ぱよぱよ雑談~20171012

Pocket

まずは衆院選の序盤情勢から。日経新聞から。

与党300議席に迫る勢い 衆院選序盤情勢  :日本経済新聞

日本経済新聞社は第48回衆院選について世論調査を実施し、公示直後の序盤情勢を探った。それによると、衆院定数465議席のうち、自民、公明両党で300議席に迫る勢いだ。自民だけでも安定多数の244議席を上回る見通しとなっている。小池百合子東京都知事が立ち上げた新党「希望の党」は選挙区で苦戦し、比例代表と合わせても70議席程度にとどまるとの結果になった。

読売新聞の調査。

自民、単独過半数の勢い…衆院選・序盤情勢調査 : 選挙 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

朝日新聞の調査。

自民堅調、希望伸びず立憲に勢い 朝日新聞情勢調査概況 – 2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル

各社の調査で共通して言えることとしては、自民党の絶対安定多数の261、希望が70、立憲が50程度、維新は現状維持近くといった数字の傾向が見えてくるかと思います。概ね予想通りの数字で、自民党の議席減&民進党系の議席増といったことは確実な情勢といえます。民進党は分断しており、希望の党の議席がまだ多いので、この分を自民党にどれだけ上積み出来るかが鍵ともいえますね。ここで重要なのは、真性の反日勢力ともいえるのが、立憲&共産&社民でこの枠は80程度、宗教枠として35程度となります。識別が難しいのが希望の70枠となり、ここが草刈り場となるわけですwwwそういう意味では、見極めがしやすい数字になりつつあるというのが、現在の状況ともいえます。決して、希望と立憲の分離はムダではないし、必要な過程であると思います。この構図を描いたのは小池氏が動いたおかげともいえるし、結果論かもしれないけど、連合含め分断しているから出来上がってる部分はあると思います。

意外と重要かもしれない記事。リンクのみ。

【政界徒然草】希望の党の小池百合子代表が首相を目指したくない理由に挙げた過剰な「国会ファースト」とは…(1/4ページ) – 産経ニュース

小池氏が首相になりたいニダとかいう論調がありましたが、最初から首相を狙ってるようには思えなかった理由の一つともいえます。政治屋の嗅覚で考えても、衆院選に今出るための合理的な理由が全くなかったしねww政権を取るための行動と考えたら、違和感を抱く対応しかしてないように思えるんだけどねwww

続いてはこちらの話・・・。

【今治デモ詳細】テレビ愛媛「補助金水増し主張の加計学園反対派デモ」参加者数を3倍に水増しねつ造 | 以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

今治のデモの件ですが、顕正新聞の情報がありましたので紹介しておきます。

どうやら「顕正会」とかいう公安監視団体の発行している顕正新聞が渡されてるようですね。顕正会は創価学会や共産党とも対立している組織ではあるけど、カルト宗教という共通項のsる組織とも言えます。

顕正会は24リストにも入っている連中ですので注意してください。

今日は余命ブログの入管通報資料の件となります。 入管通報資料に関するリンクページ、通報リスト関連を取り扱わせていただきます。余命ブログは更新が多いので重要なページが埋もれてしまいますので参考までにも。 入管通報リストに関する内容...

因みに、先日の安倍首相の演説で顕正会の出没報告の情報もありましたし、勧誘みたいな類をやってる輩もいますので、くれぐれも注意してください。。。

続いては衆院選と同じくらい重要な最高裁判所裁判官国民審査の件となります。

2017年最高裁判所裁判官国民審査 – Wikipedia

順序
[1]
氏名 任命年月日 審査時
年齢
出身地 学歴 前職等 任命した内閣 担当小法廷 最高裁公式
ウェブサイト
リンク
1 小池裕 2015年4月2日
(平成27年)
66 神奈川県[2] 東京大学
法学部
司法修習29期
最高裁判所事務総局経理局長
東京高等裁判所長官
第3次安倍内閣 第一小法廷 [1]
2 戸倉三郎 2017年3月14日
(平成29年)
63 山口県 一橋大学
法学部卒
司法修習34期
最高裁判所事務総長
東京高等裁判所長官
第3次安倍内閣 (2改) 第三小法廷 [2]
3 山口厚 2017年2月6日
(平成29年)
64 東京都[3] 東京大学
法学部卒
東京大学教授(刑法)、法学部長
司法試験委員会委員長
第一東京弁護士会所属弁護士
第3次安倍内閣 (2改) 第一小法廷 [3]
4 菅野博之 2016年9月5日
(平成28年)
66 北海道[4] 東北大学
法学部卒
司法修習32期
最高裁判所調査官
大阪高等裁判所長官
第3次安倍内閣 (2改) 第二小法廷 [4]
5 大谷直人 2015年2月17日
(平成27年)
65 東京都 東京大学
法学部卒
司法修習29期
最高裁判所事務総長
大阪高等裁判所長官
第3次安倍内閣 第一小法廷 [5]
6 木澤克之 2016年7月19日
(平成28年)
66 東京都 立教大学
法学部卒
司法修習29期
最高裁判所司法研修所民事弁護教官
東京弁護士会所属弁護士、人事委員会委員長
学校法人加計学園監事
第3次安倍内閣 (1改) 第一小法廷 [6]
7 林景一 2017年4月10日
(平成29年)
66 山口県 京都大学
法学部卒
外務省大臣官房
内閣官房副長官補
英国駐箚特命全権大使
第3次安倍内閣 (2改) 第三小法廷 [7]

以下の記事を紹介します。

2017年衆議院選挙時に国民審査対象となる裁判官 – 復活日本 ~その日まで~

余命ブログの情報と紐付けて裁判官を紹介してくれていますので、必見ともいえる記事だと思います。余命ブログの記載のある裁判官は、小池裕&大谷直人は「×」必須ですね。基本的には最高裁のファンタジスタな判決は少ないし、地裁に問題があるという状況ですので、判例ベースで判断で問題はないと思います。

『ぱよぱよ雑談~20171012』へのコメント

  1. 名前:ぱん 投稿日:2017/10/12(木) 15:04:44 ID:e2fb9f565

    自民が思ったよりも微減になりそうですが、それより立憲が思ったより議席とりそうなのが(´・ω・`)
    小池党からの背乗り議員が合流したら結局反日議員の数そのままなんではないでしょうか。
    それとももっと立憲は落ちますかねぇ。
    うまくいけば、自民がもっと勝てるかもですかねぇ

  2. 名前:中道右 投稿日:2017/10/12(木) 16:23:30 ID:279f5e13d

    最高裁判所裁判官国民審査—小池裕.大谷直人2名の×承知致しました。

  3. 名前:yosh 投稿日:2017/10/13(金) 00:55:53 ID:39f476764

    >ぱんさま

    >自民が思ったよりも微減になりそうですが、それより立憲が思ったより議席とりそうなのが(´・ω・`)
    ・・・・・
    メディアの序盤情勢は有権者を遠ざけれることを目的としているので開票が終わるまでは油断は出来ませんね。立憲はいい意味でも悪い意味でもブレてないので、そういう層からの投票先になるのは致し方ないと思います。次の標的は立憲・共産にはなるのですが果たして(´・ω・`)

    >小池党からの背乗り議員が合流したら結局反日議員の数そのままなんではないでしょうか。
    それとももっと立憲は落ちますかねぇ。
    ・・・・・
    基本的に希望+立憲での議席増の見立てですが、選挙後は前バタトルジさん次第のような気がします。
    立憲もそうなんだけど、ムショ属の民進系は確実に潰しておきたいところですね。苦しい選挙区が少なくないけど・・・。

    >うまくいけば、自民がもっと勝てるかもですかねぇ
    ・・・・・
    最大限の願望は自民単独の2/3以上ですが流石に苦しいな。。。

  4. 名前:yosh 投稿日:2017/10/13(金) 00:56:51 ID:39f476764

    >中道右さま

    >最高裁判所裁判官国民審査—小池裕.大谷直人2名の×承知致しました。
    ・・・・・
    どうやらこの2名に絞って良さそうですね。こっちも前例が欲しいところです。

  5. 名前:あるけむ 投稿日:2017/10/13(金) 04:41:08 ID:87c3de8e2

    とりあえず、コメント等無いようなので。
    毎日新聞で、例の弁護士会への懲戒請求の件が取り上げられたようです。
    (すでに余命ブログでは情報が流れています)
    長くなりますが、記事内容を一部引用します。

    ソース)毎日新聞「弁護士会に4.8万件 「朝鮮高校無償化」声明に反発 6月以降、全国で」2017年10月12日 大阪朝刊
    >朝鮮学校への高校授業料無償化の適用、補助金交付などを求める声明を出した
    >全国の弁護士会に対し、弁護士会長らの懲戒を請求する文書が殺到していることが
    >分かった。毎日新聞の取材では、少なくとも全国の10弁護士会で
    >計約4万8000件を確認。インターネットを通じて文書のひな型が拡散し、
    >大量請求につながったとみられる。
    (中略)
    >懲戒請求を巡っては、2007年に橋下徹前大阪市長が殺人事件被告の弁護団への
    >請求をテレビで呼び掛け、同年中に約8000件の請求が届いて問題化。橋下氏の
    >呼び掛け自体は最高裁が11年に「表現行為の一環に過ぎず、不法行為に当たらな
    >い」とした。一方、別の訴訟で最高裁は07年に「請求の乱用は弁護士自治を傷つ
    >けかねない」と指摘している。

    余命ブログの名前は、記事には出てきません。
    最後の部分ですが、以下について留意が必要です。
    >「表現行為の一環に過ぎず、不法行為に当たらない」とした
    この部分は、判決の「判断」ですね
    >「請求の乱用は弁護士自治を傷つけかねない」と指摘している
    この部分は付帯意見なので、単に可能性を言っているだけなので、この2つを同列に扱うのは、印象操作とされても仕方ないと考えます。

  6. 名前:yosh 投稿日:2017/10/13(金) 08:16:48 ID:39f476764

    >あるけむさま

    >毎日新聞で、例の弁護士会への懲戒請求の件が取り上げられたようです。
    (すでに余命ブログでは情報が流れています)
    ・・・・・
    検察の対処に困ってる外患罪もついでに取り上げてくれないとキャベツニダと思いましたww

    >最後の部分ですが、以下について留意が必要です。
    >「表現行為の一環に過ぎず、不法行為に当たらない」とした
    この部分は、判決の「判断」ですね
    ・・・・・
    以前取り上げたことがあったんだけど、最高裁の判決は以下のように書かれてますね。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/懲戒請求
    最高裁判所判例によれば、懲戒請求が事実上又は法律上の根拠を欠き、また請求者がそのことを知りながら又は普通の注意を払うことによりそのことを知り得たのにあえて懲戒を請求するなど、懲戒請求が弁護士懲戒制度の趣旨目的に照らし相当性を欠くと裁判所が認めれば、違法な懲戒請求としての不法行為となる。

    即ち、朝鮮学校の無償化等が、事実上又は法律上の根拠にあるということを立証するのは声明を出した弁護士会側にあるということとも言えますね。

    >「請求の乱用は弁護士自治を傷つけかねない」と指摘している
    この部分は付帯意見なので、単に可能性を言っているだけなので、この2つを同列に扱うのは、印象操作とされても仕方ないと考えます。
    ・・・・・
    印象操作でしかありませんが、請求することには問題はないし、問題があれば却下すればいいだけのように思います。弁護士自治において綱紀委員会がきちんと対応しているわけで、批判する理由が分かりません(笑)