700 巷間アラカルト㊽

多摩丘陵地帯
683の記事はマッチポンプだったのかな?
余命殲滅作戦は、自ら炎上ネタを投稿して、掲載されたらそこに噛みつくと・・・。それぐらいしか攻めようがないか、隙がないですからね。コピペでしょうかね、これ。同一人物の多数端末か、それとも示し合わせての使い回しか。

のほほんと「在コ一掃」セール
初めて投稿いたします。
余命爺様、連日の更新作業、本当にお疲れ様です。
最近、「似た様な内容の批判・罵倒投稿」が相次いでいると思ったら、これが「余命一派殲滅活動の一環」でしたか・・(^^;)。
いや、これはまた「ショボいアクション」で・・(^^;)。
私自身、そっち系(在○系?)と思われる方に言いがかりをつけられた経験がありますが、他の本でも触れられているように
・全くこちら側の言い分を聞かず、一方的にまくしたてる。
・やたら「被害者」を強調する。
・公権力(警察に訴える等)を持ちだして恫喝し、押さえ付けようとする。
といった傾向がありました。
最近出現した「似た様な内容の批判・罵倒投稿」の内容は、上記の特徴に近い上、
・やたら文章が長いが、大したことは言っていない。
・余命ブログを罵倒・痛罵している(これがオチ(本音)?)
という共通点があり、697~698の記事が投稿される前に「あぁ~、あっち系のお客様がいらっしゃいましたか♪」と理解できました。
あっち系の方々(反日勢力)は、民族的な傾向からか「正面切っての正々堂々とした力押しの対応」は避け、「一見、味方の振りをして近づき、信用させて後ろから刺す」という卑怯な方法を多用する傾向が強い様に思われます。
パヨク勢力の他に、「保守論者と思わせ、正しい歴史事実を主張しながら、徐々に保守分断を図る論調に持って行く」工作員も多々存在すると思います。
ただそれは、「個々人が一つの論調に固執せず、全体を俯瞰して、長いスパンで各論者の主張の推移を観察していれば、妙な動き・不自然な論調の変更等は自然とキャッチできてくるもの」ではないか?と感じています。
例えば橋下氏についてですが、従軍慰安婦の捏造の指摘や、憲法改正に賛同する、等の主張がある一方、維新の党自体が
・日本人なら絶対に賛同できない人権擁護法案、外国人参政権を支持している。
・外国人による地方自治乗っ取りの可能性がある「道州制」を主張し、住民投票で敗れたにも関わらず、なおかつ性懲りも無く道州制実現を目標にしている。
事などで、本人が信用できる人物かそうでないかは、自ずから判断できるように思います。
そして、一つ間違いなく言える事は「この余命ブログが、日本再生には間違いなく信用できる存在である事」です。これだけは自信を持って断言できます。
余命爺様、スタッフの皆様、これからも何かとうるさい妨害を受ける事もあるかと思いますが、一生懸命応援していますので、どうぞお身体を大切に、今後一層のご活躍を祈念申し上げます。

優游涵泳
一連の文章を、サラッと読んでみました。
何か、聞いた事のある定型文と言うか、フレーズと言うか、リズムと言うか・・・。
なんて事を考えておりましたら、思い出しました。
ウリスト教の勧誘員に事実をぶつけ、暇潰しにからかっていた時の、ウリスト教勧誘員の対応とか捨て台詞とソックリなのです。
しかもまぁ、ご丁寧に岸田外相のメールアドレスを使って謀る腹積もりの輩も居る様ですね。
岸田文雄事務所ドメインは選出地である広島のIP割当を受けているのに対し、106.181.101.54は東京新宿、更に言えばKDDI回線の内、auネットっと言う事までは、バカでもチョンでもカップラーメンを作る以上に手軽に得られる情報ですので、岸田文雄事務所に照会すれば成済ましかどうかなんて直ぐに割れますね。
その他は緩和ケア室さんですかね?
まぁ、チマチマと調査すれば、下手すりゃそのまま個人情報に突き当たるのでコメントしませんが、余命本の印税で資本力を得たこのサイトにちょっかい出すのなら、それなりの出費は覚悟すべきでしょうね。
出費に見合ったリターンが見込めるのならでの前提条件を要しますが・・・。

在外邦人
在外邦人です。
なんとも酷い恫喝・脅迫メッセージの数々ですね。
偏執的と言っても過言ではない文言に身震いすると共に言いようのない怒りすら覚えました。
余命様は、おそらくは常日頃より、このような身の危険を感じさせられるような攻撃を受けていらっしゃるのでしょうか。
尋常ではないストレスを受けられているのではと心配いたしております。
どうか、心身の安全には十二分にご留意ください。

一連の恫喝メッセージを読み、ふと思い出しました。
私は日本に暮らしていた頃、しばしばキリスト教会を訪れていた時期がありました。
私自身は神道でクリスチャンではないのですが、宗教学的好奇心から牧師と宗教談議をするべく訪れていたのですが、
しばしば韓国系キリスト教会の関係者たちとも遭遇し、話をしたことがあります。
彼らが頻繁に口にする言葉が、「悪魔」「カルト」「地獄」「偽神(似非神)」でした。
彼らによると、一神教でなく、八百万の神々を祀る日本は「悪魔の国」で、日本人は「悪魔の子」なのだそうです。
であるが故に、彼らは「悪魔の子」を救済し、「悪魔」を打ち倒し、日本を「神の国」にすること(つまりは日本をキリスト教化すること)が、彼らの「義務」であると頑なに信じこんでいるのです。
今回、余命様が公開された恫喝・脅迫メッセージを読み、投稿者が用いている用語、偏執的な思い込み、堅苦しくも不自然な日本語から、韓国系キリスト教会の関係者たちを想起しました。
彼らが投稿しているとは申しませんが、投稿者の素性というかお里は、容易に推察されます。
繰り返しになりますが、どうぞ安全にご留意くださいますよう。
(場合によっては、警察に定期巡回を御依頼されることも御一考されてはと思います)
長文、失礼いたしました。

香菜(コリアンダ)
青山繁晴氏の発言が話題になっていますね。
この人の発言について最近気になったことが二つあります。
一つは原発の話。PWR型が問題なくて、BWR型は問題あるかのような発言をしていました。PWR型の方が完成度が高いような気もしますが、薄い金属を介して高圧・高温の熱湯の熱交換をするPWR型だけが安全かのような発言は疑問です。
今回M9.0という大地震によって引き起こされた津波で事故が起きたのですが、BWR型の構造問題で事故が起きたわけではありません。史上最悪の事故とやらで放射線を浴びて亡くなった人もいません。
両者とも40年近く大過なく運営してきました。それが彼にかかると二つに大変な違いがあるようにされてしまいます。

もう一つは原爆の話です。
「北朝鮮の核実験は中性子爆弾の開発を目指したものだ。中性子爆弾は建物を破壊せずに中にいる人だけを殺すことができる」
中性子はプルトニウムを1個核分裂させると通常2個発生します。人を殺せるほどの中性子を作り出すには、その中性子の数の半分の核分裂が必要です。それだけの核分裂をさせたら、建物が壊れないわけがないのです。
中性子発生量を最適化するには、ペタFLOPS級のスパコンでシミュレーションプログラムを何万回も動かす必要があります。北朝鮮がそんなハード・ソフトを持っているとも思われません。
この人の発言はケレンに満ちています。それが持ち味でもあります。原子力のような専門外の話では馬鹿を言うことになりますが、お得意分野ではそれなりの情報を提供されているとも感じます。彼なりの正義感で行動していると思います。
20年前の出来事でアレコレいうのはいかがなものでしょうか?熊本地震でのマスコミの行動をみれば彼が特別な行動をしていたとは思えません。
私は青山氏をチェックすべき情報源として、引いた目線で見ています。

七七四
余命氏、すごいですね。
敵は、カルト教団の信者を動員してネット工作に力を入れてるみたいですよ。
どこのカルトの一味でしょうかね。私は安倍総理を呪うとかいうパフォーマンスをした連中がいた事を思い出しました。
パナマ文書には創価の名前もあるといわれており、敵はさらに必死になると思います。窮鼠も猫を噛むと言われますので我々も最後まで油断せずに事に当たりたいですね。

ちなみにこの文章
>妄想信者も洗脳する成りすまし教祖も邪悪な存在であり、その穢れた魂は死後、即刻、地獄の悪魔からの迎えが現れるので覚悟して待つがよい。
これそっくりそのまま半島の連中を指してると思うのです。妄想信者とはウリナラファンタジーやカルト思想を妄信する連中ですし、在日も本国ヘル朝鮮から迎えが来ることを恐れてるんでしょうか。
南の方がカルト思想に溺れやすいのでしょうか。テレビで見る北のコメントは神とか悪魔とかあまりカルトじみた事を言ってないように思えたので。
とにかく、敵にはそういう思想にどっぷり浸かって貰い、その内鳥居をくぐるのも苦しむようにでもなってくれれば、国内のなりすまし判別に一役買ってくれるのですがね。
以上、思ったことをつれづれと。

万里の河
はははははは~~~笑ってしまいましたぞ。
失礼致します。
奴らは、やはり相当に、低脳なんですなぁ~。余命攻撃に、「似非神」を持ち出すところが、笑ってしまいます。似非神などという概念は、基本的に日本人にはないということすら理解できていないということです。何故、キリスト教が、日本国内で広まらなかったか、それくらい勉強しなさいな。日本の「八百万の神」そのものを理解していないチョウセン人ということでしょう。正しく「お笑いチョウセン人」を地で行く攻撃なんですな。 己の正体を晒していることに全く気づかない低脳連中。もう少し、頭を使いなさいよ。青山氏や桜井女史をターゲットにしたまでは良かったですが、余命読者の皆様には、全く効果が無い作戦ということです。別な狙いがあるなら別ですがね。頭、相当に悪いです。青山氏が、桜井氏が、あ~だこうだと書いたところで、真贋を見極める人間ばかりですよ、ここの読者の皆様は。次は、いよいよ実力行使ですかな?
ゆうちょ銀行が、敵勢力の一本化を狙って口座開設を許可してきた方針が、ここで一気に口座抹消という流れこそ、安倍総理の一貫した方針ということでしょう。資金の流れが停止されれば、砂漠の強盗殺戮集団ISISと同じ運命となり、自滅するしかないでしょう。そして、やはり死ねばもろともとばかりに、テロを仕掛けるでしょうが、それこそ、日本を取り戻す安倍総理の罠に嵌るだけでしょう。と書いてきましたが、現時点の状況が戦争状態だとすれば、こんな低レベルの工作などよりも、もっと危険で予測不可能な破壊工作がある筈です。青山氏が、桜井氏が、などという低次元な工作などどうでも良いと思っています。            万里の河

ふぃくさー
若宮病死だなんて信じてる保守層は1人もいないでしょう。何らかの理由により消されたとしか思えませんね。

また、植村については「特ダネがとれる!(下川氏)」とか「植村君の取材が甘かった、というのがこの問題の本質(重村氏)」とかの指摘も論点ずらしだと思います。根っこには、そういうミスっぽい原因ではなく、明らかに「狙って」のものがあるのではないでしょうか。朝日新聞は社の方針として行い、福島瑞穂は黒幕からの指示で全面協力。最終的な黒幕は中共だと思っていましたが日本人さん(某サイトの鳥海山たろうさん?)が指摘されてます世界抗日連合にはなるほど、と感じました。

また、100人の弁護士は果たして日本人なのでしょうか。半数は帰化人じゃないかと疑っているのですが・・・・。余命さんはハードランディング不可避、じゃあのさんは朝鮮戦争再開不可避と発信されてます。外患罪が見えてるのに勇気ある人たちですね~(笑)

小幡 勘兵衛
どっかの局のニュースでブラジルで多発する強盗事件について取り上げていた。昼間に堂々と、しかも日本の時代劇に割とよく出てくる、わざとらしくぶつかっておっとゴメンよ的なものではなく時に力技で強引に、そんなのばかりだったがこれを見て全く超汚染族と同じと思った。
違いは外見、喋る言葉、国くらい?逆に共通点は母国だけでなく日本国内においても大犯罪を起こし国外逃亡を図る等。日本人は他国に移住する時にその国の法規や文化を遵守して祖国日本の事を忘れずにその国の一部になるべく努力をするが鮮民やブラジル等の南米系はそれがない。しかし、賎民もそうだが場合によってはブラジル系の方がヒドいかも? 理由は、日本(人)に恨みがないはずなのにカネの事だけで雇い主知人友人であるはずの日本人を平気で殺めるから。別に賎民の方がマシという気はない。が、奴らには演技捏造とは言え恨みなるものがある。対してブラジル系にはそれがない様な…それともどっかで日本憎しという教育でもされてるのか?
ところで、櫻井氏の憲9反対集会でのコメントをテレビで見たが…何と言うかな、どことなく目が死んでた様に見えたのは小生だけか?昔はもうちょいキリリとしていた様な…?
ま、ともかく、近年はチュー長官にのみ警戒感緊張感が高まっている様にも思えるが南米系にも同様の危機感を持った上で接する構えが必要だと思う。ラテン系のノリで浮かれた所を命ごと盗まれたら誰も浮かばれない。「日本人は」滅多に外人相手の殺生は行わないのに、その逆連中はどこにいても我々を毒牙にかけてくる。そこには珍味妙味ノリ等は一つも存在しない。
小生自身何一つ見抜けない腑抜けなお花畑だがそれだけに皆様方の賢しらなるその姿勢や行動熱意に多いに期待しております。

フォローする