シェアする

ぱよぱよ雑談~20180109

今日はある意味重要になるかもしれない1日になりそうですね。まずはこちらから。

9日に南北閣僚級会談 五輪以外も議論か  :日本経済新聞

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国と北朝鮮は9日午前10時、軍事境界線がある板門店で南北閣僚級会談を開く。南北当局間の高官会合は2年1カ月ぶり。北朝鮮の韓国・平昌冬季五輪参加問題が主な議題だが、軍事的な緊張の緩和策なども話し合う見通しだ。

双方の首席代表は閣僚級で、代表団は南北それぞれ5人で構成する。五輪・スポーツ担当者はそれぞれ2人。首席代表を含む残り3人はいずれも南北問題の専門家だ。

韓国統一省報道官は8日、「平昌五輪への北朝鮮の参加問題とともに、南北関係の改善に向けた互いの関心事についても議論する」と語った。韓国側首席代表の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相は韓国メディアの取材に「離散家族問題や、軍事的な緊張を緩和する問題を議論できるよう準備する」と答えた。

「ひとまずは平昌冬季五輪・パラリンピックへの北朝鮮の参加問題に集中する」。統一省報道官は語ったが、「南北関係の改善」への並々ならぬ意欲は、南北代表団の顔ぶれからも明らかだ。

韓国側首席代表の趙氏は金大中(キム・デジュン)政権時の2000年、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権だった07年の2回開かれた南北首脳会談の両方に関わった専門家だ。07年の会談で安保政策秘書官として盧氏と金正日(キム・ジョンイル)総書記との対話を克明に記録。統一省の局長として開城工業団地、金剛山観光など南北共同事業を推進した。

北朝鮮側首席代表である祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長は軍人出身で、対南強硬派で知られる。会談では米韓軍事演習の中断を求めるとの観測がある。

同席する田鍾秀(チョン・ジョンス)副委員長、ファン・チュンソン部長は15年12月の南北次官級会談でそれぞれ首席代表、経済分野の代表を務めた対南政策の専門家だ。田氏は00年の南北首脳会談にも関わり、ファン氏は開城工業団地、金剛山観光事業との関わりが深い。

南北の閣僚級の会談ですが、あくまでテロ支援国家との対話となることから、五輪問題はどうでもいいとして、南北で経済問題で北朝鮮に餌を与えるのであれば、南朝鮮もテロ支援国家に値する行為ともいえます。場合によっては、南朝鮮切り捨ての布石になるための会談になる可能性もあり得る話だと思います。

恐らく会談自体は北朝鮮主導で進むことが予想されるし、北朝鮮が軍事的に引くことはないと思うし、場合によっては、中国同様に無条件降伏とも言える内容を受け入れる可能性が高いでしょうね。

中国に「降伏文書」を差し出した韓国:日経ビジネスオンライン

南朝鮮としても、北朝鮮の核を民族の核と思い込んでる節があるらしく、北朝鮮の核を日本に撃ちたいというのが本音なので、北朝鮮の核については、時間稼ぎでも何でもやるのは言うまでもないでしょう。北朝鮮は理知的なものや経済的合理性などの一定のものはありますが、南朝鮮については、合理性関係なく反日のためにはやりかねないと思いますよwww半島情勢で最悪な状況は、南朝鮮主導の北朝鮮との統一で、ベストなのは半島の非核化&軍縮で国際的に孤立させて放置して真空パック化ですかね。

続いてはこちら。

韓国・UAE石油共同備蓄事業、朴槿恵政権末期に中断-Chosun online 朝鮮日報

李明博(イ・ミョンバク)政権当時、アラブ首長国連邦(UAE)のムハンマド王子の提案で両国による原油の共同備蓄事業が実現したが、後の朴槿恵(パク・クンヘ)政権末期に中断していたことがわかった。

この事業はUAE産の原油600万バレルを全羅南道麗水の石油備蓄基地に保管し、有事の際に韓国が優先的に使えるようにしたもの。李明博・元大統領の回顧録によると、2010年に来韓したムハンマド王子は李元大統領に「神が我々に石油を与えたのは、我々だけが使うためではない。友人にも分け与えよという意味だ」「原油価格が国際的に不安定化しても(韓国は)心配しなくても良い」などと話したという。

この結果、韓国とUAEは2011年に覚書を交わし、12年に本契約を締結した。契約期間は原油が韓国に最初に到着してから3年とされていた。その後、13年9月にUAEから200万バレルの原油を積んだタンカーが麗水の備蓄施設に入港し、契約が発効した。国際エネルギー機関(IEA)によると、600万バレルは韓国で7日分の消費量に相当する。

しかし政界関係者や石油公社などによると、この契約は2016年8月に満了した後、延長はされなかったようだ。石油公社のある関係者は「契約の延長に向け協議を行ったが、双方の提示する条件が合わなかった」「契約が延長されなかった理由については明らかにできない」としている。その結果、UAEは麗水の備蓄基地に保管されていた自国の原油を17年6月までに全て売却した。一方で629万バレルのUAE産原油を備蓄している日本は、17年末までだった契約期間を19年末まで延長している。

UAE関係だとこんなのもありました。余命記事より。

70 韓国UAEから受注の原発建設破綻か – 余命三年時事日記

85 UAEは沈黙(韓国UAE原発建設) – 余命三年時事日記

他にはこちら。

U-1速報 : 韓国の契約違反に『UAEが最終通告を言い渡しに来る』破滅的な情勢に。最後の言い訳チャンスが与えられた模様

U-1速報 : 韓国が『UAEとの裏協定を勝手に暴露して』国際的地位を失墜させた模様。軍事同盟を無断で破棄しようとした

韓国とUAEとの覚書は原発建設もセットであり、全く契約を履行せずに違約金も払わずにトンズラしたといったところが実態かと思います。協定を勝手に暴露といえば、日韓合意についても同様で、韓国にとって協定は都合のいい道具として使うだけで、守るつもりは全く無いということは言うまでもないでしょうね。

非公開部分の暴露批判=慰安婦合意、慎重な対応を-韓国各紙:時事ドットコム

日本だけではなく、UAEに対しても同様だし、他の国との約束も守らないことからしても、最初からあるとは思っていない国際的信用が失墜していくのは言うまでもないでしょう。

他にもワロス曲線事案でも。

【社説】尋常でないウォン高…外為当局がバランスを取らねば | Joongang Ilbo | 中央日報

今はウォン高でウォンという通貨の信頼が高いことからもウォン高となっており、ひょっとしたら今最強クラスに強い通貨なのかもしれません(棒)それだけ韓国経済は強いともいえるし、民主党政権時代に円高が悪いことではないような風潮にも一部でありましたし、そういう意味でもスワップに頼らなくても何の問題もないと思います。元々、スワップというのは、通貨の急落などで金融危機を防ぐための枠組みなので、通貨高の国では必要ないのと、そもそも協定を守らない相手に対して、協定を結ぶ必要性など皆無ですからね。

特亜の経済モデルとして、不当に通貨安を誘導して輸出(失業も含め)によって、ダンピングなどで価格を破壊して、輸出相手国の産業を破壊して乗っ取ることをベースとしているともいえます。競争は競争でも、知財もモラルも無視した不当な競争というのは論外で、ルールなき競争とかいうのも、害悪なものでしかないわけですね。ここらへんを封じると、ある意味特亜への経済制裁とも言えなくもないので、経済的観点では健全なルールで競争路線というのが、一つの圧力にはなると思います。

続いてはこちら。

【歴史戦】慰安婦問題の日韓合意破棄せず 韓国、日本に「責任ある措置」要求 – 産経ニュース

【ソウル=名村隆寛】韓国の康京和外相は9日、慰安婦問題をめぐる2015年末の日韓合意の検証結果を受けた韓国政府の後続措置を発表する。韓国外務省が8日、明らかにした。

聯合ニュースによれば、文在寅政権は慰安婦問題で新たに「責任ある措置」を日本政府に求める方針を決め、9日に公表するという。韓国政府消息筋の話で、日韓合意の再交渉や破棄は求めないという。要求する措置の内容を示さない可能性もある。

日韓合意関係です。後続措置を発表するようですが、「日韓合意の再交渉や破棄は求めない」という言葉だけ言いながら、好き勝手な内容を公表することが予想されます。守るつもりもないですし、「要求は重ねるけど、再交渉でも破棄でもない」といった論法でしょうね。そういう意味では、一種のチキンレースみたいなものだと思いますし、日本としては合意の実施済みの一点張り以外の対応を取る必要はありません。合意を守る姿勢がないことからして、制裁の対象としてもいいと思うけどね。一時帰国よりも強いメッセージとなる大使召喚も一つの手でしょうし、日韓合意を守らない限りは他の協定を取り消すというのも一つの考え方だと思います。そもそも協定を結ぶこと地点で不平等協定としかなりませんし、協定の締結が国益を損なう行為であることが事実であることから、ビザ規制などに踏み込んでもいいと思います。

結局はチキンレースという形を取りつつ、関係を緩やかに解消する形で進めるに限りますし、日本として余計なことをしなければいいだけだと思います。国内の大掃除については粛々と進めるに限ります。兵役だったり金絡みなど、日韓関係で利害関係が一致している問題もありますので、ここらへんを利用するのも悪くはないと思うし、どのように動くかなんだよね。