1337 東京地検返戻文書の疑問3

Pocket

ここから赤字部分は再掲。なお日付は入っているので付記した。
27日、久しぶりに全メンバーで合同会議。大和会会長から告発状況の報告があった。
現在、第一次告発、第二次告発が終了し、来月早々に第三次告発作業に入るが、先日、第一次分が返送されてきた。
この返送に添付されてきた書面が凄い。
地検の返戻理由についての文書についてはあまりよくは知らないが、少なくとも公式文書である以上、受付番号あるいは受理番号等の記載と扱い担当部署、そして最低公印でなくても受付の検印くらいは必要であろう。他の事例を見るとそれはみなきちんとしている。
ところが、今回はそれが全くない。どこの誰が扱ったのかが全く不明なワープロ文書である。公的証拠としては全く使えない代物だ。そして一番の問題はその内容である。
大和会では、この文書が異様な形式のため内容よりは、まず真偽の問い合わせをするという。また、前回、横浜地検での不受理の件では、その却下理由の文書さえ出ていない。
これも文書で明示するよう申し入れることとなった。
今回はこの返戻理由書の内容についてどこが間違っているかのテストである。この件は特にコーナーを設けるのでどんどんコメントをお寄せいただきたい。

東京地方検察庁特別捜査部       平成28年11月11日
書面の返戻について
貴殿から送付いただいた書面には「告発状」との記載がありますが、捜査機関に対し犯罪事実を申告して捜査及び犯人の処罰を求める場合、単なる事実の申告のみでは足りず、刑罰法令が定める構成要件に該当する事実を具体的に特定し、かつ、その事実を具体的な証拠によって疎明していただく必要があるところ、同書面には、それらの記載がありません。
 また外患誘致罪とは憲法で保障されている表現の自由との兼ね合いにより、予備や未遂についても発言等のみを捉えて適用するような犯罪ではなく、更には犯罪事実から導かれた、かなり具体的な外国からの武力行使(戦闘行為)の事実(もしくは武力行使しようとした事実)との因果関係の証明が必要となります。
 よって、これまで送付いただいた書面は当庁において受理することはできませんのですべて返戻いたします。

気まぐれな窓
検察の返答、うーむ・・・さすがに予想の・・・範囲内でしたね。
いいことを思いつきました。もういっそ全国の検察に送ったらどうでしょう。
そして全部が返送してきたら、日本検察はすべて解体対象。
どこかが受けとれば、そこから崩れる。
しかし、検察の今回の対応から、受理不受理というより、公的に外患罪で告発があったという証拠を残したくないのだとわかりました。本当に審査されたのかも怪しいものです。窓口の奴が全部握りつぶしていた・・・とか。目的はもちろん返送までの時間を稼ぐこと。
もしかして、東京地検の検察官などのような法曹ではなく、法律業界周辺にいる資格・知識のない人間が文書作成したために、法的効力がない文書を返事にせざるを得なくなったとか。さあどうする東京地検、膿を出さないと終わりだぞ。

yachtrightwing
余命爺様、サポーターズの皆様
yachtrightwingと申します。
余命爺様または大和会の方は、今般の刑事告発を東京地検に送付する際、どのような郵送手段を用いたのでしょうか。
書留等の、送付の証拠が残る郵送手段であれば、刑事告発状送付の事実が認められます。であれば、返送された書類に付されたメモ書きが、署名や捺印、受付番号等が全く無いワープロ文書であっても、今般の返送書類が、東京地検から返送されたものと推定することが可能です。
そうでない場合、東京地検に問い合わせたとしても、東京地検が「そんな文書は知らない」と、しらを切る可能性が考えられます。
次は直接手渡し、ビデオ録画でしょうか。

.....もちろんレターパックをつかい、証拠書類には写真も動画もいれて事実関係には争いが全くないようにしている。

真太郎
以前、「魔法科高校の劣等生」というアニメついてコメントさせて頂きました。今度は原作を読んでいるのですが「9巻 来訪者<上>」の88%(kindleで読んでいるのでページ数はわかりません。)に主人公の達也が「百年前ならいざ知らず、現代この国の刑法において、外患誘致罪は武力行使が実現しなくても成立する。」と語る描写がありました。このシリーズは20巻出版され、今も人気があり2017年には劇場版も公開されます。
外患誘致罪刑事告発を不受理にした地検は、「外患誘致罪」を知った国民が増える前に受理した方が身のためでしょう。

佐久奈堕理
かなりお困りの様子でございますなぁ。
私から一つ検察庁のお偉い様へ進言申しあげる。簡単な事。今の職務を放棄すれば解決しますぞ。自分にできないことは無理と認め、他の能力ある人へ責任転嫁して退くのじゃ。 下がって見ておれば良い。両手いっぱいの地位、権力を手放せばその代わり一時の安堵というこの上ない宝が手に入りますぞよ。離すと掴める道理。家族もあるのであろう?誰が取り繕うても最早手遅れじゃ。
よく見かける阿呆の一点張り、同じ文言繰り返す壊れた蓄音機的画はもう要らんぞ。先にお断り申しおく。
初回の差し戻しで皆様のこの殺気。


地検のふざけた返答に怒りが収まらなかったので、しばらくぶりにコメントをさせていただきます。
上記の地検特捜部からの返信は、自分が思うに、内部の朝鮮側のスパイが司法関係の専門家のようなふりをして文章を作成して、送り返してきただけだと思います。
きちんとした書面、書式でないのなら、読むべき部署の人間は読んでいない確率が非常に高いです。
このサイトを見ていた外部の反日系が、「届き次第、関係部署に回さずに、まとめて適当に送り返せ。」と、地検に入り込んでいるスパイに指示を出し、そのスパイが適当な理由を付けて、郵便担当の職員に指示をだして全回収をしたのではないでしょうか?
もしそうではなくて、意図的に特捜部が無かったことにしようとしているのであれば、本当にもう「自衛隊の出番。」だと自分は思います。 国体を維持できていませんよ、法治国家としての日本を。 日本人が虐げられる国は日本ではありません。
以前、小沢は無罪でしたし、鳩山の脱税なんかは、事件化すらされていませんよね?他にもたくさんありますけど…..。
今回の告発は、地検の特捜部に対する見極めだったと自分はみています が、違いますか?

建久
余命さん、スタッフさん、ありがとうございます。
もしかしたら、パチンコマネーなんて問題にならないぐらいの
裏金システムがあるのかと思ってしまう。

小幡 勘兵衛
東京地検の回答について拝読していたら勉強になるだけではなく頭にも来たので自粛を解除して投稿させて頂きます。私程度では愚痴か意見しか出ないのですが
爽涼無量さまの提言コメントの中に国民は刑法を知らねば警察に被害届も出せない事になる、これは狂っているとあり、もうそのままでしょう。
場合が違うとは思いますが、実害に遭ってるし被害に遭ったら即警察に、とほざくくせにいざ実際に行くとそれは民事の事例だから…というアレ。つまりは刑法や各訴訟法を知らぬなら来てもムダだ、と。
ポリが最初に覚える仕事の一つは訴えに来た市民をいかに追い返すか。その次に死体に慣れる事。ま、地検が警察をないがしろにするのもある意味仕方ないのかな、と。
OT様の怒りのコメントにて公僕とは何かとありますが、我が相模原において何年かに一度は市民が市役所職員に暴力を振るって逮捕されます。暴行の理由は職員の態度に腹が立って。実際に見た事ありますけどまあ納得ですね。
それと破廉恥行為も定期的にあります。何と言うか、見えない公的バリアにでも護られていると思っているみたいですね。
民間人なら即逮捕、俺たちゃ公務員だからセーフ!みたいな感覚があるのでしょうか。 危険ドラッグでも使ってるのかな?こういう時、どこぞの右京さんみたいな切れ者に期待したいのですがテロ朝じゃダメか…

純国産品
余命様、プロジェクトチームの皆様、大和会様、関係者の皆様。いつもお世話になっております。
第一弾不受理は予想の範疇でしたが、検察の言い訳のお粗末具合には口があんぐりでした。
内容の中から一つを挙げても、
ハッキリと申し上げて、「かなり具体的な外国からの武力行使があった」後では意味がないではないか!万が一その様な場合、国内混乱の状況で告発以前に国が動いてるであろう事は明白。
ある案件に警察から協力要請で検察に出向き関わった身としては違和感満載です。私の 手元に残っている送付されて来た文面にもある、あるはずの物がないのですから。地域が違うからないという物ではないと思うので。果たして本物でしょうか?
事案化していないとしてもあの書式では余命様が仰る様に体をなしていない。返信側の責任所在もない(あったけどなかった事にもなる)なんともお粗末としか言えません。
要するに「怖くて誰も引き受ける人がいないの。ごめんね。」と言う事でしょうか?
人の命が掛っていると言い、あちらの協力要請する時の必死な態度を知っているだけに、この文面に呆れと同時に怒りが湧きます。国民の命がかかっているこの大事にこそ必死になって頂きたい。
以下文面は捨て置き下さい。
あちらに関わった経験者ならわかると思いますが、余命様、関係者の皆様のなされている事は正に命がけ。
案件は違えど相手がこの世から消滅しない限り一生の身の安全は無いに等しいのでは?
私が気付いた時には遅かったです。
私も最中はある意味命がけで後の事は誰も教えてくれませんでしたから。人命の為に働いた悔いはありませんが後の代償はあまりにも大きいと知りました。
皆様のなされている事、覚悟に至っては私の覚悟など比になりません。
(すみません勝手に思っております)
御一同様の身のご安全、ご武運を心よりお祈りしております。

ひろひろ
公務員が職務遂行上、人の権利を侵害した場合または義務のない行為を行わせた場合・・・に該当しますね

山ほととぎす
(余命翁様
連日のお働きを有難うございます。
次の文面は、お読みいただければブログに掲載いただかなくて結構です。もし、掲載するときは、適宜編集していただけますようお願いいたします。  )

「検察官同一体の原則」(検察官は刑事裁判における訴追官として審級を通じた意思統一が必要であることから、検察官は検事総長を頂点とした指揮命令系統に服する)というのがありますから、「地検の返戻」はそれが通常の段取りを踏んだものであれば、高検や最高検も一体として承知の上での措置だと思います。
最高検も承知ということであれば、本件のことは当然法務大臣の耳にも入っていると思われます。
外患罪などの告訴告発事件の取り扱いについてはこれまでもブログ「1146告訴告発事件取り扱い要綱…」などで繰り返し詳述されてきた通りですね。
告発事件の取扱いについては、平成元年に警察庁長官官房総務課から「刑総発甲第17号」の通達が発出されています。
これによれば、
〇犯人が特定されていなくても、犯罪事実が明示されている限り、受理すること。
〇告訴等の文言を用いていなくても、実質的に犯人の処罰を求める意思表示が認められれば、受理すること。
〇その取り扱いは「迅速かつ適正な取り扱いを図る」ことが大切。
〇処理の著しい遅延は、当該告訴・告発事件の証拠の散逸、関係者の所在不明等を招くなど事件の捜査に重大な影響を与えることとなるので、迅速に処理すること、
などが記載されています。
東京地検からの返戻の書面には、「告発状」には、単なる事実の申告のみでは足りず、刑罰法令が定める構成要件に該当する事実を具体的に特定し、かつ、その事実を具体的な証拠によって疎明していただく必要がある… と書かれていますが、こちらは告発の意思があるわけですから告発代理人(弁護士)がついていないからと言って単に門前払いをするのではなく、どの書面にどのようなことが不足しているか、どのように補ったらよいか等をていねいに説明・教示するのが国民のための公務員(検事)の仕事だと思います。
地検の担当検事は、上記の通達も充分に承知した上で今回の書面返戻を行っているのでしょうから、厄介なことはなるべく先送りして遠ざけておきたいということでしょうか。

シノムラ クニヒコ
余命氏
「少なくとも公式文書である以上、受付番号あるいは受理番号等の記載と扱い担当部署、そして最低公印でなくても受付の検印くらいは必要であろう。」
・・全くその通りで、然るべき手続きをとらず個人の裁量で返送したように思えます。上の方は知らないのではないか?
それにしても日本国民を舐め過ぎです!

もぐら
一般にお役所の総務課では、届いた郵便物(メール便も含め)の全ての封筒やハガキに日付印を押印し、書留は後々照合できるように日付印に番号を記入し、手元控えの記録簿には同じ番号と差出人を必ず記入したうえで、宛先の部署・個人別に仕分けして配布しているはずですがどうなのでしょうね。 (もぐら)

神主の末裔
構成要件に該当するか否かを立証あるいは、判断するのが検察のお役目では?
ま、こんなもんでしょうが、思い切り小役人ですな笑

田舎者
初めてコメントさせていただきます。
地方の公務員です。
告発文書について、内容証明や配達記録で送付されているでしょうか
直接行ける場合は、同じ文書(副)を持って行き、受付印を貰うという方法もあります。
内容によるかもしれませんが、国の機関(税務署など)は出来ます。
相手方に送られた書類は、内容毎に収受(受付)分類があり、日付も残ると思います。
受付になれば、あとは回覧(決裁)後に担当者に回るのかなと。
収受にならなくても、内容証明でかなり、足跡は残るはずです。
的はずれな内容でしたら削除願います。
陰ながら、毎日拝見しております。
どうかお体に気を付けてお過ごしください

Star-Knight
僭越ながら、今回の東京地検特捜部からの回答と想する文書に怒りが沸き
爽涼無量氏の抗議文をお借りし、そこに署名、検印及担当官などの無かった理不尽さをの異常さを加筆し、官邸メールを送りました!!
先走った行動を御容赦ください!!!
未だ戦いは始まったばかりではありますが、また検察の出方も予想通りでは有りましょうが、検察の対応の不明さに度しがたく果敢に同志共々
攻めの行動を行いたいと思います!!
余命師の次の行動の必要な支持をお待ちしております!!!