498 巷間アラカルト②

Pocket

クレスト
以前、大阪の情報が不足している旨をおっしゃられていましたので、常識の範囲で恐縮ですが資料を作成しておきました。
【直近の大阪の行政問題で象徴的なものをピックアップ】

<メガソーラー事業>
2012年からの国(官民)を挙げての最も愚かな事業、再生可能エネルギー買い取り制度が始まると、SBエナジーや上海電力にまで広大な土地を利用する許可を出し、利益誘導を本格的に行う。
現在、一世帯約1000円の電気料金が月々の請求書に加算されることに。

<フェスティバルゲート跡地問題>
2014年、大阪市は当初の契約とは異なる詐欺まがいのパチンコ店(マルハン)建設を紆余曲折の末に違約金なしで認可。少額の寄付金で手を打つことに。巨額の負債処理の弱みに付け込まれる
最悪のパターン。他の代表的な負債として阿倍野再開発事業4800億円、WTC1193億円、ATC3065億円、MDC1059億円、クリスタ長堀907億円などがある。(不要な経費まで加算した印象操作という指摘も)

<精華小学校跡地(約4200平方メートル)再開発トラブル>
増田清の名建築で、小劇場としても利用されてきたミナミの一等地。2013年橋下市長は買い手を恣意的に選べる方式で公募を実施。異例の安値で落札したのは株式会社『成信』、
アデランス創業者の根本信男氏が中央区に設置した子会社だが(隣接地の地上げや転売契約の関係で)開発は手つかず。
「精華小跡地は転売できないので、成信をダミーに使ったM&Aによりそのうち最終的な買い手が姿を現すのではないか…(大手不動産業者)」との憶測が囁かれる。
しかし逆に、同様の公募型プロポーザルを使って、売却予定額68億円を145億円で住友不動産に売却できた大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地のようなケースもある。

<文化事業の補助金移行>
文楽、クラシック楽団、雑誌大阪人など文化事業の補助金を削り、アーツカウンシルへと移行(現状は未熟な手探り段階で露骨な利権誘導は見られないーー過去の文化事業にも問題は多く改革の必要性はあった)。
しかし2010年前後、韓国が絡む文化イベントが目に見えて増える。
大阪アジアン映画祭、アジアンスターフェス開催の他、大阪城3Dマッピング(2013年よりハウステンボスと大阪観光局が連動展開。
韓国の照明技術者たちの手によって天守閣が真っ二つに切られ、韓流アイドルBEASTの曲が流れるという内容だったが、2年で来場者減により撤退)、大阪国際音楽フェスティバル(2014年世界的ジャズミュージシャンや韓国アイドルらによるライブイベントだったが、セウォル号事故による自粛やイベント保険に加入していなかった不手際もあり約9400万円の大赤字となる。大阪観光局の加納国雄局長が赤字の一部2700万円を自費補填したことが話題に)

<賛否の別れるイベント、事業>
世界最高峰のフリースタイル・モトクロス(FMX)大会『Red Bull X-Fighters World Tour』
予選の2日間のために4・8ヘクタールもの庭園に大量の土砂を運び入れ、起伏のあるコースと仮設の観客席をつくる。地中には江戸期の遺構があり、保存のために盛り土の下に発砲スチロールや鉄板を敷き、過重を分散させる。終了後も芝生の入れ変えに数ヶ月かかることに。
大阪城公園、天王寺公園は随意契約から民間経営へと移行し、利益を追求する運営となったが、将来的に有料化や広い範囲が囲い込まれるであろうことに懸念を示す人々も多い。

<日本初のBID制度(2014年2月)>
都市再生整備推進法人が行政権限で地権者から分担金を徴収し、同法人がエリアマネジメントを行う。住民が行政に頼らず自ら街づくりを行う仕組み。
他国によくあるパターンはチャイナタウンBIDで、世界中から大勢の人に来てもらうための清掃強化に集中している。
大阪に次いで川崎市が検討中。

<その他、進行中の巨大利権をめぐる動き>
水道事業や鉄道事業の売却。カジノ利権(主に中国を中心に)。
「大阪駅周辺地域部会」によるキタ開発緑化事業。
大阪駅前第1~4ビル、船場センタービルなどを壊して緑地化。
御堂筋の自動車車線をなくして、歩道と緑地にする。
(人口減少による地価の暴落を防ぐためだとか)
新関空会社経営権
オリックス=バンシ連合が2兆2000億円という巨額の最低落札額と、45年間という運営期間(途中解約可)を受け入れ落札。

【大阪維新の会の源流】
大阪といえば、長年極左団体の影響が強く福祉事業に大量の予算を費やした挙句、未曽有の財政難に見舞われることに。
危機的状況の中、(石原派分裂までは)保守のふりをした維新の会が支持を集めるが、最終目標は道州制による国家解体と大阪のシンガポール化であり、あらゆる政策が華僑に都合のいいものばかりだということが明らかとなっている。

(初期の大阪維新応援団)
02年、関西経済同友会の地域主権委員会は府市統合を求める提言を公表。道州制への移行、市営交通の民営化、市の水道事業の統合、教育改革、地方議会改革など府市の運営に関わる提言など。
04年、更家氏は同友会常任幹事になり、数々の提言づくりに関わる。
2010年4月「経済人・大阪維新の会」を結成。中心は、関西経済同友会や大阪青年会議所、作家の堺屋太一が主宰する「堺屋塾」に集う財界人。代表は洗剤会社サラヤ社長の更家悠介氏。また、橋下氏はオリックスの宮内義彦やソフトバンクの孫正義とも会合を持つようになる。
「経済人・大阪維新の会」の他の役員には、三起商行株式会社 (ミキハウス)の木村皓一(堺屋塾の会長)、上島珈琲(UCC)の社長の上島一泰の名前もある。
また、堺屋塾の役員としては[名誉顧問]上山 英介(大日本除虫菊・金鳥)[顧問]安藤忠雄[顧問]井上 礼之(ダイキン工業)江口克彦(みんなの党参議院議員、元PHP研究所)[特別会員]鳥井信吾(サントリー、関西経済同友会代表幹事)らが名を連ねる。
この中で重要なのは江口克彦とサントリーの鳥井信吾で、松下政経塾と系譜的につながる。
さらに橋下氏の周辺にはマッキンゼー(米の首切り専門のコンサル会社)人脈が多数蠢いている。マッキンゼー出身で大阪の「影の市長」と言われている人物が大阪府・市特別顧問の上山信一・慶応大学教授である。
慶應大学SFCということで竹中平蔵とも近く、アメリカで公共選択や行政経営の手法への洗礼を受けた一期生である。

大阪市、大阪府の特別顧問や参与の主なメンバーを以下に列挙
<特別顧問>
●上山信一(慶応大学SFC教授)
●古賀茂明(元経済産業省)
●堺屋太一(元経済企画庁長官)
●原英史(政策工房社長、元通産官僚)
●飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)
●余語邦彦(ビジネスブレイクスルー大学院大学教授、大前研一系
科学技術庁に入庁。原子力局、通産省通商政策局などに勤務。
原子力局課長補佐を経て退官。元マッキンゼー、産業再生機構執行役員)
●安藤忠雄(建築家、堺屋塾)
●野村修也(弁護士、竹中金融大臣時代の金融庁顧問)
●中田宏(前横浜市長、松下政経塾、日本創新党)
●山田宏(前杉並区長、日本創新党)
●土居丈朗(慶応大経済学部教授、消費税増税で経済成長派)
<特別参与>
●大島堅一(立命館大学、脱原発派で有名)
●有馬純則(RHJインターナショナル=リップルウッドホールディングス、ジャパン)
シンクタンク・政策工房の原英史・元通算官僚同政策工房の高橋洋一会長
リップルウッドやブラックストーンなどの欧米ファンドビジネスは近年、大きな企業の合併・買収案件がアメリカの金融統制によって干上がっているので、アジア諸国の民営化を新しい標的にしたということなのかもしれない。
さらに、維新塾の講師陣として打診したメンバーには元国連次席大使の北岡伸一東大教授、外交評論家の岡本行夫がおり、この二人の背後にいるのが、マイケル・グリーンであり、小泉ファミリーということらしい。

山猫
件のAmazonレビューについても言えることですが、どうも「あちら側」は、他人の権威を借りないと、自分の言いたいことを上手く主張できないようですね。
歴史上の偉人だったり、有名な大学の学者だったり、他国の政治家の発言だったり。こういう権威付けは、相手に言う事を聞かせるための心理学的なテクニックです。(よく「外国を見習え」という輩がいますよね)しかし、あちら側が行う場合は、引用すべき語句が間違っていたり、元の言葉が発せられた背景を無視して継ぎ接ぎして意味不明になっていたりするので、すぐにわかります。
逆に言えば、「自分の言葉だけでは相手を説得する術をもたない」ということでしょうか。
文章がやたらと長いのも、中に色々と罠を隠すためでもあり、分量で相手に威圧感を与える、具体的に言えば「これだけ書いてあるのだから、ひょっとして間違っているのは自分の方かもしれない」と読み手を自信喪失させるためでもあるでしょうね。
私には、正直こんな駄文を精読する気持ちの余裕はないので、皆様の感想から分析させてもらいますが、いわば相手を説得するための心理テクニックの塊のようです。
まず、いせ何とかという名前で、自分が日本側の立ち位置であるかのように見せかけ、相手の興味を引く(フットインドア・テクニック)。
自分の発言力を増大させるための社会的役職・人間関係の誇張(ハロー(後光)効果)。
十分に相手の信用を引き出したところで、長文をダラダラと書き、相手の思考が鈍ってきたところで、本当に言いたいことを書く。多少論理が乱れていても、相手は疲れているし、信用しているから見落とすかもしれない。
まだまだありそうですが、こんな人工的な継ぎ接ぎがだらだら続いているのがこのレビューです。
人物像については、嘘だらけでまともに判断できる情報がありませんが、まあ恐らく、40代以上のサヨクじゃないでしょうかね。
こちらも長文になってしまい、失礼しました(笑)

たなやん
余命さん、こんにちは。
投稿して、初めてコメントをもらいました。ありがとうございます。うれしいやら、書いてよかったのか、とにかく冷や汗をかきました。
さて、17日に出版される、待望のハンドブックですが、私も書店に注文しました。しかし、店員さんの勘違いで、現在発売中の余命本を取り寄せてしまいました。その後改めて発注をかける、ということで解決しました。
ですから、これから書店に注文される方は、店員さんに必ず、ハンドブック、と伝えて下さい。
よろしくお願いします。

高速冷房
〉たろう
〉1.38%の人を叩くのは自信のなさから来るものと捉えられても仕方がありませんよ
余命ブログは「自信のなさ」やらなんやら、そんな次元ではない。
1.38%のかまってちゃんと、マスコミ、在日は星5つが609件という現実と、そのレビュー内容に目を向けるのが先ですね(笑)

taigen
【緊急拡散】マイナンバーシステムをメチャクチャにした戦犯企業はこいつらだ!!!
http://www.news-us.jp/article/434516949.html
ぱよぱよちーんのFセキュアはマイナンバーには関わらなくなった模様ですが、(私も地元の市会議員に意見を送りました)富士通などにも在日が入り込んでいるのでしょうか?
私の手元にはまだマイナンバーカード申請に対する交付通知書が来ていません。

北制裁、安保理が決議採択…貨物検査を強化
国連安全保障理事会は2日午前(日本時間3日未明)、北朝鮮による4回目の核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を受けた新たな制裁決議を全会一致で採択した。
貨物検査の強化や北朝鮮産の鉱物資源の輸出禁止を盛り込み、従来の制裁を大幅に強化する内容だ。
北朝鮮の核実験やミサイル発射を受けた安保理制裁決議は5回目となる。
今回の決議は、
(1)北朝鮮に出入りする全貨物の検査を義務化
(2)北朝鮮による鉱物資源の輸出を禁止し、資金源を遮断
(3)国際的な金融取引を遮断
が柱だ。
貨物検査について、これまでの決議は「禁輸品積載の疑いがある場合」を実施の条件としていたが、今回は北朝鮮のすべての貨物を各国が空港や港で検査することを義務づけ、違法取引の監視を強化した。
鉱物資源については、金やチタン、レアアースの北朝鮮からの輸出を全面的に禁じ、北朝鮮の主要輸出品となっている石炭や鉄鉱石についても大幅に規制した。航空用燃料の北朝鮮への輸出も禁止した。
金融制裁では、北朝鮮の銀行が他国に支店を開設したり、他国の銀行が北朝鮮に支店を開設したりすること
を禁じた。このほか、決議違反行為に関与した北朝鮮外交官の国外退去や、武器取引の全面禁止も盛り込んだ。
米国のパワー国連大使は決議採択後、「北朝鮮による核ミサイル能力の向上は地域だけでなく、世界への脅威だ。北朝鮮は21世紀に核実験を行った唯一の国だ」と決議採択の意義を強調。
日本の吉川元偉(もとひで)国連大使は「北朝鮮は、この決議が、安保理だけでなく、国際社会全体からのメッセージだと受け止めるべきだ」と述べた上で、「今日の決議は終わりではなく始まりだ。我々はこの決議に盛り込まれた措置を完全に履行しなければならない」として、加盟国に決議順守を呼び掛けた。
読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160303-00050002-yom-int