シェアする

727 新規官邸メール③

高速冷房
余命さん、二代目さん、スタッフさんこんばんわ。
〉意味不明の絵文字が並んだものが数十コピペされている。
お返事ありがとうございます。
敵も、いよいよ幼稚通り越して病的な次元に達しているようですね(笑)
ある意味では、そのまま非公開記事に「隔離」しておくのも一つの手かも…。
公開を希望してましたが、その辺は余命さんにお任せします。
まずは官邸メールに集中したいと思います。

.....いやまあ、なんとかして妨害しようとしているのはわかるのだが、なにしろ他のサイトを見ないから他で何が起きているかもまったく知らないしわからない。蛙の面に小便とか、めくら蛇に怖じずとか言い様はさまざまあるだろうが、知らないということは強い。投稿の削除など、チェックを入れておいて、ゴミ箱をからにスルで一発削除完了だ。News USさんの官邸メールカウントが跳ね上がって651919になっている。
投稿者数は末尾9件で割るとやはり約7万人だね。昨年8月からよくもまあ頑張って継続してきたものだ。みんなすごいよな。継続は力なりとはまさにその通りで、この数字を見ただけで在日や反日勢力はぞっとするだろう。

今回の新規官邸メールへのご心配について

妨害投稿以外に、まじめに(笑い)威力業務妨害の心配をされている方がおられるのでご説明しておく。前回も触れているのだが、わかりにくかったようだ。
数字を掛けたり足したり、また掛けたりするとメダカがすぐに鯨になる。
官邸メールが50追加で90になったことによる、受信側の負荷ということであるが、これには問題はない。
余命2号を例にあげると、末尾制限をかけているので、送信日は2,12,22の3回、つまり10日に1回、月に3回だ。5月いっぱいでちょうど10ヶ月だがそれでも30回にしかならない。ファイルが90になっても、それは全く変わらない。
ミラーサイトで、官邸に一度全ファイルを送信してから末尾扱いとしたのは、一度送信して、官邸のデータベースにマスターファイルを作らせたということと、各省庁への割り振りに1日時間をとったということである。
今日は3日だが、新規メールを含め末尾4以降はまだ全く送信されていない。今日は末尾3の日である。毎日、余命90ファイルが送信されるわけではない。
官邸メールは各省庁に割り振りされるが、官邸でも各省庁でもマスターファイルは一つであとはカウントされるだけである。書類が山積みになるわけではない。

ところで官邸メールは効いてるの?という話題が尽きませんな。
メール一つで世の中がガラリ変わるなんてことはあり得ないが、今回の新規官邸メールまでは現実にそうなりそうな流れである。
官邸メールが集中するということは国民の関心の表れであるから、政権や行政に対して一定の影響を与える。政権の意向に合致する場合は強い追い風となる。
相手のあることであるから、法案もだましあいである。
大体において官邸メールに挙げた案件は、行政に関しては対応が早い。ある面ガス抜きのようなところがないわけではないが、事後、無視はできなくなる。具体的には医療関係の不正受給がメールに上がったとたんに、暴力団がらみの診療報酬事件が摘発されている。
医師タレントの脇坂英里子と住吉会系組長三戸慶太郎被告らが関与した事件は、接骨院、歯科医院等の不正受給が数億規模で暴力団にも流れていたという。この関係のメールアップではとんでもないデマ、誹謗中傷投稿があいついだことを覚えている読者は多いだろう。
今回も医療に関してかなりの長文投稿がある。匿名、削除希望の投稿ばかりだが、いずれ掲載するつもりである。
先日、選挙における国籍条項復活として余命17号と18号が記事になっていた。厳密にいえば違うのだが、あいまいな部分をはっきりとさせて、開票における外国人アルバイトの採用や監視を徹底して不正を防止するという姿勢を見せただけでも意味がある。
この公職選挙法改正案に反対は共産党だけ。そういえば自民票がごっそりどこかに流れていたような事件がありましたな。
今回、ヘイトスピーチ法が参院を通ったが、罰則規定のない理念法である。野党は騒いだが、この手法はそっくり在日や反日勢力のパクリで、まさにブーメランである。

官邸メール余命5号において、国歌斉唱、国旗掲揚拒否をする教員への解雇を含む罰則規定を設けるよう要望しているが、驚いたことに政府がまともに答えてきた。
ついに共産党を支える二大組織、日弁連と日教組に戦後初めてメスが入ろうとしている。前々回掲載記事からである。再掲する。

マンセー名無しさん
64号が後押しになるかと思われ。
教職員の政治活動に罰則 自民、特例法改正案、秋の臨時国会にも提出
http://www.sankei.com/politics/news/160510/plt1605100003-n1.html via @Sankei_news
自民党は9日、今夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられることを踏まえ、公立高校の教職員の政治活動を禁じる教育公務員特例法を改正し、罰則規定を設ける方針を固めた。早ければ今秋の臨時国会に改正案を提出する。同法は「政党または政治的目的のために、政治的行為をしてはならない」とする国家公務員法を準用する規定を定めているが、罰則がないため、事実上の「野放し状態」(同党幹部)と指摘されていた。
改正案では、政治的行為の制限に違反した教職員に対し、「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」程度の罰則を科することを想定している。
また、私立学校でも政治的中立性を確保する必要があるとして私立校教職員への規制も検討する。これまで「国も自治体も、私立には口出ししない風潮があった」(同党文教関係議員)とされるが、高校生の場合は全国で約3割が私立に通学する実情がある。
党幹部は「私立でも政治的中立性は厳格に守られなければならない」と指摘。小中学校で政治活動をした教職員に罰則を科す「義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する臨時措置法」を改正し、私立高の教職員にも罰則を適用する案が浮上している。
日本教職員組合(日教組)が組合内候補者を積極的に支援するなど選挙運動に関与してきた過去を踏まえ、組合の収支報告を義務付ける地方公務員法の改正についても検討する。
(引用終わり)
一応、入り口は国公立高校として、私立高校への規制も検討するということであるが、こんなものすぐに改正されて大学教職員へも適用される流れである(笑い)
「余命三年時事日記2」にも記述してあるが、官邸メール余命1号~40号までは、開始直後、末尾制限をしていなかった。そのため毎日、数万の投稿が20日程度続いたので、その段階ですでに1案件100万のレベルに達していたと思われる。

現在、在日や反日勢力への対抗軸として、官邸メールがどこまで貢献しているかはわからないが、昨年8月以来、常にセットできている。16日には余命本が3巻そろい踏みとなる。わずが5ヶ月で3巻書店に並ぶなんで誰が予想しただろうか。電子書籍化も進んで、文字通りの波状攻撃となっている。官邸メールそのものは従来は官邸に送って終わりであったが、余命ではブログだけでなく書籍にも公開している。
やる気のある行政庁には追い風だが、やる気のないところは悲惨だな。新規官邸メールと余命本2はタイアップしているから彼らにとっては地獄本になるだろう。

以前、大阪でヘイトに対する訴訟費用貸与とか、無償で弁護士が応援とかいう動きがあった。現在、現行の司法汚染状況の打破と反転攻勢に対応するサイトを準備中である。
組織としてどのように運営していくか細部についてはこれからなのだが、保守系裁判の支援から取り組んでいきたいと考えている。この件は近日中に詳細をお知らせする。

眠り猫
余命爺様、スタッフの皆様
ボシタ祭り、ありがとうございます。熊本県出身として大変感謝しております。今の掛け声「ドーカイ」という言葉は「どうだろうか?」という意味にもとれますので祭りに合わないと思っていました。余談ですが、熊本地震で女性レポーターが「がまだすは頑張るという意味です」と言ってました。熊本弁で「がまだす」は「よく(しっかり)働く」という意味です。何言ってんだと思っていたところ、一昨日、朝日デジタル「がまだせ熊本」とネットに出ていたので(ああ、やっぱり)と変に感心しました。今後も応援しています。皆様お体ご自愛ください。

Augusta
余命殿
ヘイトスピーチ対策法案可決。朝鮮人は蔑称だそうです。「朝鮮人」は厳密に定義された言葉ですね。じゃないと「北朝鮮」がニュースで流れる度に伏字になってしまう。
しょうがないので、これからは朝鮮半島人と呼びます。

.....いちいち韓国と北朝鮮を分ける必要のない場合に、南北朝鮮と表記するが、もうそんなレベルはこえている。今回のヘイトスピーチ法も在日駆逐の時間稼ぎであって、参院選以後、民進党(民主+維新)+共産党という反日連合がどこまで生き残れるかということにかかっている。
「余命三年時事日記2」には選挙関連で反日連合関係の記事が満載だから面白いぞ!

ほうじ茶
余命爺様、スタッフの皆様、読者の皆様、お疲れ様です。
今回はPCからではなくスマホから投稿します。
新官邸メール、やっと確認出来ました。
いよいよ外患罪告発ですね。
昨日まではずっとミラーサイトにて全件メールしてましたが、本日からは末尾番号にてメール致します。
ところで、余命89号のご意見ご要望にある「捏造慰安婦ビジネスを創造し~」で気付きました。
朴槿恵政権が発足時から提唱する創造経済とは、日本を対象とした捏造ビジネスの事だったんですね。
朴槿恵は、科学技術とICTを基盤とした創造経済と言っていますが、なるほど、慰安婦捏造をビジネスにまで発展させることが出来た実績から、更なる捏造ビジネスを造り出すというのが創造経済の本質だったのかな~(笑)
そりゃ失敗しますよね。
今や日本人の覚醒スピードは、中韓による日本への侵略スピードを猛烈に上回っていると思います。
朴槿恵も、まさかここまで日本人の覚醒が進むとは思っていなかったのでしょう。
とは言っても、まだまだ日本人の多くが、中韓の手先のメディア等によるソフト戦略に洗脳されているのが現状だと考えます。
私の周りの方々に中韓汚染の話をしたら、メディアに対してはある程度の懐疑的な感想を持っているのですが、司法や行政の汚染を話しても、まさかそこまで?と疑われてしまいます。
このような状況を踏まえて私は、来るべきハードランディングの時の世論を少しでも安部政権の味方に付けるべく、無理のない程度に日本の現状の拡散に努めます。(ほうじ茶)

かたかごの乙女
余命様、皆様、お疲れさまです。
新しい官邸メール、本当にありがとうございました。ワクワクしながら読みました。
日本を愛する皆様の思いが詰まった官邸メールです。
正しくこの日本を守る為の官邸メールです。
より一層毎日の送信に勤しむ事が出来そうです。

琵琶鯉
余命翁様、スタッフの皆様、新官邸メール投稿お疲れ様です。内容を読んで胸熱(*≧∀≦*)です。
ゴールデンウィークも終わり世間も通常運転になってまいりましたが、日本を取り巻く状況はかなり緊迫した感じが致します。特亜三国に至っては、支那で、李克強さんの暗殺未遂(New US より)事件、パナマ文書に共産党高官など中国人の名前がかなり占めていたり、習近平さんが昨年、改革した人民解放軍の戦区改変はどうも失敗したようで、ネット上では内戦状態。そして、この第三戦区は北朝鮮と深く繋がっているようです。
地図で見たら旧満州国、これは一体なに示しているのでしょうね。韓国に至っては政治も経済も行き詰まり、もう在日の帰還を促さねばどうにもならない状態。来年早々には兵役拒否者の個人名のネット公開になるようで・・・・米国ではトランプ氏の勢いが止まりませ。安倍さんの手腕が問われますね。こんな時代に居合わせ私はある意味幸せかもしれません。とても面白いです。不謹慎でスミマセン。

日本を取り戻す
朝日新聞の慰安婦訴訟が、偏向した団体である日弁連のために高いハードルとなり,頓挫していると聞き、大変残念に思っています。
朝日新聞の広告主に抗議し、朝日新聞の経営基盤を崩すこと、押し紙問題で、損害賠償を訴訟させることが、反日メディアの壊滅に有効だと思います。
そこで官邸メールが、国を動かす原動力になったのに鑑み、官邸メールを作成された方には大変お手数ですが、朝日新聞の主要広告主のコンプライアンスの意見を受け付ける窓口に、抗議の文面を投稿できるツールを作っていただき、一斉にコンプライアンス違反の抗議文を送れないでしょうか?
実現すれば、反日メディアの殲滅には大変有効だと思われます。
よろしくお願い致します。

.....先日は大変お世話になった。ありがとう。
朝日集団訴訟は訴えている方が日弁連で弁護しているのも日弁連じゃただのガス抜きであるとして、余命は放置してきた。結果、予想していた通りになっただけの話である。

けいちん
官邸メール及び新規官邸メールの索引見ましたが、圧巻であり、かつ壮観です。余命ブログ遮断から短期間でここまで来るとは、私も正直予想出来ませんでした。ミラーサイト様の送信数驚きました。5月11日分で官邸メール62万、号外版89万、総計150万オーバー。ここが日本なのだと改めて思わせられると同時に、日本人に生まれて良かったとつくづく感じます。こんな民族を敵に回したら、命がいくつあっても足りません。(笑)
左派系のchange何とかの署名サイトが何週間もかかってやっと数万件集まるのと比べれば、まさに象とアリです。
「安倍総理への直接の応援歌になる。」この意味が分かりました。

.....これは末尾制限をかけているから、実際はこの10倍あるということだ。一斉に送信したら1500万オーバー。さすがにもたんだろうね。

ゆう
どこから官邸メールを送信できるのか分からない。
最近は個人の伝言板と化してるから、雑多な文章が乱立していて、どこに大事な情報があるのか分からない。意見すれば反日在日扱いされるし…。活動に参加したくても全くやり方が分からない。

.....「余命ミラーサイト」で検索すれば官邸メールの送信法方その他が記載されているサイトが開く。余命ブログは在日や反日勢力と目下戦闘中である。ましてやアフィブログではないから迎合もしない。面白いブログでないことは確かだな。別サイトがいいかもな。

フォローする