シェアする

パヨクアラカルト~20160427

東京五輪のファイアーエムブレムの件はどうなるんだか??創価五輪状態となっており、スタジアムの件にしてもそうなんだけど、嫁が創価の舛添が平昌冬季五輪への相互支援合意書に署名したことで、東京五輪のヒラマサ化を狙ってるのかとも邪推もしたくもなる(笑)

てなわけで、「ありがとう文春!」「センテンススプリング!」から・・・。

舛添都知事が公用車で温泉地別荘通い

「舛添都知事は週末に東京を離れて、公用車で湯河原にある自分の別荘を訪れている」

小誌が早速、情報公開請求によって、舛添氏の公用車の運転手が移動経路を記録した「庁有車運転日誌」を取り寄せたところ、驚くべき事実が判明した。

この記録と小誌の取材によると、舛添氏は、昨年4月からの約1年間で、実に49回にわたって、毎週末、公用車で、温泉で名高い神奈川県湯河原町にある別荘を訪れていたのである。都内のハイヤー会社によると「都庁と湯河原の往復で約八万円かかります」というから、その総額は単純計算でも400万円を超える。

問題の別荘は、舛添氏の妻が代表取締役を務め、自身も役員を務めるファミリー企業が所有しており、敷地面積は約三百坪。温泉もひいているというが舛添氏はいったいここで何をやっているのか。そもそも、都知事が毎週末、都心を離れることに危機管理上、問題はないのだろうか。舛添氏は、知事秘書室を通じて、次のように回答する。

「知事の職責は都政全般にわたる広範なものであり、時間や場所を問わない。週末には、その週の業務のまとめと翌週の公務のための準備を世田谷や湯河原の事務所で行っている。危機管理上万全の体制を講じており、問題ない」

舛添氏に、都知事として1300万人の都民の命を預かる責任者としての自覚はあるのだろうか。

舛添に何かを求めることは無駄でしかないし、ゲーテの「活動的な馬鹿より恐ろしいものはない」の言葉の通りなんだよね。個人的に変態DV男の舛添は外患罪の対象にするべきで、リコールは手緩いと思ってたりもする。舛添については適当にリンクを貼っておきます。

【 #先生質問です】舛添要一・東京都知事 2016/03/21 まとめ【都民必見】

舛添要一都知事を望まない女たちの会

本日の余命更新情報です。 556 選挙関連アラカルト⑧ 557 TSUTAYA図書館③ 558 選挙関連アラカルト⑨ まずは赤峰和彦の 『 日本と国際社会の真相 』の記事のご紹介。 日本共産党の焦燥感 current to...
本日の余命更新情報です。 531 2016年3月24日時事 532 汚染列島 先週あたりからWordPressのカスタマイズをやってましたが、リツイート(個人的メモ)がメインのTwitterを埋め込んだり、個人的に過去の余命コ...

続いてはこちらの話題。

6月までに慰安婦財団設立か 韓国紙報道、難航も

慰安婦問題で、昨年末の日韓合意に基づき韓国政府が設立する元慰安婦支援のための財団について、韓国紙ハンギョレは21日、韓国外務省当局者の話として「(今年6月までの)上半期中に設立する計画だ」と伝えた。

韓国では13日の総選挙で、合意に反発してきた野党勢力が勝利した。日本との再交渉を求める声もあり財団設立は難航するとみられるが、同当局者は「政府間の約束は守らなければならず、再交渉は現実的に不可能。元慰安婦の意思を最大限尊重する形で、財団設立など合意履行に必要な措置を取る」と述べた。

合意では、韓国が設立する財団に、日本が10億円の拠出を表明。韓国政府は既に財団の運営方針などについて専門家から非公式で意見聴取を始めており、聯合ニュースは21日、早ければ5月にも財団設立準備委員会が発足する予定だと伝えた。(共同)

韓国野党が合意に理解 少女像移転は否定

韓国最大野党「共に民主党」の金鍾仁非常対策委員会代表は26日、慰安婦問題での昨年12月の日韓政府間合意について「履行を急がねばならない」と述べ理解を示した。

日本の別所浩郎駐韓大使と会談した席での発言として同党の広報担当者が明らかにした。一方、金氏はソウルの日本大使館前にある慰安婦被害を象徴する少女像の撤去を求めることは「韓国民の感情を非常に傷つける」として受け入れられないとの考えを示した。(共同)

これらの情報を組み合わせると、財団を設立を名目に10億円が欲しいだけという話と思います。慰安婦像(※少女像とかいうのは悪質な擦り替え)とやらの撤去には応じないだろうが、元々手切れ金の合意なわけで、この件については韓国は梯子を外した状態にあるわけで、アメリカ(マイク・ヒュンダイなどは除くw)を意識した話であって、戦時中の人身売買(国籍や人種は問わない)による女性の人権侵害があったという問題で決着はついてるわけです。

安倍首相の議会演説で米国の「歴史認識問題」は決着

客観的に見て、「政府間の約束は守らなければならず、再交渉は現実的に不可能。元慰安婦の意思を最大限尊重する形で、財団設立など合意履行に必要な措置を取る」という意味というのは、慰安婦像の撤去&利権団体の挺対協の解体が含まれるわけです。10億円を貰うための財団設立ではなく、手切れ金関係なく、慰安婦像の撤去&挺対協の解体を行わない限り、日米による韓国切り捨てを意味しているわけです。今のところ、6月までに財団設立とありますが、慰安婦像の撤去&挺対協の解体といった対応を、毎日レームダックの朴槿恵に出来るのかというのを問っているわけです、ハイ。

続いてはこちら。

「中国外交の勝利だ」 中国がアメとムチで豪政権に圧力か 南シナ海で日米豪と対峙回避

【北京=矢板明夫】オーストラリアの次期潜水艦の共同開発相手に日本が選ばれなかったことについて、北京の共産党関係者は「中国の外交上の勝利だ」との感想をもらした。

豪州が日本の「そうりゅう型」潜水艦をベースにした提案を採用する可能性がささやかれた昨年夏頃から、中国メディアは「日本の野心が南太平洋に膨張した」などと伝え、警戒感を強めた。「そうりゅうが採用されれば、地域の軍事バランスが崩れる。日本は軍事的トラブルメーカーになろうとしている」と分析する軍事評論家もいた。

中国が最も警戒したのは、潜水艦の共同開発による日豪の軍事的接近だったとみられる。共産党関係者は「南シナ海で日米豪の3強と対峙(たいじ)することを避けることは中国にとって大きな外交課題だ」と語った。

2015年9月、豪州でターンブル政権が発足すると、中国当局は豪州への外交攻勢を展開。ターンブル首相の息子は中国の政府系シンクタンクに所属した元共産党幹部の娘と結婚しており、豪州の歴代政権の中で最も親中的といわれている。また、豪州にとり中国は最大の貿易相手国で、鉱石などの主な輸出先でもある。中国は経済分野で「アメとムチ」を使い分けながら潜水艦問題で豪州に圧力をかけた可能性がある。

中国としては同年10月、中国企業が南シナ海に隣接する豪州北部ダーウィン港の99年間の「リース権」を獲得したのに続く、対豪州外交の成果となった。

親中派のターンブル政権ということで想定通りの話であって、オーストコリアに対して、今回の件が破談になったのは問題ないし、必然といったところでしょう。中国企業が南シナ海に隣接する豪州北部ダーウィン港の99年間の「リース権」を獲得というのはあり、中国の目的としては港を抑えることだと思います。北朝鮮やギリシャなどの動きは分かりやすいと思います。中国の不思議なところは、約束は守らせるためのものであって、自らが守るためのものではないという価値観なわけで、恐らく裏切りしかなくても、裏切られるという概念は存在しないと思います。そして自分のやってることは相手もやるという発想も然り・・・。通州事件あたりが分かりやすいとも・・・。

最後に簡単に。

民進党の参院選勝敗ラインは17議席? 「それを言っちゃおしまいよ」と煙に巻く岡田代表も心中複雑なようで…

前回の参院選が17議席だったからの17議席なんだと思います。ハードルを下げれば下げるほどいいわけで、負けたとしても勝敗ラインを下げれば負け惜しみも言いやすいしなwwそのことに大した意味はないと思うし、自民党の動きからしても、野党を壊滅的打撃を与えるつもりはなさそうだし、前回の参院選を目安にしていいと思います。