519 朝鮮事案③

Pocket

本コメント欄にてお寄せいただいた情報に関して以下の点を十分ご留意の上、ご投稿ください。下記に同意できない場合、ご投稿はご遠慮下さい。
          記
情報を投稿した方は、今後当ブログ管理者を中心とした余命三年時事日記プロジェクトチーム刊行の書籍に、当該投稿文を無償かつ自由に掲載、編集、改変、提供、出版等することに同意したものとします。

とをりすがり
朝鮮半島有事の際、日本がやるべきことは次の通り。
1.中立宣言
2.ここでいうハードランディング(李承晩ラインは朝鮮戦争時の出来事という事実を利用)
3.密入国者徹底阻止
4.中立宣言を守るために、南の亡命政権受け入れ拒否
5.統一後に赤十字経由でここでいうハードランディングの後始末
6.小休止
7.半島が落ち着いた時点で、5で残された財産を使って国交樹立
まぁ、これらはもう一つの隣国にも同時にやる必要があるでしょうけど。
で、肝心なのは6で、半島の方の統一国が約70年間の成果を見せてくれるのを黙って見守ること。もう一つの方は、台湾に任せればよいし。
裏ではいろいろとあるんでしょうけど、それは新しい秩序が落ち着くまでは非公開ってことで。

高尾
>米軍は陸軍の投入はまったく考えていない。よって勝敗はともかく一気に南部へ追い詰められる可能性が高い。
第二次朝鮮戦争休戦後、韓国は領土の大半を失っている可能性があるわけですね。米中の仲介でも北朝鮮が38度線まで戻るとは考えにくい。
国共内戦で蒋介石が台湾に逃げたように、韓国の領土は済州島に限定されるかもしれません。(高尾)

丁鮮人による被害者
余命さま
先日、国籍問題の投稿をし余命様から、在日認定を受けた純日本人です。
実は、私には妹が居り14年前に、家族の反対を押し切り、韓国人と結婚して子供(男の子)を授かりましたが、暴力「DV」を受け10年前に離婚しました。(親権は妹)
元夫家族は、妹と結婚してすぐ帰化して日本国籍を取得しています。昨年初頭に元夫が病死しており、姪っ子は日本国籍です。
しかしながら、昨年、帰化取り消しになる可能性が大きくなり、姪の国籍が韓国国籍になるのではないかと心配しているのです。
確か、片親が韓国人の場合は子供も強制的に韓国籍となると変更になったと記憶しております。
妹は子供には父親が韓国人ということは伝えていない。
いつかは、伝えなければならないが、朝鮮人(韓国)の事を嫌っている子供にいつ話せばいいのかものすごく悩んでいるようです。
姪はいままで1度も火病はでていません。
元夫の知合い(帰化人)の女性も余命ブログを読んでいて、国籍離脱証明、10万円で云々の話になり・・・投稿した次第です。
原文を、だいぶ削除したりしたので句読点がおかしいですよね。すみません。
自分の感情的には、過去、裁判までしたのに不当判決で朝鮮人に土地を奪われ、後で分かったのですが、弁護士、裁判官も汚鮮されていたのです。弁護士は日本人ですが、奥さんが朝鮮人だった。
朝鮮人(在日2世、3世を含む)を殲滅したい!しかし、姪は混血で素直でよい子。血を継いでいる以上殲滅対象。とても、とても、苦悩してます。

.....不確定条件が多すぎて答えようがない。ただ日本で結婚し、日本で出生したのであれば、とりあえずは二重国籍となるが21才までに日本国籍を選択すれば無条件で日本国籍を取得できる。この場合は帰化ではないから国籍離脱証明書等の手続きは関係がない。

万里の河
失礼致します。
浅き夢を見ました。
余命様が記事にしていた「ハードランディングは、自衛隊のクーデター」かもという流れこそ、選択肢の中で事案解決の唯一の手段だと、判断致しました。日本人の遵法意識は高く、憲法を基本に事物を動かしてきた戦後70年です。日本人の遵法意識を根底から覆すには、通常状態での法をもってなすは不可能です。ならば、ハードランディングは、敵が巻き起こすテロなり暴動・朝鮮戦争などを待ってなすとすれば、永遠に何も変わらない、通常運転で、蚕食され放題現状維持です。韓国政府から棄民されて血と財産を簒奪されそうな在日朝鮮人達、日本国内では既に完全な敵です。敵である在日の対処方法は、それしかないでしょう。テロなど起こさず、時間をかけて日本人を諦めさせる。選択肢は限られていると思っています。
在日叩き出し作戦は、法遵守的日常では無理で、一気に非日常にする作戦しか成し得ないと考えております。
お花畑の日本人の覚醒は、「百年河清を待つ」つまり無理だと、あてもない願いです。覚醒させるには、一気に非日常状態に、日本人を置くに限ります。いつまでもダラダラと少しづつ進むなどというのは、作戦ではありません。
ハードランディング即ち、「クーデター」です。クーデターを起こせるのは、自衛隊だけです。作戦は、既に、進行状態なのでしょう。それがいつ発動されるかは、判断できないのですが、米韓軍事演習が終わり、アメリカ軍が半島から撤収したその時・・・非常事態宣言に、戒厳令、在日外国人に対する帰国命令、及び、憲法停止・廃棄、新憲法布告・・夢を見ました。(万里の河)

.....正夢ということもあるからなあ(笑い)

とをりすがり
安倍総理は、ソフト路線というよりは、ハード路線の準備をやっているだけに見えます。なので、ハードに行くかソフトに行くかは、彼らが決める。
なお、ハード路線の準備は色々偽装して行われている。別名目を使うのはざらで、その時が来たら解るものも多そう。ここを読んでいる皆さんも組み込まれている可能性があるので、その時に慌てふためく上司をどう使うを考えておいた方が良いかと。

.....安倍総理は策士だからね。(笑い)

ななし
特永の3世というのは、法的にほぼ帰化できないことは確定してますよね。
政府には彼らに同情するようにみせかけて強制送還することを催促してみてはどうでしょう?
徴兵に応じないと国籍離脱できない、応じれば日本に帰化できない、だから応じずに日本に長々としがみつくというのが現状だと思いますが、それって「韓国で明るい未来を切り開かざるを得ない在コの人達を、日本にしがみつかせた結果、韓国で使い物にならない年令になってから韓国の要請で帰国させる事」になるんですからね。
日本の難民法を変える必然性が無い以上、とっととお帰り願うことこそ在コの人権を守ることになりますよねぇ。

.....数兆円から10兆円と言われる生活保護、医療、福祉の不正で蚕食してきた生活をただで放棄なんてできないだろう。在日特権を剥奪されて追い出されるまで抵抗するのは必至だな。韓国政府はすりよりを見せているが国民は反日をエスカレートさせている。在日韓国人は棄民対応であるから四面楚歌。

三蔵法師
保守を狙う分断工作が表立ってきましたが、既に在日さんは四面楚歌の状態ですから工作活動は無駄骨になると思います。
何故なら、祖国が棄民政策で保護してくれませんし、法改正前にさかのぼって罰する遡及立法を平気でするお国です。同胞が持つ資産目当ての為なら、帰化無効の法改正も有りのようです。
賢い在日さんなら、財産があるうちに海外へ逃亡する方が正しい選択だと思います。日本国内で争っていては逃げるタイミングを失い祖国からひどい扱いを受けますよ。
韓国の混乱は北の工作活動が主だそうですが、日本でも似たような状況に思えます。
まあ、このまま進めば「美しい日本を取り戻す」大計は着実に進んで行きますが・・・。

BUSHI TOKUTOU
爺様、早速ご回答戴き有難う御座います。
ご指摘のように過去記事には私も目を通しており、御懸念の危険性や秘匿の重要性についても理解して居るつもりです。只、自衛官を除く予備自衛官・同補の数は数万にすぎず、人口比率から計算すると、当県には千人足らず、当市に至っては数十万の市民に対し、二百人程にしかなりません。 残念ながら、私は既に自衛官補に応募可能な年齢を大きく超えており、此れへの参加は叶いません。
今回、敢えてお願いしたのは「覚醒」が進む中、私のような立場で危機感を持ち、「有事」に際し国民を守るために何かできないかと考える人達も増えておるはずであり、これらを、何らかの形で組織出来ないかと考えたからです。しかし、隠密性ゆえに組織の存在の有無さえ分からず、参加の窓口に辿り着く術が無いのが現状です。
「銃は執れずとも、有事に於いてせめて後方支援なりとも参加したい」この一念での投稿でした。
予備爺補の妄言でしょうか・・・何か良い策が在れば良いのですが・・・

.....二年ほど前に出稿した過去ログにおける状況と今般は様変わりしている。
昨年6月に自衛隊でも警察治安部隊でも有事即応態勢準備が完了している。昨年10月5日にテロ法がそろい踏みして、今年3月中に安保法制が施行されることで準備万端ということになった。
従来と大きく変わったのは、治安出動に関する対応である。とくに施行規則や内規に変更があったとは聞いていないが、訓練を見るともはや完全に別組織である。テロ事態と銘打っての訓練公開であるが、発見、即射殺というすさまじいもので、対象は?というお話。
9月23日の訓練公開にはコメントがなかったが、10月5日の国会での警視庁特殊部隊のテロ演習ではさすがに共産党がいちゃもんをつけていた。(笑い)
有事における問題組織にはすでに監視が強化されているので、大きな動きにはすぐに対応できる。今は、とくに無理した組織作りにはこだわらず周辺の在日情報収集に努められたらいかがだろうか。

茶子
>朝鮮戦争時、追い詰められた韓国政府は日本に亡命政権の打診をしている。また直接自治体に交渉申し入れまでしている。
自治体に交渉…
もし自治体の長が親韓派だったり、サヨク思想だったりしたら。
もしかしてそのための道州制?
とか思ってしまいました。
安倍総理もきっとこの辺の対策考えておられますよね。

.....この事案は安倍総理もよく知っている。総理の地元の話だ。
初代余命の遺稿記事の中にまるまる1稿あったのであるが、ソースが破棄されていてまともに第一発信者になる恐れがあったので待機となっていたものである。2代目が簡単にふれてはいるがソースの問題が解決できず、詳報は削除していた。
昨年韓国において関係記事が報道されたのであるが、日本マスコミは総スルー状態であった。まさに朝鮮戦争隠蔽記事が暴露されている。

2015年6月24日、韓国・KBSニュースによると、朝鮮戦争当時、韓国の李承晩(イ・スンマン)政権が日本に亡命政府を建設する方案を検討していたことが確認された。
京都・大谷大学のチョン・ウジョン博士は、「朝鮮戦争当時、李承晩政権が日本政府に対し、亡命政権の設置を要求したとする文書を、米国立文書保管所で発見した」と明らかにした。
同文書には「朝鮮戦争勃発2日後の1950年6月27日、李承晩政府は米大使館と日本政府に対し、山口県に6万人規模の亡命政権を設置する方案を打診した」と記録されている。日本政府が山口県知事に提案したところ、「食糧問題のため難しいと」との返答が返ってきたという。
しかし、その10日後、山口県知事が山口県の4カ所に250のテントを設置して5万人を受け入れるとの計画書を提出、米国に予算支援を要請していたことも確認された。
この「非常措置計画書」は日本語と英語で書かれ、日本政府と米軍政にそれぞれ送られた。しかし、李承晩政権の亡命政権構想は、連合軍の参戦や仁川上陸作戦などにより戦況が急反転したため、処分されたとみられている。
これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。
「こんな売国大統領を『建国の父』と呼んでいるから、安倍首相が韓国を甘く見るんだ。国民には『大丈夫』と言っておきながら、自分は逃げる準備をする大統領」
「『建国の父』というのは、『日本に亡命政府を建設しようとした』という意味だったのか…」
「安倍首相の故郷・山口県に亡命政権…」
「これがもし真実なら、李承晩を国立墓地から追い出すべきだ」
「誰が韓国を反日国家と言った?根っからの親日国家じゃないか!」
「韓国の元大統領は戦争中に逃げることしか考えていなかったんだね…。韓国国民はどうしていつも指導者選びを間違えてしまうのだろう?」
「国立墓地から取り出し、そんなに行きたかった日本に送ってあげよう」
「韓国の歴史を知れば知るほど、『恨みの感情』が強くなる」
「北朝鮮が攻めてきたら、朴大統領も同じようなことをする気がする」
「朴大統領の任期が2年8カ月も残っているということの方が衝撃」(翻訳・編集/堂本)
.....この李承晩が李承晩ラインを設定し竹島を占拠したのである。安倍総理が韓国に対してどういう思いをもっているかは、このような背景を知っていれば少しは理解できるだろう。あす17日発売のハンドブックにはいやになるほどこのような事実が満載されている。あまり頭にこないように願いたい。
なおハンドブック35pの中見出しは「日本人納税者をわらう在日」である。漢字が難しすぎた。
また文頭赤字の投稿へのお願いは本日までとする。