シェアする

741 余命本情報③

 一応タイトルは余命本情報となっているが、投稿がハンドブックにも大量に入っているので、なし崩しに通常の投稿受付スタイルに戻ることにする。
 時系列が逆になったりとか、全体を戻すのにちょっと時間がかかると思うが、ご容赦願いたい。

とぶとり
余命プロジェクトチームの皆様、いつもありがとうございます。
最近は発売前に本屋には並ぶのでしょうか。発売を楽しみに本を買いに行くことがここ数年なかったので、知りませんでした。
昨日5/14、仕事の帰りに神保町へ立ち寄りました。
書泉グランデ・・・1階の入口に近いところに、時事日記2が数冊平積みされていました。また、4階では、余命本3種並んで平積みされておりました。
三省堂書店神保町店・・・1階の新刊本がたくさん置かれている中、棚側の方に余命本3種並んで平積みされておりました。時事日記2は冊数もかなり多く置かれていました。
紀伊国屋書店新宿本店・・・3階の政治社会のコーナーに余命本3種、井上太郎最前線日記が並んで平積みされていました。
これらの大型店では、売れる本として普通に取り扱いされるようになっていることがよくわかります。圧巻です。
二番目の山羊(曾祖母がアイヌ)様
先日は、有隣堂八王子店の詳しい情報をありがとうございました。在庫切れ直後にお店に行ってしまったようで、本当に残念でしたが、また近いうちに楽しみに寄りたいです。

ところで少し話題を変えます。
全く関連性のないことですが、昨年、朝の通勤時、電車のガラスに貼ってある広告に「君の○○が食べたい」という不気味なタイトルの書籍の宣伝を目にしました。ラッシュ時で動けないところに、朝っぱらからこんな気味の悪いタイトルを見せられて、気分も悪くなりそうでした。
しかし、この本が昨年の本屋大賞の2位をとったとのこと。面白いといわれても読む気にもならない、気色の悪いタイトル。そういえば最近は文学賞もちょっと変だし、これもなんか変な感じ。百田尚樹さんの本屋大賞をとった「海賊とよばれた男」が、どこかの番組で不自然に紹介されなかったということがあったそうですが、もし、この本が一位だった場合、逆に毎日のようにテレビで連呼されそうです。影響力がありそうだと認識したものは利用しまくる人たちがいるようですので、これもその一環なのではと疑ってしまいます。長々と妄想をすみません。昨日寄った本屋では、その本もありまして気になりました。日本人はそんなもの食べたいという発想自体が湧かないと思います。

デブ忍者
三重県某所にて購入しました。夕方買い物ついでに立ち寄ったら、新刊コーナーに1、ハンドブック、2と並べてました。1日早いフライングゲット!(AKBかf^_^;)
初代、二代目、三代目、現三代目にそんな経緯があったとは。
驚きです。((((;゚Д゚)))))))

渋谷1丁目
発売日前に2が手に入る?というので、1、HBを目立つところに平積みしてる渋谷マークシティーB1Fの啓文堂に行ってみたが2は未入荷。だめもとでブックフファースト渋谷に行ったら、1の時は検索機にも出てこなかったのに、まさかの1、HB、2そろい踏み!母親へのプレゼント用と2冊購入!14日に手に入れることが出来た!余命翁がいったようにたしかに面白い!特に序章「余命の真相とその正体」は初代からの読者は驚くのではないか?読み応えありますよ。
渋谷駅近辺の余命本の扱い状況
1、渋谷マークシティB1Fの啓文堂 1から目立つところに平積み
2、ブックファースト渋谷 HBから?1、HB、2、驚きの平積み
3、青山ブックセンター本店 扱いなし
4、SHIBUYA TUTAYA 扱いなし 検索機で該当なし
5、ブックオフ渋谷センター街店 中古本発見できず
番外
東武東上線 上福岡駅 東武ブックス 1、HB平積み

verano

余命爺様、皆様、こんばんは。
初めて投稿いたします。
余命三年時事日記2は、アマゾンに予約済みなのですが、既に店頭に並んでいるとの皆様のコメントがありましたので、三省堂池袋本店に立ち寄ってみました。
すると、3F レジ斜め前に、余命三年時事日記2が平積みで20冊(目視です)ほど陳列が確認できました。その後ろには、ハンドブック時の余命爺様の色紙ポップアップがあり、ハンドブックが平積みでした。
しかし、余命三年時事日記は、陳列されておらず。1か月ほど前までは、ハンドブックと一緒に陳列されていたので、売り切れたのですね。
余命三年時事日記2を早速購入し、読み始めましたが、序章から「おお~」という展開で、読み進むのが楽しみです。
官邸メールも遅ればせながら、参加させて頂いております。
7月選挙は、ぜひ自民党に大勝してもらいたいです。
以上、ご報告まで。

ひえんあやめ
第三弾刊行おめでとうございます。第三弾前に書店巡りの旅をいくつかしてきましたのでご報告。

埼玉県
「東武ブックス」 ビーンズ戸田公園店 あり 「文芸」のコーナーに「ハンドブック」3、4冊平積み
(皆様の情報で東武ブックスは、何処の店舗でも扱っていそうです)
「福仙堂」 北戸田店 あり 「ハンドブック」が棚に背表紙で一冊のみ
(本店にはなかった。この店の立ち位置はよくわからない)
「フタバ図書」 GIGA武蔵浦和本店 なし (もう土俵から降りているかも)
(オープン当初は新刊雑誌、新刊文芸書籍も扱っていたが、今は新刊は漫画と漫画雑誌、ゲーム雑誌のみに特化している)

東京都
「明正堂書店」 アトレ上野店 なし
「BOOK EXPRESS」エキュート赤羽店(JR赤羽駅構内) なし
「リブロ」 エキュート日暮里店(JR日暮里駅構内) なし
(JRは扱う気がないらしい)

第三弾後に、扱っていない書店になにか動きがあるのでしょうか?これからも書店巡りの旅が楽しくなってきました。

兵庫県の片田舎に住む者
余命様、余命スタッフの皆様。いつもありがとうございます。
日帰り旅行のついでに書店巡りをして参りましたので、ささやかながら偵察結果をご報告いたします。
余命本第二弾発売前の少し古い情報で申し訳ありません。以下、全て5月10日の状況です。

▼川西市
〈川西能勢口駅〉
ブックファースト川西店(駅改札内)→皆無。
TSUTAYA川西能勢口店→皆無。レンタルと併設のお店ですが、本を置いてある面積はブックランドサンクス宝塚ソリオ店よりやや広いように見えますので、スペースの問題ではないと思います。
紀伊國屋書店川西店→どちらも社会科学コーナーのオピニオンのところです。余命本1が9冊、ハンドブックが8冊、平台の一番手前に並べて平積みにされていました。
田村書店川西店→新刊・話題作の島にあります。 余命本1は1冊、透明プラスチック?のマガジンラックで面陳列。ハンドブックは5冊ですが、内訳は段ボールの専用スタンドのようなものを使って斜めに立てた状態で2冊、その下に3冊が平積みの状態で隠れていました。

▼宝塚市
〈中山観音駅〉
アシーネ宝塚中山→皆無。先月は余命本1だけがあったのですが、配置換えにより撤去したようです。元々、趣味の雑誌と子供向けの本が多くて大人が普通に読む本があまりなく、本以外の文房具や知育玩具、生活雑貨に侵食されている書店です。先月よりも明らかに本が減っていて、余命本以外では、かなり有名な翻訳児童書シリーズがごっそり消えているのも目に付きました。
〈宝塚駅〉
ブックファースト宝塚店→皆無。
ブックランドサンクス宝塚ソリオ店→国際関係のコーナーにあります。余命本1は3冊が面陳列、ハンドブックは0冊です。(伝聞情報ですが、当地に住む友人が、先月私が訪れた後にこのお店でハンドブックを購入したそうなので、少なくとも一回補充されて再び品切れになったようです)
〈逆瀬川駅〉
キャップ書店逆瀬川店→余命本1は5冊、ビジネスの棚の国際関係っぽいあたりに面陳列。ハンドブックは4冊、文芸・ビジネス書新刊のコーナーに平積みされていました。

▼西宮市
〈甲東園駅〉
リブロ甲東園店→皆無。
〈西宮北口駅〉
ブックファースト西宮店(駅改札内)→皆無。

▼尼崎市
〈武庫之荘駅〉
田村書店武庫之荘北店→ビジネス新刊コーナーにあります。余命本1は3冊棚差し(背表紙でも3冊も同じ本が並んでいたら目立ちますね)、ハンドブックはありませんでした。
〈塚口駅〉
アシーネ塚口→皆無。

前回(4月4日)と今回と書店巡りをしてみた雑感ですが、余命本の有無にかかわらず、全ての書店で中国が崩壊していますね。それから、先月は田中角栄本を一押しで売り込んでいる印象でしたが、今月はアメリカ大統領予備選の状況を反映してかドナルド・トランプ本が新たに参戦しました。話題本もしくは政治・経済コーナーに行くと、必ず角栄本とトランプ本が複数目立つように置かれている状態です。
余命本2を早くもフライングで入手された皆様が多くおられるようで、とても羨ましいです。私はAmazonなので、到着は17日になるのでしょうか。楽しみに待っております。(兵庫県の片田舎に住む者)

ぷー
余命様、余命プロジェクト関係者様 お疲れ様です。
ジュンク堂大阪本店に行ってきました。2階レジ前の話題本のところに揃い踏みです。余命本2だけで10冊程度はありました。
3階のビジネス書のところにも10冊程度あり、簡単に見つけられました。カエルの楽園は入り口からすごい数が並んでいました。
サイン本が無かったので買わず・・・というのは冗談ですが、ジュンク堂は余命本1の時の販売状況がよくなかったのでしばらくお仕置きで何も買っていません。文庫ですら他店で買っています。この日は都合で他店を回れなかったので買いたい気持ちで一杯でしたが、もう少しだけお仕置きを継続したいと思います。たった一人の抵抗など何の効力も無いかもしれませんが、自分で決めたことなので。

マロン
本日大阪のデューク書店でなぜか余命三年時事日記2が売られていました!
発売日は明後日なのになんか得した気分です。
しかしデューク書店はハンドブックのときも陳列してなかったのに、今日はなんと1、ハンドブック、2と3冊並べて縦置きされていました!
確実に潮目は変わってきていますね。

医拳士改め医戦士
この前、画期的な事がありました。
ある勉強会に出席しました。
その懇親会での事です。
チャンスがあったら“余命情報”を拡散しようと思っていましたが、大勢なので「難しいかな。」と思っていました。
偶然に割と親しい医師が隣で、さらにもう一人の知り合いの医師がビールとコップを持って来ました。
三人で最初は「勉強になったね。」という話から始まりました。
それから、「世界を救うのは先進国の中で一神教でない日本だ。」「日本の潜水艦は世界一なのにオーストラリアは馬鹿だね。」などという話になり、盛り上がり始めました。
そこで一人(医師A)が「先生達は“余命三年時事日記”って知ってますか?」と言いだしました。
私;「・・・。」
医師A;「私の妻は本当に大人しいのです。その妻がこの前“余命三年時事日記”という本を買ってきて、「これを読んだ方が良いよ。」とかなり興奮した調子で言うのです。そして読んだらすごい内容なんですよ。」
私;「本当は私も本を持っています。本当は今日も拡散したいと思っていました。」
医師B;「それは何ですか?」
医師A;「とにかく読んだら今の日本がどんな状況か分かりますよ。」
私;「余命3年と言われた人が日本の為に始めたブログが立て続けに3冊も本になったんですよ。今度本を送りますよ。」
とにかく、他の人から私が“余命情報”を拡散されるような状況になった事にビックリしました。さらにそのスタート地点が大人しい奥様という事にもビックリです。
本当に確実に世の中が変わっています。
「日本人1割に“余命情報”を拡散する事も絶対にできる。夢ではない。そうすれば・・・。」と確信しました。
後、医師Bは「FRBは民間銀行で・・・。」等と言う様な人でしたが、「余命三年時事日記」は知りませんでした。      医拳士改め医戦士

名無し
喜久屋、とてもおすすめです
私は宮城県民ですが、余命3年時事日記とハンドブックともに販売しており、かつ天皇の歴史、中国の脅威、などどれも目立つところに置いてありました。
信用できる店舗なのでは、と思いこれからも利用していこうと思います。

today
こんにちは
ハンドブックの発売から時々近所の書店数件を覗いていたのですが、先月末ようやくハンドブックを平積みしてる書店を発見しました。在庫が1冊しかない書店で購入してしまうと売り切れになってしまいますからね。そういう訳でようやく購入しました。
なお、購入書店名、場所については身バレ防止のため控えさせていただきます。

この度、ブログ引越しました。
(新)https://today1969.wordpress.com/
(旧)http://yaplog.jp/todays_afpbb/

新しいブログで余命三年時事日記ハンドブックの感想文を書き始めました。
旧ブログに残っている記事は徐々に引っ越していきます。

フォローする