1336 東京地検返戻文書の疑問2

Pocket

どんぐり715
初めまして、”どんぐり715”のHNで投稿させて頂きます。
余命翁様はじめスタッフの皆様には、毎日の日本再生活動に頭が下がります。ご苦労様です。有難うございます。お身体をくれぐれも大事になさってください。
4年前に初代余命様のブログに出会い今日迄の活躍を日々欠かさず拝見させて頂き、貴重な勉強と、歪んでいる国内の司法・行政・教育・マスコミ・etcの理由が理解できたこと、このままにはしておけない、どうすれば良いのかと悩んだ時に、”外患誘致罪”という国家への反逆となる行為は全て罰すると言う罰則(外患誘致罪)が有ることを知りました。
日本再生には外患誘致罪を利用して日本を貶めている反日外国人・反日日本人を、日本国民皆して告発し消し去る作業をする先頭に余命様、大和会様がなって頂けるとのこと、早速余命翁様の指示通り告発委任状お送りさせていただき、余命様、大和会様のご活躍が始まり期待を持って進捗を見守っておりました。
案の定、余命翁様がおっしゃっていたように1か月以上経過し、いちゃもんをつけられ返却されました。その返却の仕方があまりにもひどいので、本来ならROM専の私ですが一言応援出来ればと筆をとりました。
この東京地検の返却文書は、日本国を良くしようとして働く公民の仕業ではなく、日本国を憂う国民にはなるべく手を出させないように誘導する力が働いてる様に感じます。それなら、先方の指摘する通りに直して再提出しましょう。
先方の言っていることは、武力行使をしている国、武力行使の事実と因果関係の証明が具体的に必要と言っていると私はとりました。
そこで例えば
事実1
武力行使をしている国:大韓民国(韓国)
武力行使の事実:韓国政府に属する軍隊が竹島を占領している。
因果関係の証明:①法律で禁止されている朝鮮学校へ補助金を支出している
②生活保護その他の援助や補助金支給している
事実2
武力行使をしている国:朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)
武力行使の事実:拉致問題とミサイルを日本領海に打ち込む
因果関係の証明:①法律で禁止されている朝鮮学校へ補助金を支出している
②生活保護その他の援助や補助金支給している
事実3
武力行使をしている国:中華人民共和国(中国)
武力行使の事実:尖閣諸島の領海に中国軍艦が進入
因果関係の証明:①生活保護その他の援助や補助金支給している

のように、それぞれの関係を明白にせよと(いちゃもん)言っているように取りました。
まだまだ大量の告発事案作業頑張ってくださいとしか申し上げられませんが宜しくお願いいたします。尚、大量の告発作業の傍ら、生活保護その他の援助や補助金支給を自治体が実施している事実で、地検に告発状を受理させる一穴も頑張ってください。
どんぐり715

Mr、A
簡単なことです。
担当者に朝鮮由来の人間が混じっているからです。

小田原の住人
余命さん、チームのみなさん。お疲れさまです。
テストだとおっしゃるので、控えていた投稿をさせていただきます。
間違っている箇所は、「全部・・・」ですよね(笑)
そもそも、日本の役所が公印も押さず、文書管理番号も記載せず、なおかつ担当部署等も明示しないというのは考えられないことから、内部の混乱が予想されます。
余命さん、チームのみなさん、そして大和会のみなさん。どうかご自愛ください。

かてきん
こんにちは、ご無沙汰しております。
ついに返戻きましたか。
に、しても検印も押さないとはふざけた対応ですね。恐らく正式に告発状の受け入れすらしていないといった扱いなのか・・・
国民をバカにするのもいい加減にするべきだな。
検察さん、国民の魂の籠った一人一人の委任状の意味が解りませんかね?
ただ余命&大和会様はまだまだ告発を続けるというご意志だし、私も頭に来たので追従させて頂きますよ、まだ6枚しか委任状は送っていませんので大量に送ります。(邪魔?かな・・・)
過去に投稿報告しましたが、不法に生保貰ってる朝鮮人しっていますがまだほくそ笑ってると思うと、煮えくり返る気持ちでございます。
汚い文章失礼いたしました。

正義のななし
脱原発パヨクのブログで申し訳ないのですが、
↓こちらのブログに
http://blog.goo.ne.jp/kochi53goo/e/fbd4d5e8fdb6a5ce8261680c1c559934

「東京地検の告発不受理理由書」が画像つきでアップされています。
これを見るとよくわかると思うのですが、
こちらの告発不受理理由書にはちゃんと割り印、管理番号、日付、担当部署が入っていますね。
それらがないとなると、本当に公式文書なのか疑いたくなります。
しかも横浜地検に至っては文書すら出さないって笑
検察は国民なめきっているとしか思えませんね。税金で食ってるくせに!!
なんなんですか検察。てめーらが仕事しねーから、日本の治安は悪くなる一方なんだぞ。
なんのために法治国家が復讐を禁じているのかてめーらにはわかってんのか!?
日本の司法はもはや死に体ですね。
仕事しねーなら、おめーらなんかガチでいらねーぞクソ検察。
司法が役立たずなら、アメリカのように憲法に国民の武装の権利を明記し、国民すべてに銃器持たせろ。自衛と復讐の権利を保証しろ。

.....「東京地検の告発不受理理由書」が画像つきでアップ。
どこも同じだね。この文書だけが何もない。おかしいよね。

愛国左派
事務官以下の職員が差し止め、返礼理由を適当に(又は所属反日勢力に相談の上)作成したもので、これは検事に伝わってないかのようですね。
その文書を見たときの余命翁のにこやかなお顔を思い浮かべ、私もにっこりしております。

ななこ
東京地検の文書について、おかしなことばかり書いてあると思います。私はその中で「憲法で保障されている表現の自由との兼ね合い」を特に指摘したいと考えました。
これを字義通りに解釈すれば、例えば第三国人が「日本に攻めて行って占領しよう!」「みんなで日本人を皆殺しにして東京大虐殺を実現しよう!」「そうだ、日本はもう独立国家ではなく我々の植民地であり日本人はみんな奴隷だ!」と日本側で手引きする日本人を交えて具体的な戦闘を前提にして話をしたとしても、何も具体的な戦闘行為がなければ明らかに日本人に対する害意があっても、「それは憲法が保障する表現の自由です」と東京地検は強弁しているものと思われます。
対照的に、ヘイトスピーチにおいては表現の自由よりも人権が優先し、たとえそれが憲法で保障されていたとしても、言論の自由を制限してヘイトスピーチを根絶すべきだという論調が許されています。それが下記の川崎のデモをつぶしたあとに行われた学習会での阿部浩己神奈川大学教授の発言であります。
国家存立よりも、差別が大事であり、外患誘致罪は言論の自由よりも優先順位が低いが、ヘイトスピーチを禁止することは言論の自由よりも上回るということが東京地検により証明されたことになると思います。つまり、阿部教授の説によれば日本国内においては国際人権法が憲法よりも優先されるということであり、これはヘイトスピーチ根絶を推進する法務省が憲法の形骸化を認めたことになるのではないでしょうか。

====以下引用====
ヘイトスピーチ規制は正当 川崎で学習会
神大・阿部教授が講演
ttp://www.kanaloco.jp/article/184411
国際人権法の観点からヘイトスピーチ規制について語る阿部教授 =川崎市労連会館
特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチ根絶を目指す市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」の学習会が7日、川崎市労連会館(同市川崎区)で開かれ、講師を務めた神奈川大の阿部浩己教授は国際人権法の観点からヘイトスピーチ規制の正当性を語り、「公的機関は人権を擁護する側に立ち、国際人権法の要請に応えることが必要」と強調した。(中略)
表現の自由を巡る問題については「ヘイトスピーチ規制は正当な表現の自由の規制とされている。一般的な理解では、デモの表現内容を事前チェックし、規制することは憲法に抵触するとされる。だが、この考え方はヘイトスピーチに関しては認められない。国際人権法の要請に応えるルールづくりが必要だ」とした。
====引用終わり====

緑虫太郎
東京地検差し戻し文書。
もうちょっと何かあると思いましたけど、
ここまで無策とは驚くほかありませんね。
皆さんが仰るように、下っ端の誰かが、全部押し付けられて、適当な文章をでっち上げ、まとめて返してきたんですかね?(笑)
それとも地検の中のなりすまし日本人が、こっそり公文書偽造を試みたのかも知れませんね。
それにしても、担当部署、担当者がバレてしまうと、「そこからスパイラルが始まる」という余命爺氏のご指摘。
地検もそれを恐れていることが分かってとても興味深いですね。

某リストの有名人
これ、民団辺りから偽装不受理作戦の指令が飛んでいて、zばかりが配属されている郵便係が到着した告発文を配送直後に隠滅し、そのまま放置、届いて無いよ?郵便の事故じゃね?はさすがにマズイ、と浅知恵かつ猿知恵で勝手に拙い日本語で定型文っぽくワープロ打ちした文章を添えて返した、人目を忍んで実行する余裕は少なく、複数の告発文を封筒一個に纏めて送って、これで安心!民団は慌てて返送すんなアホ!って感じかな。
もう、ハードランディング一直線やなw中枢の何人かだけを犠牲にして残りは強制送還(取りあえず本国到着までは生きていられるw)、じゃ無くて全員ゲリラ兵その場で射殺殲滅を自ら選んだw
もう草を生やすしか無いw筋トレでも始めるか。

ぱぴぷぺぽ
東京地検のやっていること、何だか小学生みたいですね。
きちんとした形で誰か責任者が名前を書いたり印鑑を押したりしたら、今度はそこが告発される…と余命を読んでビビっているので、苦肉の策で変な文書を付けてきた…と(笑)。
それならば、最終的には『東京地検全体』を告発ですよね(笑)?
今までの余命さんの流れを見ていると、そんな気がしますけれど…。
お馬鹿だなあ…お粗末…東京地検。
そもそも、稲田さんが『外患罪は実際に紛争状態で無くても適用されない訳じゃない…』みたいに答弁してますよね。
今更何を言っているのやら。
本当に法を司る方々ですかね…。

余命応援団
この回答が偽造でなく地検の正式回答だとすれば、狂っているとしか思えません。
法の番人たる存在が法を否定しているとすれば、もう法治国家ではありません。
自衛隊に動いてもらうしかありませんね。
先ずは反日勢力東京地検を殲滅するのが、自衛隊の初仕事かもしれません。
我々は各自衛隊駐屯所前に於いて東京地検殲滅を訴える「東京地検殲滅デモ」を執り行う必要がありますね。
スローガンは
「法を順守せず売国勢力を擁護する売国地検を殲滅せよ!自衛隊よ立ち上がれ!」
心ある自衛官に立ち上がって貰い、売国地検を先ず血祭りに上げるのが初動と考えます。

余命のおかげ
整理が大変だと思い、遠慮していましたが。。。今回はさすがに我慢できませんでした。(笑)
余命様、スタッフの皆様、いつもありがとうございます。
地検の返戻書
バカな私でも、貴殿は。。。の書き出しは、まず変だと思いました。
それと、たくさんの、証拠資料を添付しているのに、証拠を出せかのような、
文章も変だと思いました。
爽涼無量さんの提案の官邸メールは、必要だと思います。
ほんとに、24時間の奮闘、尊敬致します。
どうか。。。倒れないでください。。。

小田原の住人
余命さん、チームのみなさん。お疲れさまです。
連投申し訳ございません。先ほどのコメントを訂正する内容になるかと思います。先ほど記入した「内部の混乱」などではなく、ある意図を持った対応だと思われます。つまり「そもそも告発などは無かった」という事にしたいあちら側の意図です。告発状の郵送は、内容証明や簡易書留等の相手側が受け取ったという事蹟が残る形でしょうか?
先ほども少し触れましたが、日本の役所の職員が文書を発送する場合は、必ず上司の決裁を仰ぎ、同文書を保管管理した上でいつ郵送したかがわかるように記録に残します。
もし、受付の事蹟も残っていない、返信した文書及び郵送した記録もないという状態で、問い合わせたとしても、「そういった記録は残っていないので、回答できない」という返事がくるだけ。
つまり、最初に記しました「そもそも告発など無かった」ことにできるわけです。的外れなコメントでしたら、申し訳ございません。
どうか、みなさんご自愛ください。

歩兵伍長の子 森本 誠
余命プロジェクトの皆様 お疲れ様です。
対処していると思いますが念の為にメール致します。
地検から送られてきた封筒と文書に担当者の指紋が残って居るかも知れませんので、触る時は手袋をして証拠として丁重に保全して下さい。

.....いやあ気がつかなかったなあ。みんなあきれてぐるぐる回しで見ていたから今回はだめだね。次回から手袋を使おう(笑い)
ところで、大和会会長から連絡があり、横浜地検は不受理の理由を文書で出すそうだ。ただ、不受理が決定した理由書など郵送で済むのに来てくれという話で、会長も首をかしげている。
すでに不受理の通告から日がたっており、理由にならぬ理由付けをもっての不受理として、この事案は伏見だけではなく、でれでれ草、悪魔の提唱者等を含んだグループの外患罪告発を準備している。したがって、今更、却下のいいわけなど聞く必要がないので、放置しておけばというのが結論である。
今回の東京地検問題の展開から、横浜地検が突如として、伏見を起訴なんてことになる方が時間がかかるし、やっかいだ。