508 巷間アラカルト④

Pocket

本コメント欄にてお寄せいただいた情報に関して以下の点を十分ご留意の上、ご投稿ください。下記に同意できない場合、ご投稿はご遠慮下さい。
          記
情報を投稿した方は、今後当ブログ管理者を中心とした余命三年時事日記プロジェクトチーム刊行の書籍に、当該投稿文を無償かつ自由に掲載、編集、改変、提供、出版等することに同意したものとします。
りゅうりゅうママ
余命様
昭和天皇の生首写真、映画『鬼郷』、 国連の慰安婦問題での日本への対応など、韓国の情報を調べるほどに心底怒りがこみ上げ来ます。この怒りをどこにもぶつけることが出来ず、毎日モヤモヤしております。この気持ちを静める所が余命様のブログです。コメントを拝見しながら、この怒りが日本人ならば当然のことなのだと安心します。
この怒りの気持ちを話せるのは、今は家族だけであります。どこに反日勢力が潜んでいるか解りません。変な行動や言動をしている人を見ると、朝鮮人では?と疑ってしまいます。
反日勢力との衝突は、もはや避けて通れませんね。その際の日本人との区別をつける方法はあるのか?と今から心配です。うちでは家族に旭旗のストラップを携帯やカギに付けさせてます。
余命様のブログと読者様のコメントで真実の道を自分なりに見つける事が出来ています。感謝の気持ちでいっぱいです。

YK
三代目余命様始め、スタッフの皆様。いつもご苦労様です。
優秀なスタッフを抱えておられるので無用のアドバイスかもしれませんが、技術者的な観点からいくつかお伝えしようと思います。 一応、目を通して頂ければ幸いです。
官邸メールやら何やらが相当効いてきているようで、「左翼の断末魔のうめき声」はかなり強いようです。
余命様スタッフ一同の皆様も、「左翼の断末魔の悲鳴」という意見に多少は同調していただけるものと思います。
予想通り、妨害工作が少なからずあるようですので、簡単に出来る対策をいくつか挙げたいと思います。是非、参考にしてください。
反日の人達は間違いなく、余命様サイトに対する猛攻撃にかかり始めて
いますね。
「悪意の内容のURLを送りつけ、そちらに誘導しようとする」のは、わかりやすく言えば、「余命様始めとするスタッフのPCを、特定サイトへの誘導でウィルス感染。
もしくは、スパイウェアソフトを埋め込み、活動妨害を図っている」のがミエミエです。場合によっては、IPアドレスを取得し、そこから個人を特定して活動阻止を図ろうとしているものと思われます。
感染はされていないと思いますが、念のため、ウィルス対策ソフトやスパイウェア対策など、十分、気をつけられて下さい。
また、特定サイトへの誘導に関しては、先にチェックをかけてから改めて閲覧したほうが無難です。「ブラクラチェック」という語句で検索しますと、「URLを打ち込み、チェックするサイト」がいくつもありますので、ご活用下さい。真に悪意のサイトでは、ウィルス対策ソフトも功を奏さない場合があります。その前の段階でチェックする事が大切です。
現時点ですでに、「サイバー攻撃」を受けているはずです。サーバーへの不正なアクセスも多数あるはずです。何しろ敵(反日勢力)は、余命様のサイトを潰したくて仕方がないはずですから、サイバー攻撃は当然と割り切られたほうが良いでしょう。
日本国内のサーバーで運営しておられるようですが、資金が潤沢であれば、アメリカのレンタルサーバー事業者のスペースを借り、ミラーサイトを持たれる事もお勧めします。
日本国内だと、So-netでのブログ閉鎖の例もあるように、嫌がらせ妨害で閉鎖させられるリスクもありますが、アメリカであれば、反日勢力の妨害の効力は及びません。さらにアメリカであれば、2ちゃんねるで頻繁にある「サーバーへの攻撃」に対しては、悪質な場合、FBIが前面に出てきて捜査となる場合があり、攻撃者自身もテロ同然の犯罪者として大きなリスクを負うことになるので、手が出せません。
日本国内で今のサイトを維持し、その一方で、アメリカのレンタルサーバー業者のところでミラーサイトを作れば、再び、日本側で妨害閉鎖の憂き目にあってもアメリカのミラーサイトへアクセスすれば、なんら問題もないはずです。その辺、検討の余地があるのではないかと思いますがいかがでしょうか。
マイナンバー提出を拒んだ上で会社を去る人も、昨今、かなりの数になるなど、覚醒した日本人による「除鮮」作業が、かなりの勢いで進んでいる事を実感します。
ハードランディングであれば、一気に片がつきますが、現状はまだソフトランディングであり、自分たちの不利な立場にも考慮をせずに、サイバー攻撃を仕掛けてくる反日勢力が気の毒とも言えますが、サイバーテロ攻撃に対する用心は、十分、注意される事をお勧めしたいと思います。

板橋区日本人
余命爺様・スタッフ様
わたくしめの駄文を何度か取り上げて頂き、ありがとうございます。と共に、あまりの自身の駄文に・・・赤面しまくりで、せめて変換ミスやらないかと再度見返すも、散々な結果で恥ずかしい限りです・・・・・・。
ともあれ、『我慢の限界!宣戦布告せよ!』と官邸メールした方の気持ちは痛いほど分かります!!私達のご先祖の名誉を著しく傷つけ、現在の私達の象徴である皇室に対し、テロを仕掛けようとしたり、『国連』共謀して侮辱し、文化を破壊しようとする(国連委員会は、ん?ちとやばいか?とかでしょうか、削除したようですが)。日本国民腹わたが煮え繰り返る思いです!
国連の件は『町内会で「日本さんちでは長男を後継ぎにするそうね?女性蔑視になるから、娘を後継ぎにしなさい」』と言われたような物。『うちの家系に関係のないあなた方がうちの事に口出すとは何事か!?』って事ですよね?しかも、バチカンとイスラム教はスルーですか?話になりません?
正直、第二次(休戦だから、単に「再開」でしょうか?)朝鮮戦争の勃発や、南サでの米中戦争勃発を心待ちにしている状況です。
こちらが『宣戦布告』だと、まだ獅子身中の虫を駆逐していないので、少々の混乱があるのかなぁと(それでも、有事で駆逐出来るな・・・)。駆逐済みでの参戦の方が良いかなぁなんて。在韓米軍がいる間は、日韓戦争はごたつくとも思うわけで・・・。
ただ、子供とかいるので、自分の命より『子供』を守りたい。ですから、ハードもびくつきはあります。とは言え、このままでも『子供』は守れない。喰らい尽くされる。ならば、早く駆逐するためにも『朝鮮戦争再開!』『米中戦争勃発!』が理想と思います。
話は変わりますが、余命爺様がおっしゃっておりました『共産党が分かる』というジャパニズム29号をハンドブック予約ついでに購入しました。まださわりしか読んでませんが、水脈さんやら(正宗さんが出てましたね)のお話が載っていて面白いです。ただ、AV監督だかのお話・・・全面的に納得出来るのですが、『日本人は懐を深くすべき。中国人観光客を受入れるべき。』等の様な内容には『???』が付きました。
ともあれ、いろいろ面白そうなので、読もうかなと思います。ちなみに、『テコンドーパク』はここに連載されてましたか!野間と信恵と思われる(かなり美化されてるので分かりませんが)二人の関係に笑いました。日の丸街宣女子も、ここなんですね。単行本買うから・・・と我慢してたけど、読んじゃいました♪
とにもかくにも・・・2年程前に思った『獅子身中の虫を殲滅』が、少しずつ動き出している実感が、今の私を支えている気がします。在日工作員と思われる『火病コメント』の多さも、『効いてるんだ!?』と実感。
『獅子身中の虫駆逐』から、ひいては『世界の反日駆逐』への足がかりになるよう日々『冷静』に『出来ること』を頑張ります!

日本国民
いつもアップデートありがとうございます。
投稿ルールに同意します。
朝鮮内戦時の政府対応について解説ありがとうございました。
朝鮮人には事態の深刻さは理解できないと思います。売春婦や竹島でこれだけ日本を貶めて反省しないというか、平気なわけですし。嘘をつくし。歴史の妄想もすごいし。日韓基本条約も理解できてないようだし。産経事件で法の支配や法治国家についても理解していないことがはっきりしたし。とにかく私の常識を超えています。
日本人の左翼も朝鮮人に似てますが、こっちは国内で面倒見ざるを得ない。これが在日とやくざと絡んで騒乱を起こすことが想定されますが、これはテロ対策式の対応と理解していいのでしょうか。
流れ弾に当たらなように気を付けます。

けいちん
学生時代に法律を少しかじった経験から言えることは、学者以前に日本の法律そのものが既に蚕食されているということです。
憲法は勿論ですが、とりわけ民法が酷く、その中でも最もヤバイと思ったのが家族法関係でした。日本の伝統的な家族制度に真っ向から挑戦を挑む内容であることを知って、愕然とした記憶があります。
いくら真っ当な裁判官でも、この様な法規定の下では正しい判断を示すのは容易ではないと思います。当然、そのような法規定に沿った判断をする裁判官が出世することになります。
兎にも角にも在日、反日勢力の掃討からですね。

ななこ
自民党、乙武洋匡氏擁立で最終調整
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160308-00000101-nnn-pol
基本的に自民党は有権者を馬鹿にしています。安直な候補者選定には大変に腹が立ちます。自民党の一番嫌な部分ですね。知名度さえあれば誰でもいい。感情的に無考えに投票してくれれば一番いい。
今井絵里子、三原順子、渡邉美樹、古くは大仁田厚、神取忍。要するに、もともと自分がいた業界ではこれ以上の活躍が見込めない公算が大きく、そこそこに知名度があり(おそらくラインは集票力10万票)、数合わせになって他の候補の選挙応援ができれば尚可。
しかしそこには国会議員の資質は問われず、利他的というよりはエゴが強い人間が集まってくるところが日本の国柄を悪くしていると思います。中には勉強されている方もいらっしゃいますが、基本的に無節操な候補者選定です。別問題ですが、公募もひどいです。だからあの育休詐欺の宮崎謙介のような恥ずかしい人間が議員になった。育休騒ぎは売名でしょう。
議員そのものが利権といえます。利益を確定するために簡単に名前を書いてもらえそうな人物を引っ張ってくる。それが美味しい商売になっている側面があります。議員にお金がかかるというのは、すべて選挙関連です。お金を掛けなければ名前を書いてもらえない。だから無料で票がとれそうな有名人にすがる。コスパがいい候補です。
まず、世界で一番高い議員報酬の見直しと政党助成金の廃止が必要ですね。民主党の合併騒ぎでは、残った政党助成金100億円が国庫に返納命令を出せなくなります。議員を増やせば自動的に政党にお金が入ってくる。この制度を止めるべきと考えます。
一期つとめればかなりの貯蓄ができる。働かなければ働かないほど貯蓄が増える。名誉も権力も富もセットで転がり込む。(私の妄想です)。不真面目な議員であることが美味しい商売だという実態が是正されることを望みます。
これだけ羅列しましても民主党をはじめとする野党がひどすぎて、自民党が一番ましだというのがとても残念です。
乙武氏には特別な感想はありません。氏が立派な議員になられるなら喜ばしいとも考えます。次回の選挙については蓮舫氏を落選させる戦略的な投票先になれるならば、それなりに意味があるとも考えています。

山猫
今更このような質問をすると笑われるかもしれませんが、17日に発売される書籍があえて「ハンドブック」という名前になっているのには、何か意図があるのでしょうか。
日本語で言うと、手引書といったところ?
手元において、事あるごとに参照するという性質のものですか?
また、従来のブログのまとめとは、内容が異なるのでしょうか。
予約前に知っておきたかったので…

.....「余命三年時事日記」というタイトルでどのような内容の本か想像できるかな。
余命は想像できないタイトルをもって立ち上げているのである。当初、こちらでは指定していないのでカテゴリー分類は日記、そして時事、行ったり来たりして最後に雑感で落ち着いている。政治とか経済というものはかけらもない。そういうところから在日の監視を逃れてきたのだ。現在でも書店の分類と配置はばらばらで、店員さんの判断なのだろうが、コーナーの表示は社会科学、新刊、文学、新書、児童書、ベストセラー、政治社会、文芸、ビジネス、人文社会等さまざまである。
あくまでも「余命三年時事日記」の補完本としての位置づけであるが、ネット外の方々をターゲットにしているにしてはかなりキツイ内容である。ブログより踏み込んでいる資料も入っているので在日や反日勢力のダメージは大きいだろう。

丁鮮人被害者
余命さま
私は、名古屋に在住の者です。
先日、帰化人の知合いが居る、知人からの又聞きですが、気になるので投稿いたしました。
その帰化人は、去年「余命のブログ」を見て、危機感から、国籍離脱証明を発行してもらう為、韓国政府のHPを検索したが、国籍離脱の項目がなくなり、火病っていたようです。
その帰化人が民団に相談したところ、弁護士を紹介され、すぐに話をしたところ、みな国籍離脱証明を、日本政府に提出した人は、一人もいない。
だが、10万で書類を揃えると言われ、安心した。すぐに10万用意して頼みに行くと、言っていたそうです。
その知人は、おかしいな?と思いつつ、その場は、やり過ごしたそうです。
私はその話を、聞いた時、すぐに、偽造(公文書偽造)するのではないか!と感じたのですが、真相はどうなのでしょうか?
嘘つき、民族なので、奴等ならやりかねないな。と、知人と話をしています。
このような話は、余命の読者の中にも、いるのでしょうか?
また、状況がわかれば、投稿します。

.....2010年から毎年のように在日に対する国籍法の改正が行われて、現状では日本への帰化に必要な国籍離脱が兵役義務未了者はできなくなっている。
従前、韓国国籍法では「韓国籍を持つ者は、自分の意思で外国籍を取得した場合には、その時点で自動的に韓国籍を失う」という規定になっていた。
日本は二重国籍を認めていないため、日本への帰化の条件の中には国籍離脱証明書が必須であった。ところが韓国のように自動的に国籍を失う国は二重国籍とはならないため、結果的に離脱証明書がなくても帰化手続きに問題はなかったのである。
その雲行きが怪しくなってきたのが2012年からで、韓国国籍法では外国籍を取得した時点で韓国籍を失うが、それは届け出をして承認されることをもって完了するという手続き上の問題なのであるが、現実にはほとんどが届け出などしないで日本に帰化している。
韓国の戸籍制度についてよくは知らないが、抹消手続きが済んでいなければ韓国人として国籍が当然残っている。今、日本は問題にしていないが、血と金が必要な韓国はこれに目をつけているということだ。この可能性について余命は過去ログで何度もふれている。
昨年7月8日をもって国籍と居住が確定してマイナンバー制度も施行されているから、韓国がその気になれば大量の二重国籍者、つまり帰化取消しがでるだろう。

Naga2010
はじめまして。いつも興味深く拝読させていただいております。毎日更新をチェックするのが日課になっています。1つ質問があるのですが韓国の棄民方針とは有事の際の強制送還を拒否するという意味なんでしょうか?

.....朝鮮戦争再発か日韓戦争かで日本の対応は当然違うが、韓国では朝鮮戦争での義勇兵募集に際して、在日がわずか数%しか応じなかったことから韓国大統領自らが在日は同胞ではないと言い切っているのである。この流れは2007年からはじまっており、2010年から法制化がはじまっている。詳しくは過去ログをどうぞ。

鬼子
コメント数を増やして強縮ですが、有事に懸念されることを書きだしたいと思います。
まず海での韓国軍やら難民船はまず大丈夫なはず。夷人共(特ア)は海の藻屑になると思います。
一番の問題は国内です。有事の際、在日朝鮮人はいきなり「日本が中立宣言した、南北朝鮮が有事発令宣言をした、俺達ってどうなるニダ?」となり、その答えが「あなた方は全部軍属です。強制送還します。武装して抵抗すれば殲滅します。通名使ったらゲリラだからこれも殲滅対象になり得ます。」となるわけです。
もうすぐ”軍靴の音”が近づいてきて、迷彩服のたくましいお兄さん達がどこか一緒にドライブに連れてってくれる状況だと判明したら、火病持ちの朝鮮人はどんな醜態さらして蛮行に走るか分かったものじゃありません。
またこの混乱に乗じ、朝鮮人の犯行と装い、支那人や外国人が暴れだすことも懸念されます。基本的に、外国人や夷人は日本と日本人を羊(食い物)と見なしてる傾向が多々あります。ですから有事には外国人犯罪の拡大も十分ありえることも心に止めとく必要あるかと思います。
難民、移民、不法入国、ろくなのがいませんが、こうなると日本人対その他の国籍人となりますね。大掃除の混乱が治まったら、日本はある種の鎖国化へ向かってほしいと思います。

.....平時にはいろんなことを勝手に考えて議論できるが、いざ有事となると命がかかっているのだ。朝鮮戦争の場合は北の戦略は一気に殲滅しかないから1日でソウルは火の海だろう。その場合韓国政府は韓国とどまる可能性は低いと思われる。米は地上戦の介入は考えていないので、韓国陸軍がどこまで頑張れるかだが1週間ももてばいい方だろう。そのあたりで米中が出てきて終了という感じかな。
日本の中立宣言は当然米軍の支援が不可能を意味するが有事は何でもあり。知らんふりがある。ましてや日本のメディアは殲滅されているから報道する者がいない。当たり前のことが当たり前に起こるだけだ。