シェアする

574 選挙関連アラカルト⑩

21+3応援隊
梅幸茶様 kusuko様
説得方法のコツをアドバイス頂き有難う御座います。
典型的な「やってはいけない説得方法」を しておりました。
当然ドン引きされ失敗。
その中でも特に、毎晩韓流ドラマを見ている妻、母、弟嫁からは、もの凄い拒絶反応を喰らい撃沈しました。
なので、もう完全に諦めていたのですが、”大和心への回帰”様のブログで次の選挙の「最大の焦点」は?
憲法改正?増税?それとも保育園増設?
全く違う!
朝鮮人の朝鮮人による朝鮮人のための「売国党」と日本の為に四苦八苦しながら頑張っている「自民党」との対決選挙だ!
と書かれている記事を見て、(今は削除されてます?)
24や官邸メールと同じくらい、次の選挙は大事だと改めて思いました。
なので、スヒョン文書や花王文書を信じろとは言わないけど、せめて次の選挙の投票の判断に有益な情報を皆さまから頂いたアドバイスを元に、慎重に、少しずつ話して行こうと思います。
皆さま有難うございました。

竹遠
竹遠 選挙も近くなり、これが衆参ダブルになるかどうかは私には解りようもないのですが、保守派の論客に憲法改正を期待されてる論調の多いことが頼もしくもありまた、眠たくもあるこの頃です。
我が国もようやくその機運が訪れてきたということの安堵ですが、余命ブログを三年も読んでいますと、以前より憲法改正にさしたる 意味合いを感じなくなっています。
与党側が三分の二議席をとり条件が整ったとしても、ハードルの低い条文の改正だけでどれだけの議論と時間がかかることでしょう。ましてや九条まで辿り着くのに何年かかることか。
だからと言って憲法はどうでもよいと思っているわけではありません。憲法とは人間で言うところの思想信条であり哲学であり生き方とも言えます。アイデンティティーでもあるでしょう。国家にとっては背骨であると認識しています。背骨のない軟体動物のような国が今の日本。悲しいかなわが国の憲法はアメリカに占領された民へかせられた占領民服務規定のようなものです。
本来ならばサンフランシスコ講和条約成立時に破棄しておかねばならなかったもの。占領民洗脳プログラム(WGIP)がよく効いたのか、今に至ってそのままです。
これは例えるなら囚人が刑を終えて刑務所から出ても、囚人服務規定を守って生きているようなものです。全く間抜けな話だ。
であるならば、国内も国際情勢もいつ有事があっておかしくないこの時節有事を待ち望むわけではないが、どんな形でも有事にさえなれば反日日本人、在日掃除のあと国防に目覚めた国民が右に大振れするでしょう。
そのときこそ現憲法破棄の大チャンスがやってきます。自主憲法を持てる瞬間的なたった一度の大チャンスです。
安倍総理に見逃しはないはず。
背筋の通った誇り高い日本を取り戻しましょう。

浪速のオバハン(宮下 友子)
おかちゃん様。いつも御意見拝見しております。
還暦近い浪速のオバハンです。宮下友子と申します。勉強不足の浅知恵で申し訳ありません。
橋下時代、国旗掲揚、国歌斉唱は起立。これには勿論賛成でした。
慰安婦はどこの国にもあった発言は確かに正確さに欠き問題ではありましたが、戦時、他の国は女性に対してさも聖人君主であったかの如き、日本のみ貶めには、一石投じたのではないかと。
柳本率いる現大阪府議自民では府と市の二重行政は解消されません。
労組との癒着もそのままです。
稲田朋美氏が柳本氏の応援演説に駆けつけてましたが、仕方なくであったと私は解釈しています。安倍総理は来なかったのですから。
内閣府は大阪自民や柳本氏を認めてはいません。大阪自民党こそ大阪が沈没していった根深い穢れがあるのであって、大阪維新に対する下卑た中傷は聞くに堪えませんでした。
毒舌名高い橋下氏の比ではありません。
内閣府が公認し安倍総理が直接支持し都知事になってしまった売国奴舛添氏の方がよっぽど大問題です。東京は日本の首都なのですから。
橋下時代に入るまで積もりに積もった大赤字は兎に角黒字になり、大阪維新橋下氏を批判し続けた京都大学教授、藤井聡氏が橋下氏が辞任した折言い放った「橋下時代の8年間は何の成果も無く無意味だった」等と言う暴言は許せないと考えます。橋下氏が怒るのも当然です。
藤井氏は昨年の大阪W選挙時にも、大阪維新からBPOへの申し立てを受けています。藤井氏が卑怯姑息な活動をしたのは事実です。
現在、藤井氏は第二次安倍内閣・内閣官房参与でもありますが、橋下氏が辞任した直後、安倍総理は橋下氏に自ら会いに行っています。
三橋貴明氏が藤井氏と懇意であるのは部外者ながら?です。
新大阪市長、吉村氏の元可決されたヘイトスピーチ条例には私個人も非常に腹立たしく納得していません。
元より、大阪維新や橋下氏を全面支持ではないのです。
大阪府儀自民のこれまでの余りにも酷い悪政に比べたら、の話です。
都構想については当初賛成でしたが、大阪のヘイトスピーチ条例が安倍自民の議するそれと同様であるなら、両課題とも私は今は今後の進捗を見守るしかないと思っています。
私に余命様を教えてくれた婦人科の先生も、松井知事、吉村大阪維新はどうやら橋本時代と変わりつつあるようだと仰り、不安である事は否めません。
稚拙な意見、申し訳ありませんでした。

あのつまる
もう一点、日教組の事です。
私の県では、学校に入った途端、何も知らないまま組合に加入させられます。
私が組合に入ったのは10年以上前の北勢地区(組合が特に強い)だったので組合に入らないという選択肢はありませんでした。
そして10年が経ち、職場も移り、組合を辞めようと思い、申し出ましたが辞められていません。
職場の分会長がOKしてくれても、その後支部長→本部長と長い道のりがあり、宗教から抜ける道のりに近いものがあります。
辞めますと言って2年経ちますが未だに組合の新聞が送られてきます。
(復職したら給与からの組合費の天引を停止して話し合いをしようと思います。今は組合費を引かれていないので実質的に新聞が送られてくる以外何も組合とのかかわりがないのです)
私が組合を辞めようと思ったのは、自分たちの扱いの酷さ(少数職種なので)もありますが、組合のお金の動きがよく分からないからです。
毎年、パンフレットのようにして昨年度の決算と今年度の予算案が配布されますが、正直言って、役員をしていた自分が見ても、何だかよく分からない物になっています。
大まかに教職員の給与の○パーセント×12か月×職員数+ボーナス月の追加徴収額×人数となるのでかなりの金額なのに一体どこに消えているのか決算表を読んでもよく分からないのです。  あのつまる

ma
罵詈雑言 への返信
沖縄県教職員組合は途中から左翼系に乗っ取られた(?)と、沖縄対策本部の中村覚氏の書籍を読んで理解した気がします。
『そうだったのか「沖縄!」』という昨年出版された書籍に書かれてありました。今手元にその書籍が無いので記憶が正しければ、仲村覚様のお母様の仲村俊子様が沖縄復帰の際に尽力された時には、沖縄県教職員組合も同じ向きだったようですが、その後、左になったようです。
この書籍を知ったのは、昨年5月9日靖国神社の靖国会館でケントギルバート氏や、中山成彬氏等の講演(沖縄県祖国復帰43周年記念靖国集会)に出席し、仲村覚氏も講演されており、沖縄の過去の歴史を知りたくて、その場で販売されていた本書籍を購入しました。今、ネットで仲村覚氏を検索してみましたところ、かなり「攻撃」を受けているようなので本物なのではないでしょうか。

おかちゃん
こんにちは、お疲れさまです。
今日の記事で、野党がオリーブの木連合ならぬ、桜の木連合構想を打ち出したとかなんとか。代表は安保法案反対で名前が出てきた小林節とのこと。
反日野党が相変わらず名を変え姿を変え暗躍しようとしていますね。
余命様にお聞きしたいのですが、このさくらの木連合とやらが出馬してきたとしても、反日野党をまとめてポイできることにはなんら影響はありませんか?
それにしても、反日連合が「桜」を名乗るのが腹立たしいですね。
そういえば半島人は桜を韓国起源だとか妄言してますから、それほど桜が羨ましいのかもしれません。なんにせよ、こういった団体も野党も壊滅させないといけません。

.....安倍総理は自民党という組織の中で動いているが、余命は個人で周囲に何の制約もない。今般は自民党vs民進党(民主+維新)あるいは日本vs在日+反日勢力という簡単な図式になったから、この関係を煽ればいいだけだ。野党が勝つ可能性はゼロである。

板橋区日本人
余命爺様・スタッフ様方・読者様方
取り上げて頂き、いつも溢れんばかりの感謝・感激でございます!
さて、爺様の立ち位置の件・・・爺様が従前おっしゃられていたかと思いますが、まずは『在日完全排除』し、次に『日本人による売国奴(共産党や社民党や民進党等の野党を筆頭に、あとは左翼でしょうか?)の完全排除』で、かなり変わりますよね?
慰安婦にしても、特ア以外の外国人が取り上げる理由(特アにそでの下を貰ってる外国人も)に『日本国内の日本人(在日か売国奴なんですが)や大手のメディア(在日汚染激しい新聞や雑誌やTV局)が言っているのだから本当なんです!』が、かなりの後押し(嘘捏造でも真実味というか・・・日本人が内部告発的な)していると思うんです。しかもそこに『(根拠もなく)多くの日本人がー』とメディアが付ければ、『日本国中が思っている』と外国は思うでしょう。まるで『EUが移民歓迎(実際は、移民犯罪やらかして、メディアもEU各国国民を押さえきれずに「デモ」を報道せざるをえなくなってる)』と日本で報道されれば『そうなんだなぁ・・・』と日本国民が思うが如く。まぁ、それもネット普及でだいぶ緩和された感じですが。
ですから、先ずは『何はともあれまず除鮮』で続けて『売国奴を排除』でしょう。それから外国に蔓延るの中韓プロパガンダ排除しないと、また『背後から撃たれる』に戻ってしまうでしょう。
・・・って思ってるんですが、爺様、あってますか?
あっと、追伸・・・
爺様が最後におっしゃっている『司法汚染』についてもそうなりますかね?『除鮮・売国奴排除』したらマシになるのでしょうか?

.....戦略的順序があるからな。『除鮮・売国奴排除』ですべてかたずくだろう。まあ、とりあえずは選挙に勝つことである。韓国の在日方針として、今回参政権が与えられている。昨年の日本の外国人登録法廃止にかかる国籍確定、住民登録およびマイナンバー制度施行による住所特定により、税法、兵役法の適用が簡単にできるようになった。
今回の案内には、なんと帰化人も対象として入っている。どういう意図なのかはわからないが帰化した以上は日本人であって、それに対してのコントロールまで考えているのだろうか。ただ可能性としては従前から余命が指摘しているように、帰化に際して国籍離脱証明書の提出がいい加減であり、帰化後の届け出をしていない者が二重国籍者として10万単位で存在することを韓国政府は意識している可能性がある。まあ、日本人には関係のないことである。

Naga2010
更新の間隔が短くなっていてなかなか内容把握が困難で嬉しくもありまた悩ましいところでもある今日この頃です。
当方は地方在住で安倍政権は支持していますが、一方で公明党との連立は自民党にとって背に腹は代えられぬ選択だったとはいえいずれは解消して唯一のまともな野党である「日本のこころを大切にする党」と連立組むことが日本を取り戻す上で必要なのではないかと考えています。
この政党を応援しているのですが、一方で自民党の支持率を下げる誘引になりはしないかと心配する自分がいます。余命様のご見解をもしよければ表明お願いします。
他に似たような質問があれば削除して頂いても構いません。

.....元次世代の党であるが、民進党(民主+維新)や共産党、そして公明党がどれだけ恐れているかを、この政党の幹部がわかっていない。それどころか自民党との合流を目指している有様だ。労組とか宗教団体というバックアップがないということはフリーハンドで動けるということである。そしてそこに拉致問題からの流れでブルーリボンという予備自衛官の組織がついていたのだ。
田母神を必死に叩いているのは、その脅威の関係を断ち切るために他ならない。和田政宗が足を引っ張られているのもその関係だ。党勢拡大の方法はいくらでもあるのだが気がつくかどうか...。
なにしろ東京都議選の田母神陣営の選対部長が水島氏で、そのご当人が田母神氏を告発しているというのだからもうわけがわからない。チャンネル桜の関係ではなでしこアクションがあり、Change.orgという余命が承認していない署名サイトがある。そのお仲間に有田、安田、津田、なかがわ君なんかがいるのを見ると、もう右なのか左なのか自分たちもわけがわからなくなっているのではないだろうか。このままではこの政党は終わるだろう。

建久
こんにちは、皆さん。余命さん、ありがとうございます。
寄付は、了解です。本の売り上げは部数で軍資金がわかってしまうので寄付が良いですね。
ただ、振込口座で身バレの問題も同時に発生しそうです。身バレしても平気な段階にきてからでしょうか。
次の官邸メールに、入ってるかわからないですが、スパイ防止法と日本版CIAの設立が欲しい。
詳しくないですけど、公安が警察の一組織じゃ脆弱だし秘密の保持、秘密工作の深度が浅いような気がします。
自衛隊情報部、日本版CIA、公安は広域捜査。3つの組織があれば、互いの監視も出来て安全な運用が出来るのではないでしょうか。
諸問題は、日本人の為だけに税金を使って、司法も正常化すれば、自ずと解決すると思ってます。

.....まあ、別に告発サイトを立ち上げて寄付を募るということもできるし、何十億もの資金が必要というわけでもないから、余命の読者の何割かで可能だろう。
今の状況では、まさにシナリオ通りに進んでいるから無理をする必要はまったくない。

フォローする