シェアする

天皇陛下のおことばについて

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことばに関する件です。

宮内庁HPより。

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば

戦後70年という大きな節目を過ぎ,2年後には,平成30年を迎えます。

私も80を越え,体力の面などから様々な制約を覚えることもあり,ここ数年,天皇としての自らの歩みを振り返るとともに,この先の自分の在り方や務めにつき,思いを致すようになりました。

本日は,社会の高齢化が進む中,天皇もまた高齢となった場合,どのような在り方が望ましいか,天皇という立場上,現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら,私が個人として,これまでに考えて来たことを話したいと思います。

即位以来,私は国事行為を行うと共に,日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を,日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として,これを守り続ける責任に深く思いを致し,更に日々新たになる日本と世界の中にあって,日本の皇室が,いかに伝統を現代に生かし,いきいきとして社会に内在し,人々の期待に応えていくかを考えつつ,今日に至っています。

そのような中,何年か前のことになりますが,2度の外科手術を受け,加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から,これから先,従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合,どのように身を処していくことが,国にとり,国民にとり,また,私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき,考えるようになりました。既に80を越え,幸いに健康であるとは申せ,次第に進む身体の衰えを考慮する時,これまでのように,全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが,難しくなるのではないかと案じています。

私が天皇の位についてから,ほぼ28年,この間私は,我が国における多くの喜びの時,また悲しみの時を,人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして,何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが,同時に事にあたっては,時として人々の傍らに立ち,その声に耳を傾け,思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に,国民統合の象徴としての役割を果たすためには,天皇が国民に,天皇という象徴の立場への理解を求めると共に,天皇もまた,自らのありように深く心し,国民に対する理解を深め,常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において,日本の各地,とりわけ遠隔の地や島々への旅も,私は天皇の象徴的行為として,大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め,これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は,国内のどこにおいても,その地域を愛し,その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ,私がこの認識をもって,天皇として大切な,国民を思い,国民のために祈るという務めを,人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは,幸せなことでした。

天皇の高齢化に伴う対処の仕方が,国事行為や,その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには,無理があろうと思われます。また,天皇が未成年であったり,重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には,天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし,この場合も,天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま,生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

天皇が健康を損ない,深刻な状態に立ち至った場合,これまでにも見られたように,社会が停滞し,国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして,天皇の終焉に当たっては,重い殯の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き,その後喪儀に関連する行事が,1年間続きます。その様々な行事と,新時代に関わる諸行事が同時に進行することから,行事に関わる人々,とりわけ残される家族は,非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが,胸に去来することもあります。

始めにも述べましたように,憲法の下,天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で,このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ,これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり,相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう,そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ,ここに私の気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを,切に願っています。

御意!全ては国民のためを気遣った発言であり、国民の象徴としてのあり方、象徴であるからこそ、国民に混乱は与えてはいけないこと、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けるというお気持ちであることを理解しました。そこに、「国民の理解を得られることを,切に願っています」というお言葉があると思います。

個人的に今上陛下のお言葉について思うことは、国民への想いと、天皇(象徴)としてのあり方について、真剣に向き合って欲しいというのは感じます。お気持ちの歪みがあってはいけないと思うからこそ、生前退位とかいう軽々しい言葉で語って欲しくないし、安易に憲法だったり皇室典範改正とかいうような解決方法については賛同しない立場です。マスゴミにしても、政治家にしても、このお言葉について軽く考えてるとしか思えないし、陛下の意向が間違った方向にいってはいけないと思います。正直なところ、今上陛下にこのようなお言葉を出さないといけない状況そのものが問題と思っています。

「生前退位」という言葉に悪意を感じるし、このような言葉が前面にでる地点で、国民の理解を得られてるとは到底思えないし、手段の問題ではなく、御心の部分でどうあるべきかという議論が優先だと思います。現状は手段の議論??である印象は拭えないし、「国民の理解を得られることを,切に願っています」の意味について考えるべきと思います。

両陛下のご負担を少しでも早く解消するためにも、憲法改正や皇室典範の議論というのは時間がかかるわけで、両陛下のためにも不安を払拭するためにも、出来る限り混乱を避けるための国民的議論を問われていると思っています。

『天皇陛下のおことばについて』へのコメント

  1. 名前:熊蔵 投稿日:2016/08/09(火) 18:02:39 ID:0bc6a59ed

    これはもう、陛下にお言葉を出させるまでに仕向けた輩こそが問題かと。
    やれ”生前退位”だの”女系天皇も考えるべき”とはしゃぐ新聞の社説や、
    半島方面のメディアから聞こえてくる願望の如き不愉快な雑音は、
    本当にリンクしているんじゃないのでしょうかねぇ…
    非常に個人的な意見ですが、悠仁様は良からぬ輩に潰されない様に、
    周囲がきちんと囲って頂きたいと思います。

  2. 名前:yosh 投稿日:2016/08/10(水) 00:00:35 ID:175c168e9

    >熊蔵さま

    >やれ”生前退位”だの”女系天皇も考えるべき”とはしゃぐ新聞の社説や、
    半島方面のメディアから聞こえてくる願望の如き不愉快な雑音は、
    本当にリンクしているんじゃないのでしょうかねぇ…
    …..
    半島や大陸方面のメディア故に仕方ない問題でしょうが、こういった悪意もある部分もあって難しい一面がありますね。況してや、日本国憲法の1~8条まで全否定の共産党のコメントとか失笑モノですし、憲法守れとかいう主張はいいとして、共産党の1~8条を否定していることも報道するべきと思ったりもします。
    最も、宮内庁の一部で問題を抱えてる以上致し方ないのですが、陛下にあのようなおことばを出させて曲解という感じもあって、きちんとおことばを理解しているのがどれだけいるのかも気になりますね。

    >非常に個人的な意見ですが、悠仁様は良からぬ輩に潰されない様に、
    周囲がきちんと囲って頂きたいと思います。
    …..
    ここは重要だし、注意が必要だと思いますね。

  3. 名前:せんちゃん 投稿日:2016/08/14(日) 15:43:47 ID:2e5499d12

    yosh様、こんにちは。
    天皇陛下のお言葉をいろいろ考えてみたら、かなり遅くなってしまいました。
    もう話題は、余命2代目さんの一時復帰ですよね。
    でも、敢えてこの話題で・・・

    私自身としては、深く考える頭がないので「詔」と捉えております。
    詔であれば対応は簡単”承詔必謹”であります。
    ですので、詔を実現するために清く明き心で邁進するほかは無いと考えているのです。
    でも、このぱよぱよ日記をはじめとして、大和心さんや信濃さんのブログを読むと、
    自分の不勉強を思い知らされます。
    大和心さんや信濃さんでは、日本の皇室や日本国としてのあり方の完成形、西洋的価値観にはない日本独自の国家国民のあり方が実現するのではないか?と述べられています。
    そう言われればそうだなあと得心したわけなんですが、なんと左翼方面で同じこと(まあ、左翼語を使っていますが)を目にして驚いております。

    twitterの@世に倦む日々で有名な方ですが(この方はパヨクではなく本格左翼と私は思っております)、この方の文章もよく読むと愛国ブログの方々と同じ内容を書いているんですね。 http://critic20.exblog.jp/25885407/
    特に憲法第1条に関しての評論ですが、そのまま愛国系のブログに載せても良いような
    内容です。

    明治維新から約150年、大東亜戦争終了から70年、日本はその独自の国体を遂に現し始めたのではないかとワクワクしている所です。

  4. 名前:yosh 投稿日:2016/08/14(日) 23:08:34 ID:816f78768

    >せんちゃんさま
    こんばんは。天皇陛下のお言葉は考えるとホントに深いので、簡単な結論というのは危険だと思っていますね。
    二代目余命さんの一時復帰についてはいろんな意味で安心しましたね。

    >私自身としては、深く考える頭がないので「詔」と捉えております。
    詔であれば対応は簡単”承詔必謹”であります。
    ですので、詔を実現するために清く明き心で邁進するほかは無いと考えているのです。
    でも、このぱよぱよ日記をはじめとして、大和心さんや信濃さんのブログを読むと、
    自分の不勉強を思い知らされます。
    ・・・・・
    自分もこの件については不勉強でしたし、この件から憲法1~8条や皇室典範などについて考えた人も少なくないと思っています。今回の天皇陛下のお言葉の性質としては、自分も「詔」の理解でいます。「詔を実現するために清く明き心で邁進するほかは無い」というのも仰る通りで、詔を邪な方向へ持っていきたい勢力もいますし、安易な結論にはなって欲しくないというのはありますね。
    そういう意味では、ここのブログは不真面目系ですので、真面目系については、大和心さんや信濃さんのブログなどは自分も参考にしております。本来の議論であれば、日本の方向性を決めるといった一面もあるわけで、その為にもノイズを早急に除去する必要性があると思っています。

    >twitterの@世に倦む日々で有名な方ですが(この方はパヨクではなく本格左翼と私は思っております)、この方の文章もよく読むと愛国ブログの方々と同じ内容を書いているんですね。 
    ・・・・・
    この方は普通の左翼と思ってます。高島弁護士や宇都宮弁護士あたりもそうだと思っています。思想の合う合わないは関係なく、愛国がベースにあっての左翼思想ですので、ここらへんについては、反日勢力(パヨク)以外で右左関係なく、共感出来るようなところに落ち着くと思います。今の日本で一番邪魔なのはパヨクなわけで、優先順位で高いのは反日勢力の駆逐になってしまいますがねw