509 2013年3月12日時事

Pocket

本コメント欄にてお寄せいただいた情報に関して以下の点を十分ご留意の上、ご投稿ください。下記に同意できない場合、ご投稿はご遠慮下さい。
          記
情報を投稿した方は、今後当ブログ管理者を中心とした余命三年時事日記プロジェクトチーム刊行の書籍に、当該投稿文を無償かつ自由に掲載、編集、改変、提供、出版等することに同意したものとします。

ある読者の投稿についてスタッフからチェックが入った。
.....So-net遮断の件、在日の依頼と余命さんが仰っておられましたが実際のところはあれはどうなんでしょう?
あの時私が思ったのが何か特に不都合な事が記述されたからではないかという事でした。遮断はあの段階では悪手だったのは明らかでしたが、それでも遮断しないといけない理由があったのでないかと考えたのです。 (後略)

.....この件は過去ログで2度にわたり報告している。
ソネットの遮断通知書における理由は
「在日の人間に対してのヘイトスピーチと受け取れるブログを作成し、そこに無断で意に反し氏名および所属団体を掲載された」というものでその在日の
「実名、所属団体(下記)」は明示されていない。
これに対する問い合わせは無視である。
この直前のブログ記事は在日特権の剥奪と外患罪適用がテーマであった。このような事実に関して疑問があるという投稿は、さすがに余命の読者は怒る。
すでに闘いの真っ最中である。現状、猛烈な攻撃を受けている。収拾を図るためには残念ながらこのような内容の投稿は削除するのでご了承願いたい。

.....現在、読者から余命攻撃の情報が10件ばかり入っている。これについてはブログやTwitter攻撃はもう三年前からのことで、あえて取り上げて、そのようなサイトを全国区にすることはないと考えている。もう余命がいようがいまいがもう流れは変わらない。
対応についてはご丁寧なご意見もいただいているが、これらは確認後、保存してブログからは削除させていただいている。ご了承いただきたい。
今年に入り、予定通り安倍政権の在日や反日勢力に対する締め付けが始まった。数兆円から10兆円とも言われる在日特権ビジネスにメスが入りつつあるのだ。在日の約4割は無職といわれているが、その生活保護不正受給や医療費不正受給がマイナンバー制度の施行により続々と摘発されている。
2012年7月9日より施行された一連の改正、つまり外国人登録法廃止と在日の住民登録は民主党政権野田内閣のもとで行われたのであるが、頓挫したと思われた在日コントロールに2013年初頭、安倍内閣が協力してもいいという姿勢を見せたことから、日韓行政レベルでは緊密にことは進んでいたのである。この件についても余命では過去ログにおいて再三記述してある。その際、韓国は通名は日本側の行政上の問題で韓国は関係がない。将来的には韓国も住民票制度を整えて緊密に協力していきたいとして、将来日本におけるマイナンバー制度施行の際には韓国も連携したいとしていたのである。もちろん当時はマイナンバー制度は施行されていなかったが水面下で話は進んでいたのだ。
そして2016年1月からの施行に合わせて韓国でも導入され、2015年7月9日より韓国籍が確定したため、現在では、すべての在日の居住が特定され、以前は民団が取り扱っていた業務の大部分が領事館、大使館で可能となった。3月1日からの国籍業務の移管はその始まりである。
先週、突然に韓国からの帰化人の国籍問題についての投稿が湧き出したので調べたところ、ほとんどが在日の者で、2chでの李信恵無国籍テーマと重なって国籍離脱証明書問題にエスカレートし飛び火してきたものだった。
一応、説明はしておいたが自分たちの問題であるのにあまりにも無知、誤解が過ぎる。未だに韓国から捨てられているのに気がついていないようだ。
このような一連の流れは、安倍政権の問題で余命はまったく関係ないのだが、どうも彼らにはそれがわからないらしい。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いということなのだろう。
通報と官邸メールがボディーブローとなって効いてきたのだ。在日や反日勢力が一番嫌がることは戦後70年間彼らが隠蔽し捏造してきた事実が白日の下、日本人にさらされることである。
それが数字で見えるのが官邸メールである。10日前、これが45万をこえ、号外メールは100万をこえた。また別に傍証として、2月末に決定したハンドブックの初版部数が驚いた前著の倍となった。そして前著の7刷の増刷。増刷している関連本にならんで新刊というのも補完本という位置付けではあっても珍しいそうだ。
今回はアマゾン総合ランクが最高2位で一度も1位になっていない。それも当然で最初からオンライン書店が4つ参加している。すぐに6つになり、10日にはついに7つとなって、大手がそろい踏みしてしまった。
そしてまた異例も異例、初版部数の増刷が決定した。まだ発売していない予約段階での増刷である。
異例といえば出版の間隔もそうである。12月17日~3月17日~5月10日(予定)とたたみ込んでいる。
このような流れを見れば彼らが発狂するのも無理はない。

じこく
余命様。
以前2ch等の反日書き込みを収集して欲しいとご要望がありました。結構な数が溜まったのですが、どちらに投稿すればよいでしょうか?
こちらのコメント欄でよろしいですか?
ご指示を頂ければと思います。

.....新規ファイルのどこでも結構である。こちらで振り分ける。ご苦労様ありがとう。

Augusta
余命殿
>.....このまま行けば間違いなくハードランディングになる。犠牲は大きいがそれ以上の方法がない。考えようであるが、それが結果として一番犠牲が少ないかもしれない。
不本意ながら同意します。力を持ち、状況を把握できる人間が見て見ない振りをしてきたため、力のない、声すら出せない人々が犠牲になっているのが現状だと認識しています。

....もう後戻りできる可能性はゼロだろう。一応、朝鮮戦争再開とか日韓戦争ということでブログは考察しているが、その発端についてはほとんどふれていない。
もう日本政府の構えが在日蜂起に備えているので、その可能性はまずないだろうが、逆に竹島案件を理由にすれば今でも安倍総理は動ける。その方が怖いだろう。
自衛隊の決起もあるだろうし、反反ヘイトカウンターデモにおいて流血の惨事ということにでもなれば、その流れは全国に一瞬で波及する。
民族紛争はいったん炎があがると止めようがない。日本人が切れかかっているからその方が怖いよな。

日教組や在日帰化教師の活動について。
こんなニュースがありました。
中3男子が自殺…「万引き」の誤記録
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160308-OYT1T50080.html
ここまであからさまなのは別にしても、優秀な日本人学生の評価を悪くしたり、クラス内でのイジメを誘発、あるいは見て見ぬ振りを何十年も続けて日本弱体化に励んだのでは?
日本人の感覚では「そんな悠長な。考えすぎ」と思われがちですが、中国は3世代かけて移住(侵略)を計画し、実行する、と昔聞いたことがあります。
最近ではアメリカで、中国の100カ年計画を解説した本が売れたとか聞きましたが、同じ事だと思います。
はっきり言って、在日や侵略犯罪目的の外国人をちゃんと国外退去処分できる様になれば、日本は治安だけじゃなくて経済もかなり良くなると思います。

.....とにかく一回、今度一緒になった民主党と維新、そして共産党をつぶさなければ日本は危ないな。公明党も自民党内部にも獅子身中の虫はゾロゾロいるが、いったん日本人の手にすべてを取り戻してからの話だな。

真性日本人
反社会勢力が、最近暴力団排除条令など取り締まりの強化で、しのぎが難しくなり、一般社会に企業としてに進出してきております。特に介護、医療の分野は、保険で取りはぐれが無く、定価で請求できるので、彼らにとって非常に魅力ある分野です。
特に在日の整骨院が、弱みを握られた?(借金その他)医師をダミーにして、医療機関を実質経営し、生活保護を1つの集合住宅に集めて、必要のない人にまで、介護、医療、看護を介護保険や医療保険を使って提供し、利益を得ている行為がはびこっていると、現場のケアマネージャーや訪問看護している人達が声を挙げております。
多くは在日や反社会勢力と繋がった組織が経営していると考えられます。
また、保険証の不正使用(通名で保険証を多数作り、不正請求させる)にもかかわっている可能性もあります。
彼らがはびこれば、保険制度が破綻し、私達日本人が安心して介護、医療を受けることができなくなります。
彼らを、この分野から排除することが、絶対に必要ですので、余命様官邸メールにお願いいたします。

.....この関係はまとめて官邸メールで要望する。

大和桜
余命爺様こんにちは。初めてコメントします。
余命初代からの読者です。余命の記事は灯台の灯火のように、我々の進む道を示してくれていると思います。
私が在日や反日日本人による汚染に、遅ればせながら気がついたのは2007年頃の事です。それ以来「国民の知らない反日の実態」等の情報サイトや保守系ブログで情報を得ながら、選挙等の折々にダウンロードしたチラシを配ったり、周囲の人間への啓蒙活動をしていました。余命三年時事日記ブログにたどりついてからは、このサイトが心のよりどころになり、在日・反日の日本からの駆逐を願って、官邸通報や余命本の周知にささやかながら活動しています。
真性日本人さんが、朝鮮人が多く居住する地域で人口が急激に減少しているとの情報を上げています。マイナンバーと人口減少の関係については、赤峰和彦氏のブログ「日本と国際社会の真相」に、専門家の試算では、この制度の実施で日本の人口は250万人くらい減るだろうと推定している、との記述があります。昨年10月に行なわれた国勢調査で人口が約95万人減少したようですが、一部が明るみに出てきたのではないでしょうか。
http://blog.goo.ne.jp/akamine_2015/e/460755795bd1c254ca478799410f67d2
人口減少理由として『 死亡している人の家族が役所に届けを出さず年金の受給を継続したり、複数の自治体から生活保護費を受給している人もいます。また、戸籍を持たない人や在留許可を持たない人も大勢存在します。』との事です。
ここに挙げている戸籍を持たない人や在留許可を持たない人は、もろに通名を不正使用していた人達に該当すると思われます。

.....マイナンバー制度での居住実態の把握にはもうしばらくかかるだろう。在日は外国人として把握が簡単になったので生活保護や医療関係の不正もすぐにできなくなる。
2018年からは保険証にもマイナンバーが記載されることになるし、そもそも金融機関において口座チェックにもマイナンバーが必要となるから八方ふさがり確定だ。

スウェーデン
いつもお疲れ様です。
在日処理は今のところハードランディングになりそうで、そのきっかけは朝鮮戦争か日韓有事だとおっしゃってますがもう一つの可能性に気付いてしまいました。
阪神大震災や東日本大震災のような大災害が起きた時に在日が一斉蜂起する可能性があります。実際に関東大震災のときに朝鮮人が暴虐の限りを尽くしたと言われています。
阪神と東日本のときは火事場泥棒や被災地での暴力レベルでしたが、ここまで在日が追いつめられていると次はどうなるかわかりません。
警察や自衛隊は大災害発生時でも暴動鎮圧を滞りなく行えるのでしょうか。そしてその時私たちはどのように行動すればいいのでしょうか。少し心配になってしまいした。

.....過去に実例があるからな。その点政府は現状の治安態勢にプラスして自衛隊の予備自衛官および予備自衛官補で対応するようだ。先日自衛隊の装備庁がヘルメット4万個の入札をしていたな。
警察機動隊はほとんどが銃器対策部隊で武装を強化して対応している。心配はいらないだろう。

三蔵法師
5月に行われる、伊勢志摩サミットに大きな期待をしています。
各国首脳を見れば、覇気があるのは日本くらいで、EU各国は経済と移民問題で青息吐息、米国はレームダック状態です。
慰安婦、辺野古移設問題も急展開でオバマ大統領への配慮?も出来ました。
サミットは国際問題を話し合う場ですから、会場から1500キロ以内にある覇権主義の中国とテロ国家の北朝鮮は身近な問題として感じてくれると思います。
北朝鮮への制裁が更に厳しくなれば朝鮮半島はきな臭くなり、中国を仲間外れにすれば周辺国とのトラブルが際立ってきます。緊張感が高まれば米国の軍事産業は潤い、日本の防衛産業も潤います。
周辺国の緊張は平和ボケした日本にも影響し、安全保障(国土、食料)の議論も活発になると思います。

春の光
天皇陛下生首画像を見た時には息を呑みました。
誰もが衝撃と怒りを感じたことでしょう。
そんな記事に正義のななし様がご紹介されていますBBの覚醒記録というブログが載っていることに、なんとも皮肉なものだなと感じました。
ブログを少々拝読しましたが、天皇皇后両陛下をはじめ皇族方の読むに堪えない批判内容が書かれてありました。
このような内容のものも賛同されているということでしょうか?

.....紹介か引用かでかなり違うだろう。引用の場合にはその案件に限定されるが、紹介となるとブログ全体に賛同ということになるだろう。そうでなければ条件をつけ必要がある。いずれにしても引用URLは自己責任で対応することだ。

リーコン3号
余命様や投稿者様、いつも貴重な情報有難う御座います。皆様ご存じかと思いますが、諸悪の根元、特に日教組・民主党に関しまして三重県はまさに魔窟のような状態です。ググればいくらでもあるかと思います。日教組王国三重の異様さは、皇學館大学の松浦光修教授の著書に詳しく書かれています。言葉尻をとらえられて糾弾会と称するいじめによって校長が自殺、学校のいじめ問題を解決しようとしていた校長も自殺。県政の汚染もすさまじく公務員の国籍条項は撤廃、歴代知事も社会党・民社党をはじめとする反日野党推薦者ばかり、自民・みんなの党推薦の現知事は何を血迷ったのか、鳥羽の海女を韓国と共同でユネスコ文化遺産に登録しようと画策しています。
また地元から「893」と呼ばれている産廃業者は水源問題で地域住民ともめ、そんな会社がなぜか県指定の社会福祉法人になっていますが、暴対法で介護請求ソフトは納入できないと、ある業者から聞いたことがあります。これが伊勢神宮の鎮座まします三重なのか・・・ハードランディングやむなしと、本気で思うようになりました。
一つ不思議に思うのは、日教組王国、民主王国などと言われている三重のこのような状況を、安倍総理は分かった上でサミット会場にしたのでしょうか。単なる妄想ですが、全国から国防のスペシャリストが集まってくるこの三重県こそがハードランディングの出発点になるのかも・・・