499 司法汚染アラカルト

Pocket

Kate Beckett
余命様、これからの時代を生き抜くために「余命三年時事日記」の情報は、欠かせません。(←同意です!!)
>来年3月かあるいは4月には3000円程度の寄付金をいただいての集団法廷闘争を予定している。
>2015/12/17 369 余命書籍化 より

余命様、
今のままの日本の法曹界で、「日本」V.S. 「反日国」の構図で、訴訟をした場合、「反日国」を優遇する判決が出る事例が多いようです。
余命様の、訴訟予定時期3、4月という緊急性を考えまして、「次回 官邸メールへの提案」をさせていただきます。
余命様、皆さまのご判断を仰ぎます。
テーマ:
日本法曹界からの、「外国支配・偏向思想・汚職」の撤廃
ご意見ご要望
問題点
以下の点が、現在日本の「法の下の平等」・「公平・公正な裁判」を阻害している。
1日本法曹界が、一部、反日国政府(中国共産党・韓国・北朝鮮)の支配下にある点。裁判所の「職員・書記官・裁判官」に、反日国からの帰化人が多い点。
2 日本法曹界が、一部、偏った思想信条を持つ「組織・団体」の影響下にあり、裁判所「職員・書記官・裁判官」の勤務状況や、判決にも影響を及ぼしている問題。
3 訴訟内容によって、「反日国」政府や、偏った思想信条を持つ「国・組織・団体」などに都合の良い判決を出す裁判官を、一時的に、遠方裁判所から呼び寄せて担当させることが、頻繁に行われている問題。
4 弁護士と裁判官の「癒着・利益供与・談合」が、公然と行われている。
5 「日弁連」、「弁護士会」などに、自浄作用が無い。
6 立証責任は原告にあり、一般人による「証拠の獲得・立証」が困難。
法整備
1 アメリカに習い、弁護士と裁判官は、訴訟期間前および期間中に、接触することを禁止する。
2 アメリカの「ディスカバリー」(証拠開示手続)システムに習い、求めに応じて原告・被告が、証拠を開示するシステムにする。
3 日本法曹界関係者の身元確認を徹底する。国籍条項を見直す。司法の場においては、帰化人の登用も停止する。(余命6号関連)
4 「日弁連」に代わる新組織の設立(余命2号・20号メール済み)
5 豊かな経験、優れた能力識見、広い視野を持つ弁護士経験者から、裁判官や検察官を任用する制度『法曹一元制度』を取り入れ、裁判官人事制度の硬直化を解消する。
現在の、任官から退官までを、裁判官が「最高裁事務総局」による統制を受け続けるキャリアシステムを見直す。「最高裁事務総局」に逆らったら、出世できないシステムの打破。

事案例
1 2000年頃から裁判所の劣化が著しい。
・ 裁判官による不祥事の多発
簡易裁判所の裁判官を除き、全国に裁判官は3000人ほど。
そのなかで8件もの性的な不祥事が起きている
・ 「満足度調査」結果の低迷
2000年度調査、民事裁判を利用した人を対象
『満足している』は、たった18.6%。
「司法制度改革」実施後の2回目調査でも、わずか20%前後。
2 書記官が、自己の利益の為に、被告又は、原告を脅迫し、証拠書類の廃棄、公文書偽造など、証拠の改ざんを迫る。
3 裁判官と弁護士が、事前に「談合・利益供与」済みで、第一回口頭弁論の前にもかかわらず、すでに最終判決が確定しており、判決文まで出来上がっている。
または、担当弁護士が、被告・原告に「和解」を強要する。
4 中国共産党が、30年間に渡って、計画的に、日本の司法制度に中国人民を送り込んで、支配している。
5 書記官が、外国文字(中国簡易体文字)を使用するなど、明らかな外国人工作員。外国(中国)へ、紙媒体の証拠でも、瞬時に情報漏えいする。突如姿を消す。
6 「日弁連」や「弁護士会」に、汚職弁護士の懲戒処分を求めても、棄却される。
7 「反日国」V.S.「日本」の構図の訴訟のケースでは、「反日国」側に有利な判決が多い。日本側が勝訴することは、ほとんど無い。
8 公共放送「NHK」 V.S.「一般市民」訴訟の構図のケースでは、NHK側に有利な判決が多い。一般市民が勝訴することは、ほとんど無い。
違法行為:
1「コンプライアンス(法令順守)」違反、「守秘義務」違反、「情報漏えい」、「個人情報保護法」違反、汚職:
「弁護士」や「日弁連」や「弁護士会」が、裁判所「職員・書記官・裁判官」と「癒着・談合・利益供与」関係にある。
2 「安全保障」違反、「日米安保」違反、「日米重大犯罪対処条例」違反:
外国への明らかな「技術流出・軍事転用」目的の国際的窃盗事件に対し「棄却・敗訴」の判決をだす。
―以上―

<参照>
「チャンネル桜 V.S. NHK」一万人訴訟
原告:チャンネル桜
被告:公共放送NHK
訴訟内容:NHK人種差別放送問題
番組名:JAPANデビュー
題名:アジアの“一等国”
放送内容:大日本帝国は、台湾の先住民族パイワン族を、1910年の「日英博覧会」で「人間動物園」として見世物にし、人種差別を行った。
チャンネル桜側主張:NHKに出演した、台湾パイワン族の親族を探し出し、取材。事実と異なる放送と判明した。NHKによる「逆人種差別」事件。
◆ NHK 一万人・集団訴訟 - 最高裁判決にて全面敗訴 1/23 up!
[平成28年1月21日 掲載 ・ 1月23日 更新]
http://www.ch-sakura.jp/topix/1054.html
週プレニュース
元裁判官が語る裁判所の現状「事務総局の統制システムが裁判官の『自由』を奪った」 [2014年04月29日]
http://wpb.shueisha.co.jp/2014/04/29/29645/
1 2000年頃から裁判所の劣化が著しい。裁判官による不祥事の多発。簡易裁判所の裁判官を除き、全国に裁判官は3000人ほど。そのなかで8件もの性的な不祥事が起きている
内部でもみ消されているものもあります。
2 満足度調査結果の低迷。2000年度調査、民事裁判を利用した人『満足している』18.6%。司法制度改革実施後の2回目調査でも20%前後。
3 劣化理由
最高裁事務総局の、見えにくいけれども、非常に強い統制のシステムが完成
4任官から退官まで、裁判官が、「最高裁事務総局」による統制を受け続けるいまのキャリアシステムを見直す。
5 在野で様々な経験を積み、能力と識見に優れ、なおかつ広い視野を持った弁護士経験者から裁判官や検察官を任用する制度『法曹一元制度』を取り入れ、裁判官人事制度の硬直化を解消。
国民が常に裁判所を監視して、根拠を持って批判を続ける