シェアする

余命書籍~もくじ(共謀罪と日韓断交まで)

余命書籍の目次の紹介となります。

余命三年時事日記

512smsxjp0l-_sx337_bo1204203200_

単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社: 青林堂 (2015/12/17)
言語: 日本語
ISBN-10: 4792605369

序文 余命3年と宣告されて

第1章 アメリカも一目置く日本

  • アメリカが世界で一番警戒しているのは日本だ
  • アメリカは日本の何を警戒しているのか
  • アメリカの苦慮と対日観の変化
  • 日本とアメリカ、それぞれの「正義」

第2章 韓国の崩壊

  • 韓国外交破綻へ一直線
  • 駐留米軍「ゼロ」が意味するもの
  • 第一次安倍政権時代の極秘交渉をあらためて読み解く
  • 中韓通過スワップ協定はあてにならず
  • UAE原発建設問題
  • 韓国が隠蔽遮断した情報

第3章 在日の終焉

  • 改正入管法で追い詰められる在日
  • 在日韓国人徴兵が進行中
  • 在日特権廃止に向けて
  • マイナンバーと在日特権
  • 動き出した国税局
  • マイナンバー受け取り拒否をする人々
  • 公安資料流出
  • 新大久保嫌韓デモ
  • 生活保護もあてにならず
  • ヘイトだヘチマだと叫んでも

第4章 在日韓国人への警告

  • 反日感情の裏にあるのは日本人への恐怖心
  • 事実を知れば全日本人が大きな復讐心を持つことに
  • テロ資産凍結法
  • ネット銀行口座凍結
  • もう悪いことはできない! 10万単位の凍結口座が存在!?
  • 在日が頼みとする司法の壁も必ず崩壊する
  • 反日在日は有事になれば「外患罪」で全滅だ

第5章 通報祭り|日本人の逆襲

  • 余命プロジェクトチームからTO君へ
  • 入管通報用 自動通報ソフト
  • 集団通報の目的と意味

第6章 余命1~40号

番外編 日韓戦争

  • 日韓戦争は起きるのか
  • 現状と戦後史
  • 日本の態勢
  • 韓国の態勢
  • 戦争の見通し
  • 戦争の後始末とその後

エピローグ 日本人の民度と国家間の優劣

余命三年時事日記ハンドブック

51Amgvf2sJL._SX339_BO1,204,203,200_

単行本(ソフトカバー): 159ページ
出版社: 青林堂 (2016/3/17)
言語: 日本語
ISBN-10: 479260544X

第1章 在日韓国・朝鮮人の正体――日本人虐殺の歴史と「在日特権」

  • そもそも「在日」とは何か
  • 「強制連行被害者」を詐称
  • 「被害者」として優遇措置を要求
  • セウォル号事件遺族と在日
  • 在日による略奪・暴行・虐殺
  • 「戦勝国民」から「強制連行被害者」に
  • 次は「ヘイトスピーチの被害者」か
  • 「在日特権」とは何なのか
  • 在日の生活保護受給率
  • 生活保護の不正受給
  • 在日特権「住民税減免措置」
  • 民団・総連の権利獲得運動
  • 日本人納税者を嗤う在日
  • 外国人福祉保障制度
  • 一部マスコミの通名報道
  • 通名は変更可能
  • 日本人に成りすます在日
  • 在日の本名・通名・住所を管理

第2章 在日の「日本乗っ取り」――マスコミ浸透工作と民主党朝鮮系議員

  • 在日の「日本乗っ取り」宣言
  • 「在日問題」解決を決意した安倍政権
  • ヤクザは在日の天敵か
  • 在日の7.6人に1人がヤクザ
  • 在日外国人犯罪の半数が韓国・朝鮮人
  • 在日の犯罪率は日本人の2.6倍
  • 在日による「日本人狩り」
  • マスコミへの浸透工作
  • 朝鮮系帰化人の国会議員
  • 民主党を支援する民団
  • 在日マスコミの自民党バッシング
  • 皇室は朝鮮人のテロの標的
  • 外国人参政権と日本乗っ取り

第3章 韓国は日本の「敵国」なのか――反日に狂奔する戦争犯罪国家

  • 安倍総理の韓国への「絶縁宣言」
  • 7割以上の韓国人が「日本人が嫌い」
  • 韓国人「日本は軍国・覇権主義国家」
  • 中韓の首脳が日本に「高強度警告」
  • 米高官「韓国人は頭がおかしい」
  • 国家による反日教育
  • 世界が震撼した反日絵展示会
  • 「親日売国奴」を撲殺した「愛国義士」
  • 中高生が選んだ仮想敵国1位は日本
  • 「安倍、丸太の復讐を忘れたか」
  • 安倍総理の「軍国主義パフォーマンス」
  • 日本への核攻撃は民族的願望
  • 女性皇族を「慰安婦にするしかない」
  • 韓国人の反日娯楽
  • 反日テロリストがつくった反日国家
  • 李承晩ラインと竹島侵略
  • 韓国の戦争犯罪「日本人虐殺・拉致」
  • 人質外交で在日犯罪者釈放を要求
  • ならず者国家への天文学的援助
  • 日韓請求権協定と個人補償
  • 最高裁の「賠償金おかわり」判決
  • 竹島問題の本質は韓国の戦争犯罪問題

第4章 「在日問題」の解決に向けて――日韓戦争と在日武装蜂起の可能性

  • 「花王文書」と「第二花王文書」
  • マスコミも芸能界も在日の支配下
  • 「韓国を好きになること」を強要
  • 日韓戦争は不可避なのか
  • 戦争気分を煽り立てるマスコミ
  • 在日が武装蜂起する可能性
  • 在日韓国人も国防の義務を負う
  • 在日は暴力、殺人のプロ集団
  • 在日問題の解決のために
  • 狭まる「在日包囲網」

余命三年時事日記2

51bmu1n9hxl-_sx335_bo1204203200_

単行本(ソフトカバー): 235ページ
出版社: 青林堂 (2016/5/16)
言語: 日本語
ISBN-10: 4792605490

序章 余命の真相とその正体

第1章 民進党(民主十維新)、再生産される悪夢の歴史

  • 滅亡前夜の大混乱
  • 民進党(民主十維新)
  • 結党大会のお粗末
  • 民進党(民主十維新)の名付け親は江田憲司
  • 裏切りの朝鮮傀儡民主党ファイル
  • 民主党時代の在日優遇への執念
  • 民進党(民主十維新)が執着する在日韓国人とは
  • 民主党頑張れ。早く安倍首相を追い出して!
  • 表現の自由の真の敵だった民主党

第2章 日本共産党、擬態による国民洗脳

  • 破壊活動防止法調査対象団体の日本共産党
  • 左翼法曹界の浄化
  • 共産党と日弁連
  • 法曹界発「落選運動」
  • 司法汚染驚きの実態
  • こういう教育からこんな裁判官が育つ
  • テロ資金口座凍結法とSEALDS
  • 一方で自民党はマイペース
  • 反日勢力の終焉
  • 着々と進むシナリオ

第3章 日本再生、マイナンバーと反日勢力の駆逐

  • 日本再生という基本
  • 安倍政権、平成28年7月参院選での狙い
  • 外国人参政権問題
  • 新Xday
  • 追い詰められる反日勢力
  • マイナンバーの反日勢力への威力
  • 特定秘密保護法からマイナンバーまでの流れに隠されたもの
  • 医療や福祉関係の不正受給
  • マイナンバー「通知カード」であぶり出し
  • マイナンバー通知書受け取り拒否に不利益
  • 真の狙いは「在日対策法」
  • 隠れ外患罪
  • 新テロ対策法案
  • 有事に関しての環境変化
  • 有事と特定秘密保護法
  • 外国人参政権と通名
  • 在日と国籍
  • 兵役義務未了者は日本に帰化できない
  • 在日は同胞ではない
  • 大韓民国亡命政府
  • アメリカからの核弾頭売却
  • 朝鮮戦争が再開したら
  • 有事における自警団
  • 福祉行政における巧妙な作戦
  • 労働組合
  • 公務員労組への対策
  • 日本人が覚醒すればすべては終わる

第4章 マスコミの言論封殺の狙いを挫く

  • 日本のマスメディアを考察する
  • 週刊ポストの一件
  • 押し紙の実態
  • ヘイトスピーチ条例
  • 自民党ヘイトスピーチ抑止法案の狙い
  • 問題はヘイトスピーチだけではない

第5章 選挙への備え、反日勢力にとどめを

  • 常識的で現実的な若者たち
  • 国会議員採点法
  • 平成24年総選挙を振り返る
  • 平成25年参議院選挙を振り返る
  • 野党が勝つ可能性をゼロにするには
  • 保守合同はなるか
  • 日本VS在日、反日連合

付録 号外メール

余命三年時事日記 外患誘致罪

51McT+Yo9+L._SX335_BO1,204,203,200_

単行本(ソフトカバー): 196ページ
出版社: 青林堂 (2016/9/10)
ISBN-10: 4792605644
発売日: 2016/9/10

第1章 特定秘密保護法と外患誘致罪

  • 特定秘密保護法に反対する勢力
  • 帰化人条項と配偶者条項
  • 福山事件と帰化人議員
  • 民主党による防衛機密漏洩
  • 売国行為を罰する法律「外患罪」
  • 外患罪の適用事例とは
  • 外患罪の適用条件はクリアされた
  • 北京で客死した外患罪容疑者・若宮啓文
  • 民進党議員の外患罪容疑者リスト

第2章 売国政党・民進党は外患罪容疑者の巣窟

  • 日本国民を愚弄する民進党(民主+維新)
  • 民進党の正体は民団(韓国)の傀儡政党
  • 民団の「面接」を受けた民主党議員たち
  • 民団による民主党選挙支援は内政干渉
  • 民団の違法な政治活動を報じないマスコミ
  • 「ネット・ウヨクと毎日闘っている」と語る在日
  • 在日の「民族産業」違法賭博パチンコ
  • 在日の違法献金は脅しのネタなのか
  • 民主党政権を揺るがした在日違法献金

第3章 韓国の日本侵略、売国奴に外患罪の適用を

  • 「外国人参政権」を民団に公約した民主党
  • 在日には韓国への忠誠義務がある
  • 韓国の次なる侵略予定地は対馬
  • 「クリミア方式」による対馬併合の可能性
  • 在日による日本の教育への介入
  • 「在日特権リスト」は間違っている?
  • 在日の「生活保護獲得闘争」
  • 在日は生活保護法の対象者ではない
  • 指定暴力団が民主党を支援
  • 民主党幹部と暴力団の深い関係

第4章 特別対談 3代目余命×桜井誠

  • モンスター×モンスター
  • 何もなかった10年前から今日まで
  • 書籍の売れ行きが物語る時代の変化
  • 「反民主=親自民」ではない
  • 保守は足の引っ張り合いではなく連携を!
  • 両者が手を結ぶことの意味
  • 変化には時間がかかる
  • 数が全てではないが、数がないと動かない
  • 対立軸をどこに置くか
  • “外患罪”による告発
  • 闘うための支援組織が必要
  • メディア報道の変化
  • ヘイトスピーチ対策法の影響
  • それでも敵を侮ってはいけない
  • 今後の運動の進め方

付録 「余命41~53号」外患罪適用について

  • 告発委任状
  • あとがき

余命三年時事日記 共謀罪と日韓断交

単行本(ソフトカバー): 206ページ
出版社: 青林堂 (2017/3/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4792605822

第1章 「共謀罪」に反対する勢力とは

  • 国際組織犯罪防止条約
  • 組織的な犯罪の共謀罪
  • 共謀罪に反対する勢力
  • 新法案「テロ等準備罪」
  • 「組織的犯罪集団」とは何か
  • 真の狙いは国内反日勢力の除去
  • 最高裁判所裁判官の採用枠
  • 在日のマスコミ浸透工作
  • 従軍慰安婦貼り紙事件
  • 在日社員Kの台頭
  • 在日コリアン弁護士協会
  • 「一世の想像を絶する努力」
  • 朝鮮人が起こした凶悪事件
  • 在日による土地占拠
  • 法律を駆使した巧妙な手口に移行

第2章 日韓関係史は裏切りの歴史だった

  • 新たな慰安婦像の設置
  • 慰安婦問題に関する日韓合意
  • ウィーン条約違反の常態化
  • 世界遺産登録問題での裏切り
  • 「河野談話」での裏切り
  • 日本政府は韓国の言いなりだった
  • 元慰安婦への聞き取り調査
  • 強制連行を認めた河野談話
  • インドネシアでの慰安婦強制連行
  • 日韓両政府の「密約」
  • 日韓基本条約の裏切り
  • 韓国最高裁の異常判決

第3章 安倍総理の深謀遠慮と日本の反撃

  • 猛反発を受けた慰安婦問題日韓合意
  • 日韓合意は安倍総理の計略だった?
  • 韓国の逃げ道は塞がれた
  • 日本と韓国の攻守が逆転
  • 長期化する大使「一時帰国」
  • 国民の約8割が「大使召喚」を支持
  • 竹島上陸事件での大使一時帰国
  • 「ビジネスで韓国は不要な国」
  • 反日をやりつつ日本人観光客を誘致
  • 日韓通貨スワップ協議の再開を養成
  • 韓国に貸した金は返ってこない

第4章 有害無益な敵性国家と日韓断交を

  • 非韓三原則の精神で今こそ日韓断交を
  • 核保有国「統一朝鮮」に備えるべき
  • 韓国への経済制裁
  • 「鵜飼い経済」
  • 韓国との経済的断交
  • 朝鮮半島は害しか生み出さない場所
  • 韓国に地政学的価値はない
  • 「反共の防波堤」としての韓国

  • 特別対談 3代目余命 千葉麗子
  • あとがき