シェアする

633 ハンドブック⑳

みなさんいつも本当にご苦労様である。全国各地の書店情報が生き生きと伝わってくる。
それも単なる見た目の報告ではなく、わざわざ足を使い、頭を使って、闘いとなっているようなケースもあるようだ。まあ、無理はしないようにお願いしたい。
おかげさまで余命本は5月で3冊目となる。予期せぬスピードで進んでいるので調整局面という記述をしているが、どうも舌足らずだったようだ。これは進みすぎているから何もしないで時間待ちということではなく、シナリオの凹凸ラインを積極的になくそうということである。
現在、ランダムファイルという項目で出稿ラッシュとなっているが、次の段取りのために、それまでの投稿のアップ拡散と情報の共有が必須となっているからである。コメントはつけていないし、単純にコピペであるが、そうしないと間に合わない。申し訳ないが整理の方はよろしくお願いしたい。ランダム投稿記事は、いろいろと微妙な理由で保留されていたものなので、その点を考慮して取捨選択されたく思う。
数日中に整理を終えて新たな段取りについてお知らせする予定である。

オッケー牧場改め、走れ幌馬車
余命様、スタッフ様、読者様、いつもありがとうございます。
熊本地震の募金は余命さんが号令をかけて下さるまで待つように、家族と親戚に釘を刺して置きました。
街頭募金は詐欺!赤十字もユニセフも中抜きしてるよとしつこく申し伝えてあります。

東京北区赤羽4/16の書店情報です。
子どもの本 青猫書房は反戦反原発本コーナーはあるのに、日本の絵本は取り扱いわずかでした。
余命本はもちろんありませんでした。
カフェ併設で綺麗な庭も眺められますが、2度と行きません。
ビルのオーナーが経営しています。

東武ブックスビーンズ赤羽店
入り口正面にハンドブックの表紙を見せて台座付きで目立つように陳列されていました。源平合戦の扇子のようでした。
余命本1 10冊位平積み
ハンドブック8冊平積み+台座付きで1冊
保守本も渡辺哲也、ケント・ギルバード、黄文雄、石平などがありました。

ブックストア談
中央通路の人文の棚に表紙を見せて陳列させていました。
余命本1、ハンドブック共に2冊ずつありました。
保守本は、黄文雄、石平、呉善花などがありました。
佐藤優と池上彰を推している気配がややひっかかりますが。

阿房宮
余命翁様、スタッフの皆様、読者の皆様へ はじめまして。
阿房宮と申します。
皆様にはるか遅れて報告です。
青森県南部地方の書店、図書館状況です。
28年3月中旬調べ
・伊吉書院西店(地元資本)
余命三年時事日記 政治・時事コーナー定番棚平置き5冊(第4刷)
隣にはすみ氏の「そうだ難民しよう」同じく定番棚平置き6冊
嫌韓本系、親韓本系それぞれ同じくらいのスペースにて展開
アイランド(入口正面、書店が何に力を入れているかわかる)政治・時事本もあり(右も左も)
28年4月18日調べ
・カネイリ下田店(地元資本・イオンモール下田内)
余命三年時事日記 政治・時事コーナー定番棚差し1冊(第○刷調べ忘れ)
余命三年ハンドブック政治・時事コーナー定番棚差し1冊(第2刷)
嫌韓本系、親韓本系どちらも目立たない
平置きもあえて外した揃え方、無難と言うか、やる気がないと言うか。
アイランドは文芸書、漫画、ハウツー本。
※代替わりしたものの、この会社は(青森県議会議員 金入明義議員「昭和54年初当選、自民党、5期当選)が社長を務めた会社です。
青森県八戸市立図書館
28年4月初旬調べ
・余命三年時事日記1冊在庫有り
追而、調査継続します。(28年4月18日、阿房宮)

在米の一日本人
余命さま、いつも拝見しております。ありがとうございます。
この度ハンドブックを地元(?車で一時間弱)の書店にて注文、受け取りました。
紀伊国屋書店ニュージャージー店(アメリカ)
3/15 問い合わせ「余命?三年?どのジャンルですか?」と存在すらご存知ない様子。予約はできないらしい。
3/30 電話で注文。取り寄せ。別の店員。若干知ってるかもしれない?壁を感じる対応。
4/8 取り寄せ到着の連絡。ハンドブックですが、初版でした。書庫に入ってたのかな? (同じ頃宅配で届いた第一弾は7刷でした(日販関連ネット書店))。
店の中には、いわゆる中国とか韓国とか右・左系の本は一切なく、場所柄かアメリカと日本に関する政治・ビジネス本だけが置いてありました。顧客は日本人以外に韓国人、中国人、欧米人の方々など入り乱れています。妙に納得。他は子供用、漫画、文具、カルチャー本です。ニューヨークにも紀伊国屋がありますが、同様と想像します。東部で日本の書店は知る限り、紀伊国屋とBook Offのみです。
ご報告遅くなりました。何かの足しになったら幸いです。
ハンドブック、戦後の日韓史のテキストですね。 (在米の一日本人)

SMRY
田舎ママ様
私も浅田真央さんで覚醒した一人です。朝日新聞で育ち、自称左翼でしたが、今では立派な嫌韓、保守となりました。浅田さんは菩薩顔とも言われています。そのような役割も持たれているのでしょうか?
さて3月19日、立川駅北口オリオン書房、時事日記10数冊平積み、隣にポッカリと空間が・・・。販売2日目で早くもハンドブック売り切れ?3月末、武蔵境南口イトーヨーカドー内八重洲ブックセンター、時事日記1冊、ハンドブック1冊、入荷してね!と思いながらハンドブックを私が購入しました。やはり3月末、国分寺駅ビル内紀伊國屋書店、時事日記、ハンドブック共に10数冊平積みでした!4月3日、武蔵境の八重洲ブックセンターを再度覗きましたところ、時事日記1冊のみでした・・・。アリバイ作りだったのかな?
余命様、スタッフの皆さま更新ありがとうございます。くれぐれもご自愛くださいませ。

VIC
初代余命かず様の頃からお世話になっておりますが、初めて投稿させて頂きます。3代目様及びプロジェクトチームの皆様には本当に感謝の念が絶えません。左翼の洗脳から20年以上前、大学生の頃にある程度目覚めたつもりでいましたが、本ブログや倉山満氏、Venona文書で近代史の真実を知るに当たり益々正しい情報拡散の重要性を痛感する毎日です。親兄弟をはじめ、嫁方の親戚や友人、恩師などに余命本を配布しています。年配の方には当初はブログのプリントアウトを渡していたのでお蔭様で俄然効率が上がりました、ありがとうございました。
豪州在住ですが、先日一時帰国した際恩師に余命ハンドブックを渡すため青葉台東急のブックファーストに立ち寄りましたが、エスカレーターを降りた正面のベストポジションに平積みで4列!で置かれていましたので即購入。余命翁と同世代の恩師に最初の余命本をプレゼントしたときはあまりの内容にその晩に読破してしまったとの事です。
その他書店チェックですが、桜新町のTSUTAYAは見事にどちらも影も形もなし、店員に確認するとお取り寄せとの事(ここまで徹底しているとかえって面白いw)
三軒茶屋の文教堂は残念ながら本棚に縦置きで両書籍を確認。これからも応援していますので是非この戦いをみなで勝ち抜きたいと思っています。

越後
初代余命かずさんの頃から拝読させていただいています。
新潟県長岡市の書店情報をお伝えします。
①イオン長岡店 宮脇書店 余命本、ハンドブック共に見当たらず
②リバーサイド千秋 くまざわ書店 こちらも共に見当たらず SEALDs本などが目立つように置かれていました。
③ツタヤ長岡古正寺店 共に見当たらず
④戸田書店 長岡店 こちらは余命本8冊(6刷、7刷)・ハンドブック3冊(2刷)
大嫌韓時代 井上太郎最前線日記 japanismなどが入り口近くのコーナーに平積みされていました。
長岡市周辺で探されている方の参考になればと思い投稿させていただきました。

ほうじ茶
余命爺様、プロジェクトの皆様、いつも更新有難うございます。
ひよわな、長州人。様
ご近所の方の投稿でしたので、なんだか嬉しいです。
私は長州人ではなく修羅の国出身ですが、長州の土地柄がとても居心地良く感じております。
情報が被りますが、山口市内の4/19における書店状況です。
明屋書店・小郡店
余命1=4冊(5刷×1、6刷×3)
ハンドブック=4冊(全て2刷)
明屋書店・MEGA大内店
余命1=6冊(全て5刷)
ハンドブック=4冊(全て初版)
文栄堂・山口大学前店
余命関係書籍なし(検索すると取り寄せとの事)
文栄堂・ゆめタウン山口店
余命関係書籍なし
明屋書店は保守・反日書籍ともバランス良く取り揃えてあり、余命本は棚に表紙面を向けて置いてありました。
文栄堂は山口のローカルチェーン店で、反日書籍のほうが目立ってました。
以上です。  (ほうじ茶)

二番目の山羊(曾祖母がアイヌ)
とぶとり様へ
>有隣堂八王子店でも検索機で確認したところ、
>ハンドブック、時事日記ともにありませんでした。
JR八王子駅の駅ビルに入っている有隣堂さんですよね?
私、HBも時事日記も有隣堂八王子店で購入できましたよ!先日寄ったら、見当たらなかったので。売れてしまったのだと思います。
もう少し詳しく説明しますと、時事日記は発売当初、見当たりませんでした。ただこの時は全国レベルで増刷待ちでしたし。で、年が明けて2月に行ってみると、平積みでは有りませんが、表紙を向けて棚の目に付き易い箇所に並んでいました。その時、4冊有ったかな?一冊、私が買いました。レジでお会計を済ませた時、「何処に行っても置いてなくて。有隣堂さんになら有るって聞いたんです」と付け加えたら、スーツ姿の男性店員さん(多分、店内で偉い人)に感慨深そうな表情で「有難う御座います」と頭を下げられました。
HBは4月に入ってから買いました。その時、棚の見易い位置に、表紙を向けて2冊。とぶとり様のお話から推察するに、何日もしない中に売れてしまったんですね、きっと。
なので、背表紙を見せてひっそり扱いの京王文教堂さんより、よっぽど好意的に販売してくれています。一番店舗数が多いくまざわ書店は全く扱ってくれません。ですので、近辺の余命ファンは全員、有隣堂さんに流れて来たのかな、と(笑)
※横浜の伊勢崎町本店も頑張ってるみたいです。目と鼻の先に福富町(第二の新大久保)が有ると云う立地なのに。いえ、だからですね。きっと色々と被害に遭われて来たのだと思います。≪二番目の山羊(曾祖母がアイヌ)≫

猫庭小判にゃん
余命爺様、スタッフの皆様
いつも貴重は情報ありがとうございます。
私のコメントを採用していただきありがとうございます。
ただ、たいへん申し訳ないのですが、<私の購入先は「発売日に紀伊國屋一択」>と書いた件、見なかったことに(脳内削除)してください。本ブログの影響力を考えるとあれは悪手だと認識したからです。
長崎の話を読むと、応援したくなる。でも、普段、紀伊國屋さんを使ってない人が利用するのは控えるべきかなと。
本ブログの読者が紀伊國屋さんで集中して購入すると、紀伊國屋さんのPOSを利用している他の書店からの注文が増え、店頭に並ぶ数も増える。のですが、これは売上予測を上方に乖離させているだけ=組織票を突っ込んでいるに他ならない。紀伊國屋さん以外では全然売れず、返本の山、青林堂倒産。
となったら最悪だからです。「余命本は普段、使っている書店で買いましょう!」です。

ブックファースト北千住店
2週間ぶりに観察に行ってみました。在庫がたくさんある(検索機では二重丸)なのに余命本が一冊しか置いていない。
というのが気になっていたからですが、ノンフィクションの棚にスペースを取り、表紙を手前に向けて複数はめ込み=一冊売れるたびに補充しなくても済む形に変わっていました。やればできるじゃないか!でした。

ないちゃー
皆様の投稿読み、かなりがっかりしました。横浜生まれ横浜育ちの身では「有隣堂」は書籍ならば鉄板な存在でした。しかし横浜は昔からの汚染もひどいんだろうな、と今更ながら感じる次第です。元からではないんでしょうねぇ、いつからかヤラレタんでしょうねぇ。。
元は伊勢佐木町の一等地。隣の丸井がパチンコ屋になり、松坂屋も撤退。そのあたりで何かあったのか?と思いたいところです。もはや除鮮対象にすべきですね。

フォローする