シェアする

First Anniversary 2~日本再生大和会

7.9 Anniversary企画第二弾となります。

余命ブログより、告発、告訴の会の「日本再生大和会」が発足しました。昨年の集団通報と同じ日の7月9日に・・・。久々の長文となりますので、全文引用させていただきます。

1008 Xday

2015年7月9日。この日は、安倍総理と余命が反撃を開始したXdayであった。
今日はそれからちょうど1年である。この日に外国人登録法が廃止され、通名の一本化、国籍確定、テロ3法、安保法制、マイナンバーと矢継ぎ早の在日および反日勢力への反撃が開始された。在日朝鮮人の不法滞在者のあぶり出しと、それを抱える組織に対し入管集団通報が開始されたのである。
改正法と入管集団通報により、今までわからなかった国籍の確定と居住の特定が進められた。今では生活保護をはじめとする社会福祉制度に大きくメスが入り、医療や社会保険不正受給の分野にも司直の手がのびようとしている。
在日特権廃止にブログを立ち上げ、もう4年になろうとしているが、やっと先が見えてきた。
とくに昨年、「余命三年時事日記1」発刊からの進展は想定外のスピードであった。  余命3兄弟の威力はすさまじかったが、何よりも、みなさんの継続した官邸メールの応援と安倍総理のツキ、そして、またみなさんのご寄付で「すみれの会」という保守裁判バックアップ拠点までが構築された。
そして6月になり、日本再生に余計なゴミ掃除の組織作りに取りかかっていたところであるが、6月5日川崎デモにおいて大量の告発証拠を確保、その後の九州デモ、銀座デモと情報収集を進め、また選挙に絡んでの違法行為についても徹底した証拠集めをして保守勢力が提携して対応することが可能となっている。
当初は既存の保守事務所を予定していたが、予想を超える参加会員と多くの告発案件の処理にはあまりにも手狭となったため、急遽、新たに移転することとなった。
15日過ぎには移転できると聞いている。
それに伴い、旧来の組織名を「日本再生大和会」にあらためている。これは任意団体であるが、簡単に言うと「日本賢人クラブ」「日本再生オンブズマンクラブ」というようなものである。現在、日本において、納得できない不明朗、不明確な事件が多すぎる。
明らかな憲法違反である外国人への生活保護や年金支給、朝鮮学校補助金、外国人参政権の推進や外国人の不法選挙活動等、目に余る。
一方において、日本領竹島は韓国により不法占拠され、尖閣諸島は中国と一触即発の状況に陥っている。マスコミは2010年、中韓の対日戦争動員法成立についてもまったく報道せず、事態は外患罪適用可能な事態となっている。
余命としては余命本3シリーズとともにブログでも警鐘を鳴らしてきた案件であるが、沖縄の事情を勘案すると、もはや傍観はできないと思っている。
官邸メールに具体例をあげているが、今後はそのシナリオ進行を想定している。つまり安倍総理は沖縄問題を先送りしているように見えるが、実は好き勝手にやらしておいて一網打尽を狙っている。
翁長はハチャメチャだし、沖縄2紙は独立論までだしている。ところが現状でも、すでに刑法88条外患予備罪、外患陰謀罪が成立していることにまったく気がついていない。
尖閣諸島で衝突となれば、一発で外患誘致罪に格上げされ、無条件で有罪死刑である。
今回の都知事選はまあ賑やかだが、増田や宇都宮が出る勇気があるかどうかが注目される。立候補即、外患罪で告発なんてことになったら漫画だな。もちろん、皆、平等に都連の石原や推薦した区長や市長会の連中も対象となる。売国奴に投票するものがどれくらいいるか興味深い。
受理か不受理かを含めて検察の対応が注目される。この件は他の告発、告訴案件と同様、委任状をいただいての集団告発になる予定である。
すでに余命は準備段階において資金援助をしているが、今後は組織として保守グループ会員による「日本再生大和会」が運営することになる。
大阪においては、ヘイト被害者に対する支援を大阪市が行うという条例が施行された。
こちらはその市長や諮問委員その他関係者を憲法違反、外患罪で告発していくことになる。 川崎デモでは公園の使用を拒否した者、川崎市長、黒岩知事、担当警察も対象となるだろう。在日が日本人のデモへのカウンターなどまさに刑事事案である。有田も瑞穂も在日市民グループもリストに上がっている。シットイン道交法違反なんて微罪での告発にはならない。

「すみれの会」は保守系の裁判への支援であったが、「日本再生大和会」は告発、告訴の会である。個人でも組織でも政治活動案件以外は支援するという組織だから、在日や反日勢力にとっては恐ろしい存在となる。
事務所その他の移転、設備新設は都知事選公示直後となるが、外患罪の告発事案は刑事告発であるからいつでもできる。桜井氏への追い風にはなるだろう。
戦後70年を経て、やっとここまでくることができた。あとひと山こえれば先が見える。そこで前回の「すみれの会」立ち上げの際と同様のご寄付をもう一度お願いしたい。
これには前回同様 1020、1021、1022、1023を確認ファイルとして設定する。
振込み情報だけでは靖国神社への転記ファイルへ記載できないのでよろしくお願いする。
NHKの集団訴訟で敗訴。朝日新聞集団訴訟でもコケにされた。相手の土俵で相撲を取ったら勝てるわけがない。
だが、今度はこっちの土俵である。8月からは告発ラッシュとなる。
余命の読者だけでも「日本再生」「日本を取り戻す」ことが可能となっている。この機会を絶対に逃してはならない。

お振込み先
ゆうちょ銀行からのお振込み
ニッポンサイセイヤマトカイ
記号:10970 番号:12942501

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名:〇九八 読みゼロキュウハチ
店番:098 普通預金 口座番号:1294250
ニッポンサイセイヤマトカイ

「外患罪の告発事案は刑事告発であるからいつでもできる」という点は重要であります。直近だと都知事選あたりが対象となると思われます。ここで外患罪について触れておく。

外患罪(Wikipedia)

第81条[外患誘致] 外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。
第82条[外患援助] 日本国に対して外国から武力の行使があったときに、これに加担して、その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えた者は、死刑又は無期若しくは二年以上の懲役に処する。
第87条[未遂] 第八十一条及び第八十二条の罪の未遂は、罰する。
第88条[外患予備・陰謀] 第八十一条又は第八十二条の罪の予備又は陰謀をした者は、一年以上十年以下の懲役に処する。

現状においては外患罪の適用条件については具体的には整理はされていない。但し、条文解釈する限り、現状において韓国事案については、竹島訓練での上陸の件で、上記の条文のみの解釈であれば、適用可能な事例とも言える。中国事案については尖閣あたり(武力行使があれば適用可能とされる)が条件になるとも言えます。但し、88条の適用自体は条文解釈上は可能であるというのも事実と思います。

あくまで外患罪での刑事告発は可能で、それを処理するのは刑法なので警察の管轄となる。そういう意味では、現段階においては、外患罪で告発することに意味があって、その後の処理については大した問題ではない。警察が動けないのであれば、適用条件といった法案整備が必要になるわけで、この段階で官邸メールの余命41~53号が機能してくるわけです。

沖縄案件についても、ここからの動きとなるわけで、沖縄の人が問題ではなく、沖縄にいる人の問題でしかなく、日本国民全体で沖縄の本当の問題について、目をそらさずに真実を知る必要があります。沖縄こそが最後の聖戦の土地であって、パヨクの心の拠り所でもあり、そこに入り込んでるのが幸福の科学などのカルト宗教とかいう構図となります。反日勢力が潰れれば全ては終わりますので、「日本再生大和会」の意味について、各自で考えて自分の出来るスタイルで継続して実行出来れば、目的実現に近づくと思います。