559 2016年4月2日時事

Pocket

YMT
こつる への返信
こつる様
YMTです。
私も日本人だと思ってました。在日同胞に「余命本を買って、間違い探しにご協力を~(アイゴー)」と、悲痛な(^^)叫びを上げてたので、随分と手の込んだシナリオだなと、感心していました。
そして、在日諸君が金を払って余命本を購入し、挙げ句の果て発狂する様を想像していたのに、早々と消えたのでちょっとがっかりです。
「VANK]を使っていたので、本物のVANKからクレームが来たのかもしれません。今となっては真相は闇の中ですね。

DCT
千葉麗子氏の『さよならパヨク』ですが、正直この人どうなんでしょうか。
元しばき隊で中指立ててた女性が保守転向して本を出す、というそのやり方に、きな臭さしか感じません。
堂々とそんな事して、あの鮮人共が何もしないというのも気になりますし、何の非難もしてないのも何か変だなあと。
ちょっと気になってwikipedia調べたら、しばき隊の過去が綺麗さっぱり消去されてる。
余命さんには関係ない話なのかもしれませんが、この人の本が保守系として宣伝されてるのがなあ…

.....この投稿については不適切との指摘があり、検討の結果、今後、投稿を受け付けないこととしたのでお知らせする。

米焼酎改め蕎麦焼酎
はむのけx
米焼酎改め蕎麦焼酎 への返信
御承認頂き、真に感謝致します。これからも、私が出来る事を粛々と実行します。
因みに、今春、大学生なる娘にこれから起こりえる危険性を話しました。が、当然ですがさっぱりわからないようです。しかしながら親としてアドバイスが出来たので幸いです。

慶子
余命様プロジェクトの皆様怒濤の更新ありがとうございます。そしてお疲れ様です。
ハンドブック5冊購入しましたが拝読が精一杯で前著(7冊購入)のように素早く拡散が出来ずにいる内に3月も最終日に…
明日からは新年度ですね。
ちょっと気になってた国歌の意味をメモしたものを探し出せたので、コメントしてみようと思ったら赤字が…
こちらへ飛んで来る迄に、catmousetailさんの替え歌を賞賛しながら辿り着きました。
『 君が代』
古今和歌集の「賀の歌」の最初にあるとの事で、医療の発達してない時代は何が一番おめでたいというと、年齢を1つ積み上げる事でした。
正月に氏神様に年齢を重ねる事が出来た感謝のお墓参りに行った帰りに、族長(血統の長)の家に集まって歌合わせの会を行い、その時に我子の長寿を願って歌われたのが「君が代」のもとになっていますとありました。

歌(行替えなしで入れさせて頂きます)
1番*わがきみは、千代にやちよに、さざれいしの、いわおとなりて、こけのむすまで
2番*わたつみの、はまのまさごを、かぞえつつ、君がちとせの、ありかずにせん
3番*しほの山、さしでのいそに、すむ千鳥、きみがみよをば、やちよとぞなく
4番*わがよはひ、きみがやちよに、とりそへて、とどめおきては、思ひいでにせよ

訳…『 愛しい愛しい我子よ。何年も何年もずっとずっと長くこの家と共に無事に生きてください。我家の入口のそばに小石の山が積んであります。それが大きな岩の帆のようになっています。先祖代々、小石を自分の命、家の命と思い、こんなに大きくなるまで積み上げて参りました。あなたはこのたくさんの石の数の寿命があります。だからたくさん長生きできます。そして岩帆に苔ができるようになるまで、誰にもこの家を荒らされずに、平和に、そして無事に生きてください』と言いながら、母親はお参りの帰り道に拾ったひとつの小石を我子の寿命のひとつと思い、ていねいに愛情をこめながら積み上げていったのだろう。
1番は我子の寿命だけでなく、族長の家の繁栄無事をも歌っています。
山の頂上や河原に石が高く積んであるのを見た事がありますよね。岩帆とはそれをもっと大きくしたイメージです。その頃の生活道路は石がごろごろしていて、住民は家の前の道の石を取り除き、それを高く積み上げていたのです。その岩帆に苔がむしているという事は、その家が昔から戦争もなく繁栄している事を意味します。
2番はこの海の砂1粒1粒は我子の1年1年。この砂をお母さんが今から数えますよ。だからあなたは私が数えた砂の数だけ生きておくれと言いながら、母親は砂を1粒1粒ではなく、一塊をつかんで砂山をつくり、それを何度も何度もくり返し、これで数千年は我子の命は大丈夫と安心するまで数えたに違いない。
3番は死骨の山=死んだ人の骨の山が埋葬されている山に昔から住んでいる千鳥や早瀬出の磯=死んだ人を流す潮の流れの早い磯に、昔から住んでいる千鳥が来てちよちよと泣いているのが聞こえますか?人の寿命を知っているあの千鳥があなたの寿命はたくさんたくさんあるよと鳴いているのよと言いながら、母親は我子の寝顔をやさしく見つめた。そしてまた千鳥の鳴き声が聞こえてくると嬉しそうな安心した笑顔を見せたにちがいない。
4番は私の寿命の分もあなたに差し上げますよ。神社で長寿を願う私のお札(ふだ)をあなたのお札(ふだ)にくっつけておきましたよ。だから私の分まで長生きしてくださいね。そして長生きしてそのお札(ふだ)を神社で発見する事があったら私の事を思い出してね。

1番は陸、2番は海、3番は空、4番は神を歌い、共通のテーマは長寿、共通単語は「千」です。後世、この歌から「千歳飴」ができたんですよ。特に1番は江戸時代まで正月や結婚式やおめでたい席やお祭りでは必ず歌われていた歌です。
長寿と家の繁栄、平和、無事を願って歌われたのです。

以上がメモですが、本当に最近(昨年)までメモしながら感動した事を忘れてました。
政治的な発言を超えてA級とか、日本人でありながらB層とか目に余るものを考えていたら国歌を理解してなかったという方をおみうけし、私達は親からも教師からも大事な事を教わらずに来てしまったと、此処で日本人として日本のために何が出来るかのヒントを与えてくださっていると、改めて思うのです。

更新が途絶えると心配ですが、お身体に気を付けて頂き5月の3冊目の出版まで頑張ってください。夜分に長々と失礼致しました。

(口が埼玉)
余命翁、スタッフ様
TSUTAYA不買に関連してですが、産経新聞社発行の月間「正論」を定期購読しようとしたところ、WebからだとFujisan.co.jpというサイトに飛ばされます。ここの会社概要を見てみると、経営者にTSUTAYA関係者が複数おりました。会社の設立自体にTSUTAYAが関与しているようです。
「JAPANISM」や「余命三年時事日記」などはAMAZONなので、本はすべてAMAZONに統一するしかないのでしょうね…
今時の中高生のコメントを読ませていただき、負けていられないと思った次第です。

板橋区日本人
琵琶鯉 への返信
琵琶鯉様
凄いですね!私など、実の母親が『安倍嫌い!(プリプリ)韓国ドラマ好き!』のバリバリの昭和21年生まれのお花畑で、今年年始に寝床で『いかに安倍さんが売国奴や在日に汚染されてる日本を取り戻そうとしているか』をフガフガと鼻息荒く語ってしまいました。
眠そうだったし、私が鼻息荒くしてしまったので、聞いていなかったと思いますが(涙)
母親だったので、情報源TVなお花畑を目の当たりにし、ショックが強かったので、思わず鼻息荒くなり引かれたのかな・・・(号泣)
爺様は『無理をしないことだ』とおっしゃいますが、如何せん『実の母親』が『母親の親世代は戦争で勇敢に守ろうとしたであろう子孫である(母方は、そういえば聞いたことなかったけど、母の愛する亡き私の父の叔父は戦死していたと思います。仏壇に兵隊姿の遺影あったので)』のに、『どうしようもなくお花畑』なのが許せなく鼻息荒くなりまして。
そのため、とりあえずTV内容含めて『在日』の話はしなくなりました。これ以上押すと、色眼鏡になってしまいそうなので。
ただ、最後に『何でもいいから、気をつけてよ?北朝鮮(北に関しては、拉致とかで、悪い印象のようですから)とかもきな臭くなってるようだから』と伝えました。側にいる韓国ドラマ好きな姉も『(私が嫌韓で、TVも見たくないのだと私の子供から聞き)そんなんじゃ、韓国と同じ(所謂、同じ土俵に立つ→レベル下げてると言う意味みたい)だよ?』とも以前言われてるので、頭抱えてしまいますがね(遠い目)
亭主も『嫌韓?何それ?美味しいの?』状態の『自民党ばっかじゃ、好きにされるから民主党にいれる』と去年(でしたっけ?)の選挙で言ってる4年前の私状態ですし。周り中が『ある意味敵(お花畑)』です(味方は子供と余命及び読者様方のみだぁ・・・)ので、正直、何か起こらないだろうか?(そうすれば、『ほら見なさい!!』と分かりやすかろうと言う感じ)と思う今日この頃です。
愚痴ばかりですいませんでした。捨て置き下さいませ。

.....日本人の1割も目覚めたら在日や反日勢力の問題はすべて解決する。固まったコンクリートを柔らかくすることはできない。まあ無理をしないことだ。

浅き夢見氏
こつる様へ
励ましの言葉への感謝
びっくりしました。私の拙い文章が、余命様のブログ上に!!
その上、励ましのコメントまで「おまけ」されているではないですか。これが驚かずになんとしましょう。
震えました。涙がでました。嬉しかったですよ。「有り難う御座います」
そうですね、見えなくても連帯しているんですね。この安心は力になります。
日本は、類い希なすばらしい国です。真実を知るにつけ、日本人である事が誇りに思えました。この歳でですから、ホントは悲しい事ですよね。「頑張ります」
余命様へ
慣れない事で、誤字脱字失礼な事多く、恐縮しております。入力にも時間がかかり、苦労しております。…言い訳にもなりませんね。すみません。取り上げて頂き有り難う御座います。

.....余命の場合はめくら承認はしていない。必ず目を通している。内容の適否を判断して項目別に振り分け、本稿にアップするかどうかを決める。アップが決まると、記事の校正をする。投稿者が意図しない誤字脱字を見逃すと一瞬で1日5万人の読者にさらされることになるから慎重にならざるを得ない。ここにまたなりすましが絡むと大変な作業になるのである。時系列が逆になることもあるし、振り分けによっては質問者よりも回答者のコメントが先になるようなことも当たり前に起きる。
わかっているのだが、現状、どうにもならぬ。(涙)

kunoichi
余命様、関係者様 お忙しいところ失礼いたします。
542 3月27日時事にチラシポスティングについてコメントしたkunoichiと申します。コメントが出なかったので余命様がチラシに関する内容は削除と判断されたものと理解しました。
自分の投稿後に、花菱さんのブログでなりすましや妨害行為の詳細を知って、かなり悪質なやり方だとわかり、初投稿でポスティングという扇動するような事を書いた私も偽装保守に疑われた可能性もあるのでは?と考え、再度コメントさせていただきました。
IPアドレスから個人が特定できることは知っているので私自身の証明などは不要と思っていましたが、敵はいろいろな手口を使って、余命サイトを攪乱しようとしているはずで、余命様や関係者の方を惑わせるようなことしてしまい、申し訳ありませんでした。
証拠といってはなんですが、ツイッターで政治のことをつぶやいているので、お時間がありましたらそちらでご確認いただければと思います。アカウントはkoto211です。
チラシについてコメントをしたのは、余命サイトの読者の方々が「自分の知った情報を周囲に教えたいがうまくいかない、なにかいい方法はないだろうか」と悩まれている様子が投稿されていて、私自身も同じように悩んだり試したりした中からチラシが有効な手段だと知ったことと、「余命本のチラシを配ったらどうか」という投稿があったことからです。
が、前回書いたように実際に行動することは危険をともなう可能性もあると思い、チラシに関する情報を知っていただくことで、現状の危機的状況をご存じの余命様にご判断いただこうと思った次第です。
今後はチラシ以外のことでなにかコメントできたら、と思っております。

.....チラシはやばいのだ。 政党のチラシは共産党はあっても自民党はない。団地などで個別のチラシを禁止しているところでも堂々とやっているが、あれは万一の時に組織が擁護できるかたちがあるからである。
普通あまり問題を指摘する人はいないからわからないかもしれないが、いわゆる保守系が動くとすぐに警察沙汰になるから要注意である。ビラまきも同様である。

mama
余命様、皆様こんにちは。
ヘイトスピーチ草案を読み冷静に考えましたところ、草案にはこっそり逃げ道があるように感じました。普通の日本人が常識の範囲でデモや批判をしても特段心配することは無く、逆に日本人や保守になりすまして日本や保守の評価を落としたい勢力や個人にとっては打撃になるのではないかと。ガス抜き・・・も?
デモ隊や街宣右翼の中には日本人ではないであろうなりすましも多く、この識別に役に立ってくれればこの草案もそう悪いものではないのかも・・・実際定義も曖昧ですし・・あまり言ってしまうと敵もみていると思いますのでここら辺で。
左翼、野党の強い中部地方の我が自治体の図書館にも余命本が配本されており、近くに同じ志を持った方がいらっしゃるのだと分かり心強く感じました。 (mama)

モケケピロピロ
ぬうつけx
ヘイトスピーチ法案について。『財産に危害を加えることを告知する』これは雇用しない、解雇するという通告も含まれると思われます。『自由に危害を加える』、はもっと悪質で、逮捕するぞと警告したり、お前のやっていることは犯罪だぞと説明しても差別ということになると思われます。
全否定で臨まなければ非常に危険です。

モケケピロピロ
ぬうつけx
ヘイトスピーチ法案について。
自民党内部の売国奴が部会で一任をとりつけたとか言って国会に提出する危険はありますね。提出されたら最も危惧すべきは党議拘束と無審議可決。
この二つはありえると見ておくべきかと。
油断は禁物です。

today殿へ
なりすまし投稿が入っている。余命では見つけ次第削除しているが、用心していただきたい。こちらでも万一のためサイトURLは落とすので了解願いたい。

abe1192
余命様
初めて投稿致します。在日のある事について、お伝えしたい事があります。ですが、私ではこれを現時点で広めていいものか、判断がつきません。
在日の生活保護の件です。
また、改めてメールさせて頂きます。
公開に相応しいものであれば、ぜひ公開をお願い致します。

.....425のコメント欄へどうぞ。