シェアする

TPP関係

最近は無理のないようにしているため、時々サボるようにしております(笑)ここんトコ、休日も用事があって朝早かったので、ゆっくり寝れてないんだよね(汗)今週末はゆっくり寝れそうなので、寝だめしときたいところです、ハイ。

ポケモンgoのTLが28になりました。図鑑の残りは10ですね。多分、ラッキーとポリゴンが残りそうですね。。。ゴース祭りが終わって、ポッポに会えるようになって何か落ち着きますねw個人的には外患罪の方のポッポ祭りの方が気になって仕方ないけどww

ポケモンgoはさておき、TPPコントの件。

混乱国会、繰り返される“お約束”の光景 カメラマン席に向け「強行採決反対!」のボード 維新「『8時だョ! 全員集合』のよう」

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案と関連法案が4日、民進党や共産党などの野党議員が抗議する中、衆院特別委員会で可決した。委員室では民進党議員らが「ありえない! ありえない!」などと叫びながら、採決を阻止しようと委員長席に殺到。大勢の議員がカメラマン席に向かって「強行採決 反対!」などと書かれたおそろいのボードを掲げていた。対決法案の採決で繰り返される“お約束”の光景に、野党の日本維新の会の議員は冷ややかな反応を示していた。

馬場伸幸幹事長は「採決の様子をみて『55年体制』再来かという感じがした。いつもの『吉本新喜劇』『8時だョ! 全員集合』のような光景をまたみせつけられた」と述べた。国会内で記者団に語った。

遠藤敬国対委員長は、委員会が空転している状況を横目に「夕方5時を過ぎて物事が動くことのないようにしてほしい」とあきれ顔。さらに、「前から与野党に言っているが(方向性が)決まっているのに無駄な時間を費やして『やってる感』を見せるのは最低だ。これは許せない。国民の理解が深まる議論を行う場が国会だ」と批判。「日程闘争」に陥りがちな国会運営にも苦言を呈した。

payo20161105_1

提案型といってた民進党(偽)ですが、やってることは安保改正の時と大して変わっていません。マスゴミ用の素材としてボードを掲げてるのは様式美ってトコですね。提案型になって変わったことは、やったろうの婦女暴行はなかった程度かww逮捕されずに引退させてしまったのは心残りですが・・・。因みに安保改正の時のやったろうの件。

民主・津田弥太郎議員(63)による自民女性議員 大沼瑞穂への暴行

脱線しましたが、TPPについてはメリットはほとんどないとは思っていますが、潰したところで次のTPPという話が出るだけの話なので、この手の議論というのを一段落させるという観点では、ある程度の紳士協定というのは致し方ないと思っています。民主党政権時代であれば、全方向の売国が目的であったわけですが、現政権では甘利氏が交渉役となって、ギリギリの攻防で、アメリカに対して痛み分けに持ち込んだことは大きいと思います。この交渉が本末転倒といえなくもないけどなwwまぁ、現に今度の大統領選においても、今の形でのTPPを反対を打ち出してるわけで、そういう意味でも、最終的にどうなるかは分からないが、日本として出来るだけの準備をしておくに限ると思います。

TPPなどの貿易協定の類も含む規制緩和系については、国の関与を減らすことを目的としております。エネルギーや水などの資源関係や食糧関係は国家戦略の一面も強いわけで、ライフラインに関する部分については、ある程度の規制が必要です。資源や食糧に関しては、自給出来れば問題はないのですが、他国に依存しすぎると生命線を他国に握られることになります。そのためにも、保護するべき分野はあるわけで、全てが競争によってよくなるといった性質ではありません。産業の保護は国益のために必要な部分もあるわけで、効率を求めて他国に依存するというのは、結構危険なことだと思います。これを理解した上で、リスク管理の観点も踏まえて、自国の産業構造を構築する必要があるわけです。

まぁ、自前で全て出来るのが理想ですが、そうではないのも現実なわけで、そういう目線での通商交渉も必要となります。不得手な部分に関しては他国に依存するのも問題はないけど、依存しすぎないのも大事だし、依存相手が反日国家であれば本末転倒な話だと思います。いい感じに補完出来る関係の構築出来るかといえば、そんな都合のいい話もないしね。。。一点だけ見て議論が出来れば楽なのですが、俯瞰的な目線で取捨選択するというのは、理解の得られるモノではないし、国のあるべき形というのは、特定の産業だけではなく、政治や外交や国防などの観点もあって、あらゆる分野に繋がるわけです。ハッキリ言って難しいと思うし、何が正解というのが分かれば誰も苦労はしないと思いますw

TPPにも関連している問題の一部として、巷間で言われてる農業の改革が必要とか言われてますが、改革の内容が韓国肥料を使うなどはお笑いにしてもお粗末ですなぁwwコストだけで考えてはいけない部分もあるし、コストと一緒に悪意を押し付ける連中もいるのも事実で、産業維持のために輸出するものが失業者といった構図もあるわけです。コストの削減によって輸出できるものは物でもあり失業者でもあるわけです、ハイ。産業が重複している分野での輸入というのは、失業者を輸入することを意味します。自由というのはこういった意味合いも兼ねるわけで、構造が違えば見える景色も異なるわけで、同一の価値観で考えてはいけない部分もあると思います。足元を見て適切な手段を講じる部分については問題はないのですが、足元を見ないで理想的な手段を講じた場合は、喜劇という悲劇を生むことになると思いますww

何が言いたいかといえば、反対するなら建設的な意見で議論して欲しいし、パフォーマンス目的であれば、議論の邪魔にしかならない存在に過ぎないと思います。提案型の野党と本気で考えてるなら、いちゃもんではなく、説得力のある正論をぶつけることが野党の目的だと思います。野党として仕事しているのは、維新と日本のこころ程度ではないかとww

『TPP関係』へのコメント

  1. 名前:浪速のお節介オヤジ 投稿日:2016/11/06(日) 01:35:35 ID:b6718d1b6

    yoshさん、「いちゃもん」こそパヨク界隈の様式美じゃないですかw

    TPPはアメリカが勝ち戦を確信して迫ってきたところを日本が(甘利元大臣が)獅子奮迅の活躍をしてイーブンに持ち込んだ。
    慌てたアメリカはなかったことにしようと舵を切り始めている。
    逃げ腰のアメリカに対して日本は(安倍政権は)形勢を逆転しつつある。
    私の認識はこんなところなんですが、いかがでしょう?

    yoshさんが言われるように基軸産業は国が保護すべきだと思います。
    特に食糧、絞りに絞れば米だけは不可侵の分野です。
    水と米は日本人の生命線。
    これは海外に行くと痛感します。
    考えが甘いかもしれませんが、その他は自由競争でもいいかとも思います。
    関税が撤廃され海外から入ってきた安物に日本人が飛びつくのか?
    それとも、質の高い国産品を選ぶのか?
    大きな賭けだと思います。
    逆に海外のかたが、多少割高だけれど質のいい日本産を選択する可能性もありますし。
    こればっかりは蓋を開けてみないとわからないのではないでしょうか。
    とにかく国の行く末に目を向けるのではなく、政権批判の道具としてしか外交を見られない連中は消えていただきたいです。

  2. 名前:yosh 投稿日:2016/11/06(日) 02:26:40 ID:3f69c8c5b

    >浪速のお節介オヤジさま

    >「いちゃもん」こそパヨク界隈の様式美じゃないですかw
    ・・・・・
    そうですね(笑)パヨクの発想豊かな想像力はある意味尊敬は出来るけどねww

    >TPPはアメリカが勝ち戦を確信して迫ってきたところを日本が(甘利元大臣が)獅子奮迅の活躍をしてイーブンに持ち込んだ。
    慌てたアメリカはなかったことにしようと舵を切り始めている。
    逃げ腰のアメリカに対して日本は(安倍政権は)形勢を逆転しつつある。
    私の認識はこんなところなんですが、いかがでしょう?
    ・・・・・
    甘利氏によってイーブンに持ち込んだと思います。難しい部分がありますが、日本が交渉をしなければ交渉決裂していた可能性もあるという点くらいですかね??
    TPPはアメリカも一枚岩ではないわけで、日本と似ている部分もありますね。形勢逆転というか、対等に話は出来る状況にあるというのが実情と思います。

    >特に食糧、絞りに絞れば米だけは不可侵の分野です。
    水と米は日本人の生命線。
    これは海外に行くと痛感します。
    考えが甘いかもしれませんが、その他は自由競争でもいいかとも思います。
    ・・・・・
    生命線は守るべきだし、食糧とエネルギーに関しては効率が悪くても、自国である程度担保出来るだけの道筋は必要だと思います。
    地盤がなければ産業は成立しないと思うし、基礎研究の類は重要だと思います。他国に依存していたものがなくなった時の備えも必要ですね。
    軸がしっかりしているのであれば、基本的に自由競争で問題ないと思いますね。
    自由競争は自由競争でもダンピングなどの不正がないことが前提で、不正をさせないための枠組みは必要不可欠ですねw

    >関税が撤廃され海外から入ってきた安物に日本人が飛びつくのか?
    それとも、質の高い国産品を選ぶのか?
    大きな賭けだと思います。
    逆に海外のかたが、多少割高だけれど質のいい日本産を選択する可能性もありますし。
    こればっかりは蓋を開けてみないとわからないのではないでしょうか。
    ・・・・・
    こればっかりは蓋を開けてみないと分からないのですが、基本的に関税障壁についてはそこまで問題にならないと思っています。
    非関税障壁については品質の確保というのが問題なのですが、こういった部分は性善説ではなく性悪説で考えないと危険かな。

    >とにかく国の行く末に目を向けるのではなく、政権批判の道具としてしか外交を見られない連中は消えていただきたいです。
    ・・・・・
    ハッキリ言って邪魔でしかないからね。マトモな議論への妨害にしかならないわけで、反日勢力を駆逐しない限りはマトモな議論は出来ないという事実について気付いて欲しいんだけどねww

  3. 名前:とっち 投稿日:2016/11/06(日) 15:49:11 ID:b8fc67306

    いつもありがとうございます。
    初めてコメントします。

    TPPについて、安倍総理は安全保障の観点を含めて考えているのでは、と思っています。
    中国や韓国と有事になった場合、現地に居る日本人は悲惨な状況になり、でもほとんど救うことは難しいと思います。
    なので、出来る限りそれらの国から日本企業を撤退させたい。
    世界経済の4割を担うといわれ、中韓が入っていないTPPはもってこいです。
    まー、民間企業のやることなので日本政府は強制できないですし、あちら顔の経済団体トップが会長をやっている企業などもあるわけですけどね・・・・・・。

    2013年の暮れにASEAN+日本の特別首脳会議が東京で開催されました。
    通常はASEAN+3(日中韓)で開催されてきましたが、このときは中国と韓国は招待しませんでした。
    これも同じ考えからだと思います。
    この席ではASEAN各国への日本語教師の派遣も決めたと記憶しています。
    高度人材の受け入れを見据えて、中韓の居ないところで表明したんじゃないでしょうか。
    中国人や韓国人には来てほしくないでしょうし(^^)

  4. 名前:yosh 投稿日:2016/11/07(月) 00:53:21 ID:b2e3fe582

    >とっちさま
    コメントありがとうございます。

    >TPPについて、安倍総理は安全保障の観点を含めて考えているのでは、と思っています。
    中国や韓国と有事になった場合、現地に居る日本人は悲惨な状況になり、でもほとんど救うことは難しいと思います。
    ・・・・・
    安全保障も兼ねてるとは思います。基本的にアウトオブ韓中というのが基本政策だからねw
    反日国にいる日本人については、自己責任の領域ですし、再三警告しているに等しいわけで、万が一巻き込まれたとしても、犠牲が出ても致し方ないという感じの世論になる可能性が高いと思います。正直なところ、身内に滞在しているのであれば、一刻も早く帰国してほしいと思っています。

    >なので、出来る限りそれらの国から日本企業を撤退させたい。
    世界経済の4割を担うといわれ、中韓が入っていないTPPはもってこいです。
    まー、民間企業のやることなので日本政府は強制できないですし、あちら顔の経済団体トップが会長をやっている企業などもあるわけですけどね・・・・・・。
    ・・・・・
    ソフトランディングになりますが、少しずつ撤退の流れは出来ていると思います。
    ただ、TPPは諸刃の剣でもあり、特亜に関しては何らかの形で悪用するといったリスクもありますので、TPPだけが特亜対策と考えるのは危険ですかね。
    因みに経団連(特に今の会長)などは論外ですし、日本経済のための団体ではないなら、一度解体したほうがいいとは思います。経団連もそうなんだけど、反日企業については外患罪の対象になりかねないし、ロックオンされてると思いますね(笑)

    >通常はASEAN+3(日中韓)で開催されてきましたが、このときは中国と韓国は招待しませんでした。
    これも同じ考えからだと思います。
    この席ではASEAN各国への日本語教師の派遣も決めたと記憶しています。
    高度人材の受け入れを見据えて、中韓の居ないところで表明したんじゃないでしょうか。
    中国人や韓国人には来てほしくないでしょうし(^^)
    ・・・・・
    アウトオブ韓中路線の一環と思います。外交の軸はぶれていないと思います。
    そして、高度人材の受け入れなど、入管法改正や外国人研修生制度の類の修正も、中韓の排除も含めていると思います。不正がなければ存在出来ませんのでwww