余命3年と宣告されて...

Pocket

余命3年と宣告されて1年が過ぎた。ほぼ同時期に同様の病に倒れた友人3名は闘病むなしく余命3年を全うできずに世を去った。小生も残る時間はいくらもないと思うが約70年の人生経験を一人でも多くの次世代に伝えるべく我が一族郎党32名の声と情報を併せて発信することとした。よってブログの更新が止まったときはそういうことかとご理解いただきたく思う。情報ソースのかなりの部分は小生と父母の実経験による。残る部分の大半も一族の信頼できる情報による。ここに、ねつ造や虚偽はない。ここで小生の一族郎党について触れておきたいと思う。但しプライバシーに関することなのでこの部分は数字等に多少偽りがあることをお許しいただきたい。
父は満州生まれ満州育ちで、ロシア語の会話はもちろん読み書き自在である。母は数年前に亡くなったが生まれソウル育ちで朝鮮語と中国語ができた。叔父姪は、カナダに在住である。は、、、自営業さまざまであるが政治家だけはいない。それと以下18人の達だ。記事のテーマは多岐にわたり分けが難しいので思いついたものから送稿する。尚、万一の煩わしさを避けるためコメント類は受け付けない設定にしてあります。お許しください。以下次回。