シェアする

8.15アラカルト

まずは先日は終戦の日ということで、終戦の詔勅についてです。ねずさんのHPから。

終戦の詔勅

【口語訳終戦の詔勅】

朕は、深く世界の大勢と、
帝国の現状をかえりみて、
非常措置をもって
事態を収拾しようと考え、
ここに忠実にして善良なる
汝ら臣民に告げます。

朕は、帝国政府に、
米英中ソの四国に対し、
そのポツダム宣言を受諾する旨、
通告させました。

そもそも、
帝国臣民の安寧をはかり、
万国が共存共栄して
楽しみをともにすることは、
天照大御神からはじまる
歴代天皇・皇室が
遺訓として代々伝えてきたもので、
朕もそれをつねづね心がけてきました。

先に米英の二国に宣戦した理由も、
実に帝国の独立自存と
東アジア全域の安定とを
希求したものであって、
海外に出て他国の主権を奪い、
領土を侵略するがごときは、
もとより朕の志すところではありません。

しかるに交戦状態は
すでに4年を過ぎ、
朕の陸海軍の将兵の勇敢なる戦い、
朕のすべての官僚役人の精勤と励行、
朕の一億国民大衆の自己を犠牲にした活動、
それぞれが
最善をつくしたのにもかかわらず、
戦局はかならずしも好転せず、
世界の大勢もまたわが国にとって有利とはいえません。

そればかりか、
敵は新たに残虐なる新型爆弾を使用し、
いくども罪なき民を殺傷し、
その惨害の及ぶ範囲は、
まことにはかりしれません。
この上、なお交戦を続けるのでしょうか。
ついには、わが日本民族の滅亡をも招きかねず、
さらには人類文明そのものを破滅させるにちがいありません。

そのようになったならば、
朕は何をもって
億兆の国民と子孫を保てばよいのでしょう。
皇祖神・歴代天皇・皇室の神霊にあやまればよいのでしょうか。

以上が、朕が帝国政府に命じ、
ポツダム宣言を受諾させるに至った理由です。

朕は、帝国とともに
終始一貫して東アジアの解放に協力してくれた諸々の同盟国に対し、
遺憾の意を表明せざるをえません。

帝国の臣民の中で、戦陣で戦死した者、
職場で殉職した者、
悲惨な死に倒れた者、
およびその遺族に思いを致すとき、
朕の五臓六腑は、
それがために引き裂かれんばかりです。

かつ、戦傷を負い、
戦争の災禍をこうむり、
家も土地も職場も失った者たちの
健康と生活の保証にいたっては、
朕の心より深く憂うるところです。

思うに、今後、帝国の受けるべき苦難は、
もとより尋常なものではありません。
汝ら臣民の真情も、
朕はよく知っています。

しかし、ここは時勢のおもむくところに従い、
耐えがたきを耐え、
忍びがたきを忍び、
それをもって万国の未来、子々孫々のために、
泰平の世への一歩を踏み出したいと思います。

朕はここに、国家国体を護り維持しえて、
忠実にして善良なる汝ら臣民の
真実とまごころを信頼し、
常に汝ら臣民とともにあります。

もし、事態にさからって
激情のおもむくまま事件を頻発させ、
あるいは同胞同志で排斥しあい、
互いに情勢を悪化させ、
そのために天下の大道を踏みあやまり、
世界の信義を失うがごとき事態は、
朕のもっとも戒めるところです。

そのことを、
国をあげて、
各家庭でも子孫に語り伝え、
神国日本の不滅を信じ、
任務は重く道は遠いということを思い、
持てる力のすべてを未来への建設に傾け、
道義を重んじて、
志操を堅固に保ち、
誓って国体の精髄と美質を発揮し、
世界の進む道におくれを取らぬよう心がけなさい。

汝ら臣民、以上のことを朕が意志として体しなさい。

御名御璽
昭和20年8月14日

玉音放送の内容となりますが、戦争というのがどういうものであるかというのは分かると思います。薄っぺらい戦争の悲惨さを受け継ぐのではなく、どのような背景で外交の手段として戦争という手段を選び、その結果、何を実現して何が犠牲になったのかということを知るべきだと思うし、これらを理解しないと戦争の本質というのは理解出来ないと思います。

戦争目的を達成することができたかどうかこそが、戦争の勝敗です。
なぜなら戦争は、その国の政治目的を達成するための最終最後の手段だからです。

この観点で倉山満氏の第二次世界大戦に関する記事を紹介します。

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(1)―中華民国の場合

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(2)―大日本帝国の場合

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(3)―ドイツの場合

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(4)―フランスの場合

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(5)―大英帝国の場合

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(6)―アメリカの場合

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(7)―ソ連の場合

第二次世界大戦の勝者は誰だったのか?(完)―中華人民共和国の場合

政治目的の達成という観点では、日本は引き分けに近いですが、第二次世界大戦の勝者といえば、共産主義勢力といえるでしょうね。冷戦集結とソ連崩壊で共産主義の片翼は崩壊したが、その代償として中共というモンスターを育ててしまったことによる後始末に追われているというのが現状と思われます。当然、日本もその代償を払うことになっており、戦後71年の歪みの正体というのが、共産主義とも言えるわけです、ハイ。脱線している部分もありますが、この言葉を思い出して欲しいと思います。反日勢力を野放しにするというのは、終戦の詔勅に反しているということを理解して欲しいと思います。

持てる力のすべてを未来への建設に傾け、
道義を重んじて、
志操を堅固に保ち、
誓って国体の精髄と美質を発揮し、
世界の進む道におくれを取らぬよう心がけなさい。

続いては、全国戦没者追悼式の天皇陛下のお言葉。

全国戦没者追悼式 平成28年8月15日(月)(日本武道館)

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。
終戦以来既に71年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。
ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

天皇陛下のお言葉というのも、終戦の詔勅との連続性があって、我が国の平和(独立と自存と東アジア全域の安定とを希求したもの)であって、これこそが憲法9条のホントの精神と解釈しています。憲法9条で一番重要なのは、日本国民は、正義と秩序とを基調とする国際平和を誠実に希求の部分だと思います。後の条文は、これにかかってくるわけで、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことというのは、臣民を守ることを意味するわけです。世界の平和と我が国の一層の発展のために何をするべきかということが、国の為を思い命がけで戦ったご先祖への弔いに繋がると思います。

ここからは余興のコーナーです。。。

日本政府、予定通り「10億円」拠出へ 国際司法裁判所への提訴も当面見送り 韓国側の不法行為定着の恐れ

韓国の超党派の国会議員団による竹島上陸について日本政府は「極めて遺憾」(菅(すが)義偉(よしひで)官房長官)と強く非難している。ただ、昨年末の日韓合意に基づく元慰安婦支援財団への10億円の拠出は「話が別」(官邸筋)として予定通り行う方針。世論や与党内からは強い反発が出そうだ。

菅氏は15日の記者会見で「竹島領有に関するわが国の立場に照らし、到底受け入れられない。事前の抗議や働きかけにもかかわらず、訪問が強行されたことは極めて遺憾だ」と不快感を表明。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が在日韓国大使館の李(イ)煕燮(ヒソプ)公使を呼び出して抗議したほか、ソウルでも鈴木秀生臨時代理大使が韓国外務省の鄭(チョン)炳元(ビョンウォン)東北アジア局長に抗議した。

日本政府は13日にも竹島上陸を中止するよう韓国側に求めていたが、事前抗議は無視された形だ。

日本政府は今回の動きについて「韓国政府が完全にコントロールできるわけではない」との認識を示している。このため、韓国側に再発防止を強く求めるものの、国際司法裁判所(ICJ)への提訴などは当面見合わせ、関係改善の流れを維持する対応にとどめる。

ただ、「政府は関知しない」という説明は、韓国政府の常套手段だ。ソウルの日本大使館前の慰安婦像撤去問題や国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(記憶遺産)への登録申請も「民間団体」によるものとしている。日本政府が事態を軽視すれば、韓国側の不法行為が定着する恐れがある。

10億の供出は行った方が面白いし、竹島上陸も大歓迎ですねww恐らく、朴槿恵が困ってると思います。まいにちレームダックみたいなものですし、親戚として、「毎日が 4月1日 民主党(民進党)」というものがあるww

【韓国議員団・竹島上陸】朴大統領、上陸制止できず 対日関係配慮も「政治ショー」は恒例行事化

キチガイ相手に理解など無理筋ですし、第三者からみて約束を守ってるという印象を持たせたほうが都合がいいと思います。この問題を朝鮮側を黙らせるためには、火病の遺伝子ごと葬る必要があると思うwてなわけで、余命ブログの参考記事でもww

72 朝鮮人の発信するゲノムと文化

あとね、韓国側の不法行為が定着する恐れではなく、韓国=不正行為でしかないwww

続いては桜井新党の件。動画のご紹介です。

【衝撃スクープ】桜井誠が新党結成宣言!反天連殲滅戦 8・15 反日勢力に怒りの鉄槌を!九段下於 平成28年8月15日

最後に志位るずが解散したようですね。政治資金関係で逃走といったところでしょう。逆神として今まで日本再生のために貢献してくれたことで感謝とお笑いの気持ちしかありません。スペッチ奥田といい、関連団体のT-ns sowl(トンスル)といい、ホントに面白かったですね。

9ca34f86

どうやらラップを公開したようですが、コメントのしようがありませんね。。。いろんな意味でwww

『8.15アラカルト』へのコメント

  1. 名前:桜咲く 投稿日:2016/08/17(水) 00:15:56 ID:bdb20db7e

    >桜井氏が新党結成宣言

    応援したいです(^_^)
    都議会議員を選出し少しづつ都政へ、そしていずれは国政へ影響を及ぼすようになって欲しい。

    ところで、
    今日(8/16)私が気になったニュースはこれ

    >全国農業協同組合連合会(JA全農)は15日、生産資材価格を引き下げる取り組みの第1弾として、韓国産肥料を一括輸入すると発表した。
    全農は7月、農業者の所得向上を目的として、肥料や農薬などの値下げ策を具体化する方針を示していた。

    マジ、やめて欲しい。
    何のためにわざわざ割高の国産品を買ってると思ってるんだか。
    肥料や農薬で韓国産使うならそう明記して欲しい。
    少しぐらい高くても国産肥料農薬使用の野菜を購入したいから…
    韓国が嫌いで不買してるのは確かだけど、衛生面健康面で韓国産は信用できずそれ故避けているのが最もな理由だから。

  2. 名前:yosh 投稿日:2016/08/17(水) 00:29:27 ID:62bc89583

    >桜咲くさま
    桜井新党??については、予告通り都議会議員をスタートでいいと思っています。
    炙り出された自民都議の刺客にちょうどいいかと・・・。
    小池新党の可能性は低いと思いますが、パヨクではない反自民都議派とのある程度の連携は必要と思いますが・・・。

    >何のためにわざわざ割高の国産品を買ってると思ってるんだか。
    肥料や農薬で韓国産使うならそう明記して欲しい。
    少しぐらい高くても国産肥料農薬使用の野菜を購入したいから…
    韓国が嫌いで不買してるのは確かだけど、衛生面健康面で韓国産は信用できずそれ故避けているのが最もな理由だから。
    ・・・・・
    これは取り上げるつもりでした。
    自分も同じく国産派でそっち系は絶対に手出ししない派ですし、肥料や農薬などにも産地記載を義務付けるといった流れですか(笑)
    どっちにしろ、安ければ絶対に手を出す生産者も出てくるわけで、最悪土壌ごと汚染されて土地が使い物にならない可能性もあるというリスクもあるわけですね。
    嫌韓ではなく、衛生面や健康面で信用は出来ないし、反日国からの食糧関係の輸入のリスクに気付かない輩にはいい加減ウンザリです。