659 ハンドブック㉒

Pocket

さくら
余命様 プロジェクトの皆様 いつもありがとうございます。
余命ハンドブックについて「いつも聞いていたから驚かなかったけど、日本は思っていたよりひどい状態だとわかった。」との感想が返ってきた。「(内容を)覚えていきたい。」とも。
この本が日本で出版されていることを できるだけ多くの人に知ってもらいたいし 読んで貰いたいと思う。
自分も「真実を知ること」から「守りたいもの」が分かった。
みなさんの書かれていることを読むと 勉強になるし 心強い。連帯し 少しづつでも、日本の夜明けに向かって進んでいきたい。

ずっと産経新聞
4月20日(水)の産経新聞の2面に、「余命三年時事日記ハンドブック」の広告が掲載されました。「JAPANISM30」「さよならパヨク」「小坪しんや」も並んでいて保守一色でしたね。
昨年「余命三年時事日記」の広告を見た時も驚きましたが、今回も堂々としています。2面の下ですよ。上は「主張」ですから。扱いが特別です。産経新聞もやるよのぅ・・どなたかが書いてくれるかなと思ったのですが、まだのようなのでお知らせしました。

あるけむ
余命翁様
あるけむです。
名古屋市図書館に寄贈した「余命三年時事日記」「ハンドブック」の状況について、近況を報告します。
なお、この情報は、ネット経由の「詳細検索」で確認した内容です。
寄贈前(4/8金)の段階で、「余命三年時事日記」が1冊のみ登録がありました。
4/9土に「余命三年時事日記」3冊、「ハンドブック」4冊を寄贈し、
4/12火に「余命三年時事日記」2冊、「ハンドブック」2冊を寄贈しました。
本日(4/24日)早朝に検索したところ、「余命三年時事日記」が5冊まで増加しました。
気になるのは、以下の2点です。
・「ハンドブック」の在庫が無い
・「余命三年時事日記」が新着図書の一覧に無い
名古屋市図書館が思想的に偏っているかどうかはわかりませんが、今後、「ハンドブック」が在庫されるのか、注視します。

NAGA2010
この度の地震の被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。個人としてできることは募金や被災地の物産品を購入することで復興の後押しをすることしかありませんが1日も早く元通りの生活ができるように応援していきます。
私の住む地域はかなり揺れましたが被害は比較的少なくすみ通常通りの生活ができています。不謹慎かもしれませんが危機に直面することで日本人が本来持っている良さが浮き彫りになっており日本人も捨てたものではないと思いました。
また書店巡りをして状況を確認して来ましたので報告させて頂きます。また書店名が間違っていました。お詫びして訂正します。
誤 春屋書店
正 明屋書店

4月22日
明屋書店 賀来店
ハンドブック 在庫なし
余命1 在庫が1冊減。売れたようです。

明屋書店 稙田店
ハンドブック 在庫2冊 変化なし
余命1 在庫 1冊減。売れたようです。

明屋書店 高城店
ハンドブック 在庫なし
余命1 在庫1冊減。売れたようです。

変化なければボツにするつもりでしたが売れていたので嬉しくなり報告させて頂きました。地方でありますが徐々に浸透しつつあるようです。
以上報告致します。

ひぐらし
楽天ブックスでも「余命三年時事日記2」の予約が可能になりました。
早速20冊予約。
楽天ポイントが溜まっていたのと,amazonは日本に法人税を納めていないので,楽天ブックスで予約しました。

匿名希望
うくらえむ様
便乗して、神戸三宮ジュンク堂書店の状況を。
昨年12月の第一弾発売時は、時事評論の棚に7冊ありましたが、PC検索では「在庫なし」となっておりました。
ハンドブックのときはその逆でした。
発売後初めての休日に行きましたが、PC在庫は「在庫あり。前日在庫は12冊」でしたが、現物は見当たりませんでした。(探しきれなかっただけかもしれませんが。)
さらに、そのすぐ近くの棚3つぶんくらいある「話題の新刊」のコーナーではパヨク本のオンパレードでした。
さて、第二弾のときはどうなりますやら。
今からニヨニヨしています♪

凶区民(茅ヶ崎)
凶区民アラカルト。
余命翁様。スタッフの皆様。読者の皆様。
お疲れ様です。ありがとうございます。
毎日、希望と勇気をいただいています。
カシワギ様。
>ささやかながらお役に立てたのなら何よりです。
>書店調査の報告や各種提言など、活動なされていて感服しています。
いえいえいえ、まだ活躍というほどの成果は上げていません。
木に登ってしまいますから、あまりおだてないで下さい(笑)。
>どうかお身体に気をつけてご活動下さいまし。
>くどく書いてしまって申し訳無いのですが、
>各種活動をなされている方は絶対に無理をしないで下さい。
ご心配、ご懸念、ありがとうございます。
私は基本、ただ犀の角の如く歩め、が身上です。
ただ、ムリ・ムダ・ムラも人生の薬味と思っているアホーです。
(かつての部下曰く、時々、平気でムチャをするそうです(;^_^A)
カシワギ様。ご安心下さい。小生は小心者ですから・・・。
さて、茅ヶ崎駅ラスカ5階の川上書店ですが、数日前見に行ったところ、棚からハンドブックが消えていました。
売れたか!?と思って平台を見たら、他の本の平積みの上にチョコンと乗っていました。
あまりにもキチンと乗っているので、作為を感じました。
つまり、茅ヶ崎にも同志がいた!!とひとり喜んでいます。
さらに昨日、確認に寄ったところ「劣化左翼と共産党」は売れていました。嬉しいような悲しいような・・・。
イオンスタイル湘南茅ヶ崎店(旧サティ)のアシーネ書店ですが、前回見落としたのか、余命本とハンドブックが棚差し(または背差し:背表紙を見せて陳列する方法)でありました。
ちなみに、日本著者販促センターのサイトでは以下のように紹介されています。
平積み:
表紙を上にして陳列する方法です。
ベストセラーや新刊など、よく売れる商品が中心。
面陳列:
表紙を見せて陳列することです。書店員のオススメ商品が多いです。
平積みとの違いは、下のほうに置く陳列法と異なり、人の目線の高さの近くに置かれることが多くなります。一方、平積みと異なり、多数の部数を置くことはほとんどないのが特徴です。
余命ブログは、ミラーサイトで1から読み進めています。
やっと110を読み終えたところです。
この分だと2ヶ月は掛かりそうですが、必要な事だと内心の声が言っています。
現在、怒涛の更新状態ですが、こちらも可能な限り、再読三読に努めています。
おまけに?GATEも見つけて視聴を始めました。
4月20日の山尾サンの記者会見も視聴しました。
132no26gi さん。
変なものを薦めないで下さい。
生身の般若顔とはああいうのを言うのでしょうね。
実に醜い。うなされそうです。みなさんもどうぞ(笑)。
例によって益体もない文章の羅列になってしまいました。
不承認でも構いません。
(心で熊本へ合掌しています。震災とマスゴミの災厄に対して)

高速冷房
「余命三年時事日記2」の目次キタ!!!
ーーー以下引用ーーー
内容紹介
「余命三年時事日記」書籍版第2弾。
この妄想ブログは、100%現実化してきた!
選挙を前に知っておきたい真実!
〈目次〉
序章 余命の真相とその正体
第1章 民進党(民主+維新)、再生産される悪夢の歴史
第2章 日本共産党、擬態による国民洗脳
第3章 日本再生、マイナンバーと反日勢力の駆逐
第4章 マスコミの言論封殺の狙いを挫く
第5章 選挙への備え、反日勢力にとどめを
付録 号外メール
ーーー引用終わりーーー
余命の真相とその正体!?
マイナンバーと反日勢力の関係解説!?
うーん気になる内容ですね。
楽しみです。

ミラコスタ
余命本情報です。
神奈川県川崎市登戸駅そばの住吉書房、ハンドブックありました!
川崎国なんて呼ばれはしますが、未だに南部と北部で人種の割合が違うのかも知れません。ご報告まで。

匿名28号
あるけむ への返信
あるけむ様
元図書館アルバイトの匿名28号と申します。
寄贈本の受け入れには、特に1冊目の場合、色々と手続きの問題がありまして、リクエストと同じくらいの時間がかかります。1ヶ月くらい気長にお待ちいただけませんか。余命本が既に入っている以上、ハンドブックの所蔵はほぼ確実ですから。
新着図書については、図書館のシステム上、表示されるのは1冊目が入った時のみです。増えるたびに新着リストにアップしていたら、本来の新着本が埋もれてしまいますので、これは仕方がありません。(匿名28号)

予定は未定
余命様、プロジェクトの皆様こんばんは。
熊本地震にて被災された方々には遅ればせながらお見舞い申し上げます。
さて。三重県津市におけるHB販売状況をもうちょっと調べてみました。
別所書店修成店
ノンフィクション新刊の棚にHB1冊縦置き。
目の前に産経新聞社の元ソウル支局長さんの本が平積み。
別所書店としては唯一の独立した店舗。近くに公立小学校あり。
全体的にどちらかと言えば左寄りなの・・・かも。
第一書店
在庫無し。
津駅前に店を構える個人経営の書店。県庁・県警本部最寄りの書店の一つ。
官公庁発行の白書類を置いていたので期待していたのですが・・・。
宮脇書店津ハッピーブックス
在庫無し。
ただ、ノンフィクション新刊のコーナーにケント・ギルバートさんの本と産経新聞社の元ソウル支局長さんの本は平積み。

未来屋書店イオン城山店
在庫無し。
イオンの中にある事を差し引いても、元々政治・経済系の書籍をあまり置いていない店。

ヴィレッジ・ヴァンガードイオン城山店
在庫無し。
名古屋を中心にチェーン展開する「遊べる本屋」を売り文句にした、本屋と雑貨屋がごっちゃになった店。そもそも政治・経済系の書籍が無かった。
今回はこれにて失礼いたします。

ひぐらし
4月24日夕方に宮脇書店埼玉三郷店(JR三郷駅近くのワオシティ2F)に行ってきました。
専門書コーナーの目立つ所(新刊や売れ筋本)に平置きで,
余命三年時事日記:3冊
余命三年時事日記ハンドブック:4冊
がありました。他にケント・ギルバート氏の本が平置きされていました。
「社会問題」の棚は、下部の平置きと下一段+1/4段が所謂嫌中韓本で,「大嫌韓時代」や「非韓五原則」,「呆韓論」,「中国・韓国が死んでも教えない近現代史(黄文雄著)」,等々がありました。