただの犯罪としか思えませんが、これのどこが取材なんだかww反基地ではなく、単なる基地外でしかありません。沖縄ヘイトとかほざいて、沖縄県民に対してレッテル貼りをしている挙句、沖縄とは関係ない中核派や革マルなどの公安監視団体や外国人が暴れてるだけの話で、普通に生活している沖縄県民に対して迷惑行為を行ってるだけの連中に対して、何が言いたいのかとは思うし、番組内で公開討論(処刑??)でもやればいいと思いますよ。主張している内容が真っ当なら、正面から主張して視聴者にニュース女子のトンデモ加減を具体的に指摘して視聴者に正面から向き合えばいいだけだと思います。出来ればの話だけどwww

会社の方針で全て記事を書くのがおかしいわけで、読者に真実を伝えるつもりはないんだと思うし、メディアの役割を放棄しているとも思える。これを判断するのは読者であって、会社ではないし、一記者の主張が全てというのであれば、言論機関であることを放棄して、カルト宗教紙として出直すべきだと思います。

そしてお仲間の記事ww

(社説)領土教育 複眼的な思考こそ

政府の見解を教えるだけではなく、相手国の言い分も伝え、世界を知り、自分の頭で考えることをうながしたい。

北方領土、竹島、尖閣諸島は「我が国の固有の領土」で、尖閣諸島に「解決すべき領有権の問題は存在していない」――。

そんな記述が小中学校の学習指導要領の改訂案に盛りこまれた。小学5年の社会科と中学の地理、歴史、公民の全分野で、政府見解を教えることになる。

領土は各国のナショナリズムや利害がぶつかり合い、外交上の摩擦の要因になる。子どもたちが日本の主張を知っておくことは大切だ。

だが政府見解は数学の公式とは違う。日本の立場の表明であり、それを学ぶのみでは現実は理解できない。教室で「尖閣に領土問題は存在しない」と教えても、中国船による領海侵入のニュースは流れる。

領土とは何か。隣国はどう考えているか。いかなる歴史的経緯があるか。こうした事実を知って初めて、問題を深く、複眼的に見ることができる。

新指導要領が重視するのは、答えが一つではないテーマを多面的・多角的にとらえ、他者と協働して思考する力だ。領土をめぐる対立は、ある意味で格好の教材ともいえる。

政府見解は今回突然、指導要領に登場したわけではない。文部科学省は3年前、政権の意向を踏まえ、教科書執筆や授業の指針となる指導要領の「解説」に同趣旨の記述を入れた。既に小中の社会科の全教科書が三つの領土について記載している。

だが、法的拘束力をもつとされる指導要領本体と「解説」とでは、重みが違う。教員が指導要領に従わなければ、処分される根拠にもなりうる。

決められた通りに教えることが従来以上に求められるのではないか。自国第一主義の風潮がはびこるなか、独自の工夫を偏向と批判する空気が広がれば、教員は腫れ物に触るような授業しかできなくなるだろう。

文化も経済も、国境を軽々と越えていく時代に、自国の主張が正しいと言いつのるだけでは共感は得られない。育てたいのは、相手の立場を理解し、冷静に考え、議論し、共生の道を探ろうとする人材だ。

教育を通じて一つの価値観や歴史観を植えつける息苦しさと誤りを、この国は過去に経験し、いまは隣国に見ている。

しなやかで、強い社会をつくるために、子どもたちにはどんなアプローチが必要か。領土教育を考えるときにも、この視点を忘れないようにしたい。

「政府の見解を教えるだけではなく、相手国の言い分も伝え、世界を知り、自分の頭で考えることをうながしたい」と書かれてます。「東京新聞の見解を教えるだけではなく、長谷川副主幹の言い分も伝え、世界を知り、自分の頭で考えることをうながしたい」というのと何が違うのかなともwww

「領土とは何か。隣国はどう考えているか。いかなる歴史的経緯があるか。こうした事実を知って初めて、問題を深く、複眼的に見ることができる」ともあるが、歴史的経緯にエア歴史を入れてはいけないと思いますwww

「文化も経済も、国境を軽々と越えていく時代に、自国の主張が正しいと言いつのるだけでは共感は得られない。育てたいのは、相手の立場を理解し、冷静に考え、議論し、共生の道を探ろうとする人材だ」といのは特亜に言えよwww

「教育を通じて一つの価値観や歴史観を植えつける息苦しさと誤りを、この国は過去に経験し、いまは隣国に見ている。」とあるが、息苦しさと誤りを隣国には全くないのかな??

「しなやかで、強い社会をつくるために、子どもたちにはどんなアプローチが必要か。領土教育を考えるときにも、この視点を忘れないようにしたい。」と思うなら、安倍首相に竹島の日の記念式典に出席するべきと訴えるべきです、ハイww

思いつきで書いたけど、東京新聞の主張を通すなら、この朝日新聞の主張を全否定しないといけないと思います(笑)