シェアする

ぱよぱよ雑談~20170818

冒頭はドラクエ11関連がお約束となっております。今日もカジノコイン稼ぎでした。100スロで2回ジャックポット(100万枚)を引いたので、ひとまずは十分なので、裏ボス討伐を目指すことにします。カジノは100スロで適当に連打しとくのが楽だと思います。裏ボス討伐については、LV55なのでまだまだかかるとは思うんだけどね。

まずはこちらの話題から。

【衆院選情勢】安倍晋三首相はいつ解散を打つのか 今秋?来春? それとも来秋同日選? 飛び交う早期解散論のホンネとは… – 産経ニュース

内閣改造・自民党役員人事が終わり、内閣支持率がじわりと回復基調に転じると、政界に再び解散風が吹き始めた。平成30年暮れの衆院任期満了まで残り1年4カ月余り。来年9月の総裁選3選を見据え、安倍晋三首相(自民党総裁)はいつ衆院解散に踏み切るのか。そのカギは、首相が掲げる「平成32年の新憲法施行」という政治スケジュールにある。(岡田浩明)

「秋の臨時国会冒頭で首相は解散を打ってくるのではないか?」

3日の内閣改造後、永田町でこんな噂がまことしやかに流れ出した。

発信源は民進党だった。

学校法人「加計学園」問題などで急落した内閣支持率は回復しつつあるが、民進党では蓮舫代表の辞任表明後も混乱が続いている。9月1日の代表選では共産党との共闘の是非が争点となり、選挙準備どころではない。

次の総選挙なんだけど、パヨクにとって、今年に何が何でも選挙をやっときたいという事情がよく分かるんだよね。発信源が民進党の地点で願望とみていいと思うがなwww来年だと、マイナンバーのフル稼働や半島情勢の関係もそうなんだけど、一番重要なポイントとして、今年に総選挙をやれば、必然的に2020年の新憲法施行はなくなることになります。今年に選挙をしてしまえば、憲法の国民投票の同時選は難しくなるのと同時に、国会で通過するのも難しいと思ってます。現状の改憲勢力の2/3以上あるから改憲出来ると考えてるなら、相当お目出度いと思いますがねwww

個人的に衆参両院の2/3以上の賛成&国民投票の過半数については、現状ではかなり困難と思うし、普通に考えたら現実味のない内容と見ております。もりかけ問題からのノイジーマイノリティ(声闘)のキャンペーンで、世論操作で安倍政権の支持率が20%台が見えてきたことからしても、改憲論議から安倍政権の失脚を狙ってるとしか思えないし、そもそも論ですが、改憲反対派が衆参のいずれかの1/3以上を作れる状況にあるのが今置かれてる状況で、早期解散するメリットはそこまでないと思うんだよね。今回の総選挙は総裁選三選の布石もあることから、総選挙の理想の時期は来年夏なわけですね。総選挙を乗り切った総裁を、数ヶ月で総裁選で下ろすとなれば、世論の反論は激しくなりますからね。

因みにですが、本来やる必要があるようには見えなかった2014年の総選挙も、時間調整を目的としたなら、立派な理由ですし、2014年に解散したことで、2018年の夏以降に総選挙を行えば、2022年には衆参ダブル選挙+改憲の国民投票のトリプル選も可能となります。時間軸で考えた場合、改憲時期を2022年にしたほうがいいんだけど、改憲の前例を作る観点では、総選挙+国民投票の同時投票に動く選択肢も一理ありますし、時間軸をどこに捉えるかによって、今後のシナリオが見えてくると思います。そこで反日勢力を潰すためのタイムリミットも見えてくると思います。出来る限り早い方がいいのですが、2019年が一定の目安になるのではないかと思います。国会の議席の観点で見た場合、ソフトランディング的視点では、衆院選だと次の次の総選挙、参院選は2回がポイントとなります。そういう意味では、次の総選挙はそこまでいうほど重要ではないと思うけどね。

早期総選挙を行うのであれば、確実に改憲は2022年を意識することになることになるし、そもそも来年の改憲は無理筋のように思います。個人的に公明党は論外として、維新についても、全ての議員がそういうわけではないんだけど、解同関係なども絡んでる部分もあることから、自民党左派と同じくらいの立ち位置から考えたほうがいいと思います。維新が所謂保守政党であるなら、大阪市のヘイト法案の推進などあり得ないと思うんだけどね。所謂保守界隈でも評判の悪い西田議員なんだけど、維新の動きを考えてみれば、理念法で落とし込んだのヘイト法案の別の一面が見えてくると思うんだけどね。

あとは適当にリンクのみ。

【韓国】文大統領「徴用工の個人請求権は消滅していない」 | 保守速報

【韓国】文大統領「慰安婦問題が韓日会談で解決されたというのは正しくない」 | 保守速報

個人的に韓国の興味のある部分として、在韓米軍の撤退と北朝鮮のテロ支援国家の認定だけなんだよね。そういう意味ではどうでもいいというのが本音ですかねwwいつもの光景だし、潰さない限りは類似事例が出来るだけの話です\(^o^)/

フォローする

『ぱよぱよ雑談~20170818』へのコメント

  1. 名前:高天原 正 投稿日:2017/08/18(金) 11:32:14 ID:f117c108e

    お久しぶりです。高天原 正です。疑問を持つ所があったので久しぶりにコメント致します。
    「反日勢力を潰すためのタイムリミットも見えてくると思います。出来る限り早い方がいいのですが、2019年が一定の目安になるのではないかと思います」
    との事ですが、2019年とお考えになった根拠をお示しくださると助かります。
    僕の個人的観点では、日本視点で反日在日の口座凍結や逮捕、強制送還などをでき準備万端となるのは2019年かもしれませんが、果たしてトランプや金正恩がそこまで待つのか甚だ疑問です。
    いくらメリットが無いとは言え、メリットが無くても起こるのが戦争です。偶発的というのもあります。
    金正恩が指示をしてグアムにミサイルを撃っていたら戦争になってなっていたのかもしれないのです。
    先制攻撃を行う為にも北朝鮮のテロ支援国家再指定してある程度敵の勢いを削ったら空爆しませんかね?
    お答えいただけたならば幸いです。

  2. 名前:御隠居 投稿日:2017/08/18(金) 17:50:02 ID:54701b7d2

    yosh様、返信書き込みいただきましてありがとうございます。

    まず、北海道で日米の軍事演習が行われていますね。18日からはオスプレイも参加しているとのこと。
    そして、北海道ということから中国をも意識しているように感じらますね。
    次は鹿児島沖(日本の領海)に中国の船が出没し始めているようです。
    人民解放軍を習近平は掌握仕切れていないという面も見えなくはないですが。中国による尖閣問題に対する延長上での、日本側の対応悪さの隙をついて、中国領海への既成事実化のステップと日本支配の下地としての日本の領海である鹿児島沖への進出と見て間違いないと思います。
    最後になりますが、中国共産党による国内企業への介入政策に関連して外貨流失防止の一環と言われていますが、当然日本の資本との合資企業もその対象になるのは間違いないでしょう。そうなると、日本企業への暗黙の圧力と反面、中国共産党関係者との国有企業との繋がりから海外への資金持ち出しとして、日本企業の看板を利用して、今迄以上に日本国内における土地買収や中国が進めて来た海外企業のM&Aによる日本企業の買収活動がより活発化して来るのではないでしょうかね。
    日経は表では、外貨流失と言ってはいるが当然、国有企業と繋がる中国共産党の高級幹部達と習近平との確執からも保険は当然掛けて来るでしょう。

  3. 名前:高天原 正 投稿日:2017/08/18(金) 21:02:29 ID:7b465b5e8

    上の僕の投稿に付け加えまして。。。
    中国四国地方のjアラート訓練で一部うまく作動しなかったとか。早急に改善する必要があり、また全都道府県で早急に同様の確認を行うべきです。全都道府県が10年も前から射程範囲内なのですから。
    古い小坪慎也氏の記事ですが、
    https://samurai20.jp/2017/08/north-korea-3/
    【トランプ激怒で開戦か?】グアムに発射予告の、重たすぎる意味【腹を括った人はシェア】
    日本国内は余命様を信じれば大丈夫、だと信じられるとして、果たして10年も前から、輸出するほどまでにある日本を射程内とするミサイルを全て撃ち落とせるのか。
    1年、2年と時が経てば経つほど状況は悪化の一途を辿るのではないか。
    北朝鮮がグアムに撃っていたら始まっていた可能性があります。メリットが無くても可能性はゼロではありません。
    大変恐縮ですが、僕はチャーハンのコピペが好きではありません。
    日本国内の陸上自衛隊によってどうとでもなる声だけデカいゴミ共と違って北朝鮮は我々が迎撃する事が非常に難しいミサイルを10年も前から輸出するほど大量に有している訳です。
    楽観的にトランキーロ、と行きたいところですが、北朝鮮からのミサイルに関して僕は悲観的です。
    yosh様のご意見を頂ければ幸いです。

  4. 名前:yosh 投稿日:2017/08/19(土) 03:35:32 ID:13eb66368

    >高天原 正さま
    お久しぶりです。

    >「反日勢力を潰すためのタイムリミットも見えてくると思います。出来る限り早い方がいいのですが、2019年が一定の目安になるのではないかと思います」
    との事ですが、2019年とお考えになった根拠をお示しくださると助かります。
    ・・・・・
    国会議員の正常化の最短スケジュールのタイムリミットとなります。単純に反日勢力を潰した後に参院選を2回やらないと議会の正常化は厳しいと思います。衆院に関しては好きなタイミングで解散出来るのである程度の調整は可能ですが、参院に関してはある意味議員を逮捕して補欠選に持ち込むくらいしか出来ることがないwww
    本来の憲法が現在の日本国憲法の手続きで最短で可能なのが2022年で、それ以前は妥協して実績を作るか本来の道筋に戻すかのどちらかなのかという話ね。

    >僕の個人的観点では、日本視点で反日在日の口座凍結や逮捕、強制送還などをでき準備万端となるのは2019年かもしれませんが、果たしてトランプや金正恩がそこまで待つのか甚だ疑問です。
    ・・・・・
    スローに進むようにみえて、進みだしたと感じたときには一定の目処が出来たときと踏んでます。個人的な印象なんだけど、トランプや金正恩も無能と決めつけるのは危険と思っています。

    >いくらメリットが無いとは言え、メリットが無くても起こるのが戦争です。偶発的というのもあります。
    金正恩が指示をしてグアムにミサイルを撃っていたら戦争になってなっていたのかもしれないのです。
    先制攻撃を行う為にも北朝鮮のテロ支援国家再指定してある程度敵の勢いを削ったら空爆しませんかね?
    ・・・・・
    単純に現在の条件だけで考えると、暴発の可能性も限りなく低いという判断です。
    北朝鮮がグアムにミサイルを撃つ合理的理由が全くないという点も重要だと思います。
    何らかのメリットがあれば話は別で、その為にはその条件を満たすイベントが必要と思います。
    北朝鮮のテロ支援国家再指定もトリガーの一つですが、損得勘定で考えると、空爆のリスクも決して小さいわけではないです。

    >中国四国地方のjアラート訓練で一部うまく作動しなかったとか。早急に改善する必要があり、また全都道府県で早急に同様の確認を行うべきです。全都道府県が10年も前から射程範囲内なのですから。
    ・・・・・
    小坪市議の記事はある程度見ているが、現実問題、Jアラート訓練の対策にしてもそうなんだけど、「日本を射程内とするミサイルを全て撃ち落とせるのか。」といわれたら、100%無理という前提で政府は動いてるように思うんだけどね。敵基地攻撃能力について議論しているわけですし、本来なら日本が先制攻撃能力をつけるべきと思います。

    >1年、2年と時が経てば経つほど状況は悪化の一途を辿るのではないか。
    ・・・・・
    日本だと距離的に既存の兵器で十分攻撃可能であって、日本が単独で対処しない限り、状況は悪化するだけの話です。

    >大変恐縮ですが、僕はチャーハンのコピペが好きではありません。
    ・・・・・
    日本の対応の甘さも茶化してる部分もあるからね。

    >日本国内の陸上自衛隊によってどうとでもなる声だけデカいゴミ共と違って北朝鮮は我々が迎撃する事が非常に難しいミサイルを10年も前から輸出するほど大量に有している訳です。
    ・・・・・
    外部より内部の方が脅威です。ミサイルより移民や観光客の方が脅威です。前者はお金がかかるが、後者はお金はかからないからね。人を介したバイオテロ未遂等含めたら、既に起きていることから、現代戦においては、戦争以外の方法が主流になっていることは忘れてはいけません。

  5. 名前:yosh 投稿日:2017/08/19(土) 03:48:15 ID:13eb66368

    >御隠居さま

    >まず、北海道で日米の軍事演習が行われていますね。18日からはオスプレイも参加しているとのこと。
    そして、北海道ということから中国をも意識しているように感じらますね。
    次は鹿児島沖(日本の領海)に中国の船が出没し始めているようです。
    ・・・・・
    軍事演習の類については、中国を意識した動きになってるように思います。中国船についても、民間を装った諜報活動と認識しておりますので、機雷関係を警戒して探りをいれてると思います。そういう意味では、現状の対応だと盤石な守りが機能しない可能性も想定する必要があるかもしれませんね。

    >人民解放軍を習近平は掌握仕切れていないという面も見えなくはないですが。中国による尖閣問題に対する延長上での、日本側の対応悪さの隙をついて、中国領海への既成事実化のステップと日本支配の下地としての日本の領海である鹿児島沖への進出と見て間違いないと思います。
    ・・・・・
    こういった部分については、周到に動いてるとみていいでしょう。どうやら民間人を偽装すれば、土地を買えるようですし、こんな楽な方法はないからね。
    領海侵犯は例外なく沈めるという意思表示だったり、土地関係も制限をかけることと、既存の土地の没収に動かない限りは厳しい状況にあると思います。

    >最後になりますが、中国共産党による国内企業への介入政策に関連して外貨流失防止の一環と言われていますが、当然日本の資本との合資企業もその対象になるのは間違いないでしょう。そうなると、日本企業への暗黙の圧力と反面、中国共産党関係者との国有企業との繋がりから海外への資金持ち出しとして、日本企業の看板を利用して、今迄以上に日本国内における土地買収や中国が進めて来た海外企業のM&Aによる日本企業の買収活動がより活発化して来るのではないでしょうかね。
    日経は表では、外貨流失と言ってはいるが当然、国有企業と繋がる中国共産党の高級幹部達と習近平との確執からも保険は当然掛けて来るでしょう。
    ・・・・・
    合弁会社というのが、背乗りを意識しているように思います。そういう意味では、合弁事業は乗っ取りを意識しているのと、背乗り感覚で中国色を消してといった感じになるかと。メディアや港関係を特に意識しているように思えるし、根本のインフラについて工作するのは確かで、自称弱者といわれる輩の戦術の基本を理解する必要があると思います。

  6. 名前:あるけむ 投稿日:2017/08/19(土) 21:20:36 ID:9d899de35

    >Jアラート訓練の対策にしてもそうなんだけど、「日本を射程内とするミサイルを
    >全て撃ち落とせるのか。」といわれたら、100%無理という前提で政府は動いてる
    >ように思うんだけどね。
    100%打ち落とすのは無理(不可能)という前提で動くのは正しいというか当たり前ですよね。そのあたりは確率論の世界でしょう。
    「憲法9条教」の連中に、その辺りの話を聞いてみたいものです(憲法9条で弾道弾が撃ち落とせるのか?)

  7. 名前:yosh 投稿日:2017/08/21(月) 01:24:56 ID:bd07d8fb2

    >あるけむさま

    >100%打ち落とすのは無理(不可能)という前提で動くのは正しいというか当たり前ですよね。そのあたりは確率論の世界でしょう。
    ・・・・・
    ホントその通りですね。出来る限りその確率を減らせるかが大事で、まずは撃たせない状況を作り出すのが優先で、撃ち落とすことを前提に考えるのが論外ともいえます。

    >「憲法9条教」の連中に、その辺りの話を聞いてみたいものです(憲法9条で弾道弾が撃ち落とせるのか?)
    ・・・・・
    いまいち何を考えてるか分からないので、具体的に聞いてみたいものですねww