832 川崎デモ事件⑥

Pocket

まりこ
書き込み失礼します。腹の虫がおさまりません。
大阪の産経新聞に見出し「ヘイトデモ もみ合い川崎や渋谷」の記事の件で電話しました。
デモしてないのにどうしてヘイトデモと言えるのか?の問いに
「ヘイトデモとは言っていない。ヘイトスピーチ対策法が施行されて在日コリアン排斥を訴えるデモだと中にはちゃんと説明してある。」と言い張ります。
「じゃあ強制して来てもらったんではないのだから犯罪を犯したら帰ってほしい、というのはヘイトなんですか?」と聞きますと
「あなたが逆の立場だったらどうですか?いやな気持しますでしょう。」と大阪の産経のおじさんが言います。
「でも外国では強制的に退去ですよ。」というと言葉に詰まりました。外国の移民状況も知らないのですよ。
根本的にネットを馬鹿にして、在日コリアンに妙に同情的な大阪産経新聞お客様対応係にびっくりです。購読を止めると言いますと、「どうぞ、ご自由に」
最後に「デモをちゃんと取材したんですか?」と聞くと、もちろんです。
「デモ主催者は在特会の方ですか?」と聞くと、「公にこちらが報告する義務はありません。」との答え
「デモでヘイトスピーチはありましたか?」と聞いても
「公に報告する義務はありません。」←これにはびっくりでした。新聞社が!
お忙しいのにくだらない勢いに任せての書き込みで申し訳ないです。
ブログの流れに沿ってないなら承認せず削除願います。今後も応援してます。

.....嘘のかたまりだから、返事ができない。ごまかそうとするとまた嘘をつかなければならない。嘘のスパイラルがはじまると収拾がつかなくなる。

チョコサクレ
お縄と仰いますが、警視庁、県警がこの体たらくでは…。
今回、まさかの警察の露骨な売国ぶりに想像以上にショックを受けてる自分がいます。
また法廷闘争も裁判官や弁護士が現状目もあてられない有様で、どこまで闘えるのか……。
予想を遥かに超えた日本の汚染状況、乗っ取られっぷりが白日のもとに晒されたとも思いますが、とにもかくにも拡散、ですね。
一人でも多くの覚醒が急務ですな。

猫庭小判にゃん
余命プロジェクトチーム様、余命読者様、情報ありがとうございます。
川崎デモに関する有田や、リカの気分が悪くなる(お宝)Twitterを読むと
警察庁の6月3日の「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律の施行について(通達)」に基づき、川崎デモで、神奈川県警は、主催者に対し、「違法デモ」だから止めろと説得(動画内で言っている)し、中止に追い込んだ(警察は反ヘイト側)。
ということになっている。(怒
また、
法は、基本理念として、「国民は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消の必要性に対する理解を深めるとともに、本邦外出身者に対する不当な差別的言動のない社会の実現に寄与するよう努めなければならない」(法第3条)
を、根拠に反ヘイト活動は法的に守られている。と解釈している。
自分の考えでは、この中の本邦外出身者と国民のどちらも在日韓国朝鮮人は含まれないし、不当な差別的言動のない社会の実現のために、法を犯してまで努める義務はない。
と、思うのだが、今の司法の状態を考えると、そこら辺を全部、ねじ曲げて解釈する可能性がある。
そう思うのは考え過ぎだろうか。「釣れた。釣れた」と、浮かれることなく油断せずに事を進めてほしい。余命様においてはぬかりないと思いますが。

無名
余命殿、活動心から支援します。
余命殿、桜井殿、すみれの会殿、日本を思う方々のため自分のできること少しでも協力したいので何度でも何度でも、すみれ寄付、官邸メール、意思表明します。

読者の皆様、川崎デモの件で川崎市に電話で質問しました。
興味のある方がいらっしゃると思いますので、内容公開します。
川崎市にはインターネット公開は告知済です。

川崎日本浄化デモ公園利用の不許可について担当部署である「川崎市建設緑政局緑政部みどりの企画管理課」に2016年6月6日午前11時に電話で質問した。以下一問一答(私の質問→川崎市建設緑政局緑政部みどりの企画管理課回答)。

・2016年6月5日日本浄化デモ申請者に公園利用を不許可にしたことは事実か?→事実である。
・不許可の根拠を教えてほしい→1,企図されているデモの内容がヘイトスピーチ解消法に抵触する蓋然性が高いと判断した。2,デモ申請者の過去におけるデモの内容がヘイトスピーチにあたると「川崎市男女共同参画センター」が判断を下した。
この2点から総合的に判断して今回の公園利用が申請者によるヘイトスピーチデモに使用される蓋然性が高いと「川崎市長」が判断して利用許可を与えなかった。
・申請者はヘイトスピーチは行わない予定と申請しその事実をインターネットで広く公表しているが、主催者がヘイトスピーチデモを必ず行うと川崎市が確実に予測し断定できる根拠はなにか?→今までの経緯から総合的に判断して蓋然性が高いと「川崎市長」が判断した。
・未来を確実に予測する手段を川崎市は所有しているのか?→所有していない。
・申請者が過去のヘイトスピーチを否認しているのに「過去に申請者はヘイトスピーチを行った」と川崎市が判断し決定した理由は?→「川崎市男女共同参画センター」が判断し決定した。
・「川崎市男女共同参画センター」は判決が可能な司法機関なのか?→違う。
・「川崎市男女共同参画センター」はヘイトスピーチに対して司法判断を下すことが許可された行政機関なのか?→「川崎市男女共同参画センター」に聞いてほしい。
・今回の公園使用不許可判断の法的根拠を教えてほしい→川崎市都市公園条例に不許可事由がある。
・不許可事由は「公園管理の支障」であるが、ヘイトスピーチが公園管理に支障になるという根拠もしくは関連性を教えてほしい→川崎市長が判断したもので当課で判断したものではない。
・川崎市長が判断したので担当部署であっても関知しないということか?→そういうことではない判断したのは川崎市長だというだ。
・地方自治法244条(公の施設の利用を正当な事由なしに拒んではならない)はご存知か?→承知している。
・司法機関で司法判断のされていない過去の申請者のデモを、事後法であるヘイトスピーチ法で遡及し独自の解釈で犯罪行為と断定、行政が恣意的に予防的処罰処置を行うことは、地方自治法244条の「正当な事由」とは思えない。どのような法解釈をするとそのような判断になるのか教えてほしい→当課の判断ではない、川崎市長が総合的に判断を下したもので、川崎市長に公園使用許可の可否権限がある。
・川崎市長の公園利用許可の可否権限は条例で制定されたもので、地方自治法244条に法的に対抗できるのか?→川崎市長の判断であるので当課に覆す権限はない。
・憲法21条(集会の自由)はご存知か?→承知している。
・条例と法律、憲法の優先関係はご存知か?→承知している。
・私は今まで述べた法的根拠(デモ申請者が過去にヘイトデモをしたと司法判断が下されていない状態、申請者が未来においてヘイトデモを行わないと宣言している状態、申請者の未来行動の確実な予測が不可能な状態、デモ申請者に公園利用不許可になる正当な事由の無い状態、デモ申請者が憲法/地方自治法で守られた状態であり条例で公園利用権限が存在する状態である)から、川崎市の今回の公園使用不許可の決定は、条例、法律、憲法すべてに違反していると思う。今度は川崎市が不許可の法的根拠を合理的、具体的に説明してほしい→川崎市長が総合的に判断したものである。
・なぜ川崎市長がそのような判断をしたか合理的、具体的に説明してほしい→川崎市長の判断なのでその判断に従っただけである。
・担当部署ですら日本国民に合理的な説明をできないということなのか?→川崎市長が判断したものであるのでそれ以上言える立場にない。
・デモを実力行使で違法に妨害した団体が、川崎市に無許可で違法に公園を利用し「デモ潰しの勝利宣言」を行ったことは確認しているか?→申請がされていない無許可の状態で公園が利用されるのは残念なことだ。
・結果的に申請者はデモができなかった、つまり川崎市が公園使用不許可の大前提としていた「ヘイトスピーチ伴うデモ」は行われなかった。結果論としてヘイトスピーチを行わない公園使用権限のある団体に対して公園使用の許可を与えなかったという事実が残った。川崎市の見込み違いで申請者は生命や身体、精神的不利益を被ったことになるが、当事者として責任は感じるか?→川崎市長の判断したことであるのでそれ以上のことはいえない。
・公園利用の不許可でデモの安全な運営が阻害され大規模で危険な混乱を招いたことはご存知か?→路上デモが中止になったということは承知している。
・今回、公園利用ができず、路上集合出発を原因とした大規模な混乱が生じたことについて川崎市として、担当部署としてどう思っているか?→今回の混乱と公園利用不許可との間に因果関係があるものか否かは自分には判断できない。

以上、約40分の会話をまとめました。

*川崎市男女共同参画センターは担当課長が常に不在で、代理の者が「すべて川崎市長の総合的な判断で決定したので、それ以上のことは分かりかねる」との回答以外、当方の質問に答えることはなく、説明責任の放棄とみなした。

助っ人
6~7年前の事ですがデモのあった神奈川県警中原警察署管内の東急線線路脇の電柱に突然立て1.5メートル幅1メートル大の金正日の肖像画がぶら下がりました。中原署に電話を入れ撤去を求めましたが「承知している」の一言だけで放置されました。そこで東電に連絡し撤去日の知らせを頂きましたが、何とその前日、夜間突然肖像画は50メートル先の別の電柱に何者かによって移動されてました、東電内に内通者がいたと言う事ですな!風雨にさらされ肖像画は3週間後自滅、自然落下しました。ついでにもう一つ国政選挙の時です。中原区役所内の投票所に行った際、投票ハガキを忘れました。ところが住所氏名と生年月日を言えばそれで充分と言われ投票用紙を渡されました。身分証の提示を何故求めないのかとその場で抗議致しましたが無視された記憶があります。その事を産経新聞にメールで伝えましたが返信はなくこれまた無視されました。川崎市中原区とはそのようなところです。

真太郎
余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
安倍政権によって日本の癌である在日敵国人と売国奴追放が着実に進んでいる中、日本の景気も確実に上向いているようです。在日と売国奴を一掃すれば日本は経済的にも素晴らしい国になると改めて確信しました。
今後は、桜井誠様、五十六パパ様方々が法廷闘争で除鮮に大活躍されるのを期待します。(個人的には外患罪告発で実績を上げて欲しいと願っています。そうなれば、個人で外患罪告発をされる方が続出するでしょうから。)

4月の実質賃金 3か月連続でプラス
6月3日 9時06分
ことし4月の給与総額は、平均でおよそ27万5000円となり、物価がマイナスになったため、実質賃金は前の年の同じ月を0.6%上回りました。実質賃金の増加は、3か月連続です。
厚生労働省が全国のおよそ3万3000の事業所を対象に行った調査の速報値によりますと、基本給やボーナス、残業代などを合わせたことし4月の給与総額は、働く人1人当たりの平均で、前の年の同じ月を0.3%上回る27万4984円でした。
また、物価の変動分を差し引いた実質賃金は、物価がマイナスとなったため、名目賃金の増加率を上回る0.6%の増加となりました。実質賃金が増加するのは3か月連続です。
厚生労働省は「賃上げの効果で基本給が増えている上に物価の下落が加わり名目賃金だけでなく実質賃金もプラスになった。ただ、物価が上昇傾向にあるという見方は変わりなく、今後の動向に注視したい」としています。

夜霧のガイコツこんばんは
余命ブログスタッフの皆さん及びブログ読者の皆さんお疲れ様です。
そして今回敵地である川崎におけるデモで見事な戦いっぷりを見せた五十六パパという人、ご苦労様でした。
ドアーズの歌で「ハートに火を点けて」というのがありますが今回のデモを妨害する様子がバッチリ映ってしまってる動画の拡散は当ブログ読者のみならず、愛国心のある日本人のハートに更に火を点けてしまう結果になって結局は大成功だったんじゃないかと思います。
神奈川県警による不公平な取り締まりを視ると腹が立つ気持ちはすごく解りますが見方によると警察は五十六パパさん達をしっかり最後まで警護してくれてたと思う。まず皆さんケガや事故も無く無事でなによりだと思います。
ただしかし、シバキ隊や反日の連中はやってくれましたな。“道路に寝転んでデモ行進を阻止するとはお前らは「アントニオ猪木VSモハメッドアリ戦」の猪木から学びやがったな。寝転んだら勝ちだと思うなよ。
コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ
メラメラメラ~
しかも警察は相手は歩道を封鎖して違法行為を働いてるのに何でピストルを使わないんだと思う。威嚇射撃でどかせればいいんじゃないか?NHKの記者か何か知らないがカメラ持ってウロチョロしやがって自分も撮りまくってるクセに自分の顔を映されると「肖像権の侵害です!」てお前の顔は漫画家にでも作って貰ったのか!アニメのキャラクターみたいに言うんじゃない!しかもさんざん映ってから手で顔を隠してたがもう遅いんだよ。自分が警察だったら思わずピストルで射撃するところだ。
ほんとドアーズ(入り口)が開いたと言う感じです。
お花畑→危機意識
情弱→覚醒
無関心→愛国心
泣き寝入り→通報
安けりゃ何でもいい→不買運動
安倍さん叉は余命ブログスタッフの皆がドアを開けてくれた感じがします
どんどん中へ入ってゆこう

聯合ニュース
韓国軍は8日、島根県の竹島(韓国名・独島)周辺海域で、定例の防衛訓練を9日までの日程で開始した。韓国軍関係者が明らかにした。海兵隊が参加しているといい、上陸訓練が実施される可能性がある。
竹島周辺での訓練は1986年以降、ほぼ半年に1回ずつ実施。聯合ニュースによると、訓練は「外部勢力が独島占領を企てた状況」を想定、海軍の駆逐艦など約10隻のほか、P3哨戒機やヘリコプターが投入される。
軍関係者は「あくまでも定例の訓練で、韓日関係を含む外交情勢とは無関係」とし、今年下半期にも行われる見通しだと明らかにした。
日本では3月、竹島を日本領土だと記述した高校教科書が検定に合格。韓国はこれに反発しており、聯合ニュースは訓練が「強力な警告のメッセージとなるとみられる」と伝えた。(共同)

.....待っていたのはこの竹島演習である。これで外患罪の適用条件が整った。2013年10月だけでは少々弱かったのだ。これで話題作りができる。
話題作りと言えば10日にはジャパニズム31が発売である。在日や反日勢力にとって「モンスター対談」は嫌だろうな。「川崎デモの最悪のときに保守連携かよ」ということだが、もう1ヶ月も前のシナリオ通りである。
16日には桜井誠氏の大嫌韓日記も発売である。もう今月は1日刻みで予定がいっぱい、参院選に間に合うように現在奮闘中である。