シェアする

まえだっち??

まずは防衛庁のまえだっちの件から。

日報問題で文民統制に深刻な懸念 相次ぐリークに「これではクーデターだ」 – 産経ニュース

南スーダンPKOの日報問題をめぐる混乱は、稲田朋美防衛相の統率力不足が招いた問題だが、防衛省の内部から稲田氏にとって不利な情報が発信されている形跡があり、文民統制(シビリアンコントロール)上の深刻な問題も引き起こしている。

文民統制は、国民から選挙で選ばれた政治家が軍を指揮統制することを指す。戦前や戦中の「軍部の暴走」に対する反省が込められており、多くの自衛官は長年、厳格に原則を守り、政治的活動から距離を置くよう自らを律してきた。

今回の問題で稲田氏は、一貫して「非公表や隠蔽を指示したり、了承したりしたことはない」と主張している。これに対し「非公表方針は稲田氏が了承していた」という正反対の情報が相次ぎ報道されている。

防衛省内では「特別防衛監察の結果、一方的に悪者にされてしまうと反発した陸自サイドが情報をリークしている」(幹部)との見方が大勢を占める。真実がどちらであっても、結果的に政府の信頼が損なわれるのは間違いなく、「これではクーデターではないか」(政府関係者)との声すら漏れる。

陸自で見つかった日報の電子データは2月15日、個人保管の資料であるなどの理由で非公表方針が決まった。しかし、それに先立つ6日の時点で同じデータが「統合幕僚監部で発見された」と公表され、7日に一部黒塗りで公開済みだった。つまり、陸自で見つかったデータが公開されなかったからといって、国民が情報公開上の「実害」を被ったわけではない。

自衛隊の南スーダンの派遣施設隊の日報は、2月6日にはその存在が明らかになっており、機密部分が黒塗りになっているもののすべて公開されており、2月15日にその日報に隠蔽や非公表方針などの決断といった趣旨で判断はしていないのは確かです。ここで、個人保管の資料ということで、あることを思い出しませんか??文科省の加計文書と共通しております。ここが重要なポイントとなります。

そしてこの問題について、主犯格の陸幕幹部の名前が判明したようです。

「南スーダン日報隠し問題」で――主犯格の陸幕幹部の名前が判明(選択出版) (選択) – Yahoo!ニュース

南スーダンのPKO派遣部隊の日報問題で、陸上幕僚監部の上層部が「主犯格」として浮上した。黒幕として「岡部俊哉陸上幕僚長と反目する前田忠男防衛部長」(統合幕僚監部関係者)との見方も強まっている。この関係者によれば、前田氏は自己顕示欲の塊で、自分たちに都合がいいように事実を歪曲してNHKに垂れ流していた疑いでも特別防衛監察の焦点になっているという。
この問題では、「破棄した」と言い張ってきた陸自内部で日報の保管が発覚し、防衛省は特別防衛監察を進めている。
当初は「防衛官僚(背広組)が陸幕に対し『いまさら出せない』と言ってきた」とNHKで報じられ、矛先は背広組に向けられた。だが、本誌五月号で予測した通り、陸幕上層部の仕業で間違いなかったようだ。
つまり、最初から陸幕上層部が日報の隠蔽を主導して、この瑕疵に気づかれないよう責任を転嫁したのだ。おまけに「日報の存在は岡部陸幕長にも報告されていた」とNHKにリークし、岡部氏を追い詰めた。「日報隠しの元凶は前田防衛部長」(防衛省筋)とされ、首相官邸も徹底した調査を指示した。結果は七月にも公表される。陸幕の膿は摘出されるか。

貧困調査をしているかは分かりませんが、防衛庁のまえだっちのようですねw別の調査が行われたか分かりませんが、調査の際にまえかわっちとか言われてた可能性も否定は出来ません。この記事が正しいのであれば、防衛庁のまえだっちも「自分たちに都合がいいように事実を歪曲して垂れ流していた」という意味でも、文科省のまえだっちと被るんだよね。

産経新聞の報道に一言いっておきますが、「稲田朋美防衛相の統率力不足」とありますが、それを言うなら、加計学園の件は「松野博一文科相の統率力不足」となりますよね??背景については、内部向けの体裁みたいなものを外部におもらししたことが原因じゃないのwwwそういう意味では、文民統制(シビリアンコントロール)の問題とも言えないと思います。内部の規律違反で外部におもらししたのが、シビリアンコントロールであれば、こんなもん避けようがないと思いますし、「部下が不祥事を起こしたら、上司は辞任しないといけない」という図式ではなく、重要なのは不祥事の内容と思います。事実関係を明確にして、適切な処分を行わないと、組織として腐ってしまいます。

稲田氏は少なくとも事実関係を明確になるまでは、批判は全て自分で受け止め、内部の人間を悪者にしようとしていません。ここはトップとして必要最低限の資質と思います。不安定な部分もあって資質として微妙な部分もあるのですが、防衛相としての資質は石破より断然マシだと思うよwww

石破が見えたので石破関係ww

石破派、産経記事配布を抗議=加計めぐる発言「事実でない」:時事ドットコム

自民党石破派は21日までに、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題をめぐる産経新聞の記事を党幹事長室が全議員にメールで配布したのは「不適切だ」として抗議した。

送付されたのは7月17、19、20各日付朝刊の加計問題に関する連載記事。このうち、17日付の記事は、石破茂同派会長が地方創生担当相在任時に日本獣医師会幹部らと面会した際、学部新設条件について「誰がどのような形でも現実的には参入は困難という文言にした」と述べたと記載。これに対し、石破派は「発言は事実ではない」と主張している。
幹事長室は同派に対し「閉会中審査の参考にしてもらうため送付した」と説明。一方、同派の平将明衆院議員は21日の記者会見で「石破氏が獣医師会の意思を受けて反対勢力だったという印象操作と取られかねない」と批判した。(2017/07/21-17:14)

獣医師会幹部との面会の際に、このように議事録として残されております。

平成27年度 第4回理事会の開催
http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06811/a2.pdf

日本獣医師政治連盟の活動報告
北村委員長から,(略)なお,昨日,藏内会長とともに石破 茂地方創生大臣と2時間にわたり意見交換をする機会を得た.その際,大臣から今回の成長戦略における大学,学部の新設の条件については,大変苦慮したが,練りに練って誰がどのような形でも現実的に参入は困難という文言にした旨お聞きした.このように石破大臣へも官邸からの相当な圧力があったものと考える.しかし,特区での新設が認められる可能性もあり,構成獣医師にも理解を深めていただくよう,私が各地区の獣医師大会等に伺い,その旨説明をさせていただいている.

前日の件と重複しますが、以下を再掲します。

加計学園関係~私的整理

↑私的整理というタイトルは、個人的なメモというのが理由だけどねww

自民党が政権奪還した直後の2012年12月に獣医師会から石破に献金しているようです。

【加計学園 行政は歪められたのか(上)】新設認めぬ「石破4条件」は獣医師会の政界工作の「成果」だった! 民主党政権でも献金攻勢…(3/4ページ) – 産経ニュース

北村と石破は昭和61年の初当選同期。しかも政治改革などで行動をともにした旧知の間柄だ。日本獣医師政治連盟は自民党が政権奪還した直後の平成24年12月27日、幹事長に就任した石破の「自民党鳥取県第一選挙区支部」に100万円を献金している。

石破の同期の現獣医師会の顧問の北村氏はWikipediaから。

北村直人 – Wikipedia

あとはこちらも紹介します。

648 : 名無しさん@涙目です。(チベット自治区)@\(^o^)/ [CA] 2017/07/16(日) 17:12:45.61 ID:aIBeKgSp0
*公益財団法人・ 動物臨床医学研究所
http://www.dourinken.com/introduction/syoukai.html

顧問: 石破茂 ←←
理事長: 山根義久 ←前獣医師会会長

*人と動物の会
http://www.haac.or.jp/member.aspx

顧問: 石破茂 ←←
理事長: 山根義久 ←前獣医師会会長

https://ja.wikipedia.org/wiki/日本獣医師会
https://ja.wikipedia.org/wiki/山根義久

石破は農林族の議員で、獣医師会とはズブズブの関係にあったわけです。この問題において、既得権側の立ち位置に石破がいたというのは重要です。

自民党の二階幹事長は加計学園の件で、全議員に以下の記事をメールで配布しており、これに対して石破界隈が反応しているわけです。

【加計学園 行政は歪められたのか(上)】新設認めぬ「石破4条件」は獣医師会の政界工作の「成果」だった! 民主党政権でも献金攻勢… – 産経ニュース

【加計学園 行政は歪められたのか(中)】日大総長「加計にろくな教育できっこない」 愛媛知事「じゃあ、あなた作ってくれるか?」 – 産経ニュース

【加計学園 行政は歪められたのか(下)】文科省はサボタージュで抵抗しただけ…挙証責任果たせず「白旗」 「ご意向」文書の真意とは? – 産経ニュース

幹事長室は同派に対し「閉会中審査の参考にしてもらうため送付した」とありますが、加戸元愛媛県知事の発言が全てですが、文科省の告示と獣医学会の工作によって、50年以上も獣医学部が新設されておらず、40年間同じ定員で、地域配分で東日本と西日本の比率(8:2)に歪みがあったという事実で、これを踏まえない批判は誹謗中傷に過ぎません。閉会中審査の軸として重要なのはこういった部分で、自民党でいるなら、こういった背景は理解する必要はあるし、説明責任の前提はここにあるわけです。

そういう意味では、この期に及んで石破に加担するなら、石破と一緒に民進党に行けばいいと思うよwww自民党支持者としても、日本をよくしていきたいという気持ちのない連中は切っていいと思うし、留めている方が支持を失う要因になりかねません。

石破の北朝鮮でハニトラの件は以下のエントリでもww

共謀罪が施行されましたね。すぐ動くとは思いませんが、今の段階では証拠集めの段階で共謀が疑われる事案については証拠保存しておくに限ると思います。いろんな意味で共謀罪施行後の川崎国デモは注目だと思います。 「共謀罪」の対象犯罪277につい...

このメールは、石破一派への最後通牒みたいなものだと思うけどね。ある意味喧嘩売ってるし、当然の話と思いますがね。

自民・石破茂氏「いつ選挙があってもおかしくない。当選1、2回生は初の逆風となる可能性」 – 産経ニュース

自民党の石破茂前地方創生担当相は20日、国会内で開いた石破派会合で「いつ選挙があってもおかしくない。今度は当選1、2回の方々が初めて経験する逆風の中での選挙になる可能性が極めて強い」と述べ、引き締めを図った。安倍晋三内閣の支持率下落を念頭に置いた発言とみられる。

これって、「当選1、2回の方々が初めて経験する逆風の中での選挙になる」という脅迫ともいえるし、安倍晋三内閣の支持率下落を念頭に置いてる地点で、自民党を支えるつもりは全くない反党行為としか思えません。引き締めというより、逃亡者の仲間でも探すような発言のように思えるけどね。石破は民進党が合ってるし、願いを叶えるべきだと思います。

フォローする