シェアする

徴収共助約定ドアと財務省

余命ブログで「徴収共助約定ドア」の話が出たので、財務省関係について触れておきます。

246 徴収共助約定ドア – 余命三年時事日記

.....今後の税を適時に出さない韓国人が日本に財産を保有している場合は、差し押さえることができるようになる。企画財政部は、日韓両国国税庁が相手国の中で税金徴収権を互いに保証する「徴収共助約定ドア」を結ぶことにしたと14日明らかにした。
関係者は、「韓国人が税金を滞納しても、国内に財産がなく、日本に財産がある場合は徴収するのが難しかった」とし「これを解決するためのもの」と説明した。

よく考えたら、2018年からマイナンバーのフル稼働が始まっており、日韓両国国税庁が「徴収共助約定ドア」というのも稼働出来るわけですね。よく考えたら、現在進行系ではありますが、某案件で国税庁が狙われてたような気がしましたが、気の所為だと思いますし、当ブログで財務省解体論の類を書いていない理由についてもこういった理由もある(笑)ここでは、麻生財務相と国税庁を守ることが定石で、国税庁の弱体化を伴う歳入庁というのは、徴税能力の低下を意味することになるわけで、「徴収共助約定ドア」との相性はすこぶる悪いwww

歳入庁構想 | 時事用語事典 | 情報・知識&オピニオン imidas – イミダス

民主党は2009年の衆議院選挙のマニフェストで、日本年金機構の前身である旧社会保険庁当時に年金保険料の未納が問題となったことから、歳入庁の創設を打ち出した。税金を集める国税庁と年金保険料を集める日本年金機構(旧社会保険庁)を統合し、税と保険料を一体徴収する案。12年4月13日、民主党作業チームの中間とりまとめ案では、税と社会保障の個人情報を一つにまとめる共通番号制度の利用開始に合わせ、発足を15年1月とし、関連法案の年内提出を目指すとしていた。組織のあり方としては、組織を再編せずに連携を強化する「連携強化型」、税・保険料の徴収業務を一元化する「徴収業務統合型」、給付業務を含めた全業務を統合する「全業務統合型」の3類型を提示し検討するとしていた。民主党政府の消費増税等抜本改革法案では、「歳入庁の創設による税と社会保険料を徴収する体制の構築について本格的な作業を進めること」と明記されていた。政府は6月12日、「歳入庁」を18年以降速やかに創設するとの工程表を公表し、歳入庁創設前に、まず、マイナンバー制度導入予定の15年ごろに日本年金機構の業務のうち国民年金保険料の強制徴収業務を、システム統合を伴わない範囲で国税庁に統合するとした。また国税と年金の全業務を統合する「歳入・給付庁」については、将来の検討課題とした。消費増税関連法案に関する民主、自民、公明3党との修正協議によって消費税率を14年4月に8%、15年10月に10%に引き上げる案で合意した(12年6月15日)。一方、自民党は歳入庁創設について政府原案からの削除を要求し、3党の合意では「歳入庁その他の方策の有効性、課題などを幅広い観点から検討し、実施」とあいまいな表現に修正された。この修正のポイントは、「歳入庁その他の方策」の表現にある。官庁用語の典型例で「歳入庁その他の方策」と書かれ、「歳入庁その他方策」とは書かれていない。「歳入庁その他方策」であれば、少なくとも歳入庁そのものを検討しなければならないが、「歳入庁その他の方策」ならば、歳入庁は例示の一つになり、検討しなければならないわけではなくなる。自民党の政権復帰で歳入庁設置の可能性は遠のいた。

最も、民主党政権の打ち出していた歳入庁構想については、お抱え団体の旧社会保険庁と国税庁を統合させることがホントの目的だったと言えます。あの政権がマトモな構想を掲げてると考えてる地点でどうかしていると思うけどwwwそういう意味では、歳入庁についても、慎重な議論が必要となるわけで、今回の財務省の立件が難しい不祥事と天秤にかけるような話ではないですし、別のアプローチが必要だと思います。

何個か記事を紹介。

麻生氏、佐川氏が“関与”否定で続投論も 永田町関係者「風向き変わりつつある」 – zakzak

そもそも麻生氏の辞任論になることが問題ではありますが、永田町というのは結構空気で動く部分もあることから、世論的な一定のメッセージ力というのが問われる部分でもあります。政治は世論で動く一面があることから、世論のない政権というのは脆弱な部分もありますので、世論を伝えるための声というのが必要なんだと思います。そういう意味では、麻生氏の続投論が出たことによって、麻生氏の失脚は避けられそうな流れに転じたともいえます。

続いてはこちら。

麻生太郎副総理兼財務相、「証人喚問は人民裁判じゃない」 佐川氏答弁拒否批判に反論 – 産経ニュース

麻生太郎副総理兼財務相は28日夜、佐川宣寿前国税庁長官が27日の証人喚問で証言の一部を拒否する発言を繰り返したことについて、国会内で記者団に「拒否する権限がある。自分の立場を考えながら言うのが当然だ。刑事訴追に関係ない分ははっきり言っていた」と述べた。同時に、証言拒否を批判する声があることに対し「人民裁判をやっているんじゃない。マスコミによるつるし上げでもない」と反論した。

麻生氏の発言の通りで、部下を全力で守るし、裏切られた時は容赦しないという姿勢は一貫していますね。佐川氏も職員を守るために刑事訴追に関する部分は拒否して、関係ない部分は堂々と主張していたわけで、人民裁判じゃないという発言もこういった部分もあると思います。覚悟を持って仕事してた麻生氏にとって、今回のショックも小さくなかったと思うし、世論を敵に回しても一貫して筋を通す姿勢は素晴らしいと思います。それに応えた佐川氏も素晴らしいと思うし、「佐川君こそ官僚の鑑」というホントの意味に繋がるとも言えます。政治家にとって世論こそが力なわけで、一喜一憂せずに、結果が出るまでは見届ける事が重要だと思います。

本題とは少し離れましたが、反日勢力による財務省への攻撃については実質失敗に終わったわけで、財務省としては落とし前をつける必要があります。最強官庁といわれる財務省をコケにされて、マスゴミやパワハラに起因した長時間労働などが原因で職員に犠牲者が出た一面は否定はできません。財務省の権力は予算査定権と国税査察権と言われておりますが、ホントの強みは地道に築いたネットワークそのものにあります。

消費税率10%時代 財務省の力の源って何?|ライフコラム|NIKKEI STYLE

この記事の通りなんだけど、「いいえ、懸命に情報を集めて落としどころを探るのは弱者が戦うための知恵ですよ。財務省は負け続けてきたんです」という言葉に尽きます。森友文書問題で判明したかもしれませんが、籠池程度に翻弄されたことからしても、ホントの実態は見えてくる部分もあるともいえます。ホントに力があるなら、このような不祥事など起こしていないともいえます。

個人的に財務省に思うこととして、権力の弱体化ではなく、レジームチェンジであって、プライマリバランスや税率至上主義といった聖域そのものだと思っています。ここの聖域を維持させたままで財務省を弱体化させるというのが、現状維持より始末が悪いと思いますね。「徴収共助約定ドア」を機能させるためにも、財務省の力は必要だし、こういった力があるなら、国益のために活かせる道というのも重要だと思います。

『徴収共助約定ドアと財務省』へのコメント

  1. 名前:東北仁 投稿日:2018/03/29(木) 08:48:10 ID:a159b6e10

    「徴収共助約定ドア」
    安倍総理が囚人503号に、美味しそうに見えるエサをちらつかせ朴李と喰い、現在に至る。
    2018年マイナンバーフル稼働、先頃の中国業者への再委託問題も、お困りの方々の所為でしょうか?
    たしか一昨年だったと思いますが、愛知県の方でパチンコ業者が脱税で「見本」にされていたような!
    「任侠」さんも、めでたく指定されたようですね。
    次は、春化と清美の「連帯ユニオン関西生コン死部」でしょうか(棒)
    余命ブログで何度か取り上げていました。もう一度おさらいしてみますw

  2. 名前:高天原 正 投稿日:2018/03/29(木) 10:08:03 ID:f38af77fd

    〈帰ってきたJB〉
    2433 2018年3月28日アラカルト①
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/03/28/2433-2018年3月28日アラカルト①/#respond
    で余命様が2017年1月にはボルトンに触れていたとおっしゃっており、確認したところ、
    今更ですが、余命様はボルトン氏が2007年日米極秘会談の主役であると示唆していらっしゃったのですね
    しかも僕の投稿にコメントなさって…すっかり忘れておりました。
    たしかに2007年日米極秘会談はボルトン氏が言いそうな事ばかりです。
    とうとう彼が戻ってきたということですね。
    1498 2017/1/21アラカルト
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/01/21/1498-2017121アラカルト/
    高天原正のボルトンの投稿後の余命様コメント
    .....2007年の日米極秘会談の主役は誰だったかなあ。最近は物忘れが激しくって...。
    これで国連安保理へのやくざ国際テロリスト登録が現実味を帯びてきた。
     すでに日本においてはテロ三法が成立しており、国連安保理テロリスト委員会の国際テロリスト指定は、無条件で、日本でもスライド指定されることになっている。指定されると在日やくざはすべて強制送還されることになる。在日朝鮮人国際テロリストに入管特例法は適用されない。
    「ヤバい奴JB」は閣僚としては議会に承認されないレベルで「ヤバい奴」なので承認がいらない大統領補佐官(国家安全保障担当)になるとの事。
    トランプ政権は、
    ティラーソン型対話重視外交から
    ボルトン型困ったら爆撃外交に
    変革していく事でしょう。

  3. 名前:マンセー名無しさん 投稿日:2018/03/29(木) 17:31:13 ID:15f1a9f3f

    北と南が合併すると経済的に最貧国レベルに落ちるのではないかと心配してるんですが(鼻ホジ)。
    そこでトンチャもんのどこでもドアですな。いやあ、すごいなー。

    財務省はリベンジすべきでしょうね。野党の黒幕に。

  4. 名前:匿名 投稿日:2018/03/29(木) 21:38:13 ID:3d14e1033

    トランプ大統領は口ひげ嫌い?(投稿日:2017/1/26)
    ttp://japan-indepth.jp/?p=32694
    ドナルド・トランプ新大統領は閣僚らの任命にあたっては候補の人物たちの外見を極度に重視し、とくに口ひげを嫌う。保守の論客で元国連大使のジョン・ボルトン氏が国務長官候補となりながら、結局外されたのは同氏の口ひげが理由だった――(以下略)
    ・・
    実はこの頃、状況によっては…という根回しが済んでいたのかも。

  5. 名前:yosh 投稿日:2018/03/30(金) 01:26:55 ID:d51b271a5

    >東北仁さま

    >安倍総理が囚人503号に、美味しそうに見えるエサをちらつかせ朴李と喰い、現在に至る。
    2018年マイナンバーフル稼働、先頃の中国業者への再委託問題も、お困りの方々の所為でしょうか?
    ・・・・・
    中国業者への再委託は正確だったらしいからねw入力が正確でも外に出ないとは限らないだけでww
    ここらへんも何らかの意図があってのことでしょうね。最も必要な情報に関しては終わってるかと思いますがね。

    >たしか一昨年だったと思いますが、愛知県の方でパチンコ業者が脱税で「見本」にされていたような!
    「任侠」さんも、めでたく指定されたようですね。
    次は、春化と清美の「連帯ユニオン関西生コン死部」でしょうか(棒)
    余命ブログで何度か取り上げていました。もう一度おさらいしてみますw
    ・・・・・
    パチンコに関しては今年2月の規制も効いてくるでしょうね。山口組も分裂しましたが、どっかの組も分裂して一部合流してたようですね。
    連帯ユニオン関西生コン支部は強制捜査の結果が気になるところですね。春花ちゃんと清美ちゃんには証人喚問で聞きたいのですがwww

  6. 名前:yosh 投稿日:2018/03/30(金) 01:35:27 ID:d51b271a5

    >高天原 正さま

    >余命様が2017年1月にはボルトンに触れていたとおっしゃっており、確認したところ、
    今更ですが、余命様はボルトン氏が2007年日米極秘会談の主役であると示唆していらっしゃったのですね
    しかも僕の投稿にコメントなさって…すっかり忘れておりました。
    たしかに2007年日米極秘会談はボルトン氏が言いそうな事ばかりです。
    とうとう彼が戻ってきたということですね。
    ・・・・・
    気がついたら舞台が整ってきましたね。そして1年前のことって結構覚えてないから、忘れた頃に点と線が繋がると言うか。。。
    2007年日米極秘会談も10年以上潜伏してたことになるからなww

    >「ヤバい奴JB」は閣僚としては議会に承認されないレベルで「ヤバい奴」なので承認がいらない大統領補佐官(国家安全保障担当)になるとの事。
    トランプ政権は、ティラーソン型対話重視外交からボルトン型困ったら爆撃外交に変革していく事でしょう。
    ・・・・・
    困ったら爆撃外交って(笑)
    最も議会の承認というのも面倒なので、補佐官で正解みたいですね。
    元々は守旧派みたいな連中を少しずつ外していく感じでやっていたので、形を作るのに時間をあえてかけたんだと思います。

  7. 名前:yosh 投稿日:2018/03/30(金) 01:41:59 ID:d51b271a5

    >マンセー名無しさんさま

    >北と南が合併すると経済的に最貧国レベルに落ちるのではないかと心配してるんですが(鼻ホジ)。
    そこでトンチャもんのどこでもドアですな。いやあ、すごいなー。
    ・・・・・
    念願の長年続いたヘイワ国家の李氏朝鮮を取り戻せるわけで、日王の残虐な仕打ちから解放されて新しい世界が出来ることになりますね。
    願い事は「徴収共助約定ドア」がかなえてくれるだろうしね(棒)

    >財務省はリベンジすべきでしょうね。野党の黒幕に。
    ・・・・・
    籠池程度に翻弄される最強官庁として、野党の黒幕などにリベンジも出来ないなら、再編対象にすべきだと思います。

  8. 名前:yosh 投稿日:2018/03/30(金) 01:46:40 ID:d51b271a5

    >匿名さま

    >ドナルド・トランプ新大統領は閣僚らの任命にあたっては候補の人物たちの外見を極度に重視し、とくに口ひげを嫌う。保守の論客で元国連大使のジョン・ボルトン氏が国務長官候補となりながら、結局外されたのは同氏の口ひげが理由だった――(以下略)
    ・・
    実はこの頃、状況によっては…という根回しが済んでいたのかも。
    ・・・・・
    そもそもこの人は議会が承認しない可能性もあったので、適当な理由をつけて米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)というのが当初の予定なんでしょうね。
    これで在韓米軍の撤退も見えてきますね。