シェアする

1297 しばき隊と青林堂

「当社にしばき隊より井上太郎氏の3年前の書籍について「損害賠償を払え」
との書面が届きました。
この書籍については2年前に神原弁護士より木野という人物の記述について
訴えられ、和解で2割程度の賠償金を支払いました」

これはやくざの恫喝ではない。この代理人神原元は、かの諸悪の根源である日弁連傘下のれっきとした弁護士である。すでに川崎デモ関連では、日本人を貶める行為をしたとして外患誘致罪で告発されている御仁である。
また、通知人というのがひどい。しばき隊リーダー野間易道と伊藤大介である。
第一次と第二次の告発で約50件、第三次では20件ほどを予定している。この中で材料集めをしていたのがしばき隊案件で、桜井氏の早稲田からの一連の妨害と大和証券ツイッター事件、そして今回の神原弁護士とのセット事案で煮詰まってきた。数日中にまとめて告発する予定である。

しばき隊情報としてとりあえず以下の映像で概略はつかめるだろう。男組組長として沖縄で逮捕された添田も入れ墨メンバーである。



しばき隊を一気にイメージダウンさせ、その正体がばれたのがリンチ事件だ。
以下、ネットから拝借。

ある在日メンバーの金銭疑惑についてしばき隊員の日本人が他の在日メンバーに相談する。

そいつがそれを疑惑の在日や李信恵を含むしばき隊員6人にチクる。

2014年12月16日激怒した金銭疑惑の在日や李信恵らによって日本人メンバーが、北新地の飲食店に呼び出される。

被害者はその場で謝罪するも激しい暴行を加えられ、全治3ヶ月の重傷を負う。

その後、李信恵を含む3人が暴行容疑で書類送検され2人が罰金刑に、信恵が不起訴となる。

組織の上部(辛淑玉ら)から被害者に約束事をしてやるから被害を訴えるな、と圧力をかけられる。

被害者しぶしぶ飲むも、約束事が破られる。

被害者側の在日仲間(凛七星、金展克ら)が、信恵たちと対立。(被害者は凛七星の舎弟?)   ↓
週刊実話が李信恵を実名報道。

関わった在日らが事件を隠蔽しようとするも、しばき隊と敵対している左翼側から話が漏れる。

高島弁護士が録音を公開し嘘はいかんと叩く。

カウンター内部の人間と思しき人物から、信恵と金銭疑惑のメンバーとの不倫関係が暴露される。

ついに、辛淑玉文書が投下され、事件の存在が確定。

有田芳生や津田大介らが、信恵から距離を置き始める。

一周遅れで野間易通が弁護に参戦するも、なぜか信恵側にダメージが.....

野間易道、伊藤大介、李信恵、辛淑玉、凛七星、金展克、有田芳生、津田大介、添田充啓、福島瑞穂、神原元、みなさんお友達なんですなあ。

ちなみに、この件は、以前扱っている。

高島弁護士からしばき隊について質問され高圧的に怒る神原元弁護士
高島章(弁護士)
‏@BarlKarth
添田充啓氏起訴の件、情報が全くない。刑事弁護というものは、捜査中はもちろん起訴後も秘密事項が多いのはわかる。しかし、本件は、いわゆる社会的事件、思想犯なのだから、被告人・弁護人・支援者から積極的な情報開示があるべきであろう。見捨てられたわけではないだろうし。
20:30 – 2016年10月27日

高島章(弁護士)
‏@BarlKarth
@kambara7 高江の件で那覇地裁に起訴された添田充啓氏の件でお尋ねします。
同事件について私選弁護人はついたのか? 保釈請求は出したのか? おそらく起訴後も接見禁止だろうが、その解除申請はしたのか? 勾留理由開示請求は? そもそも、自白なのか否認なのか?
20:26 – 2016年10月27日

弁護士神原元
‏@kambara7
@BarlKarth  何ですか、いきなり失礼ですね。あなたにお伝えすべき情報は何もありませんよ。
22:09 – 2016年10月27日

高島章(弁護士) ‏@BarlKarth 18 時間18 時間前
@kambara7 私に伝えるべき情報ではなく、国民に伝えるべき情報ではないでしょうか?

弁護士神原元 ‏@kambara7 16 時間16 時間前
@BarlKarth 無礼を詫びなさい。非常識ですよ。

.....添田君はしばき隊。しばき隊の野間君の反日行動やグループの傷害事件、通名在日のテロゲリラ、便衣兵活動はまとめて告発するが、神原君が私選弁護士なら一緒だな。ただ、この御仁は川崎デモでも告発されている。頑張れ!頑張れ!カンバラ!
(引用終わり)

この感じだと、しばき隊の関係はすべて神原元弁護士が担当してるようだね。ということはリンチ事件もそうなのかな。みんなつながっているんだな。
来週は大和証券も絡んで忙しくなりそうだ。

沖縄県の米軍北部訓練場(東村など)の過半の返還に向けたヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設工事に対する妨害活動で、防衛省沖縄防衛局職員にけがを負わせたとして、沖縄県警は4日、傷害の疑いで、工事反対派で住所・職業不詳の添田充啓容疑者(43)を逮捕した。添田容疑者は8月ごろから北部訓練場の妨害活動に参加。社民党の福島瑞穂参院議員が現地を訪れた際には行動をともにしていたという。
添田容疑者は9月24日、訓練場内のヘリパッド移設工事現場で防衛局職員らともみ合いになり、職員1人が倒され、頭部打撲など全治2週間のけがを負ったとして防衛局が27日に県警へ被害届を出していた。

.....沖縄の基地反対運動に関しては、反対活動をする者をすでに外患誘致罪で告発している。上記のメンバーの中で、有田と福島、神原は川崎デモ関連で10月25日に告発されているのである。これに、しばき隊野間、のりこえネット辛淑玉、リンチ事件の関係者が加わるわけだ。事件の存在ははっきりしているから事実関係については争いようがない。
このメンバー、まさか外患罪で告発されるとは夢にも思っていなかったろう。
従前と違って、通名在日はなりすまし便衣兵での通報があるから、そういう者がいる組織は気をつけた方がいいと思うよ。

高天原 正
古い話ですが…
http://www.sankei.com/smp/affairs/news/161111/afr1611110019-s1.html
金田法相は就任後のインタビューで、死刑執行について、「法治国家では確定した裁判の執行が厳正に行われなければならないのは言うまでもない」と強調し、死刑制度を維持する意思を表明していた。

余命チーム様が一通り告発を終えたら
安倍政権の背中押しに余命様率いる国民が①便衣兵24、②早期起訴促し官邸メール、③告発状の積み上げ畳み掛け
→検察さえ乗り越えれば後は確定裁判→有罪死刑という流れですね!
「今年いっぱいが山」との事ですが、だいたい後どのくらいで一通り告発が終わりそうですか?
急かしている訳ではありません、申し訳ございません、ただ単にいつ頃になるか知りたいもので。勿論、もし時期を明かす事による不利益が有れば明かさなくても構いません!

.....中韓朝が戦争状態ということになれば、国内の在日問題は一気に解消するが、一応、現状が継続するものとして考察するならば割と簡単に先は読める。
すでに安倍総理はいくつものシナリオと何枚ものカードを持っているのでハードランディングの解決はいつでも可能だ。その中で一番犠牲が少なく平和的なシナリオが「①便衣兵24、②早期起訴促し官邸メール、③告発状の積み上げ畳み掛け」ということになる。
何度か記述しているが、外患罪は争いようのない事実をもって告発されたら終わりである。防御する側は検察レベルで抵抗するしかないのだ。よって当初は、告発→不受理差し戻し→再告発→不受理差し戻しという繰り返しになるだろう。もし、その間に一件でも受理されて起訴されたら防御ラインは崩壊するが、そう簡単にはいかないだろう。
その間も新規の告発は続くから100件以上、年内にとりあえずというところになるかと思う。便衣兵あぶり出しは電通、ロッテ、ソフトバンクにとって現実の問題として降りかかりつつある。冒頭記述した、しばき隊とかのりこえネットのような組織も便衣兵通報でがたがたになるだろう。何回かの検察との押し引きがくりかえされて、告発が官邸メールに上がってからが勝負となる。しかし、その前に何らかの形で決着がついていると思う。
もう気づかれていると思うが、第二次におけるメデイアの告発理由は統一されている。 昨年の入管集団通報も官邸メールも、大きな予備訓練だったと思えばいいだろう。いよいよこれからが本番だ。
民主党政権下で反日行動をとって国民を貶めた連中が3年たって、一斉に動き出している。鳩山、村山、管、小沢、蓮舫、野田、前原という具合だが、安倍総理に包囲され締め付けられて、方向性が全く見られない。準備完了ということで2011年東北地震で止まっていた民主党政権幹部の不正献金事件が登場してきた。
このままではじり貧とみて、共産党が動いているが、あまりにも拙劣で自爆気味。何か流れを誤解しているのだろう、民団と手をつないでる。共産党は終わったな。

フォローする