シェアする

608 2016年4月17日時事

シマ
余命様、余命プロジェクトの皆様いつもお疲れ様です。
ゆるい保守団体、しきしま会主催にて日本労働組合総連合(以下連合)に抗議街宣が決まりましたのでご連絡致します。

日時
2016年4月22日(金)12時~13時
場所 千代田区神田駿河台3-2-11
連合会館前
抗議街宣の最後には抗議文等を提出を予定しております。

連合は最大野党民進党の支持母体で、連合の支持があってこそ選挙活動が出来ます。
民進党弱体化を目指し、参議院選挙迄継続的に抗議街宣を行っていく予定です。
連合職員のいる平日昼間になりますが、ご趣旨に賛同していただける方がいらっしゃれば是非参加していただけるとありがたいです。
応援だけでも励みになります。
(動画撮影も入りますので都合が悪い方はマスク・サングラス等お願いいたします)
詳しくはしきしま会HP参照下さい。
と過去9回は行ってきましたが、今回はちょっと趣旨が変わるかもしれません。
なにせ連合の民進党への対応が支持から連携に変わりました。
詳しい内容はしきしま会ブログ、”3/30日本労働組合総連合会が民進党を見限った模様20160330”
若しくは「連合」で検索していただけると記事が出てきますので確認していただけるとありがたいです。

今回に関しては、抗議街宣最後には支持を表明をやめたことについて「感謝状」という形になるかもしれません。

アオイ
>憲法提言
民進党(民主党+維新の会)(参考)
民進党の危険な「憲法」綱領
日本政策研究センター(2016/04/11)
(抜粋)
1 この(憲法)提言のキャッチコピーは「未来志向の憲法」だという。しかし、その中身は触れられていない。
実は、「未来志向」の中身は、提言の前段階としてその一年前につくられた「憲法提言中間報告」にはっきり書かれている。
「二一世紀の新しいタイプの憲法は、この主権削減、主権抑制と共有化という『主権の相対化』の歴史を確実なものとし、これに向けて邁進する国家の基本法として構想されるべきである。国家のあり方が求められているのであって、それは……『国家主権の委譲』あるいは『主権の共有』という新しい姿を提起している」
2 主権には「唯一」「独立」という意味が含まれるはずだが、それと矛盾する「委譲」「共有」、つまりは主権の「相対化」「削減」が、彼らのめざす「新しいタイプの憲法」だというのである。
これはもう「反国家」イデオロギーというしかなく、「未来志向」などというのは包装紙に過ぎないということである。
3 民主党は、民進党という新党に衣替えするが、この「未来志向の憲法」は民進党の綱領でも踏襲されるという(読売新聞・三月二十四日)。
中国や北朝鮮の「現実の脅威」のなかで、こんな危うい議論をしている政党が中心となって参議院での「三分の二」阻止をめざす。これほど危険なことはない。
(以上、抜粋)
4 「国家主権の委譲」とか「主権の共有」という民進党(民主党+維新の会)の憲法提言は、外国人(特に在日中国人、韓国人、朝鮮人)に参政権を与え、外国人による国家運営を目指すものであり、この外国人参政権付与は、対日工作の大きな目標となっているものです。
5 このような憲法提言を掲げる民進党(民主党+維新の会)への政権交代が実現してしまうと、対日工作(三戦:宣伝戦、心理戦、法律戦の三つの戦術)による衆愚政治すなわち民主主義を悪用した外国人による独裁的な政治の体制が完成し、マクリーン事件の最高裁判断など忘却の彼方へと葬られ、もはや後戻りは(クーデターでもない限り)不可能な国になってしまうという危険性があるかと思います。
6 余命様のコメントを引用しますが、
「選挙という手段はよりよい代表者を選ぶ機会であるが、一方で売国奴のような議員を落選させる機会でもある。みなさんの1票を是非、日本のために使っていただきたいと思う」
と、わたしも思います。(余命ブログの読者様には既知のことで恐縮ですが)事実と現状を大衆に知らしめるという活動も大切だと思います。 (以上、アオイ)

774ぃ
ランドセルテロ
こんにちは!
ランドセルというのは、通学中の子供の安全を守るために、日本にて魔改造の末に考案された鞄だと聞いたことがあります。転んでも怪我しないようにだとか、車にはねられてもクッションになるようにだとか。そして手に持つのではなく背負うことで、重い教科書に対する負担を軽減する、合理的な鞄だと、最近では海外で評価されて、日本旅行のお土産に買っていかれる旅行者も多いのだとか。
海外に認められ且つ、日本独自の文化であるランドセルを、テロに使うところに、敵側の相当な悪意を感じますね。そういうのに嫉妬する国が近くにありますしねー。
大事な人を守るためのものをテロに使う連中、マジ滅びればいいのに。

板橋区日本人
余命爺様・スタッフ様方・読者様方
学校やら幼稚園やら始まって、当方も疲れからか風邪引いちゃいました。爺様やスタッフ様・読者様はいかがお過ごしですか?
先日、子供の保護者会にて新しい担任が前へ出て挨拶しました。挨拶前に、はじの方に座っている先生方・・・一人、何か気になる先生が・・・。あぁそうそう、隣の国の量産系な顔に似ている。と、耳を見てみると、あれ?耳たぶが小さい?(というか、耳途中から耳の下に向けて斜めにシュッと・・・説明しづらいな)・・・まさか朝鮮耳と言うやつか!?『朝鮮耳』がイマイチ分からないんですが(どこまでが耳たぶがないって判断なのかなぁ?と)、顔といい耳たぶといい、気になったのはこれかと。何か悪い予感。まさか!!うちの子の担任じゃあるまいな!?とドキドキしてたら案の定・・・。たぶん、私、青くなってたかも・・・。
今のところ、子供から何も聞いてはいないのですが、子供に『もし、あんたが見たり聞いたりして「おかしいな?」と思ったら、必ずママに言いなさい!あと、学校では決して「中国・朝鮮」の話はしない!!(担任の前に、中国人やらがクラスにいますから、その辺は既に分かっていますし。)』と言い聞かせ、担任への疑惑は言いませんでした。もし仮に『通名朝鮮人』だったならば、私が『余命読者』だと『担任への疑惑』が分かったら、子供に被害が及んでしまうと考えたからです。これから2年間、担任なりますので、冷静に、且つ、よく見る様にならなければと気を引き締めました。
が、こんなにも近くに居る(疑惑ですが)とは・・・しかも小学校の教師!!同級生に『李(中国なのか?朝鮮なのか?)』だとかがいるのは分かってましたが、今までは漠然と『どこかに成り済ましている在日』で、『通名在日』は分かりませんから、直接な感覚(?)は無かったのです。ですから、驚きと恐怖(特に子供に被害がきますから)に、ビクビクしています。少し話す機会がありましたが、今のところは普通なんですけれどもね。
もし仮に、有事があった場合、このような通名教師はどう動くだろう?一人では動かないだろうが・・・日教組が何か関わるのか・・・冷静さが、少し無くなってますが、今はただただ『何かあれば、すぐに飛んで行けるようにするしかない!』と自分を押さえ込むばかりです。
ただの愚痴を駄文でダラダラ書いてしまいすいませんでした。

sasa
余命2、脱稿おめでとうございます。出版の日が待ち望まれます。次回選挙対応とのことですが、自民に有利になればいいですね。パナマ文書の件も、来月の伊勢志摩サミットで国際協調して対応していく線で合意ができれば、安倍政権の信頼度も上がるかもしれません。とはいえ、自民幹部の名前が文書から出てくると、どうなるか分かりません・・・(企業の租税回避とはわけが違うので)(案外、野党の名前が挙がるとか・・・野党も、共産以外は問題視していませんからね。

S.A.
皆様大変お疲れ様です。
今年も沢山の新入社員を教育しますが、最近気になることがあります。
どこで教えられてきたか、みな手をへその辺りで組んで脇を突き出してお辞儀するじゃないですか。このお辞儀、たしか韓国式の『コンス』というものではないでしょうか。私は、 日本着物の女性がそんなお辞儀するか?日本の武道の試合前にそんな挨拶するか?日本のお辞儀は、もものあたりに自然と手が来る、手を組まない、脇を突き出さない自然な形が日本のお辞儀、と言っていますが、新人には怪訝な顔をされました。マックやJRのCMも手を組んだコンスの女性が出てきてますね。こんなところにも侵食されていたとは。本当にこちらの我慢も限界ですね。

ほんとの空
余命様、プロジェクトの皆様、日々の更新とても励みになります。
ありがとうございます。
今から申しますことは、余命様にだけ見ていただければいいです。
重要じゃないことなので、私自身コメントしていいものか迷いました。
でも、勇気を振り絞ってコメントします。
初めてのコメントです。
いつも読者の皆様のコメントの質が高すぎて、私は読みこむのが精一杯で、コメントなど出来ないなと思っておりました。
でも、朝鮮耳についてです。
私は家系図も家紋もある、とある東北の本家の娘です。
しかし耳たぶが無くて、つまり皆様のおっしゃるところの朝鮮耳なのです。
覚醒するまでは何も思わなかった自分の耳ですが、どなたかのコメントにあったように朝鮮人と日本人の区別の一因にされるのは…とても悲しいです。
とても、悲しいです。
それしか言えません。
余命様、プロジェクトチームの皆様、これからも私は私なりに自分の出来ることをします。
どうか皆様もお身体ご自愛ください。
ありがとうございました。

.....前回も書いたし、今回も冒頭、板橋区日本人さんの投稿にもあるが、話題にはなっても、それをまともに考えている読者など一人もいないだろう。耳もそうだが、目が細いとかえらが張ってるとか容姿に関することなど余命では関係がない話題である。トンスルとか試し腹とかいう話も朝鮮民族の習慣の話であって、日本人がどうのこうのという問題ではない。また、近親相姦DNAなんて話はそもそも過去ログで余命は否定している案件である。
ことさら話題にするのは100%在日、あるいはなりすまし在日朝鮮人だから日本人は気にすることはない。削除していた典型的なりすまし投稿にこんなのがある。

(投稿者名略)余命翁さま、プロジェクトチームの皆さま、いつもブログをありがとうございます。一昨年暮れからの新参読者で初めてコメントさせていただきます。
「朝鮮半島に住む人々のDNAには異常な部分があり、それは近親相姦を意味する。」と精神科医を名乗る人物のコメントや「耳たぶが無い独特の朝鮮耳!画像検索して!」など、科学的根拠に乏しいコメントが寄せられていますがたぶん余命チームの中に医学薬学に詳しい方がいらっしゃらないんだろうと思います。
こういったデマ的な内容のコメントを本文に取り上げれば、余命翁さまが同意しているように取れますしブログの信ぴょう性が落ちてしまうのではないでしょうか。
医薬品関連の官邸メールなら厚労省が窓口になります。
同じく柔整の診療報酬不正請求も厚労省。
官邸メールとして同じ窓口にメールする方がまとまるのかもしれませんが、速やかに官僚を動かすならば該当部署の厚労省にも送付すればいいかなと思いました。
ジェネリック医薬品、自称精神科医による様々な提言、かなり問題の本質とかけ離れていました。
医療関連で確実に在日朝鮮人の不正がある件だけにしてはいかがでしょうか。
(例えば医学部入試における在日特別枠の存在。)
曖昧な情報を敢えて掲載されるのも、何らかの意図があっての事かもしれませんが
(例えば気軽に書き込みができて活発な意見交換が行われる)
耳たぶの件はあまりにも根拠なきデマであって、しかし余命翁を信頼している読者の中には鵜呑みにする人もいらっしゃるだろうと心配してしまいます。
特に余命本でブログに辿り着いた方、インターネット利用期間がまだ短い方々にとって情報の取捨選択は難しいだろうと。
たいへん差し出がましい内容、失礼いたしました。
余命翁さま・余命チームの皆さま、著作の出版ラッシュでお忙しい事と思います。
どうぞお身体にお気をつけてくださいませ。   おわり

.....突っ込みどころ満載のなりすまし投稿である。読めば余命の読者は怒るだろう。因みにブログにも書いてあるが、親近者と周囲には医者が3人と薬剤師もいる。

おかちゃん
こんにちは、お疲れさまです。
昨日いよいよ補選の告示がされましたね。京都は残念ながら自民党からの出馬がありません。野党と大阪維新の争いですかね。
北海道はなんとしても勝たないといけません。町村氏の議席を失ってはいけませんし、ここで野党野合連合に負けるようでは、参院選に向けて不安しか残りません。
野党は自衛隊駐屯地前での演説で家族の不安を煽っているそうですね。
北海道の方がいれば実際の情勢もわかるのでしょうが、ニュースなどでは接戦、もしくは自民敗北もあるとの記事が多く、少し不安になっています。
ここで負けるようなら今後の選挙も野合連中が勢いづきますし、日本から反日勢力を追放するのも失敗になってしまいます。
北海道の有権者の方、お願いします。

景勝
半島産の食物に関するアンケートに答えようとしたら文字数オーバーになってしまったので長文すまぬがコメント欄に記す。全てがデタラメな韓国産、ましてや食品など選択肢にも入らぬ。それよりサッカーの記事だが、私は生粋の武道家で球技は分からぬので的外れである蓋然性が高いと思いつつ、一言。顔付きや苗字だけではアレらは正直、この時代に至っては区別が付かないケースが多いだろう。整形が国技だし、左右対称苗字なんて結構な割合で精々一世・二世迄だろう。アレらは悪知恵に長けるから、ありがちな通名にしている者が相当数いると考えるべきだ。左右対称苗字の日本人への攻撃にもなるしな。まぁ、整形が国技、つまり史上稀なレベルの最悪最強の嘘つきの卑怯者集団だ。侍の精神に反する。時代が時代なら問答無用で私自ら叩き斬る。…このサイトは最近、脇が甘い気がする。考えあっての事であるとは思うが、アレらの窮鼠猫を噛む的な保守分断工作が最近、顕著かつエスカレートしている。各自油断めされるな。ここに来ている各々方及びこのサイトを信頼するが故に敢えてネットに出ない私自らコメントをさせて頂く。連中は厄介だ。事は確実に、着実に進めるのが我が国体の礎を命懸けで護った大名の末裔として申言する私からの唯一にして最悪最強の(エネミーにとっての)戦略だ。現政権、安倍総理は天下の名将。サイト運営に於いてエンタメ要素が必須なのは分かる。戦さでは侍とて人間、疲れるからな。だが、敵による保守分断工作が明白となりエスカレートしている戦況である事も各自、頭の隅に置いて欲しい。確実に、着実に、この戦さにおける勝利を勝ち取るのだ…!!正義と信義を重んずる日本国再興の為に。(余談となるが恥ずかしながら大名の末裔、戦略家の私も保守分断工作の罠にかかりかけ、漸く昨日、余命ハンドブックを書店にて内容を確認した上で購入した。第一弾よりこちらのハンドブックの方が有用と判断する。余命読者ではあるが正直書籍化による商業化には「?」であったが、本書は有用である。ペンは武器より強しを体現する書物である。私同様、敵の巧妙な罠にかかりかけている方々にこそお勧めの名書である。(真の大名=戦さに於ける最高責任者たる戦略家は何であれ、先ずは疑って掛かるのが常識だ。真の大名は家臣のみならず全ての民の生活と安全に毎日針の糸を通す様な判断に迫られるからな。)
※長文すまぬ。
余命様のサイトでも言及のあった保守系サイトのアンケート欄へ投稿しようとした文章です。立場上残念ながら表立ってそのサイトでのアンケート欄では文字数オーバーになってしまいましたが、あのサイトの閲覧者であれば本家サイトも閲覧していると思い僭越ながら本家サイトへ投入させて頂いた所存であります。長文乱文失礼致しました。削除頂いても結構です。ハンドブック、書籍化への攻撃へのカウンターアタックの意味合いも込め投入させて頂きます。

フォローする