シェアする

北朝鮮花火大会のお知らせ

今日は格子園吸児の話題ばっかでした。この件は弘道会関連の案件なので、今後の調査の行方は気になるところです。そろそろ動き出すかもしれませんね。
余談ですが、【最新版】全て分かる?薬物格子園コピペの実際の芸能人まとめ【画像】の紹介でも・・・(笑)

その動きを受けて、はすみリストの作成者とされる共産党関連団体に所属の全国大学生協のシステム課課長の石野とかいう人がこんなことをツイートしてましたね。

パヨクにとっては安倍首相というのは恐ろしい人のようでいろんなエピソードがあり、安倍最強伝説みたいな状態になっております、ハイ。

【安倍最強伝説】ブサヨ「安倍が安保から目をそらすために阿蘇山を噴火させた。安倍を許すな #本当に止める」
【ワロタw】ブサヨによる安倍最強伝説wwwwwwwwwwwwww

恐らく香山リカ以外の精神科医に診てもらったほうがいいだろうなww
てなわけで、ぱよぱよちーん♪

前書きが長くなりました。。。

北朝鮮 事実上のミサイル発射の日はいつ

北朝鮮は国際機関に対し、今月8日から25日の間に「人工衛星を打ち上げる」と通告しました。事実上の長距離弾道ミサイルの発射予告とみられます。北朝鮮がこれまでに3回行っている事実上の長距離弾道ミサイルの発射は、いずれも、国際機関に対し事前に通告した予定の期間に入ってから3日目までに発射しています。

北朝鮮恒例の花火大会開催のお知らせを国際機関に対し出したようです。「2月16日は正恩氏の父親である金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日にあたることから、この日に国威発揚のため発射するか、」旧正月(2月8日)前後に奇襲的に発射するとの観測もあるようです。恐らく、この手の通知については実行する可能性が高いです。逆に無慈悲とかいう言葉を使ったら、チャーハンの確率も高くなりますが・・・。

一応、先日の朝鮮大学校の件も簡単に取り上げておきます。

朝鮮大学校元幹部逮捕 「スパイ天国・日本」狙い撃ち 北朝鮮の指示役、韓国大統領選でも暗躍

朝鮮大学校(東京都小平市)元幹部、朴在勲容疑者(49)が、北朝鮮の対外情報機関「225局」の指示のもと、日本を経由した韓国での政治工作を主導していたとされる事件。取り締まりが厳しい韓国を避けて、日本を拠点に活動を仕掛けていた可能性が高い。警視庁公安部は、組織や活動の実態についても捜査を進めている。

実は特段書くことはなかったりする。基本的に北朝鮮と南朝鮮で何かするのは自由ですし、こういった連中が日本に滞在して工作活動をしていることが問題であって、それ以上でもそれ以下でもありません。有田芳生大先生がこんなこと言ってましたしね。

日本にいる朝鮮人については、北朝鮮を国家として認めていないため、南北関係なく韓国籍になるわけで、同じ扱いでいいと思います。まぁ、民潭≒総連みたいなものですしww日韓の2国の正当な法の手続きによって帰化した人以外は、身柄の引き取りは韓国政府でも北朝鮮赤十字でもお好きになさってください・・・(笑)

国内の扱いはこんなもんで十分かと。。。
ここからが本題なのですが、北朝鮮関係については、以下のエントリも参考にしてください。

北朝鮮の核実験の件です。 北朝鮮 水爆の実験実施を発表 北朝鮮は6日、日本時間の午前10時半に水爆の実験を行い、成功したと発表しました。北朝鮮が核実験を実施したのはおよそ3年ぶり4回目ですが、水爆の実験を行ったと明らかにしたのは...
先般アップ2つの中国軍事委員会記事の反響が大変に大きく、検証座談会を設定しました。メンバーは陸自、海自OBと中国ネイティブ、中国政治事情専門家の4名です。 司会..軍事委員会ブログのHさんの報告はかなりのインパクトがあったようです。ま...
更新が遅れに遅れてしまいました。誠に申し訳ありません。 先般、概略説明いたしましたとおり、7月中には遺稿記事の整理を終了し、新規余命時事の運営については再度サポーター共々検討という予定でした。ぼかしとカット北朝鮮題についての遺稿記事とメモ...

ここらへんも参考になります。
ついに中国を標的にし始めた北朝鮮のチキンゲーム
http://www.nippon.com/ja/column/g00345/

北朝鮮問題を語る上で、瀋陽軍区の存在は必要不可欠なわけで、北京の意向と瀋陽軍区の意向というのは異なるわけで、北京や韓国などの報道をベースに考えると、北朝鮮問題の本質を見誤ることになります。恐らく、先月の水(曜)爆(弾)実験のホントの狙いについては、最近になって見えてきたような気がします。

去年の11月の報道の抜粋。

中国軍が30万人“リストラ”へ、再就職険しく 習主席が近代化改革を表明
2015.11.28 07:13

共産党関係者によると、いまのところ、7大軍区のうち、瀋陽、蘭州、済南の三つの軍区を廃止し、南京、成都、広州、北京の4つの軍区をそれぞれ東西南北の4つの戦区に改める案が有力だという。

しかし、廃止される瀋陽軍区と蘭州軍区は、昨年から今年にかけて失脚した制服組とトップだった徐才厚氏、郭伯雄氏のそれぞれの出身軍区である。この二つの軍区が廃止されることは、粛清的意味が強い。現在の軍指導者の多くは郭、徐両氏の息がかかっており、「粛清は今後も徹底的に続けられる」と受け止められ、多くの関係者は戦々恐々としているという。

そして2/1の記事の抜粋。

習近平主席、中国人民解放軍の5つの「戦区」発足宣言
2016.2.1 20:42

中国人民解放軍はこれまで、北京、瀋陽、蘭州、済南、成都、南京、広州の7つの軍区があった。習指導部による軍改革の一環で5つに統合され、名称も軍区から戦区に変更された。反腐敗キャンペーンで昨年までに胡錦濤時代を支えた郭伯雄、徐才厚の両制服組トップが失脚したため、習指導部は軍内の組織再編を通じて軍の掌握を進めたい思惑があるといわれる。

軍関係者によると、新しく成立した東部戦区(本部南京)は日本や台湾方面をの有事を備え、南部戦区(本部広州)は南シナ海やシーレーンの安全を守ることが主な戦力目標。北部戦区(本部瀋陽)は主にロシアと北朝鮮方面で軍事衝突などが起きることを想定しており、西部戦区(本部蘭州)中央アジアなどのイスラム過激派のテロ活動などに備える。中央部戦区(本部北京)は首都周辺の安全を守るためにあるという。

この日発表された戦区の区分けと本部所在地は昨年まで伝えられたものはかなり違っており、区分けの際に軍現場で激しい主導権争いがあった可能性もある。

ポイントとなるのは、11月の地点では廃止対象であった瀋陽軍区が1月の地点で残ったということです。瀋陽軍区≒北朝鮮なわけで、北朝鮮の動向というのは瀋陽軍区の動向でもあるわけです。この視点から考えた場合、中国を標的とした北朝鮮であり、北京を標的とした瀋陽軍区とも言えるわけです。そう考えると、主導権争いというのが、先月の水曜実験に関連する可能性が出てくるわけです。

これらを踏まえて、朝鮮半島の地政学について整理しときます。朝鮮半島の地政学的価値については、こちらの記事の通りと思いますので抜粋します。

倉山満「朝鮮はしょせん中国史の一部」

「朝鮮は常に『場』(Theater)であっても、『主体』(Actor)ではなかったからです。例えば、琉球という『場』で日本と中国という二つの『国』(Actor)が争うことはあっても、琉球が『主体』でなないことと同じ構図です。朝鮮には独自の文化こそあれど、常に『中華様』の属国であり、独立した国ではなかった。日本の東洋史学界でも、朝鮮はしょせん中国史の一部。常に小国で主体性のある『国』ではなく、周辺諸国に蹂躙される『場』でしかなかったからです」

朝鮮半島というのは場でしかなく、戦前だと日清・日露の代理戦争の「場」であって、今だと米中の代理の「場」になるだけの違いです。国で考えるのではなく、場で考えた場合、朝鮮半島に対して、何をすべきかという視点は必要になります。そういう意味では、北朝鮮と南朝鮮の現状の仮想敵国について整理しておきます。

・北朝鮮:中国、韓国
・南朝鮮:北朝鮮、日本

一箇所だけおかしい部分がありますね(笑)そして、同じ仮想敵国の国がいるわけです。言うまでもなく日本のことで、仮想敵国の観点で考えた場合、北朝鮮と日本は利害は一致するわけで、敵の敵は味方??みたいな状況なわけです。朝鮮半島が場であるとした場合の結論として、日本が何をすべきかというのがどこにあるのかが見えてきます。ヒントは有田芳生ってトコでしょうかね??一見別の話のように見えますが、繋ぎ合わせてみる景色というのも、またミステリーだと思いますねww