シェアする

ぱよぱよ雑談~20170820

昨日は眠かったのでサボってしまいました。。。というより、今週は夏休み期間というのもあって、重要なニュース関係はそこまでなかったのはありますね。来週は帰省しますので、更新は控えめになると思います。余命さんも9月1日からよーいドンと言ってるし、少々リフレッシュモードになってるような気がしないでもない(笑)因みにドラクエ11はレベル60になって、復興イベントは片付けたところです。今回も短いですね。

適当にコメント。リンクのみ。

【ソウルから 倭人の眼】北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ – 産経ニュース

この手のサイトにしては韓国関係のニュースを取り上げることは少ないんだけど、正直なところ、取り上げる価値もないし、取り上げるだけ時間のムダでしかなく、こんなもんに時間を費やすくらいならドラクエ11に時間を費やしたいですwww

韓国などただの敵でしかないし、潰す以外の選択肢しかないし、取り上げる必要は皆無ですし、そこらへんの情報は他のサイトでお腹いっぱいといったところでしょうね。無関心な人かテレビやネットを見て嫌悪感しか抱いていない人が大半の状況だろうし、韓国事案について、日本人の覚醒を呼びかけるような段階ではないと思うんだけどね。そういう意味では、特亜全てがそうなんだけど、後始末をどのようにするかという議論以外、議論する価値も全くありません。パヨクも当然含まれますが、こんなのに配慮という言葉が出る地点でどうかしてるレベルだと思うよwww

こちらもリンクのみ。

【トランプ政権】バノン氏、政権の「グローバリスト」との戦い継続 「私たちが勝ち取った大統領は終わった」 – 産経ニュース

トランプ大統領は共和党の代表であって、共和党の路線で動いてるだけのように思います。ここらへんは重要な部分なところですが、トランプ大統領は理想主義者ではなく、リアリストの認識でいるので、予定調和といったところでしょうね。本来の立ち位置もありますので、戦いの場所がどこにあるかという話に過ぎないし、活躍できる場所で活躍することが理想で、その舞台に固執することに意味は無いと思います。「グローバリスト」との戦い方というのもいろいろとあると思いますが、政権にいることだけが全てではないし、「グローバリスト」というのも、共産主義の一つにすぎないと思います。新自由主義も類義語なんだけどねww

この記事で重要なのは、共和党にも潜在的共産主義者というか、教条主義的存在がいるということに尽きるわけですね。日本でいえば、9条信者と同じレベルの人が、アメリカ国内にも存在して、影響力を発揮しているわけですね。自民党の同じような状況とも言えるわけで、こういった輩がいるわけですが、アメリカの状況は日本より酷い状況にあると言ったところが現状です。戦争の背景は理想主義と現実主義の狭間にある存在という一面もありますので、ここらへんは難しい問題とも言えます。場合によっては、戦略的撤退の方が効果はあると思いますので、この件もどのように機能するかは重要のように思います。

最後に戦略の考え方についてです。戦略は基本的に選択肢の数と思っています。選択肢というのは力がないと増やすことは難しいです。賭け事と本質は似てるんだけど、賭け事で大事なのは、選択肢の数であって、金がなければ選択肢に制約が生じるわけです。株でもいいんだけど、株の投資で重要なのは動かせるお金がどれだけあるかが基本となります。動かせるお金というのが選択肢の数であって、選択肢がなければ、狭い範囲で勝負をしないといけないので、その分だけ理論的勝率は下がります。

ここらへんは基本と思ってるんだけど、政治にも通じる話題ともいえます。どのようにして選択肢を確保するかというのは大事です。そして、資本主義の考え方として、成功者とされる人は運がよかったか悪事をやったかの二択尽きるかなーwww

『ぱよぱよ雑談~20170820』へのコメント

  1. 名前:熊蔵 投稿日:2017/08/21(月) 21:56:44 ID:ba9aeb0c5

    安倍首相が我が国の戦後レジームの清算に奔走しているのと同様に、
    トランプ大統領も米国の対アジア戦略の過ちを清算したいのでしょうね。
    中共をゲリラ紛いの八路軍から核ミサイルや空母を持つ軍隊までに増長させたのは、
    一体何処の誰なのかしら?と言う話でして。
    この輩がヒトラーやスターリンと同じ様に糾弾されないのはないよなぁ。
    今アジアで起こっている事の失敗を認めたくない連中は数多居るでしょうし、
    妨害工作に走る連中は多いでしょうね。

  2. 名前:yosh 投稿日:2017/08/22(火) 02:21:34 ID:7ba2e5b10

    >熊蔵さま

    >安倍首相が我が国の戦後レジームの清算に奔走しているのと同様に、
    トランプ大統領も米国の対アジア戦略の過ちを清算したいのでしょうね。
    ・・・・・
    そういう意味では日米ともに利害が一致しているので、それだけが救いといったところになりますね。

    >中共をゲリラ紛いの八路軍から核ミサイルや空母を持つ軍隊までに増長させたのは、
    一体何処の誰なのかしら?と言う話でして。
    この輩がヒトラーやスターリンと同じ様に糾弾されないのはないよなぁ。
    ・・・・・
    顔が見えないといったところがあるんだよね。表舞台で動いてることだけが真実ではないし、背後に誰がいるかなんだと思います。
    ここらへんの構図については、日本も同じだと思います。ここらへんに到達するためにはもう少し時間がかかりそうです。

    >今アジアで起こっている事の失敗を認めたくない連中は数多居るでしょうし、
    妨害工作に走る連中は多いでしょうね。
    ・・・・・
    やるべきことをやってると、必ず既得権益にしがみつく輩の一部は炙り出されるわけで、点と線を結びつける作業が残されていると思います。
    まぁ、分かってる敵を地道に潰し続けて、本流に戻さないと次はないような気がします。