シェアする

805 余命本情報㉓

みなさんの情報に基づくところ、以下の2店舗は余命本3シリーズをまったく扱っていない。よって不売には不買で答える。6月6日より不買指定の予定であるが、何かご意見があれば投稿されたい。
くまざわ書店
未来屋書店

日本桜
余命様、余命スタッフの皆様、余命読者の皆様、お疲れ様です。
これも朗報かな♪
反日企業確定のTSUTAYAに関する情報です。「閉店店舗・閉店セール情報」というサイトにTSUTAYAの閉店情報が載っていました。公式サイトの発表やTwitter情報を集めたものの様です。記載しているすべての閉店情報を、時系列で並べ直すと次の様になります。

2015年 21件
[千葉][浦安市] TSUTAYAアトレ新浦安店 15年1月12日まで
[北海道][札幌] TSUTAYA手稲5号線店 15年5月10日まで
[神奈川][中郡] TSUTAYA 二宮店 15年5月24日まで
[東京][小平] TSUTAYA 小平店 15年5月31日まで
[愛知][名古屋] TSUTAYAブックセンター名豊 守山店 15年5月31日まで
[京都][宇治]TSUTAYA(ツタヤ) 大久保店 15年6月14日まで
[青森][弘前]MEDIA INN(メディアイン) 城東店 15年6月30日まで
[青森][弘前]MEDIA INN(メディアイン) 樹木店 15年6月30日まで
[千葉][佐倉市] TSUTAYA(ツタヤ) 志津店 15年7月19日まで
[岩手][盛岡]TSUTAYA(ツタヤ) 内丸店 15年8月22日まで
[大阪][鶴見区] TSUTAYA 中環鶴見店 15年8月25日まで
[千葉][柏市] すばる書店 TSUTAYA(ツタヤ) 増尾台店 15年8月23日まで
[神奈川][鎌倉] TSUTAYA・WonderGOO鎌倉手広店 15年9月6 日まで
[千葉][富里市] すばる書店TSUTAYA(ツタヤ) 富里店 15年9月13日まで
[千葉][白井市] すばる書店TSUTAYA(ツタヤ) 白井店 15年9月23日まで
[静岡][焼津市] TSUTAYA すみや焼津登呂田店 15年11月1日まで
[東京][調布市] TSUTAYA 調布国領店 15年11月10日まで
[神奈川][大和市]The New’s TSUTAYA 大和店 15年11月15日まで
[山梨][甲府市] TSUTAYA 甲府南店 15年12月20日まで
[兵庫][灘区] TSUTAYA ツタヤ 王子公園駅前店 15年12月20日まで
[兵庫][神戸市] TSUTAYA(ツタヤ) 高速神戸店 15年12月31日まで
2016年 20件
[千葉][稲毛区] TSUTAYA(ツタヤ) 穴川店 16年1月11日まで
[大阪][住吉区] TSUTAYA ツタヤ 長居店 16年1月14日まで
[千葉][匝瑳市] TADAYA 2 国道店 16年1月24日まで
[神奈川][相模原市] TSUTAYA ツタヤ 津久井店 16年1月24日まで
[宮崎][日向市] TSUTAYA ツタヤ 日向店 16年1月31日まで
[宮城][仙台市] TSUTAYA ツタヤ 仙台小田原店 16年2月14日まで
[千葉][印西市] TSUTAYA ツタヤ 木下店 16年2月18日まで
[大阪][平野区] TSUTAYA ツタヤ 平野背戸口店 16年2月19日まで
[兵庫][芦屋市] TSUTAYA ツタヤ 芦屋店 16年3月6日まで
[千葉][市川市] TSUTAYA ツタヤ 市川大野店 16年3月13日まで
[鳥取][鳥取市] TSUTAYA ツタヤ 吉成店 16年3月15日まで
[栃木][宇都宮市] TSUTAYA ツタヤ 東武宇都宮店 16年3月21日まで
[兵庫][神戸市] TSUTAYA ツタヤ 大蔵谷店 16年3月21日まで
[埼玉][志木市] TSUTAYA ツタヤ マルイファミリー志木店 16年3月27日まで
[東京][江東区] TSUTAYA ツタヤ サンストリート亀戸店 16年3月31日まで
[埼玉][蕨市] TSUTAYA ツタヤ 西川口店 16年5月5日まで
[兵庫][明石市] TSUTAYA ツタヤ WAY大久保店 16年5月8日まで
[神奈川][平塚市] TSUTAYA ツタヤ 平塚ユーユー駅前館店 16年5月15日まで
[愛知][豊川市] TSUTAYA ツタヤ 豊川店 16年5月31日まで
[東京][北千住] TSUTAYA ツタヤ マルイ北千住店 16年6月26日まで
※移転のための閉店は省いています。

これを見ると、今年の5ヶ月の閉店数と昨年1年間の閉店数が、ほぼ同じであることが分かります。定額制のネット動画配信サービスであるNetflix、,hulu、 U-NEXT等で月当たり千円から二千円という安価な値段で、映画やドラマが見放題という時代に、TSUTAYAのレンタル事業の形態はもはや時代遅れとなっています。皆さんの不買運動と相まって、ますます衰退の道をたどり、今後閉店数は加速していく事でしょう。しかしながら図書館事業への進出に活路を見いだしてくると予想され、その点では警戒が必要ですね。
(日本桜)

catmousetail
西宮ガーデンズ内ブックファースト。
余命本はすべて在庫ありで書架に置かれているのだが、検索装置が酷い。
「ヨメイ」で検索するもヒットするかとおもいきや、8ページ目の最下位表示。
なので今度は「ヨメイサン」で検索するも同結果。
最後に「ヨメイサンネンジジ」で検索するも同結果。
何じゃこれ?
やっぱりね そうだろね♪
しんどいね 馬鹿だよね♪
余命追っかけパヨ次郎 パヨ次郎♪

キーストン
沖縄より
5月26日(木)「余命三年時々日記2」の購入のため再び那覇の大型書店・ジュンク堂書店へ行ってきた。1階入り口付近の週刊ベストセラーで9位!順位上げのため今回もこちらで購入した。
週2〜3回通う宮脇書店大山店で先々週、確認した時は棚に「余命三年時々日記1」「ハンドブック」があり、レギュラー在庫扱い!になったと喜んでいたら突然なくなっていた。 妙だなと思ったら先週、気付いたら棚前の平積みに移動されており、「時々日記1」「ハンドブック」「時々日記2」”売れてます・オススメ”のポップ付き。「時々日記2」には”最新刊”のポップ、なんかうれしくなったよ。
週刊ベストで「時々日記2」が堂々の第8位!。あと読谷図書館で取り寄せ依頼していた「ハンドブック」無事に購入してくれたようだ。
5月29日(日)に訪れたら「本はいってます。」とのことで一応!借りてきた。なるべく早く返却して新着図書コーナーに展示してもらおう。

安濃津の化け猫
予定は未定さま
近くに同士がいたことに感動してコメントさせて頂きます。
別所書店津駅チャム店に余命本を置くように店員に頼んでいった者です。
1の発売当日、閉店ギリギリに書店に飛び込み、問い合わせをしたところ置いていないということでしたので、「後日書店にあれば買わせてもらう」と言ったところ、2週間ほどして5冊入れて頂きました。
ハンドブックは入荷1週間前に店頭で問い合わせをしたところ、店員にものすごく嫌な顔をされて「入荷予定はありません」って言われました。
もちろん、発売当日も店頭にはありません。
それでもしつこく問い合わせをして、やっと5冊入荷してもらいました。
2は「きっと反日なんだろうな」と思って確認のために問い合わせしませんでした。
1冊だけ入れたのは私が五月蠅かったからなんですかね。
今日は津駅の200メートルほど先の公園に在日の方と思われる方が30名ほど終結していました。(朝7時半ごろのことです)
グループの指導的位置と思われる方が4人、10代の方を含む男性20名以上が指示待ちで、それを中年女性の方数人が公園の外側から見てました。
明日、何か起きるかもしれません。
どこにお住みの方かは分かりませんが、お気を付けください。
でも、同士が近くにいて本当に励みになりました。

美麗島
余命様、スタッフの皆様いつもありがとうございます。初めてコメントします。
余命1、HB、余命2を保存用と実家の両親に読ませるべく、Amazonから複数冊求め実家に送っています。私は海外在住のため、自分用にはKindle版も購入しています。今日はこのKindle版についてひとつ要望があります。

というのは、残念ながら、余命Kindle版は、その注意書きにもあるとおり、「タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。」
老眼がかなり進んだ私にとっては、たとえタブレットであっても、画面の拡大微調整が必要で、それを繰り返しながら読むのはかなりキツいことです。
しかし、内容にグイグイ引き込まれて気が付けば一気に読んでしまい、そして後で目や頭の痛みなどのダメージが襲ってくるというのが辛いところです。

他の書籍のKindle版では、フォントサイズの調整やハイライト、検索などの機能は当たり前にでき、これらの機能は電子書籍の最大のメリットでもあります。
何か理由があって、このような仕様になっているのかとも思いますが、次回作では(できれば既版のものも)、これらの機能が使えるような仕様にしていただくことはできないでしょうか。
電子書籍版をスマホなどでもいつでも読めるように手許に持っておきたいとか、余命拡散のチャンス到来となれば、スマホをさっと出して知り合いに余命本のさわりでも読んでもらえるのになと思っても、機能非対応のために、購入を躊躇している方も多いかと思います。ぜひ、ご検討のほどお願いいたします。
ちなみに、うちの母は、市の広報や回覧板などの他にまとまった活字を読んでいるのを見たことがないほどの人ですが、余命1、HB共に読了したと言っていました。これは、驚くべき事件です! しかし、字が小さくてね、、、と言っていました。 ~乱文にて失礼いたします~ 美麗島

.....3件ほど同様の投稿がある。とりあえず連絡して、結果をご報告する。

海豚親父
余命様、スタッフ様、読者諸賢、お世話になっております。
地元の成田本店みなと高台店について私的結論を下しました。注文には応じるが、これだけ売れている余命本を常置しないのはすでに反日であると。今後は買いませんが、「哨戒」することにします(笑)。
今日も今日とて日課の官邸メイル日替わり送信をすがすがしい朝のうちに済ませました。サミット期間中のKAL事故に憤り、かの国の旅客機の出入り禁止を手打ち込みの官邸メイルとして追加。翌日には受信の旨の返信あり。定型メイルよりはレスポンスがあるようです。
地元八戸市立図書館に、HBと余命2を寄贈しましたが、まだ蔵書には反映されていないようです。館長の裁量とか。いや、度量を見せてもらいましょう(笑)。
余命本を置いてくる活動が活発ですが、こんなのは犯罪になるのでしょうか?余命本を置かない書店の棚に、持参した余命本を挿してくる。。。誰かがレジに持っていったら、店員は困るでしょうね。仕入れた覚えのない本ですから。

.....まあ、あまり無理はしないように(笑い)

らりるれろ
余命様初めまして、らりるれろと申します。
G県FO市戸田書店に余命本がありました。
内訳は棚に余命1、HB、2が各一冊づつ、平積みで余命2が2冊です。拙い報告ですが、参考までに。
余命様、チームの皆様、どうか無理はなさらずにご自愛ください。それでは失礼します。

きびだんご
余命翁様、スタッフの皆様いつもありがとうございます。紀伊國屋タイランドの余命本販売状況を報告します。
日本語書籍を取扱う紀伊國屋書店は2店舗。エムクオーティエ(Tポイント導入のデパート)店に余命本は無し、その他の愛国本もほぼ無くカエル本が1冊のみ、シールズ本あり。ISETAN店にも余命本は無し、こちらではシールズ本と石原慎太郎氏や竹田恒泰氏の著書が混在。
当地はVISA無し入国で日本人が30日滞在できるところ韓国人は90日滞在でき、北朝鮮とも国交がある国です。言語ができずとも日本と何ら変わらない生活が送れることもあってか犯罪ヤクザの逃避地となっており、日本人の振りをした緑のパスポートを持った人も多く、吉本タイランドのイベントではトップバリュ品やおーいお茶が入ったイオンの袋が配られています。

himiko
余命翁様
先日、京都駅八条口に位置するアバンティブックセンターにて余命本3冊が全て話題書コーナーに面置き+平積みされておりました。また、そのうちの各数冊に「著者の直筆サイン入りです」との記載があったので、すでに持っていましたがHBを再購入して、再読しました。サイン、嬉しく眺めております。極左の街、京都の玄関口にありますが、アバンティブックセンター、とても良い書店です。
いつもブログを楽しみにしています。くれぐれもお身体にはお気を付けください。

日本人A
余命翁、スタッフの皆さま、連日のご奮闘に心より敬意を表します。
初めて投稿します。私は、余命二代目様よりのブログ読者です、保守系ブログの閲覧やチャンネル桜の討論等を聞きながら、自らに染み付いた自虐史観・左翼思考を修正・展轍せんとしておりました。その過程で、偶然、余命ブログを知ることになり、一読した時の驚きは大きなものでした。自分の中で固まり続けていたストレスが氷解していくようなそんな感覚でした。かなり読みづらいものでしたが、むさぼり読んでいくほどに希望・勇気がわいてくるような感覚でした。それ以来、固定読者となっています。ほかの多くの皆さんも同じではないかと思います。
大変なご苦労をされていると推察されますが、体ご自愛の上、引き続き希望の光をともし続けていただけるようお願いします。自らもできるだけのことを行っていこうと思います。
さて、書店情報を一件報告しておきます。福島県郡山市岩瀬書店、話題の新刊として余命本が棚の一区画すべてを独占しておりました。ちょうど客の目線がいく三段の真ん中、左から日記1(3冊)、ハンドブック(6冊)、日記2(7冊)という具合で、目立ちましたね。特別扱いといっていいぐらいでしょうね(拍手)。本を求める人がそこそこいるといことですね。書店は商売に徹しているということでしょうか?
郡山は県内で一番在日人口の多いところで、潜在的な嫌韓・在日に対する忌避意識が間違いなく存在していますね。その一端を感じ取ることができました。ただ連中も、この書籍コーナー付近で諜報活動をしている節がありますから、注意は必要ですが、余命本はまさに兵器となっている証左でしょう。連中はいやがらせをしてきますが、それも自爆でこちらは在日認定を楽しんでおります。
裁判支援「すみれ」ができたことは喜ばしいことです、不当な賠償金を課すことで正当な日本再生運動を圧殺しようとする動きに屈することはできません。過日寄付をさせていただきましたが、ことは長期戦、無理のない範囲の金額で継続寄付をしていくつもりです。それでは失礼します、日本再生のため頑張ろう。

アドバイザー
初めての投稿です。販売促進アドバイザーをしております。
仕事柄、余命本関係については注意をして流れを見ておりました。余命さんはともかく、青林堂の販売戦略には感心しますね。煽りとセット販売がきまっています。
その一方で紀伊国屋さんの販促は機能していません。おそらく億単位のビジネスチャンスを潰していると思います。
全国展開している企業は、宣伝広告は欠かせません。イメージアップも必要です。これには大変なお金がかかります。
何人かの方がふれておられますが、書店では、そのレベルでの宣伝は一切しませんね。ところがオンラインの時代になると、イメージアップは大変ですが、イメージダウンは一瞬です。紀伊国屋書店は当初から「余命三年時事日記」は扱っていたようです。その後のハンドブックも余命2も取り扱っています。
ここに不思議なことがあります。現在、扱っていない店舗が3つあるのです。余命本と言われる3シリーズは発禁本ではありません。普通に販売すれば何も問題はないと思います。それを扱わない理由はいろいろあるかと思いますが、扱わないイメージダウンは反日書店のレッテルがはられます。たとえアリバイ作りでもいいから1冊でも置いておくのが商売であるし、そうすれば、いくらでもいいわけはできるでしょう。また日本全国に余命本を扱うお店としてのイメージアップにもなるし、その効果ははかりしれません。
不思議ですね。

フォローする