525 2016年3月23日時事

Pocket

武士道 大和
初めてコメント差し上げます。いつも御ブログを読ませていただいております。御ブログと出会って日本の未来に希望を抱けるようになりました。
日本精神再興を願う、男とのみ申し上げます。あとは自民党関連団体の一種のような物に所属しております。(あまり具体的には申し上げられません)
話は全く関係の無い物に飛び恐縮なのですが
Q有事クリミア方式、メディア殲滅となった場合、産経新聞も殲滅対象となってしまうのでしょうか?
①主要紙の中で唯一日中記者交換協定を結んでおらず、中国国防動員法を報じた
②韓国による産経支局長名誉毀損事件
③産経新聞製作の「国民の憲法」は家族尊重規定等の自民党憲法草案に通ずる愛国の精神が見えるだけでなく、自民党憲法草案にさえ無かった国の構成の章追加。また、憲法案の脇に解説や日本の国体や悠久の歴史などを端的に表した図を併記しており、大変分かりやすい。
④「国民の修身」「正論」「育鵬社の歴史・公民教科書」はフジ産経グループから出版されている
⑤何より余命3年時事日記を始めとした青林堂の書籍を隠蔽するどころか広告として紙面に載せている。

自分はハードランディングで「日本を取り戻す」事に成功したら、次に「日本人を取り戻す」戦いに移らねばならないと思います。
日本人とは「武士道」「大和魂」「日本男児」「大和撫子」と言った日本の誇りとも言うべき民度道徳心を持ち、世界唯一平和を愛する民族の事です。世界史の中で世界平和を成し遂げられるのは日本民族だけです。
その「日本人を取り戻す」戦いにおいて産経新聞出版の「国民の修身」はとても有用であると考えております。
また、産経新聞は産経志塾という塾を開き、稲田朋美先生や山谷えり子先生を呼んで家族・教育・伝統などをテーマにした講義を次代を背負う若者に提供しております。
必ずや産経新聞は「日本人を取り戻す」戦いにおいて有益な存在たりえます。
メディアは全て殲滅との表現を見るたびにメディア内で唯一国益に叶っていると言える産経新聞も含まれているのだろうかと大変不安になります。
潰す事による不利益は大きく、利益は考えられません。
どういった対応になるのか、大変不安に思っております。
自衛隊が「殲滅すべし」と判断したのであれば、自分としては受け入れざるを得ません。国難を乗り切るためには今は国体護持組織を信じ切るしかありませんから。
しかし出来る事なら産経新聞だけはどうかいつまでも残っていて欲しいと勝手に願ってしまいます。
長々と申し訳ございませんでした。
お忙しい中恐縮ですが、記事内?での御回答を頂けると大変嬉しいです。
読み落としも有るやもしれませんし、無知ゆえの質問でございます。お忙しい中大変恐縮ですが、コメント等を頂けると大変嬉しく思います。

..... この関係は2009年からの民主党政権下で流出したとされる自衛隊軍事機密文書によるものだ。巷間かなり出回ったようであるが、詳細はわからない。そのほんの一部しか見たことはないが、その中身は変哲もない有事作戦計画書である。そもそも自衛隊はその有事に備える機関であるから別におかしなことは何もない。
この流出については国会において、あの帰化議員、福山哲郎の自爆質問によって民主党が主体であったことが露見している。
ご質問の点だが、政治、軍事の両面から見る必要がある。朝鮮戦争再発とか日韓戦争勃発とかで対応は変わるし、政治が完全に自衛隊をコントロールできるかという問題もあるだろうから簡単に結論は出せない。ただ現状で言えることは、あくまでも常識的な考えだが新聞もTVも極端な反日でない限りは心配することはないと思う。関係詳細については過去ログを参照されたい。

白子
http://www.sankei.com/west/news/160315/wst1603150013-n1.html
「『君が代起立』は教育滅ぼす」…大阪市立全小中424校に市民団体がメール 市教委「市方針と著しく異なる」と実施の徹底通知・・産経ニュース

君が代
1869年(明治2年)、大山巌が、天皇が臨席する儀式用の歌として『君が代』を選んだ。
その後、1880年(明治13年)、宮中の雅楽の楽人がメロディーをつけ、ドイツ人が編曲し、天長節に初めて演奏され、1893年(明治26年)8月12日、文部省が『君が代』等を収めた「祝日大祭日歌詞竝樂譜」を官報に告示。小学校の儀式用唱歌とされた。
Wikiには
1880年(明治13年)、法律では定められなかったが、日本の国歌として「君が代」が採用された。この国歌のテーマは皇統の永続性であり、歌詞は10世紀に編纂された『古今和歌集』に収録されている短歌の一つである、とあります。
【現代語訳】
君が代は、千年も八千年も、細石が大きな岩になってそれにさらに苔が生えるほどまで、長く長くずっと続きますように
汝(なんじ)の治世が幸せな数千年であるように
われらが主よ、治めつづけたまえ、今は小石であるものが
時代を経て、あつまりて大いなる岩となり
神さびたその側面に苔が生(は)える日まで
「君が代」の意味
《きみ》=完璧に成長した男女が
《代》=時代を超えて
《千代に八千代に》=永遠に千年も万年も、生まれ変わってもなお
《さざれ石の巌となりて》=結束し協力しあい、団結して、
《苔のむすまで》=固い絆と信頼で結びついていこう
※天皇陛下御臨席の国会開会式に共産党でさえ出席し頭を垂れる時代になったのです、国歌のテーマ「皇統の永続性」を願っても文句は無いと思います。ましてこの歌詞では苔が生える程の国家の永続性を願っています。国家の永続が無かったら国民もどうなるか分からないのです。
※国歌の必要性はまず何よりも外交儀礼の場において軍楽隊(多くは管楽器群と打楽器群から成る吹奏楽の編成が採られる)が演奏するために生じる為とWikiにもあります。

.....今、意味を知っている人も少なくなっているので掲載した。細かい解釈については個々でどうぞ。

とをりすがり
安倍総理が今行っていることは、岸元総理が時期尚早過ぎて途中で諦めざるを得なかった戦後秩序からの脱却と新しい秩序の構築。それゆえに、彼らには自らの手で地獄へ行ってもらわないといけないし、日本人は付け入る隙を作ってはならない。
だからこそ、自警団は大正大震災の時の失敗(私刑)は犯せないし、公権力は事実を隠蔽せずに白黒をはっきりさせるように動かないとならない。

それと、警察と自衛隊は、国内秩序の維持と自衛戦がその能力でできる限度。それを超える戦いは、憲法第九条が禁止してされている国権の発動たる戦争、武力による威嚇又は武力の行使にあたるし、そもそもそれを行う能力そのものが自衛隊にはない。それゆえに、半島有事の際は(表向きは)中立を守らないとならないし、中露米の介入は最後の最後まで抑え込む必要がある。

なお、半島有事で最悪のシナリオは南が勝つことで、その際は米国に戦後対策を任せるしかない。逆に、北が勝った場合は、日本の出番。とりあえず一世代かけて半島民の思想改造をしてもらう必要はあるものの、その後は日本の戦後の経験がそっくり活かせる。なにしろ、今の北は戦前の日本そのもので、金一族は陛下の代わりをしているに過ぎないのだから。

ちなみに、新しい秩序構築時の日本の役割は極東だけではなく、中東にもある。中東最大の弾薬庫たるイスラエルを平和的に何とかできるのは、文化的に共通性を持ち、はるか昔に分かたれた同じ民族としか考えられない日本だけ。幸い日本には、古代よりそのための秘密兵器が伝わっていますから…。

あき
余命様 いつも拝読しています。下記はニュースのコピーです。日本各地の在日外国人向けフリーペーパーを集める事で不良行政書士が浮かび上がるのかと思います。
『在日中国人向けフリーペーパー「1週間以内入籍可」の広告
日本の中国人が多く暮らす地域では、商店などに中国語のフリーペーパーが置かれている。中国人が日本で暮らすための情報が満載だが、詳しく解読すると中国人の生活の裏側が見えてくる。フリーライターの西谷格氏が、その驚きの掲載情報をレポートする。
東京・池袋は中国人が多く、店や事務所を構える者も多い。駅北口の中国食材店の裏の一角にはタブロイド判のフリーペーパー(新聞)が山積みになっていた。「華風新聞」「聯合週報」「聞声報」などの大陸の簡体字がびっしりと並ぶ紙面は当然、中国人読者を対象としたものだ。
記事の多くは中国の新聞やネットメディアを転載したもので、日中間の政治経済、社会、文化など多岐にわたる。多くが週刊で、体裁は日本の夕刊紙などと大差はない。紙面の大半は広告だが、風俗店や飲食店の募集に混じって目に付く文言があった。
〈不法滞在・不法入国・黒転白等簽証的取得〉、〈上陸特別許可(強制退去的簽証取得・入国可能)〉、〈他人名義入国者的在留特別許可〉、〈非法入国者的在留特別許可〉、〈無護照、不法滞在特別再留許可〉
中国語を知らなくてもおおよその見当が付く物騒な言葉が散らばっている。それらは外国人に向けたビザ取得を行う行政書士事務所の広告だ。「簽証」はビザ、「護照」はパスポートを意味する。不法滞在や強制退去処分を受けた中国人に対してビザ取得等の手続きを請け負うらしい。
とりわけ目を引く「黒転白」は、「黒いものを白いものにする」(中略)
「問題のある表現だと思います。黒が白になるはずがない。行政書士の品位を害するような行為を禁じた、行政書士法10条に抵触の可能性もあるでしょう」(中村和夫行政書士) また、行政書士事務所が結婚相談と手続きを請け負う旨の広告もあった。
◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
[ポストセブン 2016.3.14]
http://www.news-postseven.com/archives/20160314_392121.html』

朝霧に雫
余命様、余命スタッフ様、読者の皆様、初めまして。二代目様の頃にサイトを知ってから静かに読み続けてます。
当方、両親はモロ反日教育を受けた世代でして、説得も覚醒も半ば諦めています(苦笑)。余命様の本も読んでくれるかどうか…。
ですが両親は、ド田舎の小さな集落で生まれ育った為か、小さい頃から朝鮮人達の様々な問題を観てきたがゆえに“自分に火の粉が降りかからなければ良い”という、いわば「無視韓」になってしまっているのかと思ったりしております。後述の退学後、酒を飲み交わした時に“話しても意志疎通は無理”だの“あれは日本人の感覚じゃない”だのと、酔っ払った状態で語ってくれましたから…。
少し…というか凄く話がずれましたが、国内の在日対策は大丈夫と信じつつ、国外…つまり、入国してくる朝鮮人については、有事の際は入国禁止になるのでしょうかね(本音としては、今すぐにでも全員出国をさせた後に入国禁止にして欲しいが)。
数年前、電子系専門学校生の時に同じクラスとなった、兵役済み韓国人男女に色々と(チーム組んではネタ盗まれた挙げ句に排除されたり、私の持ち物を「あれは盗まれたものだ!」等と騒ぎ手がつけられなくなったり…)やられて学校辞めましたが…。その時の精神的な嫌がらせ(逆に肉体的に嫌がらせされる事が無くて良かったのかもしれないが…)は未だに傷心として残り続けています。そりゃあ、当時は「無知韓」だったから教師の言うとおりに色々と教えていたので、忘れることの出来ない傷になってしまっても仕方ないのですが…。
時期として遅いかもですが、学校に通う子供さんも親御さんも気を付けて下さい。特に専門学校等は、海外からの受講希望者も金さえ払えば受け入れたりも(少し言い方が悪いかもと反省しつつ…更にほぼ来るのは、かの国の奴らだったり。日本人は成績や教師の推薦状等用意してでしょうが、海外の生徒受け入れも同じようにしている…のか不明ですが各学校毎に対応は違うので“全てが”同じとは限りません。あくまで私の行った専門学校が上記の様な雰囲気を感じられるような説明をしていたので)するので…。
余談ですが、マイナンバーの話の中で出てきた富士通ですが、下部では既にマイナンバー提出も始まっています(上層部は知らないが。身バレも怖いので書き込みとか躊躇したのは秘密です)。ゆっくりとですが各企業内でも除鮮が始まっているのではないでしょうか。
それと更にここの趣旨とは違う&読者様なら平気かと思いますが、迷惑メールや詐欺にも更に気を付けた方が良いかと思います。最近の迷惑メールを調べると、所在地やトップの名が半島や大陸系が多いです(業者摘発のニュースも首謀者の名を見れば一目瞭然ですし。あ、テレビは未だに通名使い放題なようですが)。奴らに反日の為の金を渡してやる必要はないのですから。
長々となりましたが、余命様もスタッフ様も皆様も、そろそろ満開に向けて咲き乱れる準備をしているだろう桜を眺めて、日頃の疲れを癒して下さいませ。

相原
2回目の投稿すみません。
国語が句読点おかしいですが…。勘弁を。
ハンドブックの方が、がかなり解りやすいですね。
私のような学の無いものにも、読みやすいです。
この本はぜひ、できるだけ広めたいのです。
方法として、護国神社のようなところで配布してはどうかと思っているのです。
その為でしたら50冊分くらいなら出せます。他の方も同意いただければかなり、配布できるのではと思います。
しかし、いかんせん私には人脈と勇気がありません。
一人で動けない弱虫です。がしかし、日本の危機に何とか役立ちたいと思っているのです。もっと、広めたいと思っています。何か方法はないのでしょうか?

.....お気持ちはよくわかるが、絶対に無理は厳禁である。差し障りのない範囲で自分にできることをお願いしたい。なにしろ作戦開始が7月9日からで、まだ8ヶ月も経っていないのだ。準備期間を入れてもわずか3年である。約70年間の間、在日や反日勢力が営々と築き上げ、乗っ取り完了宣言までだされた日本を取り戻し再生しようとしているのだから抵抗は大きいし時間もかかる。現状、確実に前進しているので無理はダメ!

神主の末裔
余命様
さきほど、下記メールを官邸に入れました。
ご参考まで
*********************
以下の報道に接しました。

>生活保護受給者がパチンコなどをした場合、給付の一部を停止してきた大分県別府、中津の両市が、国と県から「不適切」とする指摘を受け、来年度から停止措置を行わない方針であることが16日、分かった。 引用ここまで

生活保護費は、我々の税金が投入されていると理解しております。(年金や健保とは異なり受益者は負担していない)
また、憲法で保障された”健康で文化的な最低限度の生活”を保障する目的であることも理解しております。
従って、性格的に労働に向かない者や身体上の問題のある方が生活保護を受給すること自体は問題が無いと思います。
ではありますが、生活保護を受給しながらパチンコで時間を潰すなど健康でも無ければ、文化的でも無くいわんや最低限度でも無いと考えます。小生のような、労働し家族を養い税金を納めている者にとっては、許しがたき所業に見えます。
もし、関係法文が生活保護者がパチンコを許容されていると読み取れるなら、それこそ憲法違反と言わざるをえません。
報道によれば、今回の指導は厚労省から出たとのことですが、まずは安倍首相から厚生労働大臣に適切なご指示を頂ければ幸いです。それで、是正されないのであれば、私は次回の国政選挙において地元の自由民主党候補者に本件に関する政治的立場を問いかけさせて頂きます。

.....前著「余命三年時事日記」と「ハンドブック」全編に記載してあることだが、彼らの作戦は実に巧妙である。とくに民主党や公明党が握ってきた厚労省や国交省はひどい。
手口は簡単で大臣ポストを獲得。大臣命令で可能なものは人事を含めてすべて変更。現場の裁量権で済む部署は関係者を配置するというものだ。現況の在日の生活保護や年金支給は前著にも記載しているが、みな民主党小宮山によるものだ。
今回の問題もそのあらわれである。なにしろ菅直人とか桝添とかが汚染しまくったところであるから選挙で民進党(民主+維新)をつぶすしか改善の方法はないだろう。